まとめサイト速報+ 2chまとめのまとめ ワロタあんてな news人 カオスちゃんねる

タイムリープの仕組みを解明(バーチャル・タイムリープ)

2019年11月18日:22:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント( 44 )

タイムリープの仕組みを解明(バーチャル・タイムリープ)




タイムリープの仕組みを解明(バーチャル・タイムリープ)
time-2743994_1920

管理人です!
今回の記事は「Back to the past」様より寄稿していただきました!
「BTTP」さん寄稿記事まとめ
http://world-fusigi.net/tag/BTTP

精神だけが身体を離れて時間移動する「タイムリープ」

Back to the pastでもさまざまな情報を紹介してきたが、相対性理論などの現代科学をベースに考えるタイムトラベルに比べると、「魂を身体から切り離す」とか「精神が次元を超える」とか、オカルトやスピリチュアル的な考察になりがちだった。

私が目指している「タイムリープ」はその仕組みが論理的に説明可能で、訓練したり何らかの装置を使うことで誰でも体験できるものだ。

オカルトやスピリチュアルを否定するつもりはないが(個人的には大好きだ)、いつまでもあるのかないのかわからない「魂」を前提としたままでは、再現性にとぼしく、実験で仮説を検証することもできない。

だから「魂」を使わず、「意識」は脳が作り出しているという最新の脳科学から改めてタイムリープの仕組みを考えてみることにした。

つまり脳機能の出力結果である「意識」と「無意識」だけでタイムリープの仕組みを考えるのだ


2019年時点で可能性の高いタイムリープまでの流れを説明すると、
※過去へのタイムリープで書いているが、未来へも同じ要領。

「現時点で一番可能性の高いタイムリープする方法」(2019年度版)

(1).夢の中で夢を見ていると気づく「明晰夢」を繰り返し見る訓練をして、夢の内容を思いのままにコントロールできるようにする。

 ↓

(2).明晰夢で過去の世界を構築する。

 ↓

(3).構築した過去の世界を何度も体験することによって、過去の世界が現実よりも当たり前になるように身をなじませ、夢を現実に変える。


(1)から(2)まではオーストラリア・アデレード大学のデンホルム・アスピー博士の明晰夢テクニックで可能性が高まるが、(2)から(3)までの部分をどう実現するかは明確になっていなかった。

今回はその最後の部分をはっきりさせ、その仕組みが論理的に説明可能で、訓練したり何らかの装置を使うことで誰でも体験できるタイムリープの方法を解説していく。

その鍵になるのは

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

「引き寄せの法則」だ。



ちょっと待った! 

「引き寄せの法則」なんてスピリチュアルの代表じゃないか!

再現性のある実験可能な方法、つまり科学的な方法でタイムリープの仕組みを解明するんじゃなかったのか!

そう思われると予想したから、今回の考察に先立って、

「タイムリープの仕組みを解明(1)」(量子論的スポットライト理論)

で、まわりくどく脳機能から生み出される「意識」と「無意識」そして「時間の流れ」を説明した。
※納得できない方はこちらを先にご覧ください。


ポイントをまとめると、


【脳が生み出す「意識」と「無意識」と「時間の流れ」】
●脳はすぐれた「時間知覚能力」をもっているが、それは脳の「無意識」下によって調整されたあいまいなもの。

「あなた」という意識は、実際には0.3秒遅れの世界を見ている

●あなたの自由意志が「意識」上に芽生える0.9秒前にはすでに、「無意識」下でニューロンの計算が行われている。つまりあなたの主観は錯覚みたいなもの

●神経学者と物理学者の共通意見として、「時間が流れている」とわれわれが感じる感覚も錯覚

●物理学でいえば宇宙誕生から終わりまでの「過去・現在・未来」のすべての時間は同時に存在しており、過去から現在へ、現在から未来にスポットライトが移動してくような様が「時間が流れている」ように見える

量子論的には、宇宙に存在するすべての時間の可能性は非局所的で定まっておらず、常にゆらいでいる。どの可能性を選択するかはシュレーディンガー方程式の確率による。

●神経学的には、「無意識」下のニューロンのランダムな発火によって生まれるものが「意識」


整理すると、

われわれの身体を動かしたり、何かを知覚しようとする自由意志、またそのときに生じる「意識」は、錯覚。「無意識」が可能性の1つをランダムに選択して未来へ進んでいるにすぎない。
その量子論的なストップライトの移動が「時間の流れ」を「意識」に感じさせている。


