まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

【生死を分かつ】どの状態であれば死亡なのか、変化する死の定義

2019年10月16日:14:16

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 29 )

【生死を分かつ】どの状態であれば死亡なのか、変化する死の定義




1: 猪木いっぱい ★ 2019/10/15(火) 23:07:33.18 ID:mIiDleXP9
no title

これを読んでいると、動き、神経活動、思考、行動など、生きている様子がわかります。
※google翻訳記事

しかし、死とは正確には何ですか?

答えは複雑です、神経科学者のクリストフ・コッホは示唆しています。

Scientific Americanの最新号の特集記事「Is Death Reversible?」では、コッホは、あなたが考えているよりもはるかに微妙なニュアンスのある死の定義に取り組んでいます。

「死、地平線の向こうに迫り来るこの存在は、科学的観点と医学的観点の両方から非常に不明確だ」と彼は書いている。

コッホは、呼吸の停止から脳活動の終わりまで、変化する死の概念を追跡します。
そして彼は、現代の医学的定義は新しい科学的発展によって揺らがされていると示唆しています。

「20世紀の初めに不可逆的だったもの-呼吸の停止-は、世紀の終わりまでに可逆的になりました。同じことが脳死にも当てはまるかもしれないと考えることはあまりにも難しいですか?最近の実験では、このアイデアは単なる想像ではないことが示唆されています。」

コッホは、科学者が何時間も死んでいたブタの脳の一部の機能を回復することができた一連の驚くべき実験に言及しています。今年4月にNature誌に掲載されたこの研究は、倫理的および科学的な議論を引き起こしました。死をイベントではなくプロセスとして指摘しているように思われ、いつか科学者が死んだ脳を完全に蘇らせる可能性を高めます。

研究がフランケンシュタインのように聞こえると思うなら、あなたは一人ではありません。実験を行った科学者でさえ、それが提示した倫理的難問に取り組み、脳が意識の証拠を提示した場合、彼らはすぐに実験を中止する計画Bを持っていました。彼らにとって幸いなことに、彼らはそうしませんでした-しかし、それは研究が進むにつれていつか変わるかもしれません。

解説:機能停止後の脳ですら再起動可能となった現代科学において、死の定義はかんたんに策定できないものとなってきている。

google翻訳
https://www.independent.co.uk/news/science/death-define-technology-brain-activity-neuroscience-christof-koch-a9153846.html
脳死は人間の死と言えますか
http://world-fusigi.net/archives/7917431.html

引用元: 【生死を分かつ】どの状態であれば死亡なのか、変化する死の定義





4: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:08:57.35 ID:Mgy8FqnE0
脳幹死
心臓死
要はこの2つだけ

21: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:20:10.35 ID:BC4Fke+m0
>>4
心臓は代替があるだろ?

24: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:20:50.81 ID:U8/BpCk/0
>>4
そのどちらも回復可能というのが1の主張だな。
後者はまだ可能性だが。

多分、大脳皮質の大規模な変性が最終的な死になるのではないかな。

皮肉なことに、現在まで一番問題にされている肉体についてはある意味なんとでもなるから。

5: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:11:51.22 ID:+luv33p20
40メートル上空から落ちても心肺停止って変だろ

26: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:22:03.19 ID:JAq7NNZQ0
>>5
お医者さんが判断するからね

27: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:22:29.36 ID:Obd9OzFu0
>>5
「死亡」の判定ができるのは医師だけ。
しかし、心臓の鼓動と呼吸が止まってるのは素人でも見たら分かる。

だから、医師が死を確認するまでは、心臓の鼓動が止まって呼吸もしていなくてあきらかに死んでると思われる状態でも「心肺停止」とされる。

11: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:13:13.15 ID:PlThpGOH0
自発呼吸が出来なくなったら死亡

79: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:02:37.90 ID:ZyHftk6c0
>>11
呼吸停止したことあるから死んだことになるのか

19: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:19:02.65 ID:IbCZd66l0
死の直前までの記憶を超高性能AIに移植したらそれは自分なのか否か
いつか議論になるよ

42: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:41:53.10 ID:T4aJsUU00
>>19
体は無いんだよねぇ…うーん…

51: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:47:07.01 ID:5mnvJmr70
>>42
脳が身体を認識するようにすれば身体も有る

