不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    46

    妖怪と幽霊の区別ってなんだろう?

    妖怪と幽霊の区別ってどうすればええんやろ?




    800px-Hyakki-Yagyo-Emaki_Tsukumogami_1


    1: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:31:15 ID:chQ
    死んだ人間が化けて出るのが幽霊、元から異形の化け物が妖怪ってなんか漠然とした区分しかないよね?
    トイレの花子さんとか皿屋敷のお菊さんは元は人間だけど
    全国のいたるところに同じ話が残ってるから幽霊でなく妖怪らしいけど
    妖怪退治の仕事してるけど、何か質問ある?(未完)
    http://world-fusigi.net/archives/6972808.html

    引用元: 妖怪と幽霊の区別ってどうすればええんやろ?





    4: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:33:43 ID:chQ
    ちな
    妖怪談義で柳田國男が語るには
    特定の人間に憑くのが幽霊で
    出現場所が決まってて不特定多数の人間に出るのが妖怪らしい

    5: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:34:53 ID:chQ
    あと
    幽霊が出るのは深夜の丑三つ時で
    妖怪が出るのは夕暮れと早朝らしい

    9: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:44:28 ID:chQ
    ちなゲゲゲの鬼太郎は妖怪ではなく幽霊らしい

    12: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:49:44 ID:xrZ
    >>9
    あれは幽霊族って名前の妖怪やなかったか

    15: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:52:27 ID:chQ
    >>12
    幽霊族の唯一の末裔やって
    ググってみたらただの幽霊とは別で人間の前に地上を支配していた種族らしい
    なんやこのSFっぽい設定

    14: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:50:18 ID:chQ
    口裂け女なんかも妖怪とも幽霊ともただの異常な人間とも取れるよね
    噂が全国で同時多発的に広まったらしいけど

    90: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:22:04 ID:60j
    >>14
    何かが異常に発達or退化した人の事を妖怪と呼んでたのかもしれんな
    まだその頃は医療なんて一般には知れ渡ってないだろうし

    見間違いというかね?ツチノコとかもでっけー獲物食べた蛇はそう見えるし

    92: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:29:33 ID:chQ
    >>90
    ツチノコは江戸時代の和漢三才図会だとふつうに動物として載ってる
    鳥山石燕の今昔図画続百鬼だと野槌って妖怪扱いやけど

    野槌

    野槌(のづち)は、日本に伝わる妖怪。野つ霊、野椎とも。野の精霊(「野つ霊(ち)」の意)であるとも言われる。

    外見は蛇のようだが、胴は太く、頭部に口がある以外は目も鼻もなく、ちょうど柄のない槌(つち)のような形をしている。深山に棲み子ウサギやリスを食べる。時には人を喰うとされた。

    近畿地方・中部地方・北陸地方・四国地方を中心に伝承されているもので、シカを一飲みにする、転がってくる野槌に当たると死ぬ、野槌に見つけられただけでも病気を患ったり、高熱を発して死ぬともいう。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/野槌

    SekienNodzuchi
    鳥山石燕『今昔画図続百鬼』より「野槌」

    16: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:52:55 ID:w1P
    実体があるかどうかじゃない?

    18: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:53:51 ID:chQ
    >>16
    妖怪は実体があるんか

    19: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:53:53 ID:8zV
    >>16
    無い妖怪も居るし
    遺物を残した幽霊も居るしでこれもまた…

    17: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:53:47 ID:GLC
    幽霊も妖怪みたいなもんやし

    21: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:58:27 ID:chQ
    >>17
    妖怪って大きいカテゴリに幽霊も含まれるんかな

    20: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:57:19 ID:chQ
    口裂け女はルーツをたどると12月に岐阜県の田舎で始まった噂話が元なんやけど
    年明けて1月になるともう全国区になってて休校する学校が出るくらいに社会問題になってるんよね
    一説には噂の広まるメカニズムの研究のために意図的に流されたみたいな話もある
    あと江戸時代と明治時代にも口裂け女が出てる

    口裂け女

    口裂け女(くちさけおんな)は、1979年の春から夏にかけて日本で流布され、社会問題にまで発展した都市伝説。

    口元を完全に隠すほどのマスクをした若い女性が、学校帰りの子供に 「私、綺麗?」と訊ねてくる。「きれい」と答えると、「……これでも……?」と言いながらマスクを外す。するとその口は耳元まで大きく裂けていた、というもの。「きれいじゃない」と答えると包丁や鋏で斬り殺される、と続く。

    1978年12月初めに岐阜県で噂が起こり、マスコミに初めて登場したのは1979年1月26日の岐阜日日新聞とされる。次いで『週刊朝日』1979年6月29日号に記事が掲載され、1978年12月初めに岐阜県本巣郡真正町で、農家の老婆が母屋から離れたトイレに立った際、口裂け女を見て腰を抜かしたという噂が紹介された。

