不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    338

    人間魚雷ヤバすぎだろ・・・・



    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:11:58.140 ID:F8fH8yY30
    笑えねえよこんなの

    no title

    回天

    回天(かいてん)は、大東亜戦争で大日本帝国海軍が開発した人間魚雷であり、日本軍初の特攻兵器である。

    1944年(昭和19年)7月に2機の試作機が完成し、11月20日のウルシー環礁奇襲で初めて実戦に投入された[7]。終戦までに420基が生産された。兵器としての採用は1945年(昭和20年)5月28日のことだった。

    回天は超大型魚雷「九三式三型魚雷(酸素魚雷)」を改造し、特攻兵器としたものである[6]。九三式三型魚雷は直径61cm、重量2.8t、炸薬量780kg、時速48ノットで疾走する無航跡魚雷で、主に駆逐艦に搭載された。回天はこの酸素魚雷を改造した全長14.7m、直径1m、排水量8tの兵器で、魚雷の本体に外筒を被せて気蓄タンク(酸素)の間に一人乗りのスペースを設け、簡単な操船装置や調整バルブ、襲撃用の潜望鏡を設けた。

    炸薬量を1.5tとした場合、最高速度は55km/hで23キロメートルの航続力があった。ハッチは内部から開閉可能であったが、脱出装置はなく、一度出撃すれば攻撃の成否にかかわらず乗員の命はなかった。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/回天

    KaitenType1

    引用元: https://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1594498318/





    2: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:12:52.725 ID:zwQtfh5Qa
    コスパ悪すぎ

    3: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:13:06.616 ID:cb77sFBO0
    特攻隊もそうだけど
    人の心持ってないよな

    7: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:14:58.015 ID:2Ia1xcOn0
    ぶつかったらどんな感じで死ぬんだろう?
    爆発して木っ場微塵なのか水中で苦しむのか

    9: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:15:12.032 ID:woAY5C8R0
    回天そのものより、舵手が身に着ける装備の方がヤバい

    12: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:16:26.078 ID:FBBYT3/n0
    これもやばい
    no title

    伏龍

    伏龍(ふくりゅう)は、第二次世界大戦末期の大日本帝国海軍による特攻兵器。「人間機雷」とも呼ばれる。潜水具を着用した兵士が浅い海底に立って待ち構え、棒付き機雷を敵の上陸用舟艇に接触させ爆破するという特攻戦法のことである。

    利用された潜水具は、1945年3月末に海軍工作学校が1ヶ月で試作した代物で、逼迫する資材と戦況に対応するため、出来うる限り既製の軍需品を用いて製作された。ゴム服に潜水兜を被り、背中に酸素瓶2本を背負い、吸収缶を胸に提げ、腹に鉛のバンド、足には鉛を仕込んだ草鞋(ワラジ)を履いた。潜水兜にはガラス窓が付いているが、足下しか見えず視界は悪く、総重量は68kgにも及んだ。2ヶ月の短期間で、訓練用の航空機やその燃料が枯渇しつつあった海軍飛行予科練習生(予科練)の生徒数に見合う3,000セットが調達される予定であった。

    待機限界水深は、棒機雷の柄が2メートルの場合は約4メートル以内、柄が5メートルの場合は7メートル以内。待機可能時間は約5時間。武装は炸薬量15キロの成形弾頭である五式撃雷(通称・棒機雷)。刺突機雷の五式撃雷は敵の舟艇が隊員の頭上を通過しない限り有効な一撃は与えられず、機雷が爆発すれば、水を伝わる爆圧で隊員はほぼ確実に死ぬものだった。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/伏龍

    17: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:17:58.094 ID:TWx5iS0/0
    >>12
    これ溺死するやつ多発したんじゃなかったか?

    25: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:20:46.293 ID:FBBYT3/n0
    >>17
    訓練で死ぬやつ多くて中止になったんだっけ
    つべで見た気がする

    18: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:18:16.242 ID:V5f85TFa0
    逃げたのバレたら非国民!って殺されるんでしょ?

    20: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:19:26.851 ID:+CJujGHE0
    これで勝てると思ってたのが凄いわ

    降伏したら連合国に支援してもらえて経済発展したとか、軍部は無駄に自国民殺しすぎたよな

    22: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:20:16.711 ID:QPaCogVAa
    これ数揃えられるなら普通に戦える兵器作れたのでは…?

    48: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:28:30.618 ID:Li3RWfp20
    >>22
    生還しようとする相手は完全に防御できるが、生きて帰る気がない相手は、今現在でも止めることができない
    特攻士4000人くらいで8000人くらいの米兵を殺してる
    まともに戦ったら条件のいい時でも日本人600人死亡、米兵60人死亡とか
    自分がやらなくていいなら特攻特攻言う奴がいてもおかしくない

    54: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:32:22.369 ID:QPaCogVAa
    >>48
    まぁ安全圏にいる奴が自分じゃできないこと平気で相手にはやらせようとするのなんてよくあるな5chでもいつも見るわ

    27: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:21:40.670 ID:jXPt4for0
    no title

    桜花_(航空機)

    桜花(おうか)は、日本海軍が太平洋戦争中に開発した特殊滑空機。特攻兵器として開発され、実戦に投入された。

    「桜花」は機首部に大型の徹甲爆弾を搭載した小型の航空特攻兵器で、母機に吊るされて目標付近で分離し発射される。その後は搭乗員が誘導して目標に体当たりさせる。
    wiki-桜花_(航空機)-より引用

    Japanese Ohka rocket plane

    28: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:21:59.066 ID:0tLpCcOz0
    いろいろ言ってるがすくなくとも
    当時の東大クラスのやつらが集まってやってるわけで
    それに行き着いたんなら当時としては一番いい案だったんだろ

    お前らが当時の東大以上なら話もわかるが

    37: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:25:06.906 ID:G4VMAl9jd
    >>28
    どんなに優秀な人間が集まっても反対意見を殺して馴れ合いで決めたものにはなんの価値もない
    キューバ侵攻だってエリートが集まって決めた筈なのにあの様だろ

    44: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:27:25.062 ID:QPaCogVAa
    >>28
    俺は全く優秀じゃないけどこれが最善策はないと言える
    命捧げるのが正義みたいな感性に取り憑かれてるだけだろ

    50: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:29:48.155 ID:0tLpCcOz0
    >>44
    こんなので粘ってなかったら原爆できる前に決着ついて本土上陸されて分割統治されて東西ドイツや中東みたいになってたよ

    53: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:31:41.735 ID:6AwE2rUk0
    >>50
    これに乗らなきゃ行けなかった人にとってはそっちの方がマシじゃね?
    そもそも戦争しないって選択肢もあったのに

    55: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:32:22.433 ID:0tLpCcOz0
    >>53
    お花畑かよ

