不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    20

    泣けるコピペを貼ってく



    756c1e5c


    1: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)21:59:00 ID:ZQB
    168 名前:名無しさん@4周年[] 投稿日:2004/01/17 10:43:00 ID:X7vkUwRR
    いよいよ明日がセンター試験本番ですよ!
    むっちゃドキドキしてきた…。
    受験生の皆さん、今日くらいは勉強は休んで明日に備えますよね?

    169 名前:名無しさん@4周年[] 投稿日:04/01/17 10:57 ID:zUQVRYG7
    >>168
    no title
    今日と明日だよ
    来年こそはがんばってよ
    シーズン開幕からこんなことになるなんて

    173 名前:168[] 投稿日:04/01/17 11:10 ID:X7vkUwRR
    受験要綱を見た。
    どうやら今日と明日、両方とも試験があるらしい…。

    親に話したら泣かれた。怒られた。殴られた。
    学校の先生に電話したら怒鳴られた。今すぐに学校に来いって言われた。

    今から学校に行ってきます……もうだめぽですか?

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1593262740/





    2: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)21:59:30 ID:eEa
    そっちかよ。。

    3: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:01:34 ID:ZQB
    一時間で1000行ったら生きてみようと思う
    http://imihu.blog30.fc2.com/blog-entry-1580.html

    4: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:02:34 ID:ZQB
    会社が棚卸しで振り替え休日があったので
    会社の若い連中、男女3:3で海にドライブに行った
    私は途中で腹が減ると思ったので
    人数分×3個のおはぎを、前の晩からこしらえた。
    「気のきく人」と思われて好感度アップ間違い無しと確信して
    寝不足ながらウキウキ気分で出発。
    ひそかに思いを寄せるN男さんもお洒落な服で張り切っている。
    10時ごろ、ブサイクな同僚♂(29才喪男)が
    「ソフトクリームがたべたい」と言い出したので
    私は「お、おはぎならありますけど・・」とやや控えめに
    18個の色とりどりのおはぎ(あん・青海苔・きなこ)を紙袋からとり出した。
    一瞬「しーん」となって、ブサイクな同僚♂が
    「喪女さんが握ったの?うわwwおばあちゃんみたいwww」と言った。
    他の女が「ちゃんと洗った手で作ったの?今の季節雑菌は危ないよ、ほら、ここやばくない?」と言った。
    爆笑が起こった。18個のおはぎは誰の口にも入らなかった。
    私はほぼ半泣き状態で、おはぎをしまった。
    人づてに聞いた話だけど、N男さんも「ちょっとあれは食べらんないw」と
    言っていたらしい。



    5: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:03:27 ID:eEa
    >>4
    このコピペ見るたびにおはぎ全力で食べてあげたいって思う

    6: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:04:40 ID:ZQB
    俺の母さんは、生まれつき両腕が不自由だった。
    なので料理は基本的に父が作っていた。

    ただ、遠足などで弁当がいる時は、母さんが頑張って作ってくれていた。
    でも、小学校6年の時の遠足で、見た目が悪い母さんの弁当を見られるのが嫌で、とうとう「弁当はコンビニで買っていくから、この弁当はいらない!!」と言ってしまった。
    母さんはそんな馬鹿な俺に、ただ、うまく作れなくてごめんねとしか言わなかった。

    時は過ぎ、小・中は給食だったのだが、高校になってからは給食はないのでいつも昼は購買のパンですませていた。
    しかし、高校2年になったある日、母さんが弁当を作ると言い出した。
    それは遠足の時に作ってくれたものとは、見た目も味も段違いに良くなっていた。
    不自由な手で、一生懸命作ってくれたのだ。
    と、思ったのもつかの間。 肺炎で入院したかと思うとぽっくり逝ってしまった。

    弁当を作り始めてから3ヶ月しか経たない内に。
    母さんが死んだ後、親父から聞いたのだが、どうやら母さんは俺の為に、定食屋をやっている知り合いの所に一年間料理を習いに行っていたらしい。

    そして後日、その定食屋に行って見た。
    定食屋の人と俺は直接、関わりは無いけれど、優しそうな人だった。
    そして母がよく弁当に入れていたメニュー、ハンバーグ。それの定食を頼んだ。

    そして、それを口にしたとたん、ぼろぼろと涙がこぼれてきた。
    たった3ヶ月しか食べられなかったけど、たしかに母さんのハンバーグの味にそっくりなのだ。

    腕がまともに動かせないのに、頑張って作ってくれた、あのハンバーグの味。
    形は少し不細工だったけど、とても美味しかった、あの、ハンバーグの味。

    7: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:06:25 ID:ZQB
    774 :大人の名無しさん :04/06/03 22:33 ID:K+cG6zAd
    どうして私がいつもダイエットしてる時に(・∀・)ニヤニヤと見つめやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうして私が悪いのにケンカになると先に謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうしてお小遣減らしたのに文句一つ言いませんか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうして交代でやる約束した洗濯をし忘れたのに怒りませんか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうして子供が出来ないのは私のせいなのに謝りますか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうして自分が体調悪い時は大丈夫だと私を突き放して私が倒れると会社休んでまで看病しますか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうして妻の私に心配掛けたくなかったからと病気の事を隠しますか(゚Д゚)ゴルァ!

    おまけにもって半年とはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!

    長期出張だと嘘言って知らない間に手術受けて助からないとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!

    病院で俺の事は忘れていい男見つけろとはどう言う事ですか(゚Д゚)ゴルァ!

    こっちの気持ちは無視ですか(゚Д゚)ゴルァ!

    正直、あんた以上のお人よしで優しい男なんか居ませんよ(゚Д゚)ゴルァ!

    それと私みたいな女嫁にすんのはあんた位ですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    8: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:06:51 ID:ZQB
    775 :大人の名無しさん :04/06/03 22:48 ID:K+cG6zAd
    もう一つ言い忘れてましたが私、お腹に赤ちゃん出来たんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    あんたの子供なのに何で生きられないのですか(゚Д゚)ゴルァ!

    そんな状態じゃ言い出せ無いじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!

    それでも言わない訳にはいかないから思い切って言ったら大喜びで私を抱きしめますか(゚Д゚)ゴルァ!

    生まれる頃にはあんたはこの世にいないんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    元気な子だといいなぁってあんた自分の事は蔑ろですか(゚Д゚)ゴルァ!

    病院で周りの患者さんや看護婦さんに何自慢してやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

    病気で苦しいはずなのに何で姓名判断の本で名前を考えてやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうして側に居てあげたいのに一人の身体じゃ無いんだからと家に帰そうとしますか(゚Д゚)ゴルァ!

    どうしていつも自分の事は二の次何ですか(゚Д゚)ゴルァ!

    9: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:07:17 ID:ZQB
    776 :大人の名無しさん :04/06/03 23:06 ID:K+cG6zAd
    医者からいよいよダメだと言われ泣いてる私に大丈夫だよとバレバレの慰めを言いますか(゚Д゚)ゴルァ!

    こっちはあんたとこれからも生きて行きたいんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    それがもうすぐ終わってしまうんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    バカやって泣きそうな私を包んでくれるあんたが居なくなるんですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    忘れろと言われても忘れられる訳ないでしょ(゚Д゚)ゴルァ!

    死ぬ一週間前に俺みたいな奴と一緒になってくれてありがとなですか、そうですか(゚Д゚)ゴルァ!

    こっちがお礼を言わないといけないのに何も言えず泣いちまったじゃないですか(゚Д゚)ゴルァ!

    あんなに苦しそうだったのに最後は私の手を握りしめて逝きやがりましたね(゚Д゚)ゴルァ!

    何で死に顔まで微笑みやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!(゚Д゚)ゴルァ!

