まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

江戸時代の飲み物って水と緑茶と酒しか選択肢ないじゃん?

2019年10月09日:16:02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 81 )

04Edo-01


1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:42:52.371 ID:slYproAr0
飲み物に飽きそう
江戸時代の夜って怖すぎやろ
http://world-fusigi.net/archives/9275611.html

引用元: 江戸時代の飲み物って水と緑茶と酒しか選択肢ないじゃん?





5: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:43:36.921 ID:92S4BRM70
蕎麦湯

6: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:44:03.378 ID:mnl2quY40
甘酒は?

7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:44:08.924 ID:eXXjMFwm0
焼酎に味醂を混ぜて井戸水で冷やしたものが柳影
夏の甘いカクテルです^^

柳影

本直し(ほんなおし)は、みりんに焼酎を加えたもの。直しとも。江戸時代の風俗をまとめた『守貞漫稿』によると、みりんと焼酎をほぼ半々に混ぜたものを上方では「柳蔭(やなぎかげ)」、江戸では「本直し」と呼び、冷用酒として飲まれていた。

「飲みにくい酒を手直しする」というニュアンスから「直し」という呼称が発生した。江戸時代には焼酎の亜種としてよく飲まれていたが、現在では一般にはマイナーな存在である。かつては夏の暑気払いとして、井戸で冷やされて楽しまれ、高級品として扱われていたことが、上方落語の「青菜」に窺える。また正月の屠蘇のベースとして用いられた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/本直し

11: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:46:27.158 ID:kadiC1Tqr
麦茶とかなかったんかね

13: のーい君 ◆NOYYYYYYYY 2019/10/09(水) 11:47:09.162 ID:7sh6I8m/a BE:911199504-PLT(15151)
>>11
あったよ

麦茶

麦茶(むぎちゃ)は、搗精して焙煎した大麦の種子を、水に漬けたり、湯で煮出して煎じたりして作った飲料である。麦湯(むぎゆ)ともいう。

麦湯は、平安時代から貴族が飲用していたとされる。以後、室町時代まで貴族が飲用し、戦国武将にも飲まれた。江戸時代には屋台の「麦湯売り」が流行した。天保に書かれた『寛天見聞記』には「夏の夕方より、町ごとに麦湯という行灯を出だし、往来へ腰懸の涼み台をならべ、茶店を出すあり。これも近年の事にて、昔はなかりし也」とあるように、専門店である「麦湯店」も出現した。これは麦湯の女と呼ばれる15歳程度の女子が、一人で食事も何もなく麦湯のみを4文ほどで売るものであった。なお、大麦の収穫時期は初夏であり、獲れたての新麦を炒るのが美味であるため、夏の飲料とされた。明治時代に麦湯店も流行ると同時に、庶民の家庭でも「炒り麦」を購入し飲用されるようになった。
https://ja.wikipedia.org/wiki/麦茶

14: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:47:14.923 ID:wYBhC45x0
昔って甘い飲み物あったの?

19: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:50:02.891 ID:eXXjMFwm0
>>14
https://mag.japaaan.com/archives/60210

江戸時代、夏の間だけ多く出回った「冷や水売り」
彼らは白玉入りの冷たくて甘い水を売り歩きました
井戸で汲んだ冷たい水をたっぷり入れた桶やら荷を担ぎ町の辻々に現れては
真鍮製や錫製の椀に冷や水を汲んで、1杯4文で売ってくれるのです

冷や水売りの商売は元禄以前からあり、相場は4文ですが
「お砂糖増し」を注文すると8文、「増し増し」は12文など
特注オーダーには柔軟に対応してくれたようです。

no title

23: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:51:03.595 ID:ahvRHA8N0
>>19
マシマシは江戸からあったのか

33: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:54:48.307 ID:/1ET/Z+ba
>>19
二郎のマシマシは伝統的なコールだったのか…

25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:51:36.242 ID:Vwu6nnFO0
>>19
マジかよお江戸でござるに騙されたわおのれNHK

31: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:54:21.173 ID:eXXjMFwm0
>>25
この絵が描かれたのは元禄時代(1688年~1707)だそうだ

