不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    21

    【雑学】固着生物とかいう不思議生物「子供の頃は泳げるけど、岩につくと退化して動けなくなるぞ」←こいつら

    【雑学】固着生物とかいう不思議生物「子供の頃は泳げるけど、岩につくと退化して動けなくなるぞ」←こいつら




    1: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:43:37 ID:0W4
    固着生物「子供の頃は泳げるけど岩につくと退化して動けなくなるぞ」←こいつら

    一体何のために生まれてきたんですかね…

    固着性

    固着性(こちゃくせい)は生物の体が基盤の上に固定されている状態で生活する性質のことである。特に動物の場合にこの言葉を使うことが多い。

    固着性というのは、何等かの方法で、生物の体が基盤上にくっつき、少なくとも簡単に移動できないような状態でその位置を固定され、移動せずに生活する性質のことを言う。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/固着性
    【雑学】生物全般にまつわる30へぇくらいの雑学教えてくれよ
    http://world-fusigi.net/archives/9084041.html

    引用元: 固着生物「子供の頃は泳げるけど岩につくと退化して動けなくなるぞ」←こいつら





    3: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:44:11 ID:YZn
    生きる為でしょ
    生存に最適化した結果

    4: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:44:29 ID:B04
    やっぱ岩がいいよね

    5: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:45:25 ID:0W4
    フジツボとかいうエビの仲間なのに
    成長すると岩について殻が生えて中身はただの肉の塊になる奴
    流石にこれに生まれたくはないわ
    no title

    フジツボ

    フジツボは富士山状の石灰質の殻をもつ固着動物である。大きさは数ミリメートルから数センチメートル。甲殻類、フジツボ亜目に分類される。

    19世紀初めまで、フジツボは、貝などと同じ軟体動物であると考えられていた。しかし、エビ、カニなどの甲殻類と同じく自由遊泳性のノープリウス幼生として孵化することが1829年、J.V.トンプソンにより明らかにされ、甲殻類に分類されるようになり、19世紀半ばには、チャールズ・ダーウィンがフジツボの系統的な研究を行い、フジツボの分類学的な基礎を築いた。

    (中略)

    受精卵は殻のなかに保たれ、孵化するとノープリウス幼生として外に出てくる。ノープリウス幼生は自由に遊泳し、海水中の植物プランクトンなどを捕食する。

    1ヶ月程度で、二枚貝や甲殻類の貝虫類(ウミホタル類)によく似たキプリス幼生に変態する。キプリス幼生は代謝のレベルが低く、餌を食べない。このことから、チャールズ・ダーウィンはキプリス幼生のことを「動く蛹」と呼んでいた。

    キプリス幼生は海底を動きまわり、固着生活に適した場所を探す。適当な場所は固着生活に適した場所に固有の微生物相によって判別され、さらに、特に既に成体が固着生活を営んでいる場所が見つかると、その近傍で頭部の触角にあるセメント腺から固着物質を分泌して接着、さらに脱皮して変態し、背甲由来の外套から石灰質の殻と蓋を分泌し、固着生活に移行する。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/フジツボ

    12: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:51:25 ID:9lN
    >>5
    はぇーすごE

    50: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:08:30 ID:HfI
    >>5
    なんか物語の中盤の終わり辺りで破滅するレギュラーキャラの末路みたいでこわい

    7: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:46:54 ID:npb
    そいつらは摂食も生殖もこなしてるんやで
    実家の子供部屋から出られないイッチとは違う

    21: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:56:15 ID:sBF
    人間と変わらんやん
    子供の頃は自由なのに大人になると仕事や家庭のことで動けなくなる

    8: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:47:34 ID:0W4
    クラゲ「むしろ受精卵からいきなり固着生物になって、
    地面から生えてる奴が先端から分裂しながら遊泳生物になるぞ」
    これも意味不明やけど
    no title
    提供元:沖縄科学技術大学院大学

    10: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:50:15 ID:0W4
    クラゲがこういう個体の境目がいまいちわからない生態しとるのは、
    クラゲの属してるヒドロ虫網が単細胞生物と多細胞生物の中間にあるかららしい
    同じヒドロ虫網のクダクラゲやカツオノエボシはまだ多細胞生物になりきってないから全身の遺伝子がバラバラに違ってるし