    そんなのは良いから起きて下さい(゚Д゚)ゴルァ!

    生まれてくる子供を抱いて下さい(゚Д゚)ゴルァ!

    子供に微笑みかけて下さい(゚Д゚)ゴルァ!

    たのむから神様何とかして下さい(゚Д゚)ゴルァ!

    10: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:07:51 ID:ZQB
    777 :大人の名無しさん :04/06/03 23:15 ID:K+cG6zAd
    ダメ女な私にこの先一人で子供を育てろと言いやがりますか(゚Д゚)ゴルァ!

    そんなあんたが死んで5ヶ月...

    子供が生まれましたよ(゚Д゚)ゴルァ!

    元気な女の子ですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    目元はあんたにそっくりですよ(゚Д゚)ゴルァ!

    どこかで見てますか(゚Д゚)ゴルァ!

    私はこの子と何とか生きてますよ(゚Д゚)ゴルァ!

    あんたも遠くから見守って居てください。

    11: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:09:38 ID:ZQB
    遊戯王スレ part4444
    444 :名無しプレイヤー@手札いっぱい。2012/02/17(金) 04:44:44.44 ID:86R6ztpP0
    コレが俺のファンサービスだ!

    12: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:11:22 ID:ZQB
    京都市伏見区桂川河川敷で2月1日、無職片桐康晴被告が、
    認知症の母親を殺害して無理心中を図ったとみられる事件の初公判が19日に行われた。
    事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。
    片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めたとの事。
    片桐被告は両親と3人暮らしだったが、95年に父が死亡。その頃から、母に認知症の症状が出始め、一人で介護した。

    母は05年4月ごろから昼夜が逆転。徘徊で警察に保護されるなど症状が進行した。
    片桐被告は休職してデイケアを利用したが介護負担は軽減せず、9月に退職。
    生活保護は、失業給付金などを理由に認められなかった。
    介護と両立する仕事は見つからず、12月に失業保険の給付がストップ。カードローンの借り出しも限度額に達し、デイケア費やアパート代が払えなくなり、
    06年1月31日に心中を決意した。

    「最後の親孝行に」
    片桐被告はこの日、車椅子の母を連れて京都市内を観光し、2月1日早朝、同市伏見区桂川河川敷の遊歩道で
    「もう生きられへん。此処で終わりやで。」などと言うと、母は
    「そうか、あかんか。康晴、一緒やで」と答えた。片桐被告が
    「すまんな」と謝ると、母は
    「こっちに来い」と呼び、片桐被告が母の額にくっつけると、母は
    「康晴はわしの子や。わしがやったる」と言った。
    この言葉を聞いて、片桐被告は殺害を決意。母の首を絞めて殺し、
    自分も包丁で首を切って自殺を図った。

    冒頭陳述の間、片桐被告は背筋を伸ばして上を向いていた。肩を震わせ、
    眼鏡を外して右腕で涙をぬぐう場面もあった。

    裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。
    殺害時の2人のやりとりや、
    「母の命を奪ったが、もう一度母の子に生まれたい」という供述も紹介。
    目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も涙をこらえるようにまばたきするなど、法廷は静まり返った。

    13: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:13:22 ID:ZQB
    ゲーセンで出会った不思議な子の話
    http://world-fusigi.net/archives/5104187.html

    14: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:15:02 ID:ZQB
    うちは貧乏な母子家庭で、俺が生まれた時はカメラなんてなかった
    だから写真の変わりに母さんが色鉛筆で俺の絵を描いて、アルバムにしてた
    絵は上手じゃない
    ただ、どうにかして形に残したかったらしい
    ほぼ毎日、赤ん坊の俺を一生懸命描いてた
    絵の隣に『キゲンが悪いのかな??』とか『すやすや眠ってます?』ってコメント付きで
    小学四年生の時、家に遊びに来た友達数人に、そのアルバムを発見された
    めちゃくちゃ笑われて、貧乏を馬鹿にされた
    友達が帰って直ぐ、俺はアルバム三冊をバラバラに破いてゴミ箱に捨てた
    パートから帰って来た母さんがそれを見つけて、泣きだした
    破いた理由を言っても、変わらず泣き続けた
    翌朝起きると、居間で母さんがゴミ箱から絵の破片を集めてセロハンテープでとめてた
    「恥ずかしい思いさせてごめんね。でもね、これ、母さんの宝物なんよ」
    申し訳なさそうに優しくそう言われると、涙が溢れ、俺はごめんなさいと謝った

    15: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:15:50 ID:ZQB
    娘が六歳で死んだ
    ある日突然、風呂に入れている最中意識を失った。

    直接の死因は心臓発作なのだが、持病のない子だったので
    病院も不審に思ったらしく、俺は警察の事情聴取まで受けた。
    葬式には別れた女房が「彼氏」同伴でやって来たが、
    もはや俺にはその無神経に腹を立てる気力もなく、機械的にすませた。
    初七日も済んで、俺は独りで映画を観にいき、娘が観たがっていた
    ゴジラととっとこハム太郎の二本立てを観ることにした。
    とっとこぉはしるよハム太郎♪の歌を聴いた瞬間、やっぱり俺は泣いた。
    6歳にもなって活舌の悪い娘が、この歌を一生懸命覚えて、
    とっとこぉ、はしゆよ、はむたよお♪と歌っていたっけ。
    ハム太郎の紙コロジーだってクリスマスに買ってやるつもりだった。
    女親のいない家庭だったが、少しでも女の子らしくと、
    服を買うときだって、面倒がらずに吟味を重ねた。
    学校だって、行きたいところに行かせてやるつもりだったし
    成人式には、ちゃんと着物を着せてやるつもりだった。
    女房と離婚してから俺は100%子供のために生きることにして、
    必死にやってきたのに、この世に神様なんて絶対いないんだと知った。

    16: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:17:39 ID:ZQB
    212 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:05/03/20 20:43:31 ID:P7vQwJYj
    奇数なら内定

    250 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:05/03/20 20:44:13 ID:P7vQwJYj
    奇数なら内定

    311 名前:公共放送名無しさん[] 投稿日:05/03/20 20:46:13 ID:P7vQwJYj
    偶数なら内定

    17: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:18:24 ID:ZQB
    885 :おさかなくわえた名無しさん:2010/03/20(土) 11:18:58 ID:Njy21fA7
    866さんと少しだけ似てるけど
    うちの会社は忘年会に、会社宛に贈られて来たお歳暮を社員にくじ引きで配る。
    自分もくじ引きしてビールセットが当たったので帰る時に探しても見つからない。
    そうしたら先輩が
    「ああ、あれは今月いっぱいで契約切れする派遣の女の子にあげたから。
    お前酒飲まないし別にいいだろ?」
    と当たり前のように言われた。
    確かに俺は酒は飲めないが親は飲むし勝手にあげるなと。
    先輩がその女の子に好意を持ってたのはうすうす感じてたが、
    さも自分の物のようにあげてしまう神経がわからん。
    きっと俺のだとは言ってないだろうな。

    889 :おさかなくわえた名無しさん:2010/03/20(土) 13:04:38 ID:Njy21fA7
    885です。
    当然文句を言ったが
    「お前ってけっこうセコイんだな」
    「来月から仕事が無い派遣さんが可哀想だと思わないのか?」
    「いいじゃねえかよ只で貰ったもんなんだから」
    「お前は社員なんだから細かいことぐちぐち言うなよ、みっともない」
    そうか、俺はせこいのかと。