    1979年8月、それまで全国を席巻していたこの噂は急速に沈静化した。これは夏休みに入り、子供達の情報交換=口コミが途絶えたため、とされる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/口裂け女

    22: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)00:58:46 ID:8zV
    ポマードという言葉が時代を感じますな
    風流でよろしいですわ

    口裂け女

    口裂け女は、1979年の春から夏にかけて日本で流布され、社会問題にまで発展した都市伝説。

    ■噂に見る「対処法」
    ・ポマードと3回(6回とも)続けて唱えると女が怯む、また、ポマードを投げ付けたりして退散させる。
    ・べっこう飴は口裂け女の好物であり、これを与えて夢中でなめている隙に逃げられる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/口裂け女

    23: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:00:19 ID:chQ
    >>22
    ポマードポマードって連呼すると口裂け女が嫌がって逃げるんやっけ?
    そういう対抗策みたいなのもいっぱいあったよな

    25: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:01:55 ID:8zV
    >>23
    そういう救済方法も用意されとるのが
    都市伝説型妖怪の特徴ですかなぁ
    救いのないのんはアカンのですかな

    29: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:07:58 ID:chQ
    >>25
    都市伝説って救済策とセットで広まるもんなんよね
    てけてけの追い払う呪文みたいな

    24: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:01:20 ID:chQ
    あとべっこう飴あげると喜んで襲って来なくなるんやっけな
    かわいくていい

    32: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:09:23 ID:8A0
    透けてんのが幽霊

    33: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:10:32 ID:chQ
    >>32
    わかりやすいけど
    透けてないタイプの幽霊もおるやろ
    ちな足のない幽霊像を生み出したのは円山応挙らしいな

    円山応挙

    円山 応挙(まるやま おうきょ、1733年6月12日 - 1795年8月31日)は、江戸時代中期~後期の絵師。

    近現代の京都画壇にまでその系統が続く「円山派」の祖であり、写生を重視した親しみやすい画風が特色である。

    諸説あるが「足のない幽霊」を描き始めた画家とも言われている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/円山応挙
    関連:【厳選25枚】江戸時代の幽霊画がめちゃくちゃ怖い【夜見ちゃダメ】 – 江戸ガイド

    円山応挙_近世名家肖像

    ghost1_m

    34: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:12:33 ID:8A0
    シケた顔してんのが幽霊
    陽キャが妖怪

    36: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:14:23 ID:chQ
    >>34
    陽キャな幽霊はおらんのかな?
    墓場で運動会するようなやつは

    37: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:15:04 ID:8A0
    >>36
    ゲゲゲ言うとる連中妖怪ばっかやんけ

    38: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:16:19 ID:8zV
    >>36
    耳なしホウイチの平家の怨霊は
    ワザワザライブ開催するくらいやし陽キャっぽい

    41: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:18:48 ID:chQ
    >>38
    平家の怨霊は陽キャすぎるよな
    わざわざ琵琶の曲聞きに来るんやしさっさと成仏しろやって思うわ

    35: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:13:40 ID:chQ
    昭和の都市伝説は主に電話を介して口コミで広まったらしいけど
    今の時代はネット発祥の都市伝説とか生まれないんかな?

    40: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:18:01 ID:8A0
    >>35
    八尺とかクネクネとか?
    創作臭が好きになれないが

    42: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:19:35 ID:chQ
    >>40
    八尺様は完全にネットオリジナルなんかな
    すっかり萌えキャラ化してしまったが

    39: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:16:46 ID:chQ
    江戸時代の件(くだん)っていう予言する妖怪はどうやら新聞を妖怪に見立てたものっぽい
    当時は遠くの出来事をすぐさま伝える新聞っていう新たなメディアが未来予知してるように見えたんだとか
    名前もそのまま件やし

    件(くだん)

    件(くだん)は、19世紀前半ごろから日本各地で知られる妖怪。「件」(=人+牛)の文字通り、半人半牛の姿をした怪物として知られている。

    その姿は、古くは牛の体と人間の顔の怪物であるとするが、第二次世界大戦ごろから人間の体と牛の頭部を持つとする説も現れた。

    幕末頃に最も広まった伝承では、牛から生まれ、人間の言葉を話すとされている。生まれて数日で死ぬが、その間に作物の豊凶や流行病、旱魃、戦争など重大なことに関して様々な予言をし、それは間違いなく起こる、とされている。また、件の絵姿は厄除招福の護符になると言う。

    別の伝承では、必ず当たる予言をするが予言してたちどころに死ぬ、とする話もある。また歴史に残る大凶事の前兆として生まれ、数々の予言をし、凶事が終われば死ぬ、とする説もある。

    江戸時代から昭和まで、西日本を中心に日本各地で様々な目撃談がある。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/件