    11: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:50:57 ID:0W4
    つまり一つの群れの中に運動しかしない個体や生殖しかしない個体がいる微生物の群れと捉えられる

    13: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:51:56 ID:B04
    >>11
    辺り一面は海水だったのに
    ふとしたらクラゲに囲まれてたことがある

    15: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:53:00 ID:0W4
    コイツがカツオノエボシ
    微生物の集合体で出来てて、普通のクラゲと違って浮きで海面を漂う
    下にぶら下がってる触手全部に致死性の毒があるから気を付けるんやで
    no title

    17: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:53:39 ID:tCu
    >>15
    砂浜に打ち上げられてるの見たことあるわ
    踏んだら死んでたんやね

    18: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:54:39 ID:B04
    >>15
    ヒトはモルヒネや塩化なんとかで死ねるし
    納得や

    19: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:55:34 ID:Jni
    ちなみにカツオノエボシを食い散らかせるウミウシがおるで

    20: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:56:10 ID:B04
    >>19
    むっちゃ興味深いやんけ

    22: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:56:19 ID:0W4
    >>19
    食うだけじゃなくて食った毒を消さず、自分も毒を受けずに
    安全に自分の毒針にまで持っていけるぞ

    23: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:56:47 ID:B04
    >>22
    強い かっこいい

    24: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:57:13 ID:B04
    食った毒どうすんねん

    25: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:57:20 ID:0W4
    多分アオミノウミウシのことやろ
    毒の再利用機構が全く解明できなくて、
    毒を再利用してるのか毒のある細胞の持つ遺伝子をコピーして真似てるのかすら議論があるらしい
    no title

    アオミノウミウシ

    アオミノウミウシは、軟体動物門腹足網裸鰓目アオミノウミウシ科に属するウミウシの一種。

    肉食性で、主にクラゲ類のような浮遊性刺胞動物に付くが、それらに取りついて移動手段にするだけでなく、栄養源として捕食する。特に猛毒の刺胞を持つカツオノエボシやギンカクラゲといった種を好み、クラゲの毒をものともせずに食べてしまう。盗刺胞を行う。

    しかも美しい姿をしているものの、いわゆる電気クラゲと呼ばれる猛毒のクラゲ類の刺胞を体内に取り込んでおり、それを他のミノウミウシ類のように捕食者に対する武器として用いる。毒性は健在なので、その美しさと優雅さに惹かれても、直接手で触れることは危険である。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/アオミノウミウシ

    Blue dragon-glaucus atlanticus (8599051974)




    26: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:58:10 ID:Jni
    no title


    ちなみにそのウミウシはこいつや!
    よく「FFの召喚獣かな?」って言われとるで

    27: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:58:32 ID:B04
    >>25
    >>26
    一致!

    33: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:00:39 ID:ayb
    >>25
    >>26
    かっこよすぎやろ、宇宙から来たと言われても信じるで

    35: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:02:36 ID:Jni
    >>33
    かっこええよな!
    誰に見せても「いやキモい」って言われるんやが

    36: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:02:47 ID:npb
    >>25
    ミノウミウシは刺胞細胞を取り込んで利用してるで

    38: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:04:32 ID:B04
    >>36
    何に利用しているの?

    39: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:04:59 ID:0W4
    >>38
    自分の毒針

    40: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:05:16 ID:npb
    >>38
    刺胞細胞ってのは毒針や
    生きたままみのに運んで武器にする

    41: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:05:32 ID:0W4
    毒針っていうか、刺胞細胞やから厳密に言うと針はないな

    42: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:05:53 ID:0W4
    なんか皮膚を溶かして浸透させるとかそういうタイプやった気がする

    44: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:06:13 ID:B04
    >>42
    はい

    46: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:06:41 ID:0W4
    刺胞動物(しほうどうぶつ、英: Cnidaria)とは、刺胞動物門に属する約11,000種にのぼる動物の総称である。
    ほぼ全てが水界に生息し、大部分が海産である。触手に「刺胞」と呼ばれる、物理的または化学的刺激により毒液を注入する針
    (刺糸、しし)を備えた細胞内小器官をもつ細胞がある[1]ことからこの名で呼ばれる。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/刺胞動物

    28: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:58:45 ID:0W4
    ウミウシの仲間なのに泳げるんだよな

    29: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:59:26 ID:0W4
    言ってみればナメクジに突然羽生えて飛行してついでに毒針があるようなもんやからな
    頭おかしいわ

    30: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:59:32 ID:npb
    カツオノエボシのヒドロ虫のサイズってどんくらいや
    微生物っていうくらい小さいんか?