    77: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:45:29.928 ID:6AwE2rUk0
    >>55
    自分の祖父はこれに乗る予定だったけど終戦が来て乗らずに済んだ
    身内から戦争体験を聞いて育った人間にとってはいくら効率がいいだのお花畑だのと言われようがこう言った戦術に賛同はできない

    138: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:37:13.058 ID:d3Np6oq+0
    >>28
    個人として優秀なヤツらを集めても馬鹿なことしかやらん例はいくらでもあるんだが

    ある意味こういう悲壮な作戦立てれば官僚的な意味で出世できるって優秀だから知っていたのかも知れんがな

    142: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:46:18.815 ID:6AwE2rUk0
    >>138
    ちょっと違うけども森鴎外なんかも優秀な軍医とされてたけどまだビタミンが発見されて無かった当時白米にこだわって陸軍で脚気による死者を大量に出したらしいね
    一方海軍は経験的に玄米の方が栄養素が豊富なことを知ってて脚気患者は出てなかったとか
    頭がいいとされている人たちが常に論理的ってわけではないよね

    149: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:53:00.766 ID:+v4xom2N0
    >>142
    パスツールの功績(?)で、全ての疾患は細菌感染によるものだと考えるドイツ医学と
    大航海時代の教訓で、栄養素不足によって病気になると知っていたイギリス医学と
    トップがどっちを学んでいたかによるんだよなぁ

    43: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:27:24.384 ID:GCwLfrmy0
    佐藤秀峰の特攻の島読め

    特攻の島1
    佐藤 秀峰
    佐藤漫画製作所
    2019-12-01


    46: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:27:51.698 ID:0tLpCcOz0
    要するに追い詰められた奴らが自然にとる人類共通の行動なんだろ

    52: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:31:22.789 ID:0tLpCcOz0
    まーアメリカだって原爆落とした瞬間爆心地に突撃させる訓練してみんな被爆して死んだりしてた時代だからな

    60: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:39:36.992 ID:WFw9Wi6ka
    これやれって言われたら腹いせで上官に突っ込むかも

    64: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:41:07.399 ID:Q5nr3bmQ0
    最前線の歩兵が銃一丁と鉄兜で撃ち合ってる事自体が狂気の沙汰

    71: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:42:56.648 ID:QPaCogVAa
    特効って効果あったの最初の方だけじゃん

    73: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:44:16.086 ID:d0BFG5jH0
    この人達のおかげで今の日本がある

    74: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:44:34.491 ID:dyzO89Mm0
    廻天 特攻の島でも読んどけ

    83: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:50:35.788 ID:A6GPW50Rd
    人間魚雷より普通の魚雷使えばいいのに

    87: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 05:52:47.029 ID:0tLpCcOz0
    >>83
    魚雷ってあたらないわりに値段高いんだよ

    99: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:01:08.693 ID:A6GPW50Rd
    >>87
    でも回天も魚雷改造して作ったんでしょ

    104: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:04:22.989 ID:0tLpCcOz0
    >>99
    当てやすいじゃん

    102: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:02:29.020 ID:Y/axS/V70
    爆弾抱えただけのモーターボートもあったよな

    103: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:03:58.332 ID:6AwE2rUk0
    >>102
    震洋だっけ?

    震洋

    震洋(しんよう)は、太平洋戦争(大東亜戦争)で日本海軍が開発・使用した特攻兵器(小型特攻ボート)。構造が簡単で、大量生産された。

    震洋は、日本海軍が太平洋戦争中盤以降に開発・実戦投入した特攻兵器。小型のベニヤ板製モーターボートの船内艇首部に炸薬を搭載し、搭乗員が乗り込んで操縦して目標艦艇に体当たり攻撃を敢行する。「震洋」の名称は、特攻部長大森仙太郎少将が明治維新の船名を取って命名したもの。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/震洋

    ShinyoBoat

    106: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:05:07.221 ID:6AwE2rUk0
    >>102
    確かあれの練習してた人の再就職のために競艇ができたんだよね

    108: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:08:13.958 ID:Y/axS/V70
    >>106
    そうだったのか! 知らんかった

    111: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:09:53.087 ID:6AwE2rUk0
    >>108
    ごめん。今念のため調べてたんだけどちょっと勘違いかも
    ただ旧海軍とは深い繋がりがあるらしい

    競 艇 の 歴 史

    (前略) 笹川 なによりもまず、戦争で破壊された日本を建て直すためには金が必要であった。″個人の金″などという、たかの知れた金ではなく大きな金が必要であった。 一方、日本は四面が海であるから、発展するには『海運・造船』立国でいかなければならないのに、戦争のため造船所も懐滅的な打撃を受け、世界最低となった。これをまず建て直したい。同時に、海事思想の普及、また海外への飛躍ということを青少年に植えつけてもいかなければならない。こうしたことが第一の目的で考え出したわけです。

    向う(米国)では、モーターボートを持っている者は自動車を持っている者よりランクが高いようなことが書いてある。(ライフ誌)丁度そんなときに、B級戦犯の一人福留という海軍中将がおって、こういう話しをした。 彼がフィリピンのレイテ湾にいた頃のことだが、小さなモーターボートの前のほうに爆薬を積んでダーンと離すと、これがえらい勢いで障害物にぶつかる。で、これを「案」として海軍省に話したのだけれど、当時は大艦巨砲主義だから相手にしてくれない。もし、レイテ湾であれを持っておったら、どれだけ相手側に損害を与えることができたかわからない、というような話だった。 このようなこともヒントになって、モーターボート競走というのは面白いなという考えをもった。
    (以下略)

    http://kyoteilove.fc2web.com/rekishi.htm
    関連:ボートレースの原型は日本軍の特攻艇「震洋」だというのは本当ですか? - 確か... - Yahoo!知恵袋

    118: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:16:41.401 ID:qJZJvp/z0
    ちなみに震洋は価格1000円くらいで出来るらしい
    当時と今では157倍くらい差があるから157000円で出来る

    1945年(昭和20年)初旬以降のルソン島の戦いでは、1月9日から10日にかけての夜、リンガエン湾で海上挺進第12戦隊(戦隊長高橋功大尉以下78名)[17]の40隻から70隻が出撃し、
    歩兵揚陸艇改装の支援艇「LCI(M)-974」「LCI(G)-365」を撃沈、駆逐艦2隻・戦車揚陸艦3隻・輸送船1隻を損傷させる戦果を挙げた[18]。 また、1月31日にナスグブ方面で海上挺進第15戦隊の第2中隊が、
    駆潜艇「PC-1129」を撃沈している[18]。沖縄戦では海上挺進第26戦隊が4月7日に駆逐艦「チャールズ・J・バジャー」(en)と他3隻を撃破、第28戦隊が4月27日に駆逐艦「ハッチンス」(en)撃破、ロケット砲艦1撃破の戦果を挙げている[18]。
    しかし、一度攻撃した後はアメリカ軍の警戒が厳しくなる上、徹底的な掃討作戦が行われたために再攻撃が出来ない場合が多く、攻撃後の部隊は基地が攻撃されマルレが破損したり、再出撃の機会を待っているうちに地上戦に巻き込まれ基地ごと全滅してしまうことが多かった。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/四式肉薄攻撃艇