    Mt Kurahashi Kudan

    45: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:24:08 ID:8A0
    クダンといえば牛女の話の方が何か話の断片っぷりがリアル感あって不気味でいい

    https://www.aozora.gr.jp/cards/001475/files/50993_46240.html

    46: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:26:44 ID:chQ
    >>45
    牛女って小川未明やっけ?
    そういや牛の首っていう1番怖いって言われながら内容が不明な怪談があるよな
    牛の首は怖すぎて世に出せないみたいな小松左京も言ってたらしい

    鮫島事件みたいなもんやけど

    牛の首

    牛の首(うしのくび)は、古くから伝わる都市伝説の一つである。

    「『牛の首』というとても恐ろしい怪談があり、これを聞いた者は恐怖のあまり身震いが止まらず、三日と経たずに死んでしまう。怪談の作者は、多くの死者が出たことを悔い、これを供養するため仏門に入り、人に乞われても二度とこの話をすることは無く、世を去った。この怪談を知るものはみな死んでしまい、今に伝わるのは『牛の首』と言う題名と、それが無類の恐ろしい話であった、ということのみである」というもの。

    「牛の首」という怪談自体は存在しない。しかしその形骸が「今まで聞いたこともない怖い話」として語り継がれることがこの話の特徴である。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/牛の首

    48: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:29:54 ID:chQ
    怪談って詳しくない方がおっかないんよね
    曖昧な部分だったり改変されてたりして原型とどめてないのが不安になるっていうか
    だからネットの怪談はすぐ元ネタたどれるからあんま怖くないのかも

    49: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:32:12 ID:chQ
    件は小松左京も短編で書いてる
    戦時中に件のいる家で生活する話で小松左京自身の戦争体験が反映されててクッソ不気味なリアリティあるからおすすめ

    50: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:33:32 ID:8A0
    >>49
    未読だけど良さそう

    51: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:37:04 ID:chQ
    >>50
    面白いで「くだんのはは」って短編
    小松左京の短編傑作選で読めると思う

    くだんのはは (ハルキ文庫)

    54: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:40:36 ID:8zV
    子泣きジジィと砂掛けババァは
    それタダのボケ老人ちゃうんかと昔から

    59: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:48:07 ID:chQ
    >>54
    なんか赤ん坊みたいな声で泣くジジイが徳島におったらしい
    それで子どもが泣くとそのジジイが来るよって脅したのが子泣き爺の由来みたいな

    57: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:45:22 ID:4SZ
    妖怪→モンスター
    幽霊→ゴースト

    58: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:46:28 ID:5cS
    妖怪は生物で繁殖できるという謎の定義を持ってるワイ

    60: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:49:19 ID:chQ
    >>58
    妖怪が未知の生物っていうパターンもありそうやね
    ツチノコみたいな
    天狗や河童はUMAっぽいし

    63: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:55:14 ID:5cS
    >>60
    昔話民話創作で妖怪の一族とか子孫とか出てくるから
    ガキの頃にそういうの面白がって読んでた記憶もあるやね

    70: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:04:50 ID:chQ
    >>63
    河童は夫婦の河童とか子どもの河童とか出てくるよね
    珍獣みたいな扱いっていうか
    河童に関する雑学や伝説を書いてく!
    http://world-fusigi.net/archives/9279443.html

    Kappa_water_imp_1836
    【虐げられた者?】結局河童とは何だろう
    http://world-fusigi.net/archives/9221417.html

    65: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:02:10 ID:60j
    カッパとかって普通にてっぺん禿げたおっさんだったんじゃないかと思ってるわ

    68: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:04:09 ID:FDT
    >>65
    ハゲが尻子玉欲しがるんか?

    71: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:05:50 ID:chQ
    >>68
    尻子玉は水死体の肛門の筋肉が弛緩してガバって空いてるの見て思いついたんやと思う

    75: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:08:01 ID:FDT
    >>71
    成る程
    そう考えると面白いわ

    62: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)01:50:07 ID:4SZ
    no title

    仙台四郎も今だったらガイジとよばれて片付けられてたんやろなあ

    仙台四郎

    仙台 四郎(せんだい しろう、グレゴリオ暦1855年頃 - 1902年頃)は、江戸時代末期(幕末)から明治時代にかけて、現在の宮城県仙台市に実在した人物の「人神」としての名称。

    知的障害があり会話能力は低かったが、明治期に「四郎自身が選んで訪れる店は繁盛する」との迷信が南東北のマスメディアを巻き込んで流布し、売上増を企図する店舗等が四郎の気を引こうと厚遇した。

    没後の大正期に入ると、仙台市内のある写真館が「四郎の写真を飾れば商売繁盛のご利益がある」と謳って写真販売を始めた。商売繁盛のご利益は、存命中においては四郎の意志に依拠したが、写真による偶像化以降、(死没した)四郎の意志とは無関係になり、グッズを購買すればご利益が得られると転換された。