量子スポットを旅する意識
「意識」を量子論的スポットライト宇宙を旅するロケットマンに例えたイメージ

つまり脳が生み出した「意識」や「時間の流れ」が錯覚ならば、それはコントロール可能なはずだ

錯覚である「意識」や「時間の流れ」を、もう一度「錯覚させる」=「修正する」ことができれば、自分の意識を過去(未来)の世界に移動させることができるはず、というのが私の仮説だ。

要するに「意識をだまして過去(未来)の世界だと思い込ませる」のだ。

さきほど「引き寄せの法則」が鍵だと書いたのは、「意識」を錯覚させる方法の1つとして手っ取り早そうだと思ったからだ。

「引き寄せの法則」をいろいろな本やネットで調べた結果、「一番核心に近い」と思ったのが、以下の不思議.netの記事だ。

引き寄せの法則について説明するよー
http://world-fusigi.net/archives/8895275.html

スレ主の語尾をのばす表現が少しイラっとくるが、「引き寄せの法則」とはつまり、「確信したことが現実になる法則」だ。

単純に願望をイメージしたり考えるだけではダメで、願望をいかに「精神→言葉→行動」のプロセスに落とし込むことが重要だ。

例えばお金を手に入れたい場合、「お金が欲しいな」、「宝くじ当たらないかな」、「どこかにお金落ちてないかな」ではなく、自分を確信させる言葉を発し、行動する

具体的には「お金を引き出しにATMへ行く」、ATMに預金がなければ「日雇いのアルバイトを探す」、あるいは「メルカリでいらないものを売る」でもいい。そのアイデアを思い描いて言葉に出す

ポイントは願望を実現するために「解決できる」アイデアを描くこと。

自分が「解決できる」という確信が必要で、あなたの心は、それに基づいて数ある選択肢の中から最適解を導き出す。


「アファメーション」という方法もある。

「アファメーション」とは、実際に「もうある、なった」と思うこと。

断定的に、肯定的に、「もうかなっている」と言葉に出したりイメージすることで、意識に確信を与える。

「○○はほしくない」などの否定的な言葉や、「〇〇になりたい」などの未来形は避け、「私は今〇〇だ」とすでに現在手に入った状態の言葉で意識を確信させる。

現在形ですでに実現している、手に入れているものとして願望を紙に書いたり、言葉にして録音した音声を聞くのが効果的だ。


【脳が生み出す「意識」と「無意識」と「時間の流れ」】で考察した結果に従えば、なぜ「引き寄せの法則」や「アフィーメーション」が上手く働くのかが説明できる。

要するに「引き寄せの法則」や「アフィーメーション」は、「無意識」の二次的な産物である「意識」をだます方法なのだ。

つまり、意識を上手に確信(錯覚)させることで、人生の主人公である「あなた」に願望が実現したという「臨場感」を与えるのだ。

「引き寄せの法則」がテーマのたくさんの本が書店のワンコーナーを独占しているのだから、何らかの効果はあるのだろう。


これをタイムリープに使うにはどうするか?

いよいよ再現性があり実験可能で、訓練次第で誰でも実現可能なタイムリープの方法を解説しよう。



【バーチャル・タイムリープ】
(1).夢の中で夢を見ていると気づく「明晰夢」を繰り返し見る訓練をして、夢の内容を思いのままにコントロールできるようにする。

 ↓

(2).明晰夢で過去の世界を構築する。

 ↓

(3).過去の世界にいる自分を何度も体験させることで意識をだまし、過去の世界が現実だと意識に確信させる。


(1)から(2)は明晰夢で実現可能なので、
※「現時点で一番可能性の高いタイムリープする方法」(2019年度版)を参照

(3)の具体的な方法として、

明晰夢を見やすい2度寝のタイミング(入眠から5時間後に目を覚まし、眠りの浅いレム睡眠に入るとき)に自己暗示、あるいは他者の催眠によって、次に眠ったとき「自分は今過去の世界にいる」と促すメッセージを脳に送る。

例えばレム睡眠の特徴である急速眼球運動を検出し、そのタイミングで事前にあなたの声で録音しておいた「〇〇(あなたの名前)、君は今過去の世界にいる」とメッセージを耳元で流し、自己暗示をかけるのである。

バーチャルタイムリープのチャンス
レム睡眠時に過去世界にいると納得させるメッセージを流す

いや待った!