    37: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:04:11 ID:0W4
    >>30
    探してみたけど見つからんわ
    参考までに、浮袋のサイズが10センチ程度で、触手の長さが10~50メートルらしい

    31: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)18:59:42 ID:wl0
    そういや死にかけるとテロメアを再生させて若返るクラゲとかおるしクラゲ界は神秘やね

    ベニクラゲ

    ベニクラゲ類(Turritopsis spp.)はヒドロ虫綱に属する、いわゆるクラゲの一グループである。日本には少なくとも未記載種を含め3種が生息すると考えられている。雌雄が性的に成熟した(有性生殖が可能な)個体がポリプ期へ退行可能という特徴的な生活環を持つことで知られる。世界中の温帯から熱帯にかけての海域に分布する。

    クラゲが再びポリプに戻ることが発見され、「不老不死」のクラゲとして知られるようになった。

    普通のクラゲは有性生殖の後に死ぬが、前述の通り、ベニクラゲ類は再びポリプへと戻ることができる。成熟個体は触手の収縮や外傘の反転、サイズの縮小などを経て再び基物に付着、ポリプとなる。生活環を逆回転させるこの能力は動物界では大変稀であり、これによりベニクラゲ類は個体としての寿命による死を免れている。当然ながら、個々のベニクラゲは食物連鎖において常に捕食される可能性があり、本種の全ての個体が死を免れている(永遠に生き続ける)ということを意味するものではない。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/ベニクラゲ

    shutterstock_1199825740
    Rebecca Schreiner/shutterstock

    32: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:00:29 ID:B04
    亀とかそれ食って変化とかはせんよな
    ロマンがないな…

    34: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:01:51 ID:B04
    毒の媒介とか面白そうやのに

    45: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:06:26 ID:npb
    ちなみに藻食って光合成するウミウシもおるで

    48: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:07:43 ID:0W4
    >>45
    動物も血中に藻を注入することで光合成できる可能性が示唆されている
    オタマジャクシで実験すると低酸素環境でも生存したらしい
    将来的には脳梗塞などで血流が止まった患者の脳を生存させる技術に使えるかもとか

    54: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:09:09 ID:9lN
    遊泳生物>固着生物とナチュラルに考えてしまうのは
    人が自由さに魅力を感じる生き物だからなのかもしれんな

    55: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:09:32 ID:0W4
    >>54
    本来の生息地を思いっきり逸脱する旅好きの動物やからな

    52: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:08:47 ID:0W4
    人間も光合成できるかも?血中に藻類を注入して細胞に酸素を与える実験が成功!
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw6098539

    57: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:11:46 ID:npb
    >>52
    ヒトへの応用のハードル高すぎるよなあ

    58: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:13:30 ID:B04
    応用出来て摂取要らなくなるとかなら劇的な感じ?

    60: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:21:38 ID:npb
    >>58
    うーん応急くらいには使えるかなあ…?

    61: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)19:22:24 ID:B04
    >>60
    気候変動の範囲じゃないもん

    62: 名無しさん@おーぷん 19/11/07(木)20:09:34 ID:0W4
    >>58
    呼吸しなくても済む程度やな
    藻類を分解して栄養を取り込めるわけではないので