    すると1920年(大正9年)からの戦後恐慌以降、繰り返し発生する不景気において四郎のブームが度々発生し、商業神の稲荷神やえびす、あるいは、土着の松川だるまを凌駕して仙台で信仰され、さらには全国的に知られる福の神として定着した。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/仙台四郎

    64: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:01:25 ID:chQ
    >>62
    昔は知的障害者は福の神扱いだったらしいな
    神様に近い存在だから

    67: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:03:19 ID:60j
    >>64
    どうやったらそんな考えになるんやろね単純に
    不思議だわ

    78: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:08:49 ID:chQ
    >>67
    昔って今よりずっと子どもが死ぬことが多かったから5歳までは神様のもの扱いだった
    だから七五三って7歳まで生きました5歳まで生きましたって神様に報告する行事なんよね
    それでずっと子供のまま成長しないから神様に近いって思われてたんやと思う

    88: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:17:46 ID:60j
    >>78
    あーなんかすげー納得した

    69: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:04:17 ID:6Jl
    透けてるのが幽霊バッチリ見えるのが妖怪やろ

    74: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:07:58 ID:mCs
    いや簡単やろ
    元は人間やったのが幽霊で
    そうでないのが妖怪や

    81: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:11:38 ID:chQ
    >>74
    元人間の妖怪もふつうにおる
    鉄鼠だって頼豪鼠っていって元は頼豪っていう僧侶やし

    天台宗の三井寺の高僧だったけど死後に大きな鼠になって経文を食い破った

    鉄鼠

    鉄鼠(てっそ)は、平安時代の僧頼豪の怨霊とネズミにまつわる日本の妖怪。

    『平家物語』によれば平安時代、頼豪は、効験があれば思いのままに褒美を取らせるという白河天皇との約束のもと、皇子の誕生を祈祷し続け、1074年(承保元年)12月16日、見事これを成就させた。頼豪は褒美として三井寺の戒壇院建立の願いを申し出たが、対抗勢力である比叡山延暦寺の横槍のため、叶えられることはなかった。

    このことを怨んだ頼豪は、自分の祈祷で誕生した皇子・敦文親王を、今度は祈祷で魔道に落とそうと、断食に入った。やがて100日後、頼豪は悪鬼のような姿に成り果てて死んだが、その頃から敦文親王の枕元に、妖しい白髪の老僧が現れるようになった。白河天皇は頼豪の呪詛を恐れて祈祷にすがったが効果はなく、敦文親王はわずか4歳にしてこの世を去った

    『平家物語』の読み本である『延慶本』や『長門本』、その異本である『源平盛衰記』などによればその後、頼豪の怨念が巨大なネズミと化し、延暦寺の経典を食い荒らした。延暦寺は頼豪の怨念に怖れをなし、東坂本に社を築いて頼豪を神として祀り、その怨念を鎮めた。後にその社は「鼠の秀倉(ねずみのほくら)」の名で伝えられた。以来、大きなネズミを「頼豪鼠」と呼ぶようになったという。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/鉄鼠

    SekienTesso

    82: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:13:44 ID:mCs
    >>81
    確かに
    でもそれって例外でええと思う

    85: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:16:21 ID:chQ
    >>82
    うーん人間が妖怪化するって一般的だと思うけどな
    般若の面だって生成りっていって人間の女が鬼に変化する途中の姿やし

    84: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:14:59 ID:mCs
    考えてみたら口裂け女も元は人間っぽいのに妖怪とされとるな
    まあ一度死を迎えて変化したわけやないからかな

    86: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:17:22 ID:mCs
    もうさ、幽霊っぽいのが幽霊、妖怪っぽいのが妖怪で
    終わりでいいんじゃない?

    87: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:17:34 ID:FDT
    幽霊は死んだからそうなったんやろけど、妖怪は元からその姿で生まれたとか死んでそうなった訳では無いのもおるんやろね

    89: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:21:06 ID:chQ
    >>87
    音の怪みたいに実体すらなくてただの現象を説明するための妖怪もおるからね

    91: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:25:30 ID:01O
    妖怪って得体の知れないものじゃ無かったっけ

    96: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:32:05 ID:chQ
    >>91
    得体の知れないものを説明するために妖怪ってものが生まれたんやろけど
    江戸時代になると妖怪ブームが起こって一気にキャラクター化していくんよね

    97: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:35:20 ID:chQ
    豆腐小僧っていう子どもが豆腐持ってるだけの妖怪が江戸時代にクッソ人気だったけど
    それは元は豆腐屋の宣伝のために作ったキャラクターだったって説もあるくらい