これは「精神が身体を離れて時間移動する」わけではなく、ただの夢じゃないか!

そう、このバーチャル・タイムリープはその名の通り「擬似的」なタイムリープ=つまり主観をだまして「夢の中の過去世界に意識をとどまり続けさせる明晰夢」だ。

だが、この方法であれば誰でも訓練しだいで、明晰夢によるありありとした過去の世界を体験できる。

将来的に長時間明晰夢をコントロールできる技術が開発されれば、例えば回復の見込みのない病に侵された患者の心のケアとして、残り少ない余生を自分の幸せだった時間の中で過ごしてもらうことも可能になるだろう。

「患者が夢の中で過去の世界を体験したまま生涯を終えること」=「過去の世界にタイムリープして、その世界にとどまり続けること」と何ら違いはない。

このバーチャル・タイムリープによって、今年春、それまで現れていた未来人の新元号予言がことごとくはずれた理由も説明できる。

●「平成の次の元号は何?(未来人の元号まとめ)

タイムリープで未来からやってきたという未来人が何人もネット掲示板やツイッターに登場したが、新元号の「令和」を当てた未来人は誰もいなかった。

それはつまり、彼らはみな未来から現代にタイムリープしてきたのではなく、明晰夢で未来の世界を体験して目覚めた擬似タイムリーパーだったのである。

バーチャル・タイムリープでは、未来を予言することはできない。

量子論的タイムスポット理論に基づいても、この世は非局所的で常に揺らいでおり、違う可能性のタイムライン(シュタインズ・ゲート風に言えば世界線)に行った場合、元の世界に戻ることはほぼ不可能だ。

だから精神だけとはいえ、違う可能性の未来に移動してから元のタイムラインの過去に戻ってネット掲示板に投稿することなど、ありえるはずがないのだ。

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

しかし、世の中はいまだ不思議に満ちている。

そうとも言い切れない事例がある。

このバーチャル・タイムリープによって、今年春、それまで現れていた未来人の新元号予言がことごとくはずれた理由も説明できる。


未来人たちは新元号を当てられなかったが、ツイッターで1人だけ、3年前の2016年7月13日に新元号を予言していた人物がいた。

新元号「令和」2016年にTwitterで予言されていたwwwwwwwww
http://world-fusigi.net/archives/9354508.html

もしかしたらバーチャル・タイムリープのその先に、「真のタイムリープ」が存在するのかもしれない。

いずれにしてもバーチャル・タイムリープのデータを積み重ねることで、その手がかりがつかめると信じている。

バーチャル・タイムリープだけでもエンターテイメントやメンタルケアの分野で役に立つ研究になるはずだ。

これからもタイムリープの研究を続けていく。

ご協力いただける研究者、支援いただける方からの連絡をお待ちしている。

提供:Back to the past 様
BTTP













  • このエントリーをはてなブックマークに追加
タイムリープの仕組みを解明(バーチャル・タイムリープ)

この記事が気に入ったら
イイね!しよう

不思議.netの最新記事をお届けします

おススメ記事ピックアップ(外部)