45: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:01:30.993 ID:eXXjMFwm0
>>19の原文は江戸時代の百科である事典守貞漫稿にこう出てる

夏日、清冷の泉を汲み、白糖と寒ざらし粉の団子を加え一椀四文で売る、
求めに応じて八文、十二文で売るときは糖を多く加える也、
売り詞(ことば)「ひゃっこいーひゃっこい」
一椀たいがい六文、粉玉を用いず白糖のみを加え、冷や水売りと言わず砂糖水売りと言う

37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:56:12.345 ID:pt7L7oupd
時代劇で冷やし飴っての見たけど

39: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:57:43.995 ID:pFE94BA50
冷やしあめって江戸時代からあったのか

ってより西の文化なのにびっくりした
めちゃくちゃ美味いのに

15: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:48:26.498 ID:Vwu6nnFO0
甘酒があった
砂糖は無理だけど果汁絞ったやつはあったみたいね

16: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:49:02.506 ID:ODqsHaJD0
豆腐があるから豆乳はあるな
ビールも江戸時代にあったな
紅茶も大黒屋が入れてたからあったな
ウィスキーとワインも幕末にはあったな
あとは?

日本人とビールの出会い

日本の記録に初めて登場するのは江戸時代のことである。1613(慶長18)年、平戸(現・長崎県平戸市)に入港したイギリス船・クローブ号の積荷リストの中にビールが記載されており、これが日本におけるビールの最も古い記録とされている。
https://www.kirin.co.jp/history/bk_01.html

17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:49:55.065 ID:9bDLk6H+0
甘酒いいじゃんか

18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:49:56.300 ID:r0zD0I7xp
江戸くらいなら外交していたし中国のお茶とか、長崎とかで紅茶はあったんでは?
一般市民が飲めたかはしらんが

24: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:51:06.057 ID:bEg3fpwqd
果物あるんだしジュースくらい自分たちで作ってろ?

26: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:52:26.601 ID:rFMkAX1J0
いやそもそも昭和だって大した飲み物なかったろ

28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:52:55.508 ID:pFE94BA50
和菓子があるんだし

30: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:54:11.057 ID:eGWHV8UCd
たぶん色々ある

21: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:50:39.035 ID:DP7l5XOep
今も水とお茶と酒とコーヒーと牛乳しか飲まない

12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:46:57.016 ID:DrNxgiWva
ミルク

62: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:35:22.960 ID:hvVJ/QUFd
牛乳はあったぞ

日本における牛乳

江戸時代には陸奥国北部の盛岡藩で寛永21年/正保元年(1644年)から天保11年(1840年)にかけて書き継がれた「雑書」に牛乳に関する記録が見られる。

「雑書」によれば、対馬藩における国書偽造事件(柳川一件)において対馬藩主・宗氏の外交僧である規伯玄方(きはく げんぼう)が盛岡藩にお預けとなっていた。盛岡藩は南部馬の産地として知られるが、馬利用の一方で南部牛の利用も盛んに行われており、牛角や皮革も利用されていた。「雑書」によれば盛岡藩主の南部重直は慶安3年(1650年)に規伯玄方の奨めにより牛乳を用いたという。
https://ja.wikipedia.org/wiki/牛乳#日本における牛乳

32: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:54:33.525 ID:5jGaDBbO0
牛乳は薬で使われていたんだっけ

牛乳#日本における牛乳

享保の改革を実施した将軍・徳川吉宗は乳牛の輸入を行い、それ以来、薬としてわずかばかり使用されていた様子である(ただし、当初は馬の薬として用いられ、人間のための薬ではなかったと言う説もある)。

将軍・徳川家斉は、『白牛酪考』と言う本を作らせているが、この本には、腎虚、労咳、産後の衰弱、大便の閉塞、老衰から来る各種症状に効く、と言う効能が書かれている。ただし当時の日本には、通常の食品としては忌避されるものを薬として服用する習慣があり、牛乳もそういった位置づけであった
https://ja.wikipedia.org/wiki/牛乳#日本における牛乳