    豆腐小僧

    豆腐小僧(とうふこぞう)は日本の妖怪の一つで、盆に乗せた豆腐を手に持つ子供の姿の妖怪。

    一般には頭に竹の笠をかぶり、丸盆を持ち、その上に紅葉豆腐(紅葉の型を押した豆腐)を乗せた姿で描かれている。身にまとう着物の柄は、疱瘡(天然痘)除けとして春駒、だるま、ミミズク、振り太鼓、赤魚などの縁起物や、童子の身分を著す童子格子に似た格子模様も見られる。

    本来の草双紙などにおける豆腐小僧は、特別な能力などは何も持たず、町のあちこちに豆腐や酒を届けに行く小間使いとして登場することが多く、「豆腐小僧ハ化ものゝ小間使ひ」と川柳にも詠まれている。

    人間に対しては、雨の夜などに人間のあとをつけて歩くこともあるが、特に悪さをすることもなく、たいして人間に相手にされることもない、お人好しで気弱、滑稽なキャラクターとして描かれている。
    wiki-豆腐小僧-より引用

    Masasumi_Tofu-kozo

    98: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:36:58 ID:60j
    祖父母とかから怖い話とか聞くと面白いで
    その土地だったりでしか聞いたことないような話とかもある
    口裂け女とはちょっと違うけど火傷ババアとかだったわ

    106: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:45:10 ID:chQ
    >>98
    そういう直接語る怖い話ってええよな
    ワイの婆ちゃんは戦争に行ったはずの一番上の兄がふと帰ってきたかなって気がしたら
    その日に戦死したのがあとからわかったって話を親戚集まると何度もしてたわ

    109: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:46:29 ID:60j
    >>106
    公園で焼身自殺し損ねたババアが彷徨いてたってだけの話だったけどな
    戦争系は色々ありそうやな

    110: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:46:59 ID:chQ
    >>109
    生きてる人やったのか
    それは妖怪より怖い

    99: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:38:53 ID:hmS
    マジレスすると、お経読んで成仏するのが幽霊、お経読んでも効かないのが妖怪やで
    ちな元修行僧

    101: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:40:12 ID:01O
    >>99
    耳なし芳一の奴は?

    102: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:40:29 ID:hmS
    >>101
    あれは妖怪

    108: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:46:19 ID:chQ
    >>99
    なるほど妖怪はお経がわからんからお経で調伏できんのやね

    100: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:40:05 ID:5cS
    妖怪はそれぞれ固有の対処法みたいなのがあるよな

    107: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:45:21 ID:KWL
    幽霊は人間由来
    妖怪は動物とか物とか由来
    簡単やろアホちゃう?

    111: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:51:49 ID:chQ
    >>107
    物由来の妖怪っていえば
    付喪神って元は器物の精だから元は人間の形してたんよね
    平安時代とかの絵巻物見ると人間の姿で描かれてる
    それが歴史を下っていくとどんどん器物にそのまま目をつけたようなユニークな妖怪の姿で描かれるようになるんやけど
    それって物が大量生産されるようになって価値が下がっていって器物の精の格が妖怪まで下がっていくからなんやってね

    113: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:55:21 ID:8zV
    >>111
    百年使えるような道具て現代にはあらへんのと違うやろか

    115: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:56:22 ID:chQ
    >>113
    大昔は百年大事に使ってたから器物の精はみんな神様になれたんやろね

    116: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:57:29 ID:60j
    >>115
    服とか今じゃ捨てるけど昔は縫ってまた着たりしてたんやっけ?

    118: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)02:58:31 ID:8zV
    >>115
    そこで九十九年目にワザと壊すのがツクモガミやったっけ
    神様なって障るといかんので…いうような理不尽な理由が

    119: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:02:12 ID:chQ
    >>118
    あー百年経って化けて出ないようにわざと壊すとか
    九十九年目で捨てられた器物が化けて付喪神になるとかいろいろ諸説あるわね
    室町時代に百鬼夜行絵巻でモブとして描かれてるのが付喪神の初出らしいけど

    120: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:05:27 ID:chQ
    >>119
    初出というか現存する中では一番古い付喪神像やな

    121: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:08:01 ID:8zV
    そういや道真公とか怨霊を祭って神様にしてまうのがあるけど
    こういう場合は幽霊という感じはないな
    怪異の類を明確に分類するのは不可能な話なんやないやろか

    122: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:13:36 ID:chQ
    >>121
    御霊信仰やな
    崇徳上皇とか将門公とか非業の死を遂げた人物は災いをなすから御霊として沈めるんよね
    妖怪や幽霊よりも上位存在な気がするわ
    たしかに区分はあくまでザックリなんやろね

    124: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:19:59 ID:8zV
    >>122
    元になった事件は
    世間も周知の後ろ暗いトコが多分にあったんやと思うわ
    フツーに政変や戦争で負けたヒトは祟ってないしな