    人命を無視すれば結構コスパ良さそうな気がしてくる不思議

    124: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:22:07.860 ID:Y/axS/V70
    >>118
    ・基本的に攻撃にしか使えない
    ・外洋航行能力がない
    ・1隻沈めるのに多くの人材が必要
    ・沈めると警戒が厳しくなって成功率が下がる
    ・潜水艦に対して無力
    コスパは最悪だと思う

    125: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:23:37.586 ID:rTCP5shhd
    >>124
    一人一殺だぞしかも一艦

    127: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:27:20.244 ID:Li3RWfp20
    >>125
    フィリピンで1000人死んで>>118の戦果だぞ
    殺した人数はともかく、侵攻艦隊上陸用舟艇500隻とかいる中で2隻撃沈って意味ないだろ

    126: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:24:18.954 ID:qJZJvp/z0
    >>124
    末期戦では警戒云々を除けば問題にならない状況だったからね……

    110: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:09:51.932 ID:0tLpCcOz0
    ぶっちゃけ特攻も戦地に行くのも誤差のような気もするけどな

    116: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:15:38.204 ID:xWWig8y30
    これ逃げたりできないの?

    119: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:17:35.954 ID:rTCP5shhd
    >>116
    逃げたら100パー死ぬ上に
    家族まで非国民扱いで生きていけなくなるぞ

    122: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:18:48.098 ID:QPaCogVAa
    >>116
    知らんから調べてたけど積まれてた船には戻れないし酸素も少ないしで行ったら逝くしかないような仕様
    失敗したとき用に自爆もできる

    121: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:18:36.240 0
    でも確実に当てたいなら人間魚雷が一番だよな

    139: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:40:22.103 ID:+v4xom2N0
    >>121
    見ながら走るワケじゃないぞ

    潜望鏡で敵艦探して
    方向決めて
    潜望鏡下ろしてうりゃーって突っ込んで
    しばらく爆発しなかったら止まってまた確認

    当たって爆発するか、燃料切れて沈むまでそれを繰り返す
    …突っ込む度に何度も覚悟が必要って考えると、キツイな…

    128: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:27:30.004 ID:zDDDcGby0
    内外に敵を作る兵器はネェ

    130: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:31:50.613 ID:Y/axS/V70
    特攻兵器は敵艦の攻撃だけ考えた極みって感じだけど当時必要だったのは機雷や潜水艦から輸送船を守る手段だったんだよな
    結果論にしかならんけど

    136: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:36:03.676 ID:qJZJvp/z0
    >>130
    それは中期の話だろ
    1944年12月~とか戦略上本土決戦方針になってるから如何に上陸部隊や輸送部隊に対抗するかどうかだぞ

    151: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:55:38.881 ID:Y/axS/V70
    特攻隊の話聞いても「んなアホな…」と思ったけど就活の異常さを味わうと何故特攻が平然と行われたか少しだけ理解できた

    特攻隊員の現実 (講談社現代新書)
    一ノ瀬 俊也
    講談社
    2020-01-15


    154: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:58:08.204 ID:ivoGX46Oa
    特攻の島読んでたから勉強になった

    162: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 07:16:53.256 ID:9bWZCNkd0
    ぶつかる前に下部ハッチから脱出すんじゃねーの?

    164: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 07:18:27.778 ID:qJZJvp/z0
    >>162
    大抵の特攻兵器は小さいのに馬鹿みたいにデカい爆薬積んでるから脱出できたところで気圧や破片で爆発して死ぬ
    一部の特攻兵器は脱出前提で作られてたけど使われることは無かったしな

    172: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 07:45:33.089 ID:yIup0UOAa
    神風も終盤は対策されて戦果は挙がらなかったらしいから
    そうそう何回も使えるもんじゃないだろ

    174: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 07:49:04.632 ID:d3Np6oq+0
    >>172
    対策されて効果ないから中止!ってなるようだったらそもそももっと上手く戦えてたんだろうな

    101: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2020/07/12(日) 06:02:01.248 ID:RWcIcRTY0
    死にきれない時が一番こわいわ







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:26 ID:uzIn7xro0*
    特効、狂気とか命の無駄遣いさ以前にやっぱ何度も言われてるがコスパと後効率が悪そうなのが・・・
    人1人と機体一機丸ごと損失するんだからそれなりに戦果上げないともったいなさが
    2  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:31 ID:xFw.y46Q0*
    22日からはgotoキャンペーンで観光地に特攻するんですね
    3  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:34 ID:BQgD.icb0*
    人間魚雷は考えた奴も出撃して死んでるからまだ死んでいった人たちも心情的にいくらかマシかもしれんが、桜花考えた奴は逃げ出して天寿を全うしたからな
    どんな気持ちで子供を育てたんだか
    4  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:40 ID:d3fILi3N0*
    戦時中に考案され、決行されたなら仕方がないが、
    戦後に責任を取った軍人が少なすぎる。
    必死で生き延びようとした士官や参謀や将校が多すぎ。
    5  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:42 ID:Ba0xnx5w0*
    誘導兵器の開発に繋がったんだよなぁ…
    6  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:43 ID:7ETeVP2U0*
    まぁこんなん志願して死ぬようなマヌケは死んで当然やろ
    7  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:43 ID:dDiQzgc90*
    国の黒歴史だけど、功罪ともに議論できるのは幸せなことだと思う
    あのアメリカでさえコロンブスやリンカーンを
    なかったことにしようとしてる姿は狂気を感じる
    8  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:45 ID:eyTOYJpl0*
    工学を修めた者が考え設計したんだろうけど、自分なら考えてたら発狂しそうな仕事だ
    20歳前後の息子を戦地に送り出す母親はどんな気持ちだっただろう
    そりゃつらくて何人も子供産むだろうし、男の子産みたいって強く強く思っただろうな
    現代は女の子のが良いなぁなんて思う人がいる時代になって平和になったもんだと思う
    9  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:46 ID:vUfn.gVz0*
    ※1
    一般的に言われてるキルレシオ的には
    同じく撃墜されるなら低コストかつ戦果的に20倍くらいお得やで
    10  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:48 ID:9PmziBKY0*
    4.の人も言ってるけど、本当に怖いのは「誰も責任を取らない「日本」と言う制度」なんだよね。
    11  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:50 ID:PoZAgcNa0*
    >>6
    お前は色々残念な奴だな
    12  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:51 ID:NDon.scn0*
    こんなのは作戦でもなんでも無い
    こんなことしか考えられない無能だから戦争に負けるんだよ
    13  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:52 ID:UdPpZ2rw0*
    >>4
    731とかもそうやけど、本当に責任は取るべき
    自分に死ぬ覚悟もないのに他人に死ぬことを命令するな
    14  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:53 ID:VLlA5vMi0*
    指導者層が引き際を知らずにズルズル続けた末の煮詰まった残りかすがこれ
    「今まで散っていった英霊に申し訳が立たん!」(これから散っていく英霊への申し訳は?)理論の結晶
    負けが込んでも不採算ライン越えてもいつまでーもズルズルぐだぐだ負けた作戦と同じ手を使って人命の浪費