35: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:55:01.754 ID:f3vg9JnUa
甘茶という神の汁

38: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:57:10.240 ID:sxk7l9vdd
果物搾ればジュースになるだろ

52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:08:59.833 ID:dzK+gvWxM
今と変わらないんだな

53: のーい君 ◆NOYYYYYYYY 2019/10/09(水) 12:11:17.052 ID:7sh6I8m/a BE:911199504-PLT(15151)
昔の 野菜とか 果物はけっこうアレだろうけど
海のものは 変わんないもんね

22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:50:57.685 ID:/1ET/Z+ba
no title

飲み物どころか標準的なめしがこれなんだが?

36: のーい君 ◆NOYYYYYYYY 2019/10/09(水) 11:56:00.009 ID:7sh6I8m/a BE:911199504-PLT(15151)
>>22
山村のほうだと まだ普通にドングリとか料理してるはず

42: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:59:24.208 ID:/1ET/Z+ba
>>36
そんなわけねえだろ
石高の意味わかってる?
米の生産量=その土地とそこを治める者のパワーだぞ

40: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 11:57:59.322 ID:AKPDnwy/d
>>22
これは金持ち一般大衆は日本昔ばなしみたいな鍋でグツグツ

44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:00:23.029 ID:IcEsCOioM
>>22
一般地方農民はこんな良い飯食ってない
雑穀&菜っ葉

海沿いの連中は魚介類たらふく食ってたみたいだが

48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:03:35.191 ID:f3vg9JnUa
>>44
農民は旬の食べ物と隠してる白米くってたよ

49: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:06:29.219 ID:8P99SN6S0
>>44
海沿いだけ良いご飯食べられるんですか?なるほど、当時は港から出港なんてしないでしょうし魚までは管理できないからですか

51: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:08:32.256 ID:/1ET/Z+ba
>>49
海沿い歩いたことありますか?
当時は海が汚染されてないから貝なんてとろうと思えばそのへんに落ちてるし
魚だって網さえあれば浅瀬でも簡単にとれるぞ
種類・味・サイズを気にしなければの話だけどな

54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:13:36.231 ID:8P99SN6S0
>>51
なるほど、考えてみればガソリンで動く現代の船舶で取れる大きい魚やら良い魚取れるやらは、昔の人が目当てに取っていた魚の種類・味・サイズは違うんですね
勉強になりました

61: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:33:07.781 ID:IcEsCOioM
>>54
あと種類ごとにも身分の格があるから決まった年貢品種以外は売ったり食ったりしてた
ソース忘れたけど刺し身食ってたのもいたみたいだしな

55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:14:45.923 ID:/1ET/Z+ba
貝とか海草拾い放題、食べ放題だから海沿いからは縄文貝塚が見つかるわけだが

56: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:17:27.616 ID:/1ET/Z+ba
沖縄かどこかの島で原始生活送ってるじじいですら「今日は浅瀬に魚が来てるぞ!」と言いながら適当に網投げて大量に小魚とってる(この前テレビで見た)

60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:25:39.915 ID:j3DBKGUy0
>>56
(この前テレビで見た)


可愛い

57: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:19:38.387 ID:/1ET/Z+ba
シティボーイたちはこういう小魚の群れを見たことないようだな
https://youtu.be/cq9dB_dmJac

59: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:24:10.357 ID:f3vg9JnUa
多分ちゃんと働いてる中で一番飯が貧しかったのは下級武士

63: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:45:14.527 ID:IcEsCOioM
>>59
長野以北の山麓かそれより西でも一定以上標高の高い山あいの農民
餓死が当たり前過ぎて明治初頭の調査で平均寿命が二十歳割ってる村もあった

65: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 13:42:05.563 ID:AWtTQMx80
フランスじゃ水もないから
ワインばっかり飲んでたって

66: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 14:31:47.157 ID:IcEsCOioM
>>65
ミネラルウォーター商売で儲けるくらいにはある
貴族の水利権と税金が高過ぎるのと
都市部は公共インフラがおざなりで上下水道がゴミだったせいで飲料水が高価になった

58: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/10/09(水) 12:20:22.497 ID:Vwu6nnFO0
さっきからなんの知識自慢だよwwwwww江戸もう関係ねぇだろww









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
江戸時代の飲み物って水と緑茶と酒しか選択肢ないじゃん?