58: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:49:51.38 ID:T4aJsUU00
>>51
もしかして、我々は長い夢を見てる何かかもしれないな~

23: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:20:36.32 ID:zW9YFtxZ0
諦めたらそこで人生の試合終了です。

29: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:29:33.48 ID:lWNeVCD90
もしかして生きてる実感無いときって死んでるのかな。
結構頻繁に死んでるかも。

31: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:30:10.46 ID:rM3NNQZ60
永遠の命がほしい

32: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:32:02.17 ID:pRW9Zdv70
個人的には心肺停止して受け答えが出来なくなった時点で死亡でいいわ

34: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:33:02.35 ID:FOrT46Ix0
自分で食事が出来ない(点滴・胃ろう)
自分で排泄処理が出来ない

回復の見込みがない場合を除いて、これは生物的に死んでると思う

35: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:34:40.84 ID:hIlDKgQd0
素人目に明らかに死んでいても医者が来るまでは蘇生措置を取らなければならないのだろうか
まぁでも入れた空気がすぐ下の喉からヒューヒュー抜けるような頭に人工呼吸したり
首のない胸をマッサージしたりなんて出来ないよな

37: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:37:19.85 ID:L+hh7tdR0
ゾンビは生きてるのか死んでいるのか

38: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:40:15.25 ID:LOWsK0uw0
金の問題だな
貧乏人は脳死(と判定された)時点で延命作業継続が不可能だろ
逆に池田ナントカみたいに氷漬けになっても金のある限り法的な死認定は延期できる(笑)

39: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:40:57.93 ID:zqLpUPPj0
箱を開けないと生きているのか、死んでいるのかわかない。すなわち生と死が同時に在る

45: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:45:14.72 ID:6RPTEB3X0
>>1
自力で食事と排便が出来なくなったら。

48: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:46:26.22 ID:WXe92vRZ0
死んじまえばなんにも関係ねーよ

52: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:47:36.93 ID:e15K39Vr0
高齢者医療は延命措置しないでナチュラル死の方向だがな
胃瘻が諸外国と比べて多い

56: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:49:35.07 ID:Ywbl8tbE0
俺は生ける屍

59: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:51:28.18 ID:uTiYToBK0
科学的観点から言うと、脳死じゃないかな

哲学的観点から言うと、人に忘れられた時じゃないかな


つまり 孤独で引きこもりのお前らはもう死んでいるのさ

139: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 07:43:03.15 ID:GFRrTMDS0
>>59
科学的観点から言ったら生命も死亡も定義できてないがな
視点によって生死の実は変わるから困るわけでさ

140: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 08:48:22.67 ID:Sfq3su9X0
>>139
生命というものの本質が解明されていないから、生命が終わった状態も定義できないよな
一般的には「繁殖」と「自我認知」だろうけど、繁殖機能を失った後も生命は生命だから、
自我認知があるか否かは外からは判断できない
呼びかけて反応がないというのも、知覚機能が失われているだけかもしれないし、
知覚していることを伝える機能が失われているだけかもしれないから

60: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:52:36.74 ID:p5OmvHMV0
宇宙はマトリックス、

そもそもおまえらザコはNPCだから。

61: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:55:46.03 ID:HNjptqC10
温かくても死んだって言われるそんな世界

62: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:56:32.20 ID:LOWsK0uw0
あれだな
動かなくなって2,3日たって腐敗臭が漂ったら死認定で良いんじゃね?
でもこれも冬場だと難しいなあ

63: 名無しさん@1周年 2019/10/15(火) 23:58:24.66 ID:T4aJsUU00
こんな肝心な時にあの世から5chしに来る奴がいないとは…
もう寝たのかよ

64: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 00:02:00.60 ID:Mj5Nf2Nl0
立場によって死の定義は違うな
医者の中でも刑事や民事でも

66: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 00:03:02.50 ID:cmQVuTp20
肉体や脳が機械と交換可能であるならば
人間を人間たらしめているのは「人格」と「記憶」という情報だけです
これらの情報が揮発したならば
これを「死」と定義するのが妥当でしょう

67: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 00:03:28.87 ID:xkauHhVT0
意識をデータ化して体外に移動&再生化できたら死は存在しなくなるよな。
コピーが生きてるだけで自分は死ぬが。コピーの方は「あれ?マジで俺生きてるすげぇ」って感動するんだろうな。
んーそもそも「自分」とは何ぞや?