    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2019年11月08日 20:07 ID:qP8WV.NK0*
    人間が光合成って食べ物は娯楽扱いになって雨や曇りの多い地域から人がいなくなるのか
    2  不思議な名無しさん :2019年11月08日 20:24 ID:Ox51G.7l0*
    地面を這う生き物がドロドロに溶けてから空を飛ぶ生物に再構築されるのも意味わからん
    3  不思議な名無しさん :2019年11月08日 20:26 ID:CzWt9UGP0*
    これはいいスレ
    4  不思議な名無しさん :2019年11月08日 20:50 ID:lwhyjF8m0*
    んなこと言い出したら植物もその場から動けんやん。
    5  不思議な名無しさん :2019年11月08日 21:02 ID:Qo5C.OA30*
    ホームレスが家もったんだから生活の向上だろう
    6  不思議な名無しさん :2019年11月08日 21:32 ID:WbYd4P9q0*
    >>2
    不思議だよねー。幼虫の頃から世話をされた蝶は蛹になって中身ドロドロを経て成虫になった後でも人に馴れるらしい。RNAに原始的な記憶でも保持してんのかね
    7  不思議な名無しさん :2019年11月08日 21:37 ID:iOPrlXMK0*
    固着する事で移動に対するエネルギーを使わない事を生存戦略として選んだ種。要はヒキニート。その分環境変化で一帯の種が絶滅するリスクがある。
    8  不思議な名無しさん :2019年11月08日 22:11 ID:FsV4qZcV0*
    高学歴専業主婦
    9  不思議な名無しさん :2019年11月08日 22:14 ID:CR4dMDvh0*
    刺胞細胞は中に針あるやろ
    人間が手に刃物持って刺すのと違って、刺胞細胞は外部刺激を受けた場合に針が自動発射される超速仕様
    10  不思議な名無しさん :2019年11月08日 22:22 ID:kRZHWDkI0*
    人間と同じじゃん。
    若い頃はいろんな可能性があるけど歳と共にそれも無くなり、同じ場所や会社にしがみついて生きるようになる。
    11  不思議な名無しさん :2019年11月08日 22:22 ID:CR4dMDvh0*
    ※7
    サンゴがその筆頭よな
    サンゴ礁は海の0.2%に住み、海洋生物の25%がそこで暮らす
    サンゴの構造内に住む褐虫藻が熱変化に弱く、こいつが死んだらサンゴも死に、サンゴ礁に住む生物も死ぬんや
    12  不思議な名無しさん :2019年11月09日 01:48 ID:kwDCpDq40*
    >>6
    記憶ってのは生存に関わる物だからな
    可能なら保持させるだろう
    13  不思議な名無しさん :2019年11月09日 04:24 ID:gEO0cpO.0*
    生きるためならなんでもするんやな、ってチューブワーム見てて思う
    14  不思議な名無しさん :2019年11月09日 08:11 ID:4swtDHVT0*
    植物だって地中から栄養吸い上げてるし呼吸もしてるんだから
    飯がいらんとかにはならんだろ
    15  不思議な名無しさん :2019年11月09日 11:25 ID:UnjJBFbc0*
    >>固着生物「子供の頃は泳げるけど岩につくと退化して動けなくなるぞ」

    勘違いする人が多いけど、生物学において退化っていうのは簡単に言うと「世代を経て変化したもの」であって、同一個体の変化を退化とは言わないぞ
    16  不思議な名無しさん :2019年11月09日 13:43 ID:TJyZOTpS0*
    >>6
    筋肉とかは溶けて再構築されるけど中枢神経は溶けずに保持されるから記憶が残ることはおかしくない
    17  不思議な名無しさん :2019年11月09日 15:26 ID:lDWC5BHj0*
    なんで退化だと決め付けるんだろう
    18  不思議な名無しさん :2019年11月09日 21:00 ID:SsNpgS0M0*
    イッチも俺たちも地球という岩礁に固着して生きる為に変異・進化した元宇宙浮遊生物なのですが
    19  不思議な名無しさん :2019年11月09日 22:38 ID:HTOwt5gZ0*
    エフィラの1枚々は兄弟になるのかな
    20  不思議な名無しさん :2019年11月10日 11:53 ID:2ZWRvIuw0*
    イッチやお前らは
    子供のころは外を出歩けたのに、今ではもう部屋の中から出れないからなw

    21  不思議な名無しさん :2019年11月11日 15:35 ID:fJGFVFSX0*
    血管に藻を注入しても光が当たらないから光合成できないのでは?
    どうやって光を与えるんだ?それとも他のエネルギーで代用できる?

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!