おススメサイトの最新記事

コメント

1  不思議な名無しさん :2019年11月18日 22:05 ID:jiy5I2wS0*
ない。そんなことはないんだよ。
とにかく頑張れ
2  不思議な名無しさん :2019年11月18日 22:08 ID:SCDWmeJv0*
面白い
3  不思議な名無しさん :2019年11月18日 22:30 ID:uXq4LTe60*
鼻毛500m
4  不思議な名無しさん :2019年11月18日 22:38 ID:G5h.98WC0*
トータルリコール?
5  不思議な名無しさん :2019年11月18日 22:42 ID:GAvxCeg70*
となると、没入型のVRが開発されればそれがタイムマシンになるのかもしれないですね。 HD
6  不思議な名無しさん :2019年11月18日 23:06 ID:izaicuzf0*
よく分からんが、この過去の世界ってあくまで主観的に認知している過去だよな
だったら、目を閉じて過去のことを思い出すのと何が違うんだ?
7  不思議な名無しさん :2019年11月18日 23:07 ID:tZ.TXrZv0*
タイムリープにこだわるひとたちがひとつ方ズレてるのは
「成功した瞬間だけが本物の過去」なんだということを忘れがちなところよね
その一瞬から続く先はすべてパラレルリープなんだし
いっそ最初の一瞬へのこだわりを捨てて
最初からパラレルでいいやと妥協したほうが気持ち的にラクだと思うんだけど
8  不思議な名無しさん :2019年11月18日 23:18 ID:KuiW46uQ0*
この方法だと過去自分が体験した実に狭い世界にしか飛べないんじゃないかね?
過去においても自由に動けて自分の知らなかった新たな体験が出来ないと意味がないと思うんだけど
この程度の事訓練してまでやるなら訓練なしでウィキでも見て過去の事件を疑似体験した方が早いと思うんだけど
9  不思議な名無しさん :2019年11月18日 23:28 ID:YhzB4oKp0*
バーチャル・タイムリープっていうけど
デジャヴやジャメヴュを意識的に起こしてるだけじゃん
実世界には何の役にも立たない
10  不思議な名無しさん :2019年11月18日 23:34 ID:xKtWc3GF0*
脳に障害起こして錯覚すればそれが過去未来であるって、違うだろそれ。
ミッション8ミニッツと同じ話ではあるけど、それすなわち時間を戻すことではない。
犯罪捜査に使えそうではあるけど、催眠術ってコレだよな
11  不思議な名無しさん :2019年11月18日 23:35 ID:zlOZVlHS0*
現実可能なタイムリープってこれが限界って事だな
12  不思議な名無しさん :2019年11月18日 23:37 ID:YhzB4oKp0*
>>11
シナプスの結合をグチャグチャにして
たまたまそれが1年後の構造と全く同じならタイムリープしたことになる
ものすごい確率だけどゼロじゃない
13  不思議な名無しさん :2019年11月19日 00:23 ID:3XqXWQDr0*
>>6
そもそも主観的で無い過去が存在しない
14  不思議な名無しさん :2019年11月19日 01:02 ID:6MZIM0410*
>>13
なんでそう言いきれるんだ?
時間とは何かすら分かってないのに。
15  不思議な名無しさん :2019年11月19日 01:22 ID:tk1JE0No0*
物理的に過去に行かないなら意味ないのでは?だって体は残るんでしょ?
脳内タイムリープなら、当人にとってはタイムリープ。周りにとっては狂人。
当人は幸せだけど、そいつを世話する人が可哀相。
16  不思議な名無しさん :2019年11月19日 02:06 ID:k55FiYxb0*
これを描いたのが伊藤潤二の『長い夢』
あまりにも長いこと夢の世界に居すぎたせいで現実に帰りたくなくなってしまった、夢は本人の願望が無意識に反映されるからあまりにも心地良すぎる
もっと遡れば『胡蝶の夢』なんかがまさにこれ
17  不思議な名無しさん :2019年11月19日 02:27 ID:15ZXtzbN0*
実際に明晰夢なんて見たら出口の無い閉鎖的な感覚になり恐怖するで
というかインセプションの自身だけが分かる何かが必要な理由がよく分かる
18  不思議な名無しさん :2019年11月19日 04:08 ID:MxPfRHYZ0*
もきゅしゅだーん もきゅっ もきゅきゅっ
19  不思議な名無しさん :2019年11月19日 04:37 ID:3XqXWQDr0*
>>14
時間のことはひとまず置いておいて、量子の世界で考えてみるとコペンハーゲン解釈にせよ多世界解釈にせよ、自分と同じ現実を生きている人が居ない事になるから。多世界の場合毎瞬無限に(無限ではないが)分岐する(している)現実の中でその自分と同じ現実に意識をフォーカスしている他者がいると考えることは難しい。コペンハーゲン解釈でも自分が干渉した時、波は収束する、さらにそこから無限に収束する。だからこちらも毎瞬自分仕様の現実が創造され続けていることになる。こういう理由から過去も現在も未来も誰も同じ現実を共有していないことになる。
20  不思議な名無しさん :2019年11月19日 04:57 ID:tdsQo5SA0*
そもそも、誰かのタイムリープの記録を見てタイムリープした場合、
過去にタイムリープした人より前に飛んだら、過去が変わって、その人の記憶している過去からずれるからその過去にタイムリープした人のタイムリープが成立しないことになったはずで、
その過去にタイムリープした人はその世界にこないから、タイムリープした本人から見た場合、先人の記録が消えてるように見えるやん。
元々のその世界の住民から見たら、そんな記録すらないし、
だから、多くの成功記録が無いのは当然というか
21  不思議な名無しさん :2019年11月19日 06:34 ID:kP1UpAmA0*
俺らが意識なんだよなぁ〜
22  不思議な名無しさん :2019年11月19日 06:52 ID:hzyS42Y80*
夢を操作するのは容易だし過去を思い通りに形成することも可能だけどその意識下では眠りながらに現在が認知できてしまうからタイムリープではないよ
というか時間には現在しかなくてタイムワープにせよタイムリープにせよそのような何かが発生したらそのポイントから現在へと光に限りなく近い速度で収束する走馬灯のようなものを感じたような気になれるだけだよ
23  不思議な名無しさん :2019年11月19日 07:40 ID:WewcTRRG0*
これ「酔歩する男」やん
あれ面白かったな
24  不思議な名無しさん :2019年11月19日 07:41 ID:w7fXepry0*
アフィーメーションになっとるで
25  不思議な名無しさん :2019年11月19日 08:14 ID:msSefZjP0*
ようするにVRで過去の体験を映像で体験するってこと
26  不思議な名無しさん :2019年11月19日 08:21 ID:ukO95CWC0*
この令和当てたツイートってtwibot使ってたやつでしょ。
こういう記事載せたらダメだって。
27  不思議な名無しさん :2019年11月19日 09:10 ID:tutHCQP80*
何言ってんの
28  不思議な名無しさん :2019年11月19日 10:28 ID:Re991fSu0*
副作用をコントロール出来る麻薬でも作った方が早いよ
29  不思議な名無しさん :2019年11月19日 12:01 ID:6MZIM0410*
>>19
その考えの前提になっている時間が連続量的、各々が時間を共有しているという根拠が全くない。
過去から未来へものと続くとして線のように考えているけど(2次元的)、分離量及び1次元的、或いは波やもっと高次元の方が辻褄が合うかもしれない。
さらにそれらが規則正しく並んでいるとは限らない。
仮に時間を共有していると考えても、もっと物理的に時間の場として考えて、どのような干渉が起きるか考えた方がよくないか。