    126: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:25:53 ID:chQ
    >>124
    菅原道真は御所に雷落ちて燃えるって出来事がよっぽど衝撃的だったんやろと思うわ
    将門公は昭和になっても庁舎移転しようとした大蔵大臣を病死させるほどで呪い強いよね

    128: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:28:11 ID:chQ
    >>124
    崇徳上皇は化けて出るのにもっと最期が悲惨な淡路廃帝や安徳天皇が御霊にならんのはなんでやろね

    123: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:15:12 ID:chQ
    飛梅はあきらかに怪奇現象やけど
    幽霊や妖怪の仕業ではないよな
    菅原道真の庭にあった梅が寂しがって大宰府まで飛んでくるってかなり突飛な話だと思う

    125: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:22:45 ID:8Fi
    ストーリー性があるかないか

    127: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:26:53 ID:chQ
    >>125
    幽霊は化けて出るのに理由があるからストーリーになってるけど
    妖怪は脈絡なく登場するってことやろか?

    130: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:38:59 ID:8Fi
    >>127
    いや逆やそもそも妖怪は人間が勝手に想像してうまれたもんやからな
    キョンシーやら吸血鬼狼男なんかもこれに分類されるやろ
    幽霊はなんかよくわからんけど怖いとかいうガバガバな理屈や

    132: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:40:21 ID:chQ
    >>130
    せやろか?
    幽霊には少なくとも成仏できないこの世への未練があるわけやろ?

    134: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:42:48 ID:8Fi
    >>132
    それは宗教の解釈の仕方やな

    135: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:45:14 ID:chQ
    >>134
    いや幽霊って宗教関係なく何らかのストーリー性あるやろ
    成仏っていうのは仏教用語やけど西洋の幽霊だってさまよう理由があるわけやし
    妖怪はぬっぺっぽうみたいに出てきても悪さしないみたいな意味不明なの多いで

    131: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:39:28 ID:8zV
    >>127
    幽霊はどっちかいうたら因縁がハッキリしとるのが多い印象やけど
    妖怪とか障る神様とかは理不尽なカンジの多いな
    禁忌という救済はあるにしても

    133: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:41:24 ID:chQ
    >>131
    そうやな
    枕返しなんて理由なく寝てる人の枕を裏返すんやし
    説明不能な妖怪は多いと思うで

    136: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:46:54 ID:8zV
    元となる怪異現象があって
    そこにキャラ付けしたのが妖怪というのもあるな

    138: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:49:54 ID:chQ
    >>136
    せやね
    あずきをとぐような音がどこからか聞こえてくる→あれは妖怪小豆洗いの仕業だ
    みたいな

    140: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:51:43 ID:8zV
    神隠し
    いうのんも真相は間引きやったいう悲しい話やったりもする
    座敷わらしが富を呼ぶのも
    間引きで死んだ子が元になっとるからと

    わらしちゃんも幽霊であり妖怪なんか

    141: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:57:50 ID:chQ
    >>140
    座敷わらしは口減らしされた子の霊って説の他にもいろいろあるけどね
    昔は小さい子どもは神様のものやったから
    たしかに妖怪とも幽霊とも言えんね