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:10 ID:l15mpvq80*
ひやしあめ (江戸時代前よりある、水あめをお湯で割り冷やした物)がない
スレ主の知識不足の記事じゃねーか
2  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:11 ID:mO6FEOu90*
抹茶
3  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:15 ID:1v1THb9.0*
酒って今みたいな清酒ではなく、みりんに近かったらしいな
4  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:16 ID:0CwBRvOx0*
甘いもの飲んだら虫歯になって致命傷になるんじゃなかろうか
5  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:21 ID:EZ9OwgOK0*
現代人で良かった!
6  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:26 ID:rDHKdxF80*
別に知識不足でスレ立てもええやろ
書き込みで知識が増えるんやし
7  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:34 ID:EQYsfXEB0*
沿岸なら海の幸食べ放題ってそんな訳ないだろ
魚も季節によって取れるものが変わるんだから
山に住んでれば年中山菜食べ放題ってくらい無茶苦茶な話
漁のシーズンが来たらとにかく必死に取りまくって、漁から帰ったら保存用に加工するんだから余裕なんて無いって
8  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:34 ID:.lHFLB7R0*
枇杷の葉湯とかあったな
9  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:37 ID:aCmzy9Xc0*
水茶屋お仙「谷中笠森稲荷門前の、鍵屋というお店でお待ちしています。いらしてね♪」
10  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:38 ID:c4Ly.nGJ0*
飲み物なんて水とお茶で十分だわ
11  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:38 ID:nlrLNeK.0*
>>いやそもそも昭和だって大した飲み物なかったろ
ちょくちょくスレ立つけど、昭和のが清涼飲料水は多かったんじゃね?
キワモノ的なドリンクが無茶苦茶あって面白かったっぽい
12  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:42 ID:qlA.5dx00*
今でも水とお茶だけだが? 
13  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:45 ID:7bKclZLx0*
冷たいカルピスは現代人だけの特権やな
14  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:46 ID:6dVcjQ1B0*
甘い甘くないではなく、冷たいか冷たくないかや
15  不思議な名無しさん :2019年10月09日 16:53 ID:nbLunyR70*
梅や紫蘇ジュースぐらいはあったんじゃねえの
16  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:01 ID:5KYWuKPc0*
現代だって商品名が多いだけで種類は変わらないだろ
糖分とフルーツやらの香料や果汁のジュース系
茶葉や穀物を炒ったお茶系(コーヒー含む)
採取した段階そのもののミルク系
醸造した酒、醸造酒を蒸留した酒
17  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:03 ID:QNkaU.uG0*
幕末だとワインもあった様子
18  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:06 ID:HHG.VM.I0*
>>11
昭和は63年ちょっとあるんですが
19  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:11 ID:nPj3JPNQ0*
ラーメンあったんじゃなかったっけ
20  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:27 ID:Rp6dDQNA0*
冷やし飴もあるだろ
明治ごろまでは江戸東京でも飲まれてたそうだね
21  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:29 ID:Rp6dDQNA0*
甘酒は夏バテ対策で昔は夏によく飲んでたそうだね
22  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:30 ID:.RsxvyxT0*
>>4
歯医者は居たし抜歯して義歯入れてた
この種のスレで良く思うのが「昔は何も無い」という思い込みがいかに強いかってことだな
23  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:34 ID:3XdEL4GR0*
ポンジュースはありそう
24  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:38 ID:ShmeG1dz0*
果物の絞り汁(フルーツジュース)くらいあったと思う。
25  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:38 ID:Q9Cmjgha0*
LOVEジュース(ハァト
26  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:43 ID:pmDIFmhX0*
>>4
虫歯は人類が穀類を多くとるような食生活になってから発生したそうですよ
近世まで砂糖は貴重品だし人は甘味に飢えていたのでそこまでではないかと
27  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:52 ID:jb8wEgA00*
そもそも常に決まった飲食物しか知らない人たちなんだから、「飽きる」ってことがないと思う。
それしかないし、それしか知らないんだから。飽きというものは、選択肢が増えることで初めて生まれてくる感情だろう。
28  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:54 ID:VoR6oT7V0*
また調べりゃ簡単に分かる事をバカが分からないって騒ぐスレか
29  不思議な名無しさん :2019年10月09日 17:57 ID:5AjlY1fQ0*
>>4
歯磨き用の楊枝や磨き塩が使われてたし
お歯黒も虫歯予防の側面がある
30  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:08 ID:ZOpUPEqm0*
>豆腐があるから豆乳はあるな