これらを解決するには重力波のように観測することが重要なのに、まだ概念の域を出ていない。
30  不思議な名無しさん :2019年11月19日 12:03 ID:6MZIM0410*
>>14
まぁ何が言いたいかって言うと、辻褄が合わないんじゃなくて、根拠もないのに辻褄を合わせない前提の元で考えているのではってことです。
P.S.
無限に収束ってどゆこと…🦆
近似値が無限ってこと?いや、それなら発散になるか
31  不思議な名無しさん :2019年11月19日 13:17 ID:n2PYalTw0*
時間すらも脳内の記憶でしかないのだから、「もし失敗したら」と言う脳内の未来予測と言う名の脳内化学反応で疑似的な未来体験をしてお前らの疑似的な経験値を増やして現実の社会的な適応能力を上げると言うのが最善の方法だよ。努力しろとか備えろとかガンバレとかではなく「最善を付くせ」が答えだ。
32  不思議な名無しさん :2019年11月19日 13:47 ID:ifMMHcMc0*
体外離脱できるから、明晰夢で自由に動くこと・過去を構築すること
はできるんだが、
そこで起こしたことを現在に反映させることはまったく成功しない。
精神だけ過去に送り、結果だけ現代に反映させる。
この記事知らないときから、実際に2まで試してるけど、うまくいかないよ。
この方法には何か穴があるんだろう。
33  不思議な名無しさん :2019年11月19日 13:47 ID:ifMMHcMc0*