    18: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:19:45 ID:ZQB
    なんか機械音痴の母がデジカメを買った。
    どうやら嬉しいらしく、はしゃぎながらいろいろと写してた。
    何日かしてメモリがいっぱいで写せないらしく
    「どうすればいいの?」って聞いてきたが
    「忙しいから説明書読め!」とつい怒鳴ってしまった。
    さらに「つまらないものばかり写してるからだろ!」とも言ってしまった。
    そしたら「・・・ごめんね」と一言。

    そんな母が先日亡くなった。
    遺品整理してたらデジカメが出てきて、何撮ってたのかなあと中身を見たら
    俺の寝顔が写ってた・・・。

    涙が止まらなかった。

    19: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:20:27 ID:ZQB
    552 おさかなくわえた名無しさん :2008/10/04(土) 01:26:53 ID:kEGTIebt
    子供を喜ばせるのは難しい。何をしても不満そうな顔をする。
    それに比べて、親を喜ばせることは何と簡単なことだろうか。
    それほど簡単なことを私はしてこなかった。

    20: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:22:14 ID:ZQB
    ボランティアに言った病院で難病の子供が言った言葉です。

    「○○くんはいつも教科書や本を読んで勉強しているね?
     大きくなったら何になるの?」
    「僕は大人にはなれないんだ。僕の病気は治らないから。」

    言葉継げずにいると、

    「でも勉強がしたい。せっかく生まれてきたから、いっぱいいろんなことを知りたい。」

    わずか、11歳の子でした。

    私はこの言葉を思い出すと、今でも自らの浅学が恥ずかしくてたまりません。

    21: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:23:55 ID:ZQB
    成人式の為に買ってもらったスーツを着て
    かっこいいと言われ、何枚も写真を取られ
    車で会場まで送ってもらい
    「友達と飲むだろうけど、イッキなんてしたらいかんよ?
    遅くなるだろうから気をつけて帰ってらっしゃい」

    そう言われた後一人で会場を一周し、中に入ることが出来ず
    友達と飲みに行くことになっている手前、そのまま帰ることも出来ず
    夜まで時間つぶすためにその足でスロット店へ行き
    親からもらったお年玉を使い切るのに2時間も持たず銀行から下ろした8万も消え

    どうしようもなくなって、夕方頃に家に帰り
    人が多すぎて友達と会えなかったと言う俺に
    母さんは、じゃあ夕飯ちゃんとしたもの作らなきゃねと言い

    俺は震えて声も出せないほど泣いた

    22: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:25:49 ID:ZQB
    たまには外に出なくては、と
    意を決して一人紅葉狩りに出掛けてみた
    ロープウェーで一人座って出発を待っていると
    発車間近に若いカップルが駆け込んできた

    駆け込みの焦りと俺の座席位置が相まって
    俺が見えてなかったらしく
    「やったぁ、かしき・・・」まで出た女ね言葉が止まるのと
    笑顔から一変、表情が無になる瞬間を眼前で見た

    そのまま客は俺とカップルのみで発進
    何故か気まずい俺

    窓を覗きつつ
    「わーきれいだねーあかーい」などと喋る女だが
    声のトーンと口調の無機質さが、明らかに俺との遭遇、存在で
    機嫌を損ねましたと言わんばかり
    オマケに野郎までテメェのせいだと言わんばかりのオーラ

    俺は、外を見る気すら失せ、ただ俯き目を閉じていた
    緩く、永い、地獄のようなロープウェーだった

    23: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:27:36 ID:ZQB
    105 名前: 名無しの心子知らず 投稿日: 02/03/12 02:10

    4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
    どうせすぐ飽きるだろうと思いつつも、毎晩教えていた。


    ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。

    「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」 こっそりと中を読んでみたら、
    「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
    と書いてあったそうだ。
    旦那は去年、交通事故で他界した。
    字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
    受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。

    「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
    最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。


    娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない

    24: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:28:56 ID:ZQB
    912 名前:名無しさん@十周年[] 投稿日:2010/02/11(木) 13:46:57 ID:E5w4d8r20
    入学したての頃、俺は初めて学食に行ってみたんだ。もちろん一人でね。
    慣れない食券システムにに戸惑いつつも、俺はウキウキした気分でハンバーグ定食を購入した。
    定食を貰って、席に着こうとしたんだが、もうすでに満席。
    一見空いているかに見える席も、DQNどもが荷物を置いて席取りしていた。
    今考えたら混雑した昼時に学食に行ったのが、全ての間違いだったんだ…
    俺は焦った。とりあえずどこか席が空くのを待ってみたが、一向に空かない。
    明らかに食事を終えている奴らも、友人と会話をしていて席を立とうとしない。
    俺はハンバーグ定食のお盆を持ったまま、その場に立ち尽くしてしまった。
    どうしようもなくなって錯乱してしまった俺は、近くの調味料や飲み物が置いてある台に、持っていたハンバーグ定食を置き、その場で立ち食いを始めてしまったんだ。
    俺のあまりに滑稽な姿に、周りの奴らが笑っているのに気づいた。
    中には俺の姿を写メールで撮影し始めるDQNもいた。
    俺は半泣きになりながらハンバーグ定食を急いで食べ終え、逃げるようにその場を去った。

    あれ以来2度と学食へは行っていない…

    25: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:31:37 ID:6ry
    やめろぉ!やめるんだ!

    26: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:34:28 ID:ZQB
    火曜日に正社員の面接行ったのね。もうこれで20数社目。今まで全部駄目だった。

    それで、その日は車でしか行けないところだったんで、母親が仕事を休んで付き添ってくれた。
    駐車場の車内に母を待たせて面接してもらった。

    出てきたのは社長と人事課長。社長が絵に書いたような悪人顔でさ。
    鼻くそほじりながら履歴書見て「職歴なし?あんたもう30だろ?」
    「バイトなら経験あるっていったって職歴なしは職歴なしだろう?」
    「うちでそんなの雇うわけないだろ?もう帰ってくれ。用はないだろ。終わり終わり」

    車に戻ると母は面接には触れず、「また明日から暑くなるんだって、今ラジオで行ってた」
    「ごはん食べて帰ろうか」って。
    無言のままうどん屋に入ってカツ丼食べた。

    そしたら母親が「受かるといいねー」って言うからさ、俺答えに困っちゃってさ。
    で、いろんな言い訳考えた末に正直に「いや、駄目だったんだ、今日も」といった。

    母親、「また次も送っていくよ、カツ丼、あんまりおいしくなかったね」だってさ。
    今頃になって泣けてきたよ。情けねーなー。就職してーなー。
    今まで何やってたんだろうな、俺は。

    27: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:35:38 ID:ZQB
    カーチャンの七不思議
    夜には疲れた顔してたのに朝には早起きして弁当作っててくれる
    夜遅く帰っても他の家族は寝てるのにカーチャンだけ起きてる
    俺が疲れてるの何故か把握してて栄養剤出してくれる
    俺が逆切れしても困ったように笑ってる
    俺が自分で言ったのに忘れてた事をずっと覚えてる
    いまだに俺の誕生日祝ってくれる
    俺より長生きしてくれない

    28: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:37:31 ID:ZQB
    私の母は昔から体が弱くて、それが理由かは知らないが、
    母の作る弁当はお世辞にも華やかとは言えないほど質素で見映えの悪い物ばかりだった。
    友達に見られるのが恥ずかしくて、毎日食堂へ行き、お弁当はゴミ箱へ捨てていた。
    ある朝母が嬉しそうに「今日は〇〇の大好きな海老入れといたよ」と私に言ってきた。
    私は生返事でそのまま学校へ行き、こっそり中身を確認した。
    すると確かに海老が入っていたが殻剥きもめちゃくちゃだし、彩りも悪いし、
    とても食べられなかった。
    家に帰ると母は私に「今日の弁当美味しかった?」としつこく尋ねてきた。
    私はその時イライラしていたし、いつもの母の弁当に対する鬱憤も溜っていたので
    「うるさいな!あんな汚い弁当捨てたよ!もう作らなくていいから」とついきつく言ってしまった。
    母は悲しそうに「気付かなくてごめんね…」と言いそれから弁当を作らなくなった。