    ロスカットできずに株で破産するアホと一緒
    乗ってた人は立派だけど考案者と製品は愚劣の一言
    15  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:54 ID:f6fhZxfW0*
    何もしないわけにもいかんだろうし、あの状況で出来る事が限られ過ぎてたんだろ
    それにしても犠牲になった者達が憐れすぎるわ
    16  不思議な名無しさん :2020年07月12日 08:58 ID:aHIkIF7h0*
    人間は集団になると狂気に走ることがあるんだよ。
    今でも、政治の世界では秘書が死ぬことあるでしょ。
    17  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:01 ID:AmIfQU6A0*
    そういや、スケボーで腹這いになって特攻して死んだクソガキの話題、まったくなくなったなw
    18  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:06 ID:aERFw.s00*
    仮に特攻兵器がなかったとしても、本土決戦用の装備は
    竹槍・弓矢・火縄銃ですもんで・・・・そら鈴木貫太郎も心折れますわ
    19  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:07 ID:hpAHMbb70*
    上層部はゴミだが特攻隊には感謝しかない
    彼らの存在があればこそ戦後統治も優しいものになったのであろう
    むろんソビエトという米国の敵に寝返られると困るという政治的判断があったことも無視出来ないが
    20  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:10 ID:.v9EUr0j0*
    >>6
    志願が本当に自分の意思だと思ってんの?
    志願書にNOと書いた奴が優先的に行かされたりしてんだよ。
    お前みたいな奴が真っ先に送られる。
    21  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:12 ID:kJvnQKOR0*
    特攻前提の兵器とかガチで狂ってた国なんだな
    今の北朝鮮がブラジル並みに力を持ってた位の認識で合ってる?
    22  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:17 ID:DEpwbT.v0*
    特攻といい
    正直こんなことを真面目に考えて
    人員を無駄に損耗した
    クソ上層部ですら
    英霊の眠る靖国に当然のようにまつられている事実が
    許せん
    23  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:17 ID:PRN0a8Vk0*
    この頃の倫理観色々といかれすぎだろ
    24  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:19 ID:.Mwgd.n.0*
    桜花とかこういう人間爆弾作った経緯ってスレでは語られてないけど
    戦争末期でパイロットが居なかったからだよ。
    教える教官も子供、教えられる側も子ども、で飛行機作っても誰も飛ばせなかった。
    飛ばせなかったは語弊があるかな。飛んで帰ってくる事が出来なかった。
    そこで偉い官僚達が考えたのが人間爆弾だよ。
    笑えることに教官が出来る現役軍人の官僚が誰一人残ってないだろ。
    25  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:20 ID:83PtBbzA0*
    当時を何も知らない平和ボケどもが偉そうだな
    人間なんてここ10万年進化してないっつーのに
    26  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:21 ID:vzGvJg9c0*
    コスパとか効率うんぬんより、これに乗って散っていかれた方々のためにも日本が正しい方向に進むよう選択して、このお盆には英霊に感謝すればいいんだよ
    27  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:22 ID:.m.E.N0O0*
    >>4
    ??「もう終戦やけど、責任とってワシも特攻や!おい、ワシは操縦できんからお前操縦せい。」
    部下「」
    28  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:24 ID:vuwrHd740*
    >>11
    やろやろ言っている時点でキムチくさいから、とりあえず日本人を馬鹿にしたいんだろうな。
    29  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:24 ID:uP3BA1Di0*
    森鴎外の話は頭いいとか悪いとかじゃねえだろ。
    30  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:25 ID:vuwrHd740*
    >>12
    無茶苦茶な理屈言っているな。
    他人を簡単に無能というし、5ちゃんに毒されすぎ。
    日本が負けた理由は義務教育受けていれば分かるだろ。
    これは愚作だとは思うが、戦争はそんな単純なものじゃない。
    31  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:27 ID:.v9EUr0j0*
    特攻によって日本が護られた?全然違う。

    むしろアメリカの指導者層は凶暴な日本人に原爆の使用もやむなしと決断した。
    親日派の人々もいたが特攻の非人道性の前には弁護も説得力が無かった。
    都合の良い自己弁護の様にも聞こえるが、なりふり構わなければ勝てるかもしれないという甘い見通しは相手も同じ行動に出たことによって粉砕された。

    日本人として認めたくは無いが、家族を護るために命を捨てた特攻兵士の尊い犠牲が二発の原爆投下という結果を招いた。これが現実だ。
    32  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:27 ID:q.OdUYda0*
    最悪の戦術だけどコスパはめちゃくちゃいいんだよな...
    2度とやっちゃいかんけど
    33  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:27 ID:zHTUxH5H0*
    そもそも軍部も躊躇った作戦で、本当に志願兵のみで行われたんだよ。うちの爺さんは拒否したし。
    左巻きに洗脳された人間にはそんな言葉も届かないだろうけどね。
    当時は何が何でも勝たないといけない。負けたら国が滅亡するという意識で戦っていたからこそこういう手段に出るしかなかった。
    船の数が違いすぎて、資源の差もでかいから確実に攻撃を当てないといけなかった。

    俺らはその先の事を知ってるから、なんて無謀な事だと笑っているが当時の人達はそれこそ決死の覚悟だったんだよ。
    そういう事も忘れないでほしいな。
    34  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:31 ID:n.YBB67v0*
    この時代はともかく、現代ですごい個人主義のあまったれ言ってるのを見ると、当時をまともに評価できるとは思えないんだけど…