68: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 00:06:28.02 ID:jglIjsOg0
今の医学でいう死んだ脳から1部なりとも脳機能を復活させられるなら
死の定義が変わりかねないなぁ

71: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 00:16:49.44 ID:4ZOEpk0z0
観測されたとき

74: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 00:32:22.94 ID:zVPGSQw10
俺の親父が重度の認知症で生きてると言えば生きてるが会話も出来ないし何とも言えない状況
今彼には何が見えてて何を思ってるのだろうか

76: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 00:50:07.64 ID:eySr4q2X0
脳死で臓器移植なんて野蛮なことよくやってたよね…ってなると思う

78: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:01:23.07 ID:Gdnqkc1X0
脳死、認知症は死だと思います

80: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:04:11.29 ID:Gdnqkc1X0
脳死、認知症になったら安楽死
この選択はもちたいけどな実際に

81: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:04:51.95 ID:maBQQYLl0
脳死って髪や髭が伸びたり、涙こぼしたりすることもあるんだよな
それを死というのは不思議な感覚がある

84: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:14:42.92 ID:Cr3tERrQ0
自分が死んだと思ったら。

86: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:26:55.55 ID:NSF+6Egr0
まあ脳死ってのは臓器移植の都合で作り出された定義だからな

111: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:16:52.27 ID:8fhMyuicO
>>86
俺は免許証の裏にある臓器移植の合意欄を
「臓器移植に合意しない」にしてる
脳死した人間にメスを入れると暴れるって話もあるんだよな

89: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:31:37.12 ID:UqakDbWV0
返事がなければしかばね

91: 蠍 ◆l2.NWrKO3. 2019/10/16(水) 01:37:35.13 ID:yVCxwDYp0
戦うことをやめたら

93: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:42:02.18 ID:ny4zxEQU0
そもそもそんな大層なもんじゃないから人の命なんて
どうでもいいわ

96: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:50:46.20 ID:iB/QxCtp0
今の医学って人の命救いすぎちゃう?
本来なら淘汰されてた遺伝子を後世に残しすぎてる気がする
10世紀くらい後の世界だと健康体の人とか少なそう

98: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:54:02.81 ID:5k205Ohy0
>>96
誰を淘汰するかを決めるのは、医学ではなくて社会の構成員の合意によるよ。

100: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:58:29.24 ID:BkH4ms5O0
>>96
人の価値は身体の頑強さだけじゃなくなったということさ。

>本来なら淘汰されてた遺伝子を後世に残しすぎてる気がする

んなこと言ったら、狩猟も農作業もできないお前は紀元前でも役立たずってことになるし
医学の発展がなければ些細なことでぽこぽこ人が死んで人間社会の維持、あるいは分業が成立しなくなる。

朝から晩まで働いて、やっとこ生命を維持するカロリーを手に入れるのがせいぜい、栄養バランスなんてどっかに飛んで行ってしまって空腹と疲労と不潔のなかで長生きしても半世紀かそこらを過ごして死ぬようなのがあんたの理想か?

99: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:57:48.19 ID:bqWK3oCi0
自発呼吸が出来なくなって何日とか決めれば良いじゃん
家族も治療費とか大変だし、決断させるのも酷な話

101: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 02:00:17.97 ID:5k205Ohy0
>>99
自発呼吸だけじゃ決められないよ…

105: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 02:28:17.52 ID:oQdNHJva0
生まれた瞬間にもうお前は死んでるだ。

107: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:08:54.62 ID:U02icGev0
魂が抜けてたら死亡。

113: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:20:38.00 ID:33mi9/WN0
他者の生死は肉体的に活動しているか活動していないかでしか判断できないね
自分とのとてつもない非対称性がある

115: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:23:14.34 ID:33mi9/WN0
やっぱり人間ってのは他者をモノとして扱ってしまうのだが
自分ではそうとは思えない

117: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:24:47.04 ID:aC+Us/yz0
>>115
モノ?