    それから半年後、母は死んだ。私の知らない病気だった。
    母の遺品を整理していたら、日記が出てきた。
    中を見ると弁当のことばかり書いていた。
    「手の震えが止まらず上手く卵が焼けない」 日記はあの日で終わっていた。
    後悔で涙がこぼれた

    29: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:38:53 ID:6ry
    >>28
    あぁ……

    30: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:45:14 ID:ZQB
    ある病室に2人の末期ガンの患者が入院していた。一人は窓側のベッド、もう一人はドア側のベッド。
    2人とも寝たきりの状態だったが、窓際のベッドの男はドア側のベッドの男に窓の外の様子を話してあげていた。

    「今日は雲一つない青空だ。」
    「桜の花がさいたよ。」
    「ツバメが巣を作ったんだ。」

    そんな会話のおかげで死を間近に控えながらも2人は穏やかに過ごしていた。

    ある晩、窓際のベッドの男の様態が急変した。自分でナースコールも出来ないようだ。
    ドア側の男はナースコールに手を伸ばした。が、ボタンを押す手をとめた。

    「もしあいつが死んだら、自分が窓からの景色を直接見れる・・・」
    どうせお互い先のない命、少しでも安らかな時をすごしたいと思ったドア側のベッドの男は、自分は眠っていたということにして、窓側のベッドの男を見殺しにした。 窓側のベッドの男はそのまま死亡した。

    晴れて窓側のベッドに移動したドア側のベッドの男が窓の外に見たのは、
    打ちっ放しのコンクリートの壁だった。

    31: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:46:30 ID:ZQB
    アリの巣コロリってあるじゃん。
    蟻の行列にポンと置くと、一瞬ビックリして列が乱れる。
    邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る。
    そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る。
    そいつをマネして何匹も入る。
    毒とも知らずにツブツブを運び出す。一匹が一粒づつ。
    いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる。
    黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい。
    一匹が一粒づつ、丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ。
    せっせと、せっせと、せっせと、せっせと。
    蟻さんって働き者だなと思う。俺も頑張らなきゃなと思う。
    次の日、あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない。
    ほんとにいない。探してもいない。泣きたくなった。

    32: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:47:58 ID:ZQB
    バイト先に彼氏いない歴25年らしい大人しい子がいた。
    局の子にお昼おごらされたり、
    派遣社員の子から高額なマルチ商法の商品買わされたりしてた。

    皆が「アイツはお人好しだから何言っても絶対断らない」と
    学生のイジメのようにバカにして嫌な事押し付けたりしていた。

    もともとその子を優しくて良い女だと好感を抱いていた上に
    この子なら断らないかもと思った俺は彼女を休日に食事に誘ってみた。
    生まれて初めて女性からOKをもらい、嬉しくて店を色々調べて下準備し、
    当日は思いきりお洒落してピカピカに洗った車で迎えに行き、
    頑張って話を盛り上げてご飯を御馳走し、家まで送り届けた。

    とても楽しくて何度も誘った。彼女も楽しんでくれていると思った。

    段々好きになって今度告白しようと決心して食事に誘った時、
    「本当はずっと嫌だった。もう誘わないで欲しい」と言われた。

    彼女の顔は気の毒になる位必死だった。きっと決死の思いで言ったのだろう。

    「ほら~!麻衣、ちゃんと断れるじゃないですか!
    今度から嫌な事 頼まれたら、今みたいにビシッと言えよ!
    俺、ずっと麻衣が何言っても断れないの、心配したよ!」
    と、俺は泣き出しそうなのをこらえて出来るだけ明るく元気に取り繕った。

    彼女はとてもホッとしたような顔をして何度も俺にお礼を言った。
    俺から好かれている訳じゃない事がわかって、そんなに嬉しかったのかな。

    昨日の話です。もう色恋は諦めますた。一生DTでかまいません。

    33: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:49:32 ID:ZQB
    当時俺の家はいわゆる片親ってやつで、すげぇー貧乏だった。
    子供3人養うために、かぁちゃんは夜も寝ないで働いてた。
    それでもどん底だった・・・

    俺は中学卒業してすぐ働きに出た。
    死ぬほど働いた。遊んでる暇なんてなかった。

    1年ぐらいして同級生に久しぶりに会った。
    飯食いに行こうって話になった。
    メニューの漢字・・・読めなかった。
    読めたのは、一つだけカタカナで書いてあった「オムライス」だけ。
    同級生は「焼きそばとごはん」って注文した。

    無知な俺は「じゃあ俺はオムライスとごはん」って店員に言った。
    店員、固まってた。
    クスクスって笑い声も聞こえてきた。
    そしたら同級生
    「さっきのキャンセルね!!俺もオムライスとごはん!!」

    ・・・
    店出た後、同級生が一言
    「うまかったな」って言った。
    「仕事がんばれよ」って言ってくれた。

    泣けてきた
    心の底から人に「ありがとう」って思った。
    そいつは今でも親友です。

    35: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:56:40 ID:ZQB
    そんなことより聞いてくれよ
    この前初めての合コンで王様ゲームやったんだよ
    そしたら一番可愛い女の子が王様になってさ
    「もしかしたら俺とチューなんてことも・・・・」なんてワクワクしてたら
    「おまえ帰れ」って命令された

    36: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:58:00 ID:ZQB
    昨日気がついたら車で3時間かかるのにいつの間にか実家に帰っていた。
    案の定、お袋は
    「突然どうしたの?何かあったの?」
    と心配ばかり。
    思わず
    「何もないけど・・・帰ってきたら不都合だった?」
    と悪態ついてしまった・・・

    その後、ゆっくりテレビを見ていたら、お袋が
    「風呂丁度いいけどついでに入る?」
    と言って来た。
    言われるがままに風呂に入った。

    かーちゃん・・・綺麗な湯と背中に感じる冷たい浴槽が身にしみるよ。
    この寒い中、冷えた残り湯で俺の為だけに風呂を洗って急いで
    湯を張ってるお袋の姿がハッキリ見えて、風呂場で泣いた。

    風呂から上がると晩飯ができていた。
    お袋は
    「大したものじゃないけど、晩御飯の残り物で悪いけど
     コレでも食べて明日からも頑張ってね。」
    と・・・

    食器を下げる時に気付いた。
    晩御飯の残り物は白飯だけじゃないか・・・
    他の料理は明らかに今作った物だった。
    「上手かった!」
    とだけ言い残しトイレに行った。
    お袋の気持ちを考えて・・・又泣いた・・・

    37: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:59:11 ID:ZQB
    なあ、お前と飲むときはいつも白木屋だな。
    一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。
    俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、
    おごってもらったのが白木屋だったな。
    「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。金が余ってしょーがねーから」
    お前はそういって笑ってたっけな。
    俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、
    お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。
    「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」
    「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」
    「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」
    そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白木屋だったな。

    あれから十年たって今、こうして、たまにお前と飲むときもやっぱり白木屋だ。
    ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。
    別に安い店が悪いというわけじゃないが、ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。
    油の悪い、不衛生な料理は、毒を食っているような気がしてならない。
    なあ、別に女が居る店でなくたっていい。
    もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、本物の酒と食べ物を出す店を
    いくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?
    でも、今のお前を見ると、
    お前がポケットから取り出すくしゃくしゃの千円札三枚を見ると、
    俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。
    お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。お前が体壊したのも知ってたよ。
    新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、
    使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。

    だけど、もういいだろ。
    十年前と同じ白木屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。
    そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。