    特攻はもちろんエグいけど、その前に戦争状態に突入して、どうせ全滅するという前提があれば何やってもどうせ同じだよな
    35  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:31 ID:sl.ZGJNn0*
    >個人として優秀なヤツらを集めても馬鹿なことしかやらん例はいくらでもあるんだが
    もうマスクの事は云ってやるなよ。
    36  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:32 ID:eyTOYJpl0*
    >>12
    極限状態で資源の限られた中、コストパフォーマンスあげようとしたらこうなるとは思うよ
    非人道的で馬鹿げてるけど、無能とはまた別の論点だよ
    37  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:32 ID:kJvnQKOR0*
    >>25
    当時の人に代わって特攻してきたら?
    無駄に自国民を殺した事なんて擁護できるかよ
    38  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:34 ID:T2UNWLtd0*
    死ぬ事が美学とか思っちゃってるからこんな馬鹿げた作戦しか思いつかなかったんだろ
    39  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:35 ID:eyTOYJpl0*
    >>22
    そのクソ上層部の頂点は昭和天皇だったのでは
    その全ての罪を昭和天皇が背負って、アメリカに頭を下げた
    許せんかな?
    うちの祖父祖母は悲しみはあっても恨みもなく許してた
    40  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:37 ID:ZATDkkSY0*
    この手の特殊潜航艇の運用で枢軸側で一番成功したのはイタリアというね
    41  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:40 ID:f6fhZxfW0*
    >>33
    志願者達は俺らなんかよりずっと頭の良かった人も多かっただろうしずっと責任感も強かったんだと思う
    渦に巻き込まれちゃっただけなんだよね不運にも
    冗談でも馬鹿にする人間なんてどっかおかしいよな
    42  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:42 ID:q8rxB38g0*
    とりあえず特攻の島は読もう
    43  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:43 ID:.Mwgd.n.0*
    >>33
    そりゃあなw
    日本の同調圧力ぐらい知ってるだろ。
    もちろん文面上、表現上は、嫌と言う奴は居なかった、だよ。
    きちんと断った相手は乗らせなかったってのも両立する。
    44  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:43 ID:y2GoL1x80*
    学歴はあるに越したことは無いが、あくまでも人間の評価の一つでしかない。東大卒が本当に優秀なら、日本が今みたいな国にはなってないだろうに。
    鳩ぽっぽみたいにお勉強のできる馬鹿が、日本には腐る程存在するってことを理解しておかないと。
    45  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:43 ID:83PtBbzA0*
    >>37
    お前は何を知ってるんだよ笑
    立場や状況によっては誰だってそうなる可能性はあるだろ

    たまたま平和な時代に生まれたからって自分の方が上だと思ってるのか?
    46  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:45 ID:kJvnQKOR0*
    >>33
    形ばかりの志願制で、終戦直前の頃は学徒動員で徴集された人達は本人の意思関係なく特攻要員だよ。
    あなたのお爺さんは不幸中の幸いだった。

    そもそも国力が桁違いのアメリカと戦争を始めた時点で上層の人達は現実が見えてなかったのだろう。
    上層の判断で死んでいった人達のことは忘れてはいけない。
    47  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:46 ID:DEpwbT.v0*
    ※45
    こいつこそ何知っているんだろうなw
    じいさんだかひいじいさんがそういう立ち位置だったのかもな
    汚れた血筋ってやつ?w
    48  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:46 ID:rBRReCLf0*
    まさに狂気。
    目的のために手段を選ばずというより
    目的を見失って手段のみが正当化されてる感じ。
    49  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:49 ID:330YMeHA0*
    今の時代はホントに平和だよなぁ
    こんなのがつい最近まであったんだから
    自分は若者だけど戦争で亡くなった人達が今の若者を見たらどう思うのか
    50  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:50 ID:OyAl65Gk0*
    >>1
    魚雷はなかなか中らんからな
    人間が操作するのはええと思う
    資源のない日本だとちゃんと命中させるために1人がこうなっても成果として悪くないように思うけどな
    51  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:50 ID:6eUcxBKb0*
    特攻の拓
    52  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:50 ID:DEpwbT.v0*
    >>49
    昔の人も「今の時代は平和だよなあ」とか言ってた
    ほんの数年十数年後のああなったわけで
    今の情勢見る分には
    とてもじゃないけど「今の時代は平和だよなあ」とは思えん
    53  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:52 ID:kJvnQKOR0*
    >>45
    貴方こそ何を知ってるの?
    命の尊さなんていつの時代も変わらないよ

    特攻で命を落とした人のことは悪く言ってないでしょう。特攻を考えて実行させた人達のことは批判しているけど

    自分の方が上だと思ってるって、どこを読み取ったらその様に読み取れるの?
    54  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:53 ID:Kp8HPytt0*
    陸軍だって沖縄戦とか硫黄島は全滅ほぼ確定分かってて戦ってるからねえ
    特攻兵器だけじゃなく戦争自体が悲惨なもんよ
    55  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:53 ID:mgzBLAbI0*
    あの当時、白人が有色人種に対して、どんなことをやってきたのか、日本人は知っていた。
    アフリカ、南米、インディアンが、どんな運命をたどったのかをね。
    核兵器の使用も残虐ではあるが、投下時間に注目。
    8時15分、人々が働くために屋外に出る時間、夏休みとはいえ、朝礼をやっている時間だ。
    そんな連中と、対峙していた、私たちのご先祖様。
    そりゃ、特攻もしてしまいますわな。
    当時の彼らの士気は「やらせてください。」
    彼らの気持ちを、絶対に忘れないことだ。
    靖国にいきましょう。
    56  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:55 ID:DEpwbT.v0*
    >>55
    当事者の方々の語りから
    最後の4行が虚実だってのがよく分かる
    いつまでこんな事言ってんだ
    害悪だわ害悪
    57  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:59 ID:pKocLXJn0*
    >この人達のおかげで今の日本がある

    ねーよ
    58  不思議な名無しさん :2020年07月12日 09:59 ID:.Mwgd.n.0*
    >>54
    沖縄戦のクソ胸糞悪いのが沖縄土民と言う名目で統治権与えずに静岡の官僚が知事をやってたのに
    沖縄戦になる三ヶ月前に地上戦になると報告受けて沖縄に居た公務員が失踪した事な。
    当時の沖縄県民がトップが居なくなって大混乱の中沖縄戦が始まって、誰も本州から沖縄に来ないから大阪の知事が志願して来てくれたけど戦争始まって生死不明の行方不明になってしまった。
    59  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:01 ID:kJvnQKOR0*
    >>55
    特攻で死んでいった人達のことは忘れてはならない。
    だけどやらせてくださいって人達は少ないよ。みんな明日を生きたかった。

    特攻を正当化してはいけない。特攻で死んでいった人達のことを考えると、特攻を指示した人達を擁護することなんて出来ないはずだ。
    60  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:04 ID:Gd5MmWbL0*
    当時の政府なんて歴史的に見りゃまだできたての赤ん坊政府だったから単純にアホだった
    素直に徳川に実権握らせてりゃな
    61  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:04 ID:H9j86RMf0*
    >>5
    繋がってないですよ。発想はww1の頃からありましたし各国それぞれ研究してたんで違います
    62  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:05 ID:SEnz..0A0*
    特攻みたいな無駄なことして負けを先延ばしにし、結果キノコ雲二つ
    これで「国を護った」とは笑わせてくれるわ、笑い事じゃないけど
    まあ、東大卒()のエリート達の決断によって犬死にすることになった若者を責めることはできんけどな
    63  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:08 ID:.m.E.N0O0*
    >>5
    繋がってない定期
    64  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:08 ID:.v9EUr0j0*
    >>33
    それは建て前であって実際は志願を断れない同調圧力があった。
    志願者だけ・・というのは初期のことで、だんだん周りが志願するなら自分もそうせざるを得ない雰囲気が醸成されていった。また現場の忖度で拒絶した人間を優先的に送るような事もあった。