120: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:25:50.28 ID:33mi9/WN0
>>117
自覚できずにそうなってしまうのが人間

122: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:29:33.37 ID:aC+Us/yz0
>>120
自覚って?

126: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:32:36.65 ID:33mi9/WN0
>>122
大抵は自分は人間をモノとして扱ってはいないのだと思っているだろ
それはそう思い込んでいるだけであって
人間の認識が対象的である以上自他の断絶には大変なものがある
それを自覚するのは極めて困難

127: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:35:53.48 ID:aC+Us/yz0
>>126
それが生物なんだろうね

128: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:37:43.86 ID:33mi9/WN0
>>127
人間は言語によって自他の断絶を隠蔽しているという考えもある

124: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:30:45.12 ID:aC+Us/yz0
しかし生と死しかないんだな

136: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:48:20.08 ID:hfuGb9WT0
永遠に自己を認識できる装置を作って欲しい
生まれた時代が早すぎた

110: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 03:14:48.38 ID:33mi9/WN0
この考えに従えば火葬なんてのは強制的に殺しているのと同じ

83: 名無しさん@1周年 2019/10/16(水) 01:12:05.37 ID:WCsexf9T0
火葬場のボイラーの中で「熱い!殺さないでくれ!」という最期だけは迎えたくない。









  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【生死を分かつ】どの状態であれば死亡なのか、変化する死の定義

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年10月16日 14:26 ID:tG6jGYmf0*
さすおにの再生魔法で復活しなかったら死人
2  不思議な名無しさん :2019年10月16日 14:50 ID:qU0KxeDK0*
ケンシロウに秘功を突かれてあのセリフを言われた時
3  不思議な名無しさん :2019年10月16日 14:52 ID:V3cC.7vZ0*
人は死んだら21g減るって言われてるけど、それが魂の重さだろうと水分だろうとそのくらい減ったらもう再生は出来ないだろ。何せ減ったものの正体が未だに結論出てないんだから。
4  不思議な名無しさん :2019年10月16日 15:02 ID:oOGuWJxW0*
じゃあ 氏のうか。
5  不思議な名無しさん :2019年10月16日 15:02 ID:VNvDwCVo0*
脳死じゃなくて
植物状態=死でいいと思うんだ
海外では延命なんて言葉もないくらいの所もある
植物状態の身内いるとほんと地獄だよ
6  不思議な名無しさん :2019年10月16日 15:14 ID:zK2dYYXD0*
呼吸しなくなって、数時間ぐらい経ったら死。
7  不思議な名無しさん :2019年10月16日 15:31 ID:vxTxSH.10*
完全放電を確認した後にずっと放置してた携帯の電源が入ったことがある
3秒くらいで切れてしまったけど
人間も火葬場で焼かれるような過酷な環境に置かれると
失われた意識や感覚が一時的に復活することがあるかもしれないな
遺言書に「釜に入れる前に思いっきりビンタしてくれ」とか書いておくか
8  不思議な名無しさん :2019年10月16日 15:38 ID:xNU.PU.G0*
霊とか魂とか言われるものが科学的に証明されたら
究極的にはそれの有無になるのだろうね
9  不思議な名無しさん :2019年10月16日 16:00 ID:xZG9EMIl0*
身体が腐り始めたら
10  不思議な名無しさん :2019年10月16日 16:28 ID:wHWZmWNq0*
でも現実問題として人の記憶は脳を筆頭に体を構成する臓器や筋肉が保持しているからなぁ。

たとえば将来に魂の移植が可能になる場合、
魂の移植後に脳の細胞や体を構成する臓器や筋肉を移植前の人と同じに出来るのか?
そうする方法があり得るのか?