    38: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)22:59:50 ID:ZQB
    夏休みで実家に帰省していた最後の日に母親が
    「これ持っていきなさい」と、おにぎりを渡された。
    すでにタオルや洗剤を、お土産?として持たされていた俺は、
    「これ以上は、荷物が増えるから、こんなんいらねー」って断ったんだけど、
    母親は「いいから、この位持っていけるでしょッ」と強引にカバンに詰め込みました。
    それで、お互いにムッとして気まずいままに、俺は実家を出ました。
    でも実際、住んでいる所へ戻る途中、お腹が空いたので、
    そのおにぎりを食べたのですが、何年かぶりに食べた母親の大きなおにぎりは、
    コンビニのおにぎりよりも断然に美味しかった。

    母さん、ゴメンナサイ、アリガトウ。

    39: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:00:51 ID:ZQB
    不細工カップルが仲良さげに繁華街を歩いてるのを見かける。
    俺が学生時代の頃は
    (いくら俺が不細工ッつってもあそこまで妥協したくは無いな)
    なんて思ってた。

    でも俺が今まで妥協だと思ってしなかったことは、
    ”しなかった”のではなく”できなかった”ことだったのだ。
    32ににもなってブスと付き合うこともできない。

    もちろん、好き好んでブスと付き合いたいわけではないが…。
    なんだか自分の人生がまるごといいわけのように思えてきた。
    疲れてるのかな、目がかすんできた。

    でも鏡越しに、かすんだ目で鏡越しに見える俺のツラはどうしても
    やっぱり、不細工だった。
    それだけは現実だった。

    40: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:02:00 ID:ZQB
    Saga2は思い出のソフトなんだ……今でもよく思いだしては切なくなってます。

    俺さ、産まれた時から酷い小児喘息だったのよ。
    夜中にかーちゃん起こして病院連れてってもらうなんてしょっちゅうだったし、
    小学校あがって更に病状が悪くなって。もちろん体育なんかでれないし、
    みんなと外で遊ぶ事すらできなかった。

    んで、小五になってからほぼ毎日病院行って吸入するくらいまで悪化しちゃって、
    そのまま3週間入院する事になって。。。

    んでね、そん時4人部屋の病室だったんだけど
    二人はおばあちゃんとおじさん、んでもう一人は俺と同い年くらいの女の子だった。
    俺、昔からすげぇ人見知りが激しい上に物凄い照れ屋で、
    なかなかその同室の人達と仲良くなれないで
    一人で勉強してるかゲームボーイやってるかだったのよ。
    そん時家から持ってきたソフトが「Saga2」で、もう一回クリアしたやつだったんだけど
    ヒマだしもっかいやるかな、って毎日やってたワケさ。

    んで入院して一週間立った頃、俺がゲームボーイやってる時は
    なんかその同室の女の子がじーっとこっち見てる事に気づいたんよ。
    俺が彼女の方みると慌てて目逸らすんだけどね。
    もしかしてやってみたいのかな?と思って、「良かったらコレ借そうか?」って聞いたのよ。
    そしたら目ぇ輝かせて「いいの?」っていうもんだから、
    「もう飽きたからな」とか照れ隠しして借してあげたさ。

    でも案の定操作が分からないらしく、画面とずっとにらめっこしてるもんだから
    俺が操作教えながら一緒にゲーム進めることにしたんよ。
    パーティーは人間・男の主人公「リョータ(俺の名前)」で、
    仲間は人間・女「さやか(彼女の名前)」
    あとはエスパーガールとロボットにそれぞれ同室のばあちゃんとおじさんの名前つけたっけ。

    それからどんどんそのコと仲良くなって、二人でゲームボーイやるだけじゃなく、
    色んな話もするようになった。
    学校の事、家族の事、好きな音楽の事、近くに迫った夏休みの事…

    それからの時間はあっという間だった。すぐに俺が退院する時がやってきた。
    看護婦や同室のおじさん、ばあちゃん達が口々に「おめでとう」って言ってくれてる中
    彼女だけ泣いてた。それ見て俺も泣きそうになったさ。でもグッと堪えて
    「オマエ退院するまでコレ借してやるよ。退院したら連絡くれよな」って
    そのままゲームボーイとSaga2置いていったのよ。

    それから何回もお見舞しに行こうと思った。
    …でもいざ行こうかと思うとなんか照れくさくて行けなかった。
    連絡がないまま1年半が過ぎて、俺も小学校を卒業する頃になった。
    せめて卒業前にもう1度会っておきたいな、と思って意を決してお見舞に行く事にしたんよ

    病室に行ったけど彼女はいなかった。病室入口の名前欄にもない。
    もうとっくに退院してたのかな…?と思ってとりあえずナースセンターで聞いてみた。

    「遠い所にいった」とかうまくはぐらかされたけど、俺も小6だったし、そこまでバカじゃない。
    その場の空気や後ろの看護婦が泣き出したのを見ても明らかだった。
    俺がショック状態で呆然としてる中、その看護婦が
    「ああ、そういえばさやかちゃんから、リョータ君が来たら渡しといて、
    って言われた物があるのよ」 と言って俺にそれを渡してくれた。
    借してあげたゲームボーイとSaga2だった。

    俺はそれを受けとって家に帰った。
    帰るなりメシも食わないで、暗い自分の部屋でゲームボーイのスイッチを入れた。
    懐かしいあのOPの音楽。それと一緒にでてくるロード画面。
    一つは彼女と俺が一緒にプレイしたデータ。あの時からほとんど変わってない。
    懐かしさと悲しさで胸がいっぱいになった

    もう一つのデータはやたらレベルの低いデータだった。
    最初から始めてすぐ飽きたんかな?と思ってそのデータをロードしてみた。

    パーティー四人の名前がこうなっていた。

    「リョータ」

    「いろいろ」

    「ありがと」

    「バイバイ」

    …今でもSaga2のOPの曲を聞くと涙が出るよ。
    お見舞行ってあげられなくてゴメンな…。

    Sa・Ga 全曲集
    ゲーム・ミュージック
    NTT出版
    2004-12-15


    41: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:05:12 ID:ZQB
    俺の仕事は通信関係の現場仕事。もちろん男ばっかりの職場。
    ところが1年ほど前から事務に女の子が入ったんだよね
    そんなに若くは無いがまぁまぁ美人。性格もさっぱりしてるんだ。
    目も見れず、まともに話もできない俺に優しく話してくれて・・もちろんお察しの通り惚れた。
    なんと2chも見てるって事で色々わからない事聞いてきたり2chの話題で盛り上がったりもした。
    今じゃ冗談を言って も~ なんて軽く叩いたりするスキンシップもある。

    もしかしたら・・・と思う気持ちが無いわけじゃない。だが告白なんてできないのは重々承知だ。
    俺は、38才デブオタメガネの童○だ。1年間大事にしてきたこの関係で満足だった。

    昨日も仕事が終わり彼女の顔を見に事務所へいったんだ
    汗だらけの俺に優しく おつかれさま と声をかけお茶を入れてくれた
    いつもの様に至福の時間。このために仕事に行ってると言っても過言ではない。
    彼女のPCが調子悪いと言うので直してあげたりした。
    そして帰宅・・・・ところが家の鍵を忘れた事に気づき戻った。
    ドアが開いてたのでそっと中をのぞくと・・・
    そこにはマジックリンと除菌剤を持ってPC、イス、机、俺が触った物全てを掃除してる彼女がいた。

    しばらく動けなかった。やっと我に帰り逃げ帰る時、彼女はミューズでゴシゴシ手を洗っていた。

    昨日は家に入れず車の中ですごした。涙が止まらなかった。
    彼女が出勤する前に鍵をとりにいき家へ帰り、今日は仕事を無断欠勤した。

    43: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:09:12 ID:6ry
    あかん心が持たない