    特に後半ではどうやっても戦果が上げられない以上、特攻兵を如何に多く送り出すかが軍部の実績と見なされ現実を逃避するようになっていった。
    こういったことを上層部は見て見ぬ振りをしていた。

    上が悪いと言うより日本人全体がこういう体質なのだと思う。働き方改革で残業規制の結果、休日返上で自宅仕事をする事がプライドの様になっていたりする。日本人の働きぶりが世界から賞賛される一方で、電通の過労死みたいな自殺率の高さは、今も昔と変わっていないのだと感じる。

    65  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:09 ID:.Mwgd.n.0*
    >>58
    ちなみに後者の人は沖縄県民もとても尊敬したみたいで、野球で島田杯って本人の名前がついた大会もある。
    前者の泉って奴は軍部が激戦地になる南部に住んでる国民を北部へ疎開させろと命令してたのに本人が軍部嫌いで命令を拒否。
    軍部は南部に軍隊をまとめて北部に民間人を集めるつもりだったけど食料調達とかどうするんだ、とか泉が反対。
    はっきり言って沖縄地上戦も人災としか言いようがない。
    66  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:09 ID:pKocLXJn0*
    >>55
    有色人種を、虐待する国と、特攻が、どうしてもつながりませんが。
    詳しく、教えて、いただけませんか。
    67  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:11 ID:.v9EUr0j0*
    >>55
    順番が逆だよ。特攻が先で原爆が後。
    そんなことも知らないなんて同じ日本人として恥ずかしいよ。
    68  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:14 ID:5izetK630*
    イタリアの人間魚雷マイア-レは搭乗員が脱出する事を前提に設計されてる
    けど日本の人間魚雷は一度入ったら内部から出られないからな
    水木しげるが生前、兵隊の命は馬以下だったと言ってたけど
    お偉いさんは人間をモノとしか考えてなかったんだろうな
    69  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:15 ID:tDDeu4YM0*
    >>5
    勝手に繋げるな定期
    70  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:15 ID:mKZUB1jy0*
    >>40
    バナナボートみたいに股がって乗って、敵船に近づいたら飛び降りて泳いで帰ってくる人道溢れた兵器だからな
    なおイタリア海軍屈指の戦果だった模様、日本の「しんでこい」とは根本的に違う
    71  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:15 ID:VRisOM2I0*
    >>1
    過去の丸とかでは実際に回天を最後まで発進させて闘っていた潜水艦乗員の手記とか載ってる。
    それによると空母や戦艦狙えと言う命令に対して、現場では実際に効果の高い輸送艦を狙ってた。
    発進した後も無線が通じてる場合もあって、命中するまで実況していた隊員も居た。
    隊員の士気は高く、故障や会敵出来ずに生き残ってしまった事が悔しくて自決しないように注意していた。
    しかし故障で発進できないのが半数以上。
    潜水艦乗員はやはり来るものがあって内心は、故障して発進できないことを歓迎していた。
    末期戦とはこう言うものだよな。
    72  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:16 ID:gGw2k0oY0*
    >>49
    別にどうとも思わんだろ
    戦争が起きる前の若者は今の若者と変わらなかった
    大正時代だったら「ぜいたくは敵だ」と言われても
    は?馬鹿じゃねーのって反応だろ
    戦時中が異常すぎるだけ
    73  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:17 ID:.Mwgd.n.0*
    >>60
    確かにそりゃ言われてみればそうだな。
    当時の軍部はアホな上級国民の為に尻拭いしつつ県民達の代弁者になってくれて独断で国民のフォローをしてた当時の軍人の愚直さも悪かったのかも知れん。
    そのせいで国民は兵隊さんを尊敬してしまった。
    今やその守った上級国民にあの戦争は軍部のせいと烙印押されて臭いものに蓋をされちゃったしな。
    74  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:17 ID:V.tnpkiQ0*
    日本社会、組織の縮図的な兵器。
    同調圧力で搭乗させて特攻させる。まんまブラック企業の発想。責任者は安全圏にいて、黒島某は戦後、戦藻録の自己の不都合箇所を無断破棄して天寿を全うし、桜花開発者は自らのタヒを偽装して、これも生き延びたクズども。回天の開発者のみ責任をとり特攻したのだ。
    75  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:19 ID:Kxs1c2Jv0*
    市川海老蔵主演の「出口の無い海」って映画があったね。見た後はなんかモヤモヤした気持ちになったよ
    76  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:20 ID:kJvnQKOR0*
    >>39
    身内や親戚が死んだ人は簡単には許せないと思うよ
    77  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:21 ID:mKZUB1jy0*
    まずは排斥移民法から始まる歴史を知らんとな
    当時の米国民主党と日米マスゴミ、その裏にいた共産主義者に煽られて国民が乗ってしまったのが運の月
    78  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:23 ID:V.tnpkiQ0*
    >>71
    母艦の潜水艦乗組員の気持ちと裏腹に、回天隊員は生きて帰りたくなかったわな…帰れば罵声と暴力制裁、軟禁の思想改造が待っているもんな…
    そりゃタヒにたいわな…
    79  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:24 ID:VRisOM2I0*
    >>3
    桜花設計者は銀河等の世界的に見ても当時の傑作機を設計した一流の能力を持っていた。
    桜花を作ってしまった自責の念は凄まじく改宗してクリスチャンになった。
    そして戦後は新幹線を設計。
    戦後復興と日本の技術に多大な貢献をした。
    80  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:25 ID:V.tnpkiQ0*
    >>20
    同調圧力だね。まぁ、働いたことのないやつにはわからんし、何を言ってもムダ。
    81  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:25 ID:Bq2ceG7l0*
    アメリカを打ち負かせる武器の開発と十分な量の所持が無かったため、仕方がなく取った方法じゃないかな。今も「下地」は十分にあると思いますよ・・・
    82  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:27 ID:V.tnpkiQ0*
    >>4
    桜花の太田某ってやつなんて、自らのタヒを偽装して生き延びたクズだからな…
    83  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:27 ID:eyTOYJpl0*
    >>76
    身内や親戚が亡くなった祖父祖母が許してた
    そもそも許すって話ではないと感じた
    許さない人は今でも恨みつらみ謝罪や賠償を求めてるのか
    そんな感情はないようだった
    84  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:29 ID:.0H2hOhK0*
    ※64
    敵性語や自粛警察なんかも根は同じだと思う>日本人全体がこういう体質
    85  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:30 ID:.WSeKgmk0*
    >>6
    当時の風潮とかを考えなければ、親不孝のマヌケと思われても仕方ないね
    86  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:30 ID:NpzTl1C00*
    国民の人命軽視は今も昔も変わらんな…
    87  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:33 ID:zdNAmIYM0*
    日本は洗脳教育うまいよね
    近年でも露骨な待遇差別の非正規奴隷にしたり自己責任で追い込んで首吊らせたり
    それでも反乱は一部の個人だけだし
    88  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:33 ID:V.tnpkiQ0*
    >>18
    天皇も軍の虚偽報告に騙されていたことに気づいた。
    戦後、自衛隊ができたときに「ほーん、で?」って無関心で崩御されるまで言及も視察もなかったことで、どれだけ軍事組織を嫌悪してたかわかるよな…それは平成、今上天皇まで踏襲されている。
    「憲法を改正し、自衛隊を正式な国軍に!」なんて幻想。
    89  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:35 ID:8ANDa8x30*
    こういう話題で出てくる学歴崇拝者、マジで社会に出ちゃあかんやろ
    水俣の水銀公害が長期化してしまったのも、地方大学の研究結果を東京大学をはじめ中央の御用学閥が地質調査もせずに全否定した結果や
    90  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:37 ID:kJvnQKOR0*
    >>83
    謝罪や賠償をしない事が許すって訳でもないでしょう。
    許すって話でないことは同感です。