妊婦の滋養とかで一部あるにはあったらしいが、
今の俺らがイメージするような豆乳ドリンクとは別物だぞ。
豆乳が普及したのは、エグみを除去する技術が確立した昭和の頃からで
それ以前はモロに「大豆を擂り潰した搾り汁です」って感じの癖が強い液だったそうな。
31  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:23 ID:aCmzy9Xc0*
鬼平「女房殿が作ってくれた、昆布茶はうめえなあ…」
32  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:23 ID:rK.K4cDq0*
お前らってなろう小説並に現実とか人間の知恵を舐めているよな
33  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:30 ID:fhJyhWRk0*
日本酒は燗にしないと不純物で飲めなかったらしいね…
34  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:34 ID:fhJyhWRk0*
>>13
カルピスは陸軍で自前で作ってたそうだよ…練乳に香料加えて煮詰めて薄めて飲んでたらしいね…
35  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:39 ID:DOgZoiRc0*
味醂は元々調味料ではなくて、女性が飲みやすいとされた今でいう甘いカクテル系の酒だった
別に焼酎で割らなくても、味醂だけでも酒として成立して飲まれてた。
36  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:41 ID:.PytnaFm0*
俺、江戸時代に生きてたけど普通にコーラとかオレンジジュースとか飲んでたぞ
37  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:44 ID:pVofCXm.0*
そのお茶の種類が多いからな
あとは夏場だときゅうりとスイカも飲み物だ
38  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:45 ID:2QaEHlO80*
甘茶は美味しいよな
39  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:47 ID:gX.P2ZB60*
牛乳が飲み物として扱われていなかったって疑問に思ったけど、未殺菌のぬるい牛乳とかけっこうな苦行だよな
お腹下す人も多いだろうし
40  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:55 ID:aCmzy9Xc0*
江戸っ子「べらぼーめ。かかあが朝に汲んどいた、汲み置きの水を飲む時は、桶の横を柄杓でコンコンって叩くんだ。するってーと、驚いたボウフラが底に沈むから、その隙に柄杓ですくって飲むわけよw」
41  不思議な名無しさん :2019年10月09日 18:57 ID:ldMt6nME0*
とにかく甘い物は高級品で女子供はお金なんか持たせてもらえなかったと聞く。砂糖を工場で大量生産するようになった近代からそうでもなくなったみたいだけど。あとは欧米から来た炭酸飲料かな
42  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:02 ID:Q9Cmjgha0*
おまえらガソリンの味とか知らんだろ
43  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:07 ID:NapA02BA0*
江戸時代の町人の日記には多種多様な飲み物や食べ物出てくるよ
メーカー十数社が売れる商品ばっか売ってる現代の方が種類自体は少ないんじゃないかな
長崎から江戸まで様々なものが陸路で運ばれる関係上、様々な地域が独自に商品開発しててバラエティーという点じゃ負けてる
44  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:15 ID:89wabLIg0*
果物も品種改良されてるから、あまり美味しくなかったんじゃないかと。
昔からある品種食べてみ?苦い、渋い、えぐい、こんな感想ばっかりよ。
45  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:17 ID:JekZkrZj0*
まあ米のジュースがあれば大抵は我慢できる。
46  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:18 ID:6Eq7EXjb0*
とある料理教室でとれたての松の葉を軽くから炒りして煎じた
松葉茶っての呑んだけど爽やかなのどごしで良かったよ
山菜とか季節の食べ物色々あるし香草とか取り入れて飲んでたのかもなと思った
47  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:19 ID:KT4djHmh0*
金さんコーヒー飲んでたんだよね
48  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:24 ID:FggY4xJ20*