    44: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:25:29 ID:ZQB
    妹「ねぇ・・お兄ちゃん最近嬉しそうだね」
    家に帰ると、帰りを待っていたかのように妹が嬉しそうに言った。

    俺「うっせぇな・・何も無ぇよ」
    妹「あ・・ひょっとして彼女でも出来たの?」
    からかう妹を無視して俺は自室に直行する。
    机の上のPCを立ち上げ、すぐに自身のブログをチェックする。

    『NEW!新しいコメントが届いています』
    一ヶ月ほど前に親にお願いしてPCを買ってもらった。
    妹「えー・・いいなぁお兄ちゃんばっかり羨ましい」
    俺「お前も高校生になったら買ってもらえよ」
    妹「ちぇー・・・ケチ!」
    その後拙い知識を総動員させ、何とかブログを立ち上げる事が出来た。
    と、言っても個人のブログなんて誰も見ないから最初の一週間は訪問者ゼロの状態だった。

    変化が起きたのは丁度一週間後。いつもの様に学校であった不満、愚痴をブログに書こうとすると
    『NEW!新しいコメントが届いています』のポップが表示された。
    嬉しさと期待と不安でコメントをチェックする俺。
    『日記拝見しました^-^b凄く面白い内容でした。これからも色々な日記で楽しませて下さいね♪´∇`』
    可愛らしく書かれたコメントに俺は興奮し、それから毎日の様に身の回りの写真やその日あった出来事などを面白可笑しく書いていった。


    たまに荒らしっぽいコメントも来た。しかし好意的なコメントをしてくれる人は毎日、日記の下にコメントを送ってくれた。
    暫くすると荒らしのコメントも消えていった。自然と俺の中でコメントをくれるその人を喜ばせる事が幸せになってきた。
    その人はいつも俺の事を影から見守ってくれてる感じだった。
    俺が学校のテストが悪かった事を日記で書くとコメントで『そんな日もあるかもね・・でもあんまりしょげちゃ駄目だよ´・ω・`』などと慰めてくれたり
    体育の授業でDQNチームに圧勝した事を書くと『凄い!!私もそれ見たかったなぁーwー=3』などと返信してくれた。

    その人とのやり取りが楽しかった。
    別に会えなくても何処かで繋がっている・・・そんな気がした。
    しかしその一方である時疑問に思った。いつもほぼ同じ時間・・学校から帰って日記を書こうとする大体一時間前にその人はコメントをしている。
    一体、どこの人なんだろう・・・もしかしたら近所に住んでいたりして・・
    好奇心が沸いた俺は、ホストの権限を使って書き込みをしてくれている人のIPアドレスをチェックしてみた。


    愕然とした。いつも俺を励ましたり・・時には応援してくれていたりしたそのコメントは・・・
    この家にあるこのPCから発信されていた。
    俺は泣きながらブログを閉鎖させ、PCの電源を落とした。

    45: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:27:33 ID:ZQB
    私には、兄がいました。
    3つ年上の兄は、妹想いの優しい兄でした。
    ドラクエ3を兄と一緒にやってました。(見てました。)
    勇者が兄で、僧侶が私。遊び人はペットの猫の名前にしました。
    バランスの悪い3人パーティ。兄はとっても強かった。
    苦労しながらコツコツすすめた、ドラクエ3。おもしろかった。
    たしか、砂漠でピラミッドがあった場所だったと思います。
    とても、強かったので、大苦戦してました。

    ある日、兄が友人と野球にいくときに、私にいいました。
    「レベ上げだけやってていいよ。でも先には進めるなよ。」
    私は、いっつもみてるだけで、よくわからなかったけど、
    なんだか、とてもうれしかったのを覚えてます。
    そして、その言葉が、兄の最後の言葉になりました。

    葬式の日、父は、兄の大事にしてたものを棺おけにいれようとしたのを覚えてます。
    お気に入りの服。グローブ。セイントクロス。そして、ドラクエ3。
    でも、私は、ドラクエ3をいれないでって、もらいました。
    だって、兄から、レベ上げを頼まれてたから。

    私は、くる日もくる日も時間を見つけては、砂漠でレベ上げをしてました。
    ドラクエ3の中には、兄が生きてたからです。
    そして、なんとなく、強くなったら、ひょっこり兄が戻ってくると思ってたかもしれません。
    兄は、とっても強くなりました。とっても強い魔法で、全部倒してしまうのです。
    それから、しばらくして、ドラクエ3の冒険の書が消えてしまいました。
    その時、初めて私は、泣きました。 ずっとずっと、母の近くで泣きました。
    お兄ちゃんが死んじゃった。やっと、実感できました。

    今では、前へ進むきっかけをくれた、冒険の書が消えたことを、感謝しています。

    46: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:28:10 ID:ZQB
    139:名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/15(木) 01:04:17.55 ID:7+sBTQ0i0
    俺が小さい頃に撮った家族写真が一枚ある。
    見た目普通の写真なんだけど、実はその時父が難病(失念)を宣告されていて
    それほど持たないだろうと言われ、入院前に今生最後の写真はせめて家族と・・・と撮った写真らしかった。
    俺と妹はまだそれを理解できずに無邪気に笑って写っているんだが、
    母と祖父、祖母は心なしか固いというか思い詰めた表情で写っている。
    当の父はというと、どっしりと腹をくくったと言う感じで、とても穏やかな表情だった。

    母がその写真を病床の父に持って行ったんだが、その写真を見せられた父は
    特に興味も示さない様子で「その辺に置いといてくれ、気が向いたら見るから」と
    ぶっきらぼうだったらしい。母も、それが父にとって最後の写真と言う事で、見たがらないものをあまり
    無理強いするのもよくないと思って、そのままベッドのそばに適当にしまっておいた。

    しばらくして父が逝き、病院から荷物を引き揚げる時に改めて見つけたその写真は、
    まるで大昔からあったようなボロボロさで、家族が写っている部分には父の指紋がびっしり付いていた。

    普段もとても物静かで、宣告された時も見た目普段と変わらずに平常だった父だが、
    人目のない時、病床でこの写真をどういう気持ちで見ていたんだろうか。

    今、お盆になると、その写真を見ながら父の思い出話に華が咲く。
    祖父、祖母、母、妹、俺・・・。


    その写真の裏側には、もう文字もあまり書けない状態で一生懸命書いたのだろう、
    崩れた文字ながら、「本当にありがとう」とサインペンで書いてあった。

    47: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:29:45 ID:ZQB
    237 : 名無しにかわりましてVIPがお送りします。 : 2007/10/26(金) 19:06:27.85 ID:Y1O2bH6d0
    半年ちょい前の俺へ

    そっちは午前4時だな。
    部活で疲れてぐっすりだと思うが、頑張って起きろ
    今から言う事をやってくれ。頼む、お前の為だから。しくじるなよ。

    音をたてないようにしろ、気づかれるから。
    まず、1階に降りて台所から包丁を持ってこい。
    そしてお前のバカ兄貴の部屋の前に行き
    ドアを開けて部屋に駆け込み一撃でぶった切れ。

    バカ兄貴が首を吊ろうとしてる、その柔道の帯で作った輪っかをな。
    そうしないとバカ兄貴が首吊って死んじまうぞ。
    発見した時の光景と母さんの悲鳴はたぶん一生お前の頭から離れなくなる。
    前日まで普通に相談に乗ってもらってた兄貴が次の日には死んでんだぞ
    いなくなるんだ