    戦争によって未来ある人の多くの命が犠牲になったのは事実。特に特攻は人の命まで部品にしてしまった。
    91  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:37 ID:f6fhZxfW0*
    >>39
    祖父が犠牲になって祖母と幼かった母は随分苦労して母は恨んでたところも有ったようだ
    けど祖母はずっと陛下を敬慕してた
    おそらく大人の目から見て陛下はそんな人物に見えたのだと思う、重い負債に耐えた人だったんだろうなと思う
    92  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:38 ID:7OtML.K70*
    ただの初見頃しを何度も繰り返してた東大卒まで読んだ
    93  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:44 ID:V.tnpkiQ0*
    >>27
    しかも彗星に杓子定規に乗員三人を乗せていった。
    94  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:44 ID:H0gFkfxo0*
    まぁ理論的には敵兵に勝つ最善策ではあったが、戦争に勝つ最善策ではないよな。
    投了しないで打ち続けてるだけ。
    95  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:46 ID:kJvnQKOR0*
    >>91
    昭和天皇が当時の最高責任者であっても、特攻を立案した訳ではないでしょう。
    515 .226以降軍部の暴走は止められなかった。
    だから元より昭和天皇を恨んではないのではないかな。だけど特攻で犠牲になった人の遺族は立案者は許せないでしょう。
    96  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:47 ID:eyTOYJpl0*
    >>53
    特攻を実行させた人を批判はなんか違うと思う
    当時も命の尊さは今と変わらないし、当時も特攻はダメはダメだよ
    その上で指示しなきゃならない立場は地獄だよね
    そんな状況におとしめてしまう戦争そのものは批判すべきだと思う
    特攻を実行させた人は楽しくて仕方なくて、面白がって特攻させてたなら批判は仕方ないけど、そうじゃないと思うんだよねぇ
    例えば特攻させないために親が子供を戦争に送り出さなきゃいいわけで、送り出した親を批判するか?ってこと
    97  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:51 ID:PQ1WSrXV0*
    今時代の頭がハッピーなおまえらが当時の時代背景のことも考えない低脳ぶり。
    負けも許されない、引き分けなどない。なら勝つしかないだろ。
    98  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:53 ID:.Nd0jk8r0*
    何を言っても後世の戯れ言でしかないんだろうな…
    その時代の当事者しか分からないことなんだろう
    99  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:53 ID:sWLWS1lq0*
    この話が悲劇なのは、純軍事的観点では特攻が最も効率の良い作戦であることなんだよ。通常戦闘しても一方的に虐殺されるだけ。
    特攻兵器の発案者は狂ってるのは確かだが、玉砕命じた指揮官もこの状況で戦争継続判断した大本営も同じくらい狂ってんだよ。
    100  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:54 ID:RKYf3ZZ60*
    >>1
    特攻は明らかにコスパが良い
    特攻を本格化した1944年から日本海軍の飛行機被害数に対する撃破数が圧倒的に増えている。日本軍人が特攻に最後まで張り付いてたのはそれが理由。沖縄戦だけで3隻以上の主力艦を大破、撃沈させている。特攻実行前の戦績じゃ考えられないほどの大戦果。
    そもそも、訓練が少ない素人パイロットだらけだったから、敵の数倍の戦力の中、爆撃or雷撃したあと、GPSもないので、海と地平線の島と地図を見比べて自分の位置を確認しながら、帰るってのが無理だった。技術的問題で帰還率がものすごく低い。
    101  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:54 ID:V.tnpkiQ0*
    >>88
    だからアベは皇室を潰そうとしているのだ。然る後に、憲法を改正し、自衛隊を国軍化、完全私兵化を目論んでいるのだ!
    102  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:55 ID:g5Un3NV10*
    戦術としてはすごいだろ
    相手がこんなことしてきたら恐怖だし単純に戦力として脅威だわ
    103  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:56 ID:sdJ5yPz40*
    >>14
    まるで自分なら別のやり方を考案して提案して
    実行まで持ってけるみたいに言うねー
    あいつらみたいにはならない、って思ってるやつが
    気がつくとそのものになってるってありがちだから
    気をつけてね
    104  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:57 ID:V.tnpkiQ0*
    >>45
    当たり前じゃん?その愚かな歴史を知るのだから偉いに決まってる!
    105  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:57 ID:dbYmYp5q0*
    >>1
    おまえらは特攻せんか!
    106  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:57 ID:46.8UDGU0*
    >>43
    きちんと断れば特攻隊リストから除外されるんですか、それは知らなかった。
    でも、その後が怖いんでしょ?
    非国民とか言われて集団リンチされて殺されるとか
    107  不思議な名無しさん :2020年07月12日 10:59 ID:p0jb9jBb0*
    >>23
    勝ってたらもっと凄惨な国難が待ってたと思うわ
    シビリアンコントロールって大事よね
    108  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:00 ID:V.tnpkiQ0*
    >>53
    命の尊さなんていつの時代も変わらないよ?