自分は食べ物でも飲み物で甘いもの全般嫌いなんで緑茶があれば十分だが、氷がないのはつらいな
49  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:30 ID:FoBraBvJ0*
貧しい人々はお茶も買えないから基本は水か白湯なんだろうな。
50  不思議な名無しさん :2019年10月09日 19:48 ID:Xajx8f0Y0*
>>1
主の意味わかってなさそう
51  不思議な名無しさん :2019年10月09日 20:08 ID:P1IJg6v70*
※41
江戸時代も長いから。18世紀後半には都市住民にとって砂糖は「下賤の食用」
栄養の足りない貧乏人が食事の代用として舐めていたと記録がある
そしてすごく単純化すると砂糖が手に入りにくいイメージになったのは
戦争で台湾の砂糖が手に入らなくなったから
52  不思議な名無しさん :2019年10月09日 20:46 ID:AwFPYCaF0*
コーラとか炭酸系好きだけどお茶でも全然余裕だわ。
今から一生水とお茶だけで生活しろって言われたら無理ゲーだけど元々それしかない江戸時代なら余裕だろ。
53  不思議な名無しさん :2019年10月09日 21:06 ID:TPVuz5tq0*
当たり前だがビールないのはキツイな
54  不思議な名無しさん :2019年10月09日 21:12 ID:n1CZdvvr0*
玄米茶とか昆布茶もあるだろうし熱いのは問題ないけどコールドドリンクは我慢するの大変だろなあ
55  不思議な名無しさん :2019年10月09日 21:30 ID:kwNWotB60*
ニッキ水は?
56  不思議な名無しさん :2019年10月09日 21:35 ID:WhrV4i4V0*
水あめとかを米とか麦から作ったんじゃないかな
57  不思議な名無しさん :2019年10月09日 21:47 ID:JLdKdlsK0*
緑茶でええやん
58  空缶 :2019年10月09日 22:11 ID:bJC1l9KX0*
コーヒーとコロナビールがないのはきついな。
59  不思議な名無しさん :2019年10月09日 23:01 ID:RfJML0940*
何でハチミツが出ねえかな
60  不思議な名無しさん :2019年10月09日 23:35 ID:18qXskHm0*
>>10
あの時代の水なんて山が豊富で旨かったろうな~
お茶は贅沢品なんだろうがな
61  不思議な名無しさん :2019年10月09日 23:39 ID:18qXskHm0*
>>11
今の60代はモロに合成着色料世代
コーラと縁日ラムネくらいしか炭酸なかったし、オレンジジュースもオレンジ色してるだけであんまり旨くなかったらしい
あとはカルピス飲んでたけど、高いからあんま飲まなかったって
62  不思議な名無しさん :2019年10月10日 00:35 ID:zDEMdomj0*
日常的に砂糖たっぷりのペットボトル飲料を飲む現代が異常なんだよ
普段は水とお茶で十分
祭りとかのハレの日に甘い飲み物をご馳走として飲む江戸が正しい
63  不思議な名無しさん :2019年10月10日 01:21 ID:wb6BqW2X0*
>>3
竹や檜の桶に入れて香り付けしたり酒屋がブレンドしたりしてたみたいね
夏は井戸水で薄めて冷やしてグビグビいけるようにしたり
64  不思議な名無しさん :2019年10月10日 01:24 ID:wb6BqW2X0*
>>7
うち農家やけど戦後なんかはフナコイ鰻なんかは普通に川や池で釣ってたみたいよ
江戸時代もあんまり変わってなさそう
65  不思議な名無しさん :2019年10月10日 01:25 ID:wb6BqW2X0*
>>61
保存料入ってたらお腹壊さないから安心世代だな
66  不思議な名無しさん :2019年10月10日 01:29 ID:wb6BqW2X0*
>>39
そもそも痩せた牛でおまけにホルスタイン種じゃないからたくさんでない
今でいうトラクターやトラックの仕事をメインに牛さんは働いてたみたいだよ
67  不思議な名無しさん :2019年10月10日 01:31 ID:wb6BqW2X0*
>>44
柿ビワイチジク栗あたりはそんなに味変わってないと思う
みかんもあったはずだし
68  不思議な名無しさん :2019年10月10日 01:33 ID:wb6BqW2X0*
>>48
井戸水が15度くらいだから少し冷やすくらいが限界だね
69  不思議な名無しさん :2019年10月10日 01:35 ID:wb6BqW2X0*
日本酒よりかなりランク落ちる扱いの焼酎がある
70  不思議な名無しさん :2019年10月10日 05:22 ID:krhARc9A0*
>>49
貧しい庶民はお客さんが来ても白湯しか出せなかったらしい
71  不思議な名無しさん :2019年10月10日 07:02 ID:mFSH2tL10*
>>51
そもそも、麦があれば甘みなんていくらでもできるからな
そういう技術がないもっと大昔の話ならともかく
72  不思議な名無しさん :2019年10月10日 07:34 ID:mFSH2tL10*
>>49
あのー貧乏人代表の小作農家は自分の家で普通に栽培するのが当たり前だぞ。垣根や畑の堺にお茶植えてあるは今でも田舎あるある