    あと兄貴に言ってやれ。
    「さんざんアンタをバカにしてきたが、学校じゃ自慢しまくるくらい好きなんだよ。」って

    頼む。頼むよ。
    頼むからこの文を半年前の俺に送らせてくれよ。
    頼むよ。お願いします

    「おやすみ。また明日な。」
    って言ってたじゃねえか
    バカ兄貴。

    48: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:32:17 ID:ZQB
    昨日、恋人が死んじゃったんです。病気で。
    そしたらなんか通夜が終わって病院に置いて来た荷物とか改めて取りに行ったら
    その荷物の中に俺宛に手紙が入ってたんです。
    で、よく見たらなんか「わたしの人生は普通の人よりも短かった、だけど〇〇君と一緒に
    過ごせたことで普通の人よりもずっと幸せな日々を送れた」、とか書いてあるんです。 もうね、アホかと。馬鹿かと。
    お前な、そんなこといまさら言ってんじゃねーよ、ボケが。死んだ後だよ、もうお前いねぇんだよ。
    なんか最後の方はろくに起き上がれもしなかったくせに。弱々しい字で必死で書いてたのか。おめでてーな。
    よーし〇〇君のことずっと見守ってるぞー、とか書いてるの。もう見てらんない。
    お前な、俺だってまだ言いたいこと沢山あったんだから生き返ってこいと。
    愛の言葉ってのはな、もっと生きてるうちに伝えるべきなんだよ。
    初めて出会った頃みたいにドギマギして恥ずかしさの余りいつ心臓が破裂してもおかしくない、
    言おうか言わざるべきか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。今になってこんな事言い出すやつは、すっこんでろ。
    で、やっと涙堪えながら読み終わったと思ったら、最後の方に、「わたしの事は忘れて他の人と幸せになって欲しい」、
    とか書いてあるんです。 そこでまたぶち切れですよ。
    あのな、俺はお前がホントに死んだなんて信じらんねーんだよ。ボケが。 得意げな顔して何が、見守ってる、だ。
    お前は本当にこの世にいないのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。
    お前、これは全部タチの悪い夢でホントはどっかで生きてるんちゃうんかと。
    独り残された俺から言わせてもらえば今、お前に対してできる供養はやっぱり、 お前の事を忘れないこと、これだね。
    たとえジジイになってボケたとしても。これが俺の生き方。
    お前との思い出ってのは俺には辛すぎる。そん代わり忘れない。これ。 で、それにお前の事をずっと想い続ける。これ最強。
    しかしこれを貫くと次から恋人が2度と出来ないかもしれないという危険も伴う、諸刃の剣。 軟弱者にはお薦め出来ない。
    まあお前みたいな寂しがりやは、俺がいつかそっちに行くまで待ってなさいってこった。

    49: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:34:22 ID:ZQB
    私の前の上司(課長)は無口、無表情。雑談には加わらず、お酒も飲まず、人付き合いをしない堅物でした。
    誠実公平、どんな時でも冷静なので頼もしい上司なのですが、堅過ぎて近寄りにくい雰囲気がありました。
    そんな課長の机の上には奥さん、子供四人と写った写真が飾られてて、
    「あの朴念仁でも家族は愛してるんだな」と微笑ましく思ったものです。
    何年経っても同じ写真が飾ってあったので、理由を聞いてみたら、
    「一番かわいかった頃の写真だからね」と照れ笑いを浮かべながら答えてくださいました。
    それが私の見た唯一の課長の笑顔でした。

    そんな真面目一徹、入社以来無遅刻無欠勤の課長が三日続けて無断欠勤。
    家に電話しても誰も出ず、親族の連絡先も分からなかったので、
    部長が直接課長のマンションを訪ね、管理人さんにお願いしてドアを開けていただきました。
    課長は玄関で倒れていて、既に冷たくなっていました。急性心不全だったそうです。
    部長が管理人さんに課長の家族がいつ戻ってくるか聞くと、「○○さんには家族はいないですよ」という返事。
    あわてて人事部の資料をほじくり返すと、確かに課長には家族がいません。
    課長は10年前に中途入社した人なので、それ以前に家族に逃げられていて、
    写真を見て幸せだった時代を懐かしんでいたんだと思い、少し悲しくなりました。
    結局、課長の葬儀にも家族も親族も顔を出さず、血縁の人たちの冷たさにもっと悲しくなりました。

    後日墓参りに行くと、立派なお墓が立っていました。死んでやっと家族と和解できて、
    立派なお墓を立ててもらえたのかと安心して墓石を見てみると、愕然としました。
    お墓は古びていて、課長と同じ名字の名前が墓誌にいくつも彫ってありました。
    課長以外は全員十数年前の同じ日に亡くなっていました。

    家族を一度に亡くしてからの十数年の歳月を、彼はどんな気持ちで過ごしていたんでしょうか?
    二度と会えない家族の写真をどんな思いで毎日眺めていたんでしょうか?
    人を遠ざけ、自分のことを決して語らなかった課長の姿を思い出し、涙が止まりませんでした。

    50: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:36:02 ID:ZQB
     7才の娘の喘息がひどかったので、都会から田舎に引っ越すことに。ほどなく娘の発作はなくなり、家族3人ゆったりと過ごしていました。ところが、幸せな日々も束の間、夫が事故で亡くなってしまったんです。

     仕事を探すためにも都会に戻るべきかと悩んでいたある日、娘が「お父さんに手紙を出したい」と言いだしました。そこで、天国にいる夫へ手紙を書き、風船に結んで空に飛ばすことにしました。

     娘の手紙には「お父さんへ元気ですか? 天国はどんなところですか? わたしもお母さんも、すごくかなしいです。いい子になるから、帰ってきてください。 R美」と書いてありました。娘は、風船が見えなくなるまで青空を眺めていました。返事が来ないことはわかっていただろうと思います。

     ところが、それから1週間ほどが経ったころ、差出人の書かれていない娘宛ての手紙が、ポストに入っていました。開封すると、丁寧な字で、こう書かれていました。

    「R美へ お父さんは元気です。天国は楽しいところだよ。神様との決まりごとで帰れませんが、お母さんの言うことをよく聞いて、いい子でいてください。ずっと見守っているからね。お父さん」

     娘は喜んで、手紙を部屋の壁に飾っていました。筆跡が違いますし、もちろん夫ではありません。風船を拾った人が善意で返事をくださったのだと思いますが、住所を書いたわけではないので、不思議に思っていました。

     後日、風船を拾ってくれたのが隣の町のかただとわかりました。娘の名前を頼りに、多くのかたが協力して、この家を探してくださったそうです。その話を聞いた私は、都会に戻ることをやめました。温かい人たちが集うこの土地で、娘を育てていこうと決意しました

    51: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:36:59 ID:ZQB
    47:1:2011/10/28(金) 13:55:15.39 ID:gFhiTwhy0
    自殺考えていた頃におふくろから電話

    ( ´・ω・`) 「かあさん・・・。オレが生まれた時どう思った・・・?」
           「そうねえ・・・。やっと会えたねって・・。それから・・。」(゚-゚*)
    ( ´・ω・`) 「・・・・・・?」
           「この子の為なら自分の命は捨てられるって思ったかなww」(゚-゚*)
    Σ( ´・ω・`) 

    ( ´:ω;`) 「・・・・・・・・・・。」
           「・・・・・?どうしたの アンタ?」 (゚-゚*)

    ( ´・ω・`) 「な・・・なんでもないよ じゃあね・・・。」

    電話切ったあとひたすら泣いた・・・・。オレに自殺する権利などない・・・・。
    オレは生きる・・・・。せめて親が死ぬより後に

    52: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:39:03 ID:ZQB
    母は、僕を女手一人で育てた。
    僕の幼かったころに、亡くなった父は、マンションの10階を母に残した。
    そのマンションからは、夏に花火をみることができる。