今のところ、魂に付随して記憶が持ち越せるとしても
脳細胞のある極一部分に影響を与えるのがせいぜいではないかと思われ。


11  不思議な名無しさん :2019年10月16日 16:37 ID:p9pxsdMR0*
人格は電気信号と神経伝達物質による情報に過ぎ無いよ
人間が環境に適応するためにちょっと量を増やしただけ
魂とか無いよ
それがあると感じるように情報を付け加えただけ
その方が群れを維持しやすく環境に適応できるからね
12  不思議な名無しさん :2019年10月16日 16:43 ID:rcDEnh.V0*
※3
「人は死んだら21g減る」に関しては根拠がない
ダンカン・マクドゥーガルでググるといいよ
ちなみに一晩でコップ一杯の汗をかくとも言われていて
コップ一杯=180gだから死の判定中に21g程度は観察中に減る事は容易に想像できる
13  不思議な名無しさん :2019年10月16日 16:50 ID:wIDMn8Uh0*
人間にとっての死の定義なんて人間にとって見易ければなんでもいいぞ
見易い一定のラインに死の定義を付けた上で、そのラインの移動の不可逆性は否定しておけばいい
ある意味では死を病と並行関係に置くという感じか

それで困るのなんて霊を信仰する宗教家くらいのもの
14  不思議な名無しさん :2019年10月16日 17:10 ID:rpRjBfWA0*
人に忘れられた時だな。
15  drg :2019年10月16日 17:20 ID:XePG7rWh0*
死は、ない。
16  不思議な名無しさん :2019年10月16日 17:29 ID:yBnHi1Eg0*
鬼滅の刃みたいに首切るまで油断しない感じで
17  不思議な名無しさん :2019年10月16日 17:32 ID:p9pxsdMR0*
オタクってつまんない事しか言わないし空気も読まないな
18  不思議な名無しさん :2019年10月16日 17:35 ID:f7O2oK4I0*
ノヴァ教授がいて草
19  不思議な名無しさん :2019年10月16日 18:17 ID:xFvOd3er0*
自分で下の世話が出来なくなったら死でおk
20  空缶 :2019年10月16日 19:26 ID:ntqsxNoN0*
脳死でも体は生きている、という意見。
実際それで維持装置により生かされている人もいるけど、
脳が死んでいたら実質、死んでいると同じだと思う。
体はこんなにちゃんと生きているのに!
という見方をムキになって否定はしないが。
21  不思議な名無しさん :2019年10月16日 20:22 ID:U8Uycclf0*
ライアル・ワトソン著「ロミオ・エラー」はまさに生死分離がテーマの本だった。
22  不思議な名無しさん :2019年10月16日 21:21 ID:Hs3zbF2j0*
命の終点は始点とセットだ
脳の死が人の死なら、脳の誕生が人の誕生だ
つまり流産は過失致死罪の要件を構成してしまうということだ

いつ死ぬのかについて好き勝手に議論したければそうすればいいが、それはいつ生まれるのかという問題と完全に対称であることを肝に銘じたほうがいい
23  不思議な名無しさん :2019年10月16日 21:59 ID:LRYBa2zg0*
文系ワイ
医者、親族含めて周りがコイツ死んでるなと判断された時だと予想
自分の意思なんか関係なく,死だと思われたらそれは死だと思うんすよね~
24  不思議な名無しさん :2019年10月16日 22:37 ID:DJRI7hsB0*
>>5
別にそれは人間性の喪失であって生物的死ではないだろ
25  不思議な名無しさん :2019年10月17日 01:49 ID:nLvIwCaR0*
死んでいることよりも、生きていることがどういうことなのかに目を向けた方がいいんじゃないかな。死んでいる状態の方が無生物というか普遍的な物質の在り方に近いし
26  不思議な名無しさん :2019年10月17日 10:50 ID:2tt5PB6S0*
どっちにしろ俺なんかは社会的に死んでるようなもんだし
27  空缶 :2019年10月17日 20:31 ID:q3OsKnyD0*
>>26
俺も俺も
28  不思議な名無しさん :2019年10月18日 12:41 ID:UA.iVOS70*
ローズマリー・ケネディ(JFKの妹)とかロボトミーで人生ほとんど廃人だったそうな
29  不思議な名無しさん :2019年10月19日 04:30 ID:YDA6RqSN0*
自発呼吸や排泄、食事、繁殖が出来なくなったらってのが多かったけど完全サイボーグになる手術をするロボット学者がいるのは知ってるのだろうか?

イギリスのピーター・スコット=モーガン博士
運動ニューロン疾患って病気で2年前からプロジェクト立ち上げで顔のアバターや感情豊かな声のプログラム、人口の胃、腸、肛門を準備してるんだが。。。
この人のことも踏まえてまた2chで話してくれたら面白そう

 
 
上部に戻る

トップページに戻る