    137: 名無しさん@おーぷん 19/10/31(木)03:47:11 ID:Hso
    目的がないのが幽霊
    目的があるのが妖怪

    なんかようかい?ってね









    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:31 ID:HXJohqi50*
    日本は妖怪 吹きだまり~
    2  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:34 ID:4gtSKyuX0*
    無名→幽霊
    ネームド→妖怪
    3  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:35 ID:X2Y0Xvwc0*
    はやく人間になりたーい
    4  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:35 ID:K.ikFCSj0*
    生きてるのが妖怪
    死んでるのが幽霊
    5  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:40 ID:dyZmr6bJ0*
    美人が死んだら幽霊、ブサイクが死んだら妖怪になるんだよ。
    6  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:50 ID:AioT.6HQ0*
    >>5
    でもお前は生きてんのに妖怪に分類されてるじゃん
    7  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:53 ID:ymaoOQ9p0*
    足が無いのが幽霊
    8  不思議な名無しさん :2019年10月31日 12:56 ID:DOH3vilj0*
    昼夜問わず
    街中でたまに見かけるのが妖怪
    夜になって
    才能がある人だけ見られるのが幽霊
    9  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:06 ID:dyZmr6bJ0*
    >>6
    うるせーwww
    10  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:09 ID:fb5q6CcZ0*
    口裂け女とか口唇口蓋裂の症例を差別的表現にした程度のものだろ
    11  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:23 ID:CFlFG3XG0*
    わしの考えでは、妖怪というのはパラレルワールドに住む動物なんやと思う。
    それがなんらかの形で我々の住む世界に干渉して、それを目撃したものを妖怪と呼んでいるのや。
    12  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:28 ID:PxNxgRPI0*
    妖怪は幽霊を含む分類
    幽霊は妖怪にだけ含まれる分類じゃない
    これでいいんじゃね
    13  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:30 ID:yPHy8Qir0*
    お経なんてブッダと弟子たちの哲学議論を漢文に翻訳したものにすぎないのになぜ幽霊が成仏するんやろ
    14  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:39 ID:joKt.0cN0*
    幽霊は死後の変化で主に人間由来
    妖怪は生前の変化も含まれてて主に動物由来という印象
    15  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:40 ID:ZGiVkEbn0*
    花子さんもお菊もオリジナルが実在したならそいつだけ幽霊で他は妖怪だろ
    元人間の幽霊とミーム的に発生した妖怪ってそんな違いわかりにくいか?
    16  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:42 ID:JwC3o4ai0*
    人間の魂が幽霊、物の怪の類いが妖怪でだいたい合ってるよな
    もののけを擬人化したから幽霊と区別しづらくなってるけどさ、不思議な現象を「誰か」の仕業にしようとするとそうなっちゃうよね
    砂かけババアも子泣き爺も実態はババアかじじいかは分からない
    逆に悪霊を妖怪のように扱うパターンもあるからややこしい
    17  不思議な名無しさん :2019年10月31日 13:57 ID:9x0dVTD40*
    人間が理解できない超自然的な存在のうち神様じゃないもの
    そういう意味じゃ幽霊も妖怪
    というか鬼とかは元々中国では悪霊的な意味で平安時代あたりまでは日本でもそういう意味合いが残ってた
    妖怪の中には元神というのもいるし逆に信仰を得て神になる妖怪もいる
    18  不思議な名無しさん :2019年10月31日 14:18 ID:14ZgJm.Z0*
    存在するかどうかはおいといて、
    実体があるかないかが境界じゃないの?

    スレでもあったモンスターとゴーストって認識だわ
    19  不思議な名無しさん :2019年10月31日 14:28 ID:VUp6eqsI0*
    魂と魄の違い
    幽霊が魂
    妖怪が魄
    人間などは魂魄で両方もっている
    20  不思議な名無しさん :2019年10月31日 15:16 ID:WpEPeKrJ0*
    幽霊は場所なり人なりに向け、なにかしらの遺恨やメッセージがあって出現する
    妖怪だとそういう目的が特になくても、いたずら心なんかであらわれたり

    、、こういう感じ???
    21  不思議な名無しさん :2019年10月31日 15:23 ID:Ju8Jau4g0*
    それらを創作してる側の人間が区別してないんだから区別のしようなんてない
    22  不思議な名無しさん :2019年10月31日 15:24 ID:xCpl7zjB0*
    幽霊は主観の恨み、未練から生まれる。
    妖怪は大衆のイメージに影響を受けて生まれるものじゃないかな?妖怪のせいってのが本質だろう。
    この考えだと口裂け女とか都市伝説も妖怪になるな。現代の妖怪の形が都市伝説か。
    23  不思議な名無しさん :2019年10月31日 15:34 ID:eBSRN8hd0*
    死んだ人間が化けて出るのが幽霊
    人間や動物の怨念から生まれるのが妖怪
    これ常識だぞ
    24  不思議な名無しさん :2019年10月31日 15:45 ID:k7AGfagh0*
    幽霊は恨みなどがある特定の人物にたいして現れて妖怪の出現は不規則
    25  不思議な名無しさん :2019年10月31日 16:41 ID:vNqylAOz0*
    >>13
    キリスト教圏の悪鬼妖怪の類いは十字架を嫌うが、十字架信仰の元はローマ帝国の紋章
    権力者側に入り込んだ際に帝国の紋章と我々のシンボルマークは同じだよ!と無理やり混同しただけ、まぁ教祖が磔で逝ったとてその時の器物を神聖視するのはどうなのよ?とは思うがね
    つまり何処の宗教も似たり寄ったり、仏教圏であるならお経は絶対的な威力があるのよ
    26  不思議な名無しさん :2019年10月31日 16:47 ID:cVPtVUjD0*
    意思が無くてもとりあえず動いて無害なのが幽霊。
    意思がありどこにでも現れたり人間に害する者が妖怪。
    悪霊ってのは妖怪の一歩手前で、復讐の念や死亡時にエネルギーを大量放出にする事で生前の意識を継続することもある程度出来るので、他人のエネルギーを奪って実態に近いものになろうとし、見た目が醜くなったりする。
    人間に近い妖怪ほど、元となるエネルギーが強いので他のエネルギーを取り込もうが人間の状態を保てるので、中途半端に醜いほど弱い。
    27  不思議な名無しさん :2019年10月31日 17:09 ID:BGYq9zSW0*
    マジレスすると生前の姿を保てているかどうか
    28  不思議な名無しさん :2019年10月31日 17:26 ID:YYOVWk2o0*
    人が死んだのが幽霊
    異形の人間や、不明な現象への恐怖を紛らわせるために名前をつけたのが妖怪
    花子さんや口裂け女みたいに近年になって噂話やインターネット上で広がったのが都市伝説
    29  不思議な名無しさん :2019年10月31日 17:27 ID:Opa5Z1330*
    人が死んで抜け出た魂が「幽霊」
    元々そういう存在として生まれたのが「妖怪」
    人や動物、幽霊などがいつの間にか妖怪化した物が「変化」
    器物が変化したのが「付喪神」
    30  不思議な名無しさん :2019年10月31日 18:02 ID:6rkhOcJ.0*
    幽霊は非物理 妖怪は物理 例外あり
    31  不思議な名無しさん :2019年10月31日 18:31 ID:bZZ8fIHp0*
    念だけなのが幽霊
    念と自我があるのが妖怪
    32  不思議な名無しさん :2019年10月31日 19:18 ID:hJr8Fnjb0*
    幽霊は成仏できるけど妖怪化しちゃうともう成仏できないってぬ〜べ〜が言ってた
    33  不思議な名無しさん :2019年10月31日 20:06 ID:rPA5QRkU0*
    幽霊って妖怪の中に分類されるカテゴリの中の一つかと思ってた
    34  不思議な名無しさん :2019年10月31日 21:29 ID:a.LwXCsf0*
    >>28
    これが正解
    こんな単純な区分なのに正解がなかなか出ないとは何事か
    35  不思議な名無しさん :2019年10月31日 22:44 ID:kWE.uccq0*
    >>29
    自分で妖怪化って書いてるのに元々そういう存在として産まれたのが妖怪って論理が破綻してるだろw
    36  不思議な名無しさん :2019年11月01日 00:00 ID:QCpoK4SJ0*
    >>34
    動物が妖怪化する様に人間や幽霊も妖怪化する可能性がある事に気付いたから区別が曖昧になった可能性あり
    37  不思議な名無しさん :2019年11月01日 02:32 ID:JMhm.y7A0*
    >>13
    それ初期仏教。
    後期あたりになると、この仏に縋ると成仏とか極楽へ行くとか真言を唱えると罪障が消えるとか言うお経になる。
    38  不思議な名無しさん :2019年11月01日 05:55 ID:ixUm8phO0*
    なんかようかい?