73  不思議な名無しさん :2019年10月10日 08:42 ID:aRYTZWTy0*
スレ39の
ってより西の文化なのにびっくりした
めちゃくちゃ美味いのに

ってのにモヤモヤする 。
西のものは不味いってこと?
74  不思議な名無しさん :2019年10月10日 09:01 ID:VK24p71s0*
※3
酒は輸送の費用や手間の節約のために原酒でやり取りされて酒屋で水で割って売っていた
同じ原酒を使っても玉川上水の水で割ったのは高いとかがあった
料亭や飯屋ではそれにさらに水を加えて量を増やしたりしたのでビール程度のアルコール度数になってしまい一升酒なんかは平気でできた
75  不思議な名無しさん :2019年10月10日 11:05 ID:mUxZxYDr0*
サトウキビは温暖かつ水が豊富でないと栽培出来ないから
本土じゃ九州南部とか四国の一部ぐらいでしか作れん。
76  不思議な名無しさん :2019年10月10日 16:05 ID:H53kyRDJ0*
江戸時代ではないけどジブリのかぐや姫の中で
マクワウリみたいなの盗んで食べるんだけど、めっちゃ美味そうだった
77  不思議な名無しさん :2019年10月10日 23:49 ID:VW0a5Ecr0*
紅茶とかは無いんか?
セイロンとか
78  不思議な名無しさん :2019年10月11日 00:39 ID:6GNwFoQ50*
※77
確認されている上では、紅茶が日本に入ってきたのは明治になってから。
中国人が江戸時代に持ち込んでた可能性もあるけど、日本人飲んでないんじゃねえかな…。
79  不思議な名無しさん :2019年10月12日 18:42 ID:.vf0wTET0*
薬を服む時、なんで未だに
「湯で」じゃなくわざわざ「白湯で」と断り書きがあるかというと、
単に「湯で」と言ったら、混ぜ物の無いただの水を温めた物とは限らないからだろ。

つまり、生姜湯、梅湯、葛湯、昆布湯(=昆布茶)、柚子湯、桜湯、
麦湯(=麦茶)、煎り湯(米を煎った麦茶みたいなの)etc...と、
飲用の「湯」となると、嗜好品や生水の臭み消しも含めて
いろんな風味を添加したバリエーションがあった。
80  不思議な名無しさん :2019年10月17日 08:34 ID:MQeYCR8D0*
>>73
『全国区になっててもおかしくないくらい美味しいものなのに、何故西日本限定なのだろう?』ってことでしょ
81  不思議な名無しさん :2019年10月20日 21:56 ID:fg.CfMmH0*
※4
江戸庶民は歯磨き大好きで毎日歯磨きしてたんだってよ

 
 
上部に戻る

トップページに戻る