    父と母が過ごした街の花火。
    毎年花火の時には、窓際にテーブルを移動して、母と一緒に父を偲んだ。
    花火はいつもきれいで、母はうれしそうだった。
    父は、母に素敵なものを残したなっと思った。

    でも、それは長くは続かなかった。
    僕が高校の時に、うちのマンションの前に、もっと高層マンションが建設されたのだ。
    僕は、景観が悪くなるなぁって、思ってた。

    その年の花火の日、いつものように、テーブルを移動して準備してた。
    花火みれるかな?って、心配だった。

    花火みれなかった。見事にマンションで見えなくなってる。
    音だけの花火。
    あんなに悲しそうな母の横顔を見たことがない。

    僕は、母を連れて、川辺に歩いていった。
    母と見上げた初めての花火。

    父さん、心配するな。これからは僕が母さんを笑顔にする。

    53: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:40:43 ID:ZQB
    56:名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:10:24.60 ID:Jg+AcEeL0

    生きててもさ、無駄なんだよ、俺。
    きっと何しても上手くいかないんだよ。
    ただダラダラと生きててさ。
    いっそ本気で死んじまおうかな。

    58:名無しにかわりましてVIPがお送りします。2007/07/05(木) 08:12:48.05 ID:peSyhKq70

    死んでもいいけど。とりあえず、自分のレスを縦読みだな。
    自分の心の声に気付いてやれよ。

    60:名無しにかわりましてVIPがお送りします。 :2007/07/05(木) 08:14:34.40 ID:Jg+AcEeL0

    …もっかいバイト探して見る。
    ありがと。

    54: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:41:16 ID:6ry
    >>53
    泣いた

    62: 名無しさん@おーぷん 20/06/28(日)01:01:15 ID:HwV
    >>53
    これ草

    55: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:44:24 ID:ZQB
    アメリカの、とある地方に野球観戦の大好きな、でも、目の見えない少年がいました。 少年は大リーグ屈指のスラッガーである選手にあこがれています。少年はその選手へファンレターをつづりました。
    「ぼくは、めがみえません。でも、毎日あなたのホームランをたのしみにしています。 しゅじゅつをすれば見えるようになるのですが、こわくてたまりません。 あなたのようなつよいこころがほしい。ぼくのヒーローへ。」

    少年のことがマスコミの目にとまり、二人の対面が実現することになりました。 カメラのフラッシュの中、ヒーローと少年はこう約束します。
    今度の試合でホームランを放てば、少年は勇気をもって手術に臨む、と。


    そして、その試合、ヒーローの最後の打席。2ストライク3ボール。テレビや新聞を見た多くのファンが、スタジアムで固唾をのんで見守り、少年自身も、テレビの中継を祈る思いで聞いています。

    ピッチャーが投げた最後のボールは・・・、大きな空振りとともに、キャッチャーミットに突き刺さりました。
    全米から大きな溜め息が漏れようとした、その時、スタジアムの実況が、こう伝えました



    「ホームラン! 月にまで届きそうな、大きな大きなホームランです!」

    56: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:45:12 ID:ZQB
    くぅ~疲れました!これにて完結です!
    まどか「壁山が一位・・・?」【有名コピペが生まれたスレ】
    http://world-fusigi.net/archives/9135031.html

    57: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:45:51 ID:6ry
    >>56
    おつ

    58: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:46:22 ID:6ry
    良スレ上げ

    61: 名無しさん@おーぷん 20/06/28(日)00:44:46 ID:SEZ
    中盤で気持ちを下げてラストの方に前向きになれるコピペを持ってくるあたり
    イッチの采配が光る良スレ

    59: 名無しさん@おーぷん 20/06/27(土)23:47:43 ID:eEa
    イッチありがと







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2020年06月28日 13:40 ID:Umpd4OEm0*
    泣いてまうがな
    2  不思議な名無しさん :2020年06月28日 13:43 ID:.060.ecc0*
    ゴルアはどうもね
    ゴルア言う余裕はあるんだね?的な
    3  不思議な名無しさん :2020年06月28日 13:47 ID:smtorDuk0*
    小学生とはいえ4~5年生を異性と同じ病室にするものなの?
    4  不思議な名無しさん :2020年06月28日 13:53 ID:Lu00d94C0*
    >>2

    書ける気持ちに落ち着いてから書いたに決まってるじゃん
    5  不思議な名無しさん :2020年06月28日 14:30 ID:igKa.pAA0*
    いっぱい泣けた
    乙!
    6  不思議な名無しさん :2020年06月28日 14:32 ID:kqeIKbv30*
    俺も家族の為に頑張ろ
    7  不思議な名無しさん :2020年06月28日 14:54 ID:qOfMyksx0*
    中学卒業してメニューの漢字読めない奴でいつも笑ってしまう。
    8  不思議な名無しさん :2020年06月28日 15:03 ID:f9Ou.U8e0*
    1の奴は当時は何も思わなかったけど今見るとすぐに嘘松だと分かるな

    受験要綱を見て、親に話して、親が泣いて怒って殴られて。
    学校に電話して怒鳴られて、今すぐに学校に来いって言われる

    この間たった13分
    9  不思議な名無しさん :2020年06月28日 15:04 ID:f9Ou.U8e0*
    あとレスを書いてる時間も
    10  不思議な名無しさん :2020年06月28日 15:10 ID:.OFv9.kx0*
    足し蟹、思考停止する時間も一ミリなく周りの人間も含めて全員がやけに迅速過ぎるわなね
    11  不思議な名無しさん :2020年06月28日 15:35 ID:yAe0lYE30*
    >5
    そうか?意中ではない同僚を不細工とか言ってるし
    この女自身大概だと思うが
    12  不思議な名無しさん :2020年06月28日 16:10 ID:m6Vp8Zaf0*
    フィクションも多少あると思うがいい話だった。
    13  不思議な名無しさん :2020年06月28日 16:38 ID:yKvcx0YA0*
    >>2
    照れ隠し的な感じじゃないの
    冗談口調なら言えたりする事ってあるじゃん
    14  不思議な名無しさん :2020年06月28日 16:48 ID:yKvcx0YA0*
    嘘松認定ドヤ顔でする文化そろそろ無くなればいいのに

    嘘松認定・煽り合い・マウント無い時代の方が
    みんなバカやって笑えて良かったって色んなとこのコメ欄で見るけど後を絶たないね
    15  不思議な名無しさん :2020年06月28日 19:43 ID:3bviLLg70*
    嘘だからなんなの?
    16  不思議な名無しさん :2020年06月29日 00:32 ID:RxaQEAKC0*
    なにかこうゆうの見て泣くと心がキレイになったきがする
    18  不思議な名無しさん :2020年06月30日 10:50 ID:sbE8anLv0*
    日本って本間に底辺にいる人間を助けないンだね。災害がある度に国からの援助の話有るけれど儲けるのは官僚、国会議員って云うことか?
    19  不思議な名無しさん :2020年06月30日 13:37 ID:09TWX4Zm0*
    ※14
    それは無理ってもんだろうな
    一番良いのはこういったまとめのコメント欄を見ない事なんだがね

    しかし2ちゃんであった書き込みをさらに他の人がまとめ、それをただ見てるだけの
    奴等がこれは嘘だとかこれは面白く無いとかあれこれ批評するなど何様かと思う
    20  不思議な名無しさん :2020年07月03日 21:13 ID:u4qBwfzv0*
    ゴルアってのが気持ち悪い
    21  不思議な名無しさん :2020年07月08日 06:22 ID:keuvTe2F0*
    >>3
    気持ち悪いな、発想からコメントまで全部
    将来フェミニスト名乗ってそう

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!