    こんなんよう書いたな
    39  不思議な名無しさん :2019年11月01日 10:18 ID:GICe3tsy0*
    妖怪は動物の中から妖怪になる素質のある者を先輩妖怪がスカウトして来てそいつらを訓練して一人前の妖怪にしてるって水木先生が言ってた
    40  不思議な名無しさん :2019年11月01日 12:17 ID:XJLz9fYP0*
    定義次第やろ
    不思議なものは全て妖怪として幽霊もそこに属するとしてもええし
    コボルドやゴブリンやエルフも妖精に含めたりする分け方もあるしな
    41  不思議な名無しさん :2019年11月01日 20:01 ID:QCpoK4SJ0*
    >>40
    まあ実際のところ神様も妖怪に山のようにいるしな
    42  不思議な名無しさん :2019年11月01日 21:05 ID:F8o66O3K0*
    メガテン「神まで含めて全部悪魔やぞ」
    43  不思議な名無しさん :2019年11月01日 21:46 ID:FvZ7PSIU0*
    幽霊は死んだ魂が成仏せずなんらか理由でさまよってるものを言って妖怪や怪異は幽霊とは独立した生態や行動原理などを持ったものを妖怪、怪異と呼ぶ。
    と自分は認識してるかな。怨霊とか悪霊とかも本来の魂とはかけ離れた変異があれば妖怪、怪異と呼ばれるほどの何かになるはずだし都市伝説系の怪異は神の信仰と同じ原理で行動原理やらルールやらが付加されて縛られた幽霊だと思う。まぁ元ネタが現実にあるか無いかでそれも変わるだろうがね。テケテケの元ネタはたしか電車とか列車事故の女の子で現実でいる可能性あるが口裂け女は元ネタがあやふやだった気がするから0から信仰によって発生した怪異だろうな。
    44  不思議な名無しさん :2019年11月06日 14:52 ID:y4ndq0GY0*
    幽霊=人だけの単一霊
    妖怪=幽霊に他の動植物の霊や物、他の幽霊が合わさった状態。
    例)幽霊が霊を取り込むと妖怪
    化け猫=人の霊+猫の霊
    45  不思議な名無しさん :2019年11月22日 17:24 ID:JSIAxVbE0*
    妖怪→ゴーストタイプのポケモン
    幽霊→ゴースト
    46  不思議な名無しさん :2020年02月19日 06:24 ID:A4RWQEOo0*
    むかーし地元の公演で、落語家の偉い先生が「美人は幽霊、それ以外は妖怪」などとおっしゃってワハハと笑った思い出

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!