「構築した過去」ではなく、「タイムトンネルを通って過去に向かう」
が正しい気がする。
模型を作っても新しい模型ができあがるだけなんだ。

精神を粒子化して、過去の自分に送り、過去の自分に実際に行動させないと
いけない。
または幽霊のような存在となって、過去の自分になんらかのサインを送るか。

ここに幽霊と夢・精神・粒子化の因果関係を見ている。
34  不思議な名無しさん :2019年11月19日 13:57 ID:6mvPtcIo0*
語尾を伸ばした口調にイラっとするとか辛辣すぎる
35  不思議な名無しさん :2019年11月19日 16:18 ID:qbrPS0sg0*
「患者が夢の中で過去の世界を体験したまま生涯を終えること」=「過去の世界にタイムリープして、その世界にとどまり続けること」=「死後もその世界に囚われ続けること」=「不成仏霊」
36  BTTP :2019年11月19日 16:19 ID:9.1JoC.f0*
>>34
すみません。このスレ主さんの情報自体はすごく役に立ちました。
うちのサイトに掲載する際、この表現削除します。
37  不思議な名無しさん :2019年11月19日 18:01 ID:Ef.hGnn60*
フゥーハハハハハ!
38  不思議な名無しさん :2019年11月19日 18:51 ID:yF7Tnm8v0*
>「アファメーション」とは、実際に「もうある、なった」と思うこと。

そもそもアファメーションからして間違っている
いろんなサイトや書籍でも間違っている
アファメーションとは「ない」ものを「ある」ではなくて、
事実や確信してることを唱えることでさらに強固にする方法であって、
無いものをあるとすることではない
なんか、多くの人が間違えてる
39  不思議な名無しさん :2019年11月19日 19:37 ID:VEsyfXwr0*
過去を現在と信じ込ませるということ?そうなると、過去から現在までの記憶と経験を否定して忘れ去らなければ過去には飛べないのでは?つまり、過去に戻ってもそのことを認識できないんじゃないかなと
40  不思議な名無しさん :2019年11月20日 00:46 ID:qH5P9jl50*
>>30
観測した時に可能性の波が粒子としての位置が決まる→ということはその粒子を観測している機器の状態もそのとき決まる→それを通して見ている人の状態が決まる→∞、という様にこの世界に単独で存在してる存在がない以上収束するのは観測対象である量子の波だけでは無く連鎖的に(というか文字通り“同時”に)世界が収束していることになるではないか、ということだよ。これがコペンハーゲン解釈の無限収束の問題点だったと思うが、実はこの解釈に抵抗する先入観を排せばこれが世界の真実の在り様なのではないかと思っている。
41  不思議な名無しさん :2019年11月20日 08:55 ID:GE84H8eF0*
過去に執着するな、我々は現在を効果的に使って最善と思われる未来を現在にして行くことしかできない。変な考えをするよりも今の自分の問題を羅列して、それを未来にどうしたいかを考えて、今からそうなるように最善の行動を開始するのだよ。
42  不思議な名無しさん :2019年11月20日 09:46 ID:LbbZzc3H0*
>>40
波動関数の崩壊?
その辺突き詰めると存在している、とは何かみたいに形而上学になるよなぁ
43  不思議な名無しさん :2019年11月20日 21:38 ID:qH5P9jl50*
>>42
シュレーディンガー方程式に於いては波が収束するということは説明できないから、波は収束しない→つまり多世界なのではないかと言われてはいるよね。日本の物理学者は保守的だから多世界解釈には慎重だけどアメリカの大学の教授にインタビューしたら半分以上が多世界解釈派だったという結果を見たことある。それがまだ90年代の頃。カクミチオなんかはもう多世界は当たり前の前提として話してるし。
44  不思議な名無しさん :2019年11月21日 23:08 ID:DAC.Qb2N0*
夢で過去に戻って関係修復したり、いじめっ子殴ってやり返したりしてるよ
トラウマが治り生きやすくなった

瞑想とホオポノポノを四年続けてたら出来た

 
 
上部に戻る

トップページに戻る