    あの時代の命の軽さを知らないの?葉書1枚でかき集められて、あるいわトラックで大学に押し寄せて若者を無理やり押し込んで特攻隊にしてたんだぞ?学校で習わなかった?
    あ、通ってないかww
    109  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:02 ID:ziPjsccD0*
    アメリカが核を作ってる時に人間魚雷とかレベチすぎ
    人数的にも技術的にも負けてるのに日本は頑張った方だけどさすがに原始的すぎんか
    110  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:03 ID:46.8UDGU0*
    >>55
    あの当時、日本人が日本人に対して、どんなことをやってきたのか、現代の日本人なら知ってるはず。
    111  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:07 ID:kJvnQKOR0*
    >>96
    ごめんなさい、言葉足らずで勘違いさせたみたい。
    特攻を考え出した人、それにokを出した上層部のことを言ったつもりでした。
    特攻を見送る上司も、特攻する人を訓練する教官もそんな事をしたく無かったのは揺ぎようのない事実だったと思います。
    112  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:09 ID:V.tnpkiQ0*
    >>38
    上層部に日露戦のような従軍経験者がほとんどいない。それらに講談の「武士道」が持て囃され、諜報、後方が卑怯、恥とされたからな…
    「軍人は武士!武士らしく正々堂々と戦ってタヒね!」
    「足りぬ足りぬは工夫が足りぬ!」
    「非武装の輸送艦を撃つな!」
    「南方は食物の宝庫の楽園!」
    113  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:11 ID:lBnLUnNP0*
    特攻するほどの忠誠心があり有能な若者が戦後にどれだけ社会で活躍するか、機会損失を考えたらコスパくそ悪そう。余命宣告されてるくらいのじいさんが行くならコスパが良いとも言える。でも、コスパじゃないな。特攻を発想して実行してしまうくらいの民度の国なら、滅びて然るべきだ。
    114  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:15 ID:kJvnQKOR0*
    >>108
    学校は通ってましたよ笑
    命な尊さはいつの時代も変わりませんよ。だからこそその命を部品として扱った当時の特攻を批判しているわけです。
    特攻で亡くなった人を批判してるわけではありません。
    115  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:15 ID:hykOjEYE0*
    国民性
    116  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:17 ID:V.tnpkiQ0*
    >>65
    前任知事は、たまたま出張中に異動しただけ!それに生きてこそだ!
    後任知事など無駄の犬タヒに!ww
    117  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:19 ID:.Mwgd.n.0*
    >>116
    出張大好きで殆ど那覇に居なかったんだよね。
    118  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:20 ID:V.tnpkiQ0*
    >>68
    日本の人間魚雷は一度入ったら内部から出られないからな

    ホント、糞な機構だな!戦闘機も防弾を最後までつけないしな!
    119  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:21 ID:izZfDqSi0*
    >>95
    皆が皆追い込まれて狂おしく模索した結果であると思ってて誰をも責める気になれなかったのだと思う
    120  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:23 ID:fiUrhkLm0*
    いまさら特別攻撃の立案者を責めたところで詮無いこと。
    自殺してしまった人に、そんな理由で自殺するなんてアホかといってるようなもの。死んだ人は他の方法を思いつくことができなかったんだろう。

    要はそんな選択をしてしまうような状況に追い込まれないようにすることが肝要。
    121  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:23 ID:V.tnpkiQ0*
    >>84
    陸軍の飛行64戦隊の生き残りの黒江さんの本で「敵性語?あんなの真に受けてたら、航空隊など運用できませんよ!」と書いてたもんな…
    122  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:25 ID:pXH6bsam0*
    目標にぶつかった時点で即死してればよいが
    爆発後に生きたまま破片で粉々にされるのも怖い
    123  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:26 ID:xu2Txg3G0*
    >>1
    ww2の年代に誘導兵器が使えるってのは強み
    それと爆撃すんのってめちゃくちゃ難しいから多分大戦末期だと未熟者が正攻法で攻撃したら150機いて1発当てれたらいい方とかいうレベルになる
    124  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:26 ID:V.tnpkiQ0*
    >>113
    老害「と、年寄りを大切にしろー!」
    当時もこれだろ?
    125  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:27 ID:.m.E.N0O0*
    >>120
    そうやって同じ失敗を繰り返すわけやね。こういうのが軍部にも多かったようやな。
    126  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:28 ID:V.tnpkiQ0*
    >>122
    一気にタヒにたいわな。中途半端に片わで生き残って苦しんでタヒぬなんてまっぴら!
    127  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:32 ID:XwXW1nlw0*
    当時の人間は戦争に負けると国や家族がどうなると思ってたんだろうな、、、

    平和な時代を生きてる俺らにはわからないよな
    128  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:36 ID:9DQWMSrX0*
    ドイツでも脱出可能な有人魚雷やったらしいけど、懲罰兵が乗ってたとか。鷲は舞い降りたって小説からだけど。ドイツは音響誘導魚雷を実用化していたから、そうなったかもしれん・・・
    回天の犠牲のわりに、戦果が大きいと言われてるけど、母船となった潜水艦も数隻撃沈されているんで、どうかなと思う。しかも、母船は回天が壊れるような機動や深度を避けなければならないらしいし。
    129  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:39 ID:5IRPl0Qf0*
    今も何も変わっていない。
    文書改竄させて責任おしつけて自殺させのに、誰も責任を取らない権力者。
    130  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:39 ID:WIApdNDV0*
    これを見ると当時の日本軍が如何にいかれてたのがよくわかるな
    131  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:42 ID:LUQSk7AY0*
    実はもう1つ選択肢があった。
    それは魚雷艇。唯一生還の可能性のある選択肢。
    なお回天、震洋、伏龍では生還率0。
    あるタイプのみが魚雷艇を強く勧めても頑なに拒否した。
    これ歴史の裏話。たぶんどこにも載っていない。
    今も似たにをネットで散見する。
    今も昔も一枚剥げば変わらんよ。
    132  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:43 ID:FeD8Pywv0*
    アホの極みだとは思うけど、ウォーシミュレーションやると自分も捨て駒特攻ちょくちょくやらせるから、司令部の心理的にはそんなもんなんだろうなーと理解はできる。
    133  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:43 ID:LUQSk7AY0*
    追伸 伏龍は別名ドンガメ言われて嫌がられていたw
    134  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:49 ID:kJvnQKOR0*
    >>5
    アメリカはww2の時点で誘導魚雷を実戦投入してる事実。差が歴然だわ
    135  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:51 ID:IZ.Xc3GD0*
    >>5
    誘導兵器の構想と試験実用はしてた定期
    136  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:52 ID:y.Jp1P9I0*
    スレでも言われてるけどこんなもん使ってまで必死に抵抗したから原爆で済んだんだぞ、本土上陸分割統治されてたら日本はなくなってた

    お花畑であれこれ言うのは簡単だ、当時はみんな必死だったし多くの犠牲があって初めて今の日本がある事を忘れてはいけない
    137  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:52 ID:LUQSk7AY0*
    坂井三郎の書籍では、特攻は零戦乗りからは大不評。
    そりゃ当たり前。外道なやり方。
    138  不思議な名無しさん :2020年07月12日 11:55 ID:rifu0D.U0*
    >>6
    親に迷惑かけて快適な部屋でパソコンか竿いじってるヒキニートじゃ、命捨てても守ろうって人の気持ちはわからないんだろうな。
    全員がそうとは言わんが、身内守れるならと泣く泣く命差し出した人達も居るだろうし
    139  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:03 ID:iTIA9hcx0*
    >>6
    お前は立派に戦ったからもう成仏していいんだぞ
    140  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:04 ID:Y79I.4oY0*
    >>100
    素人しかいない時点で負け確なんですがそれは・・・人
    141  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:06 ID:0pYSRm7O0*
    特攻で兵士が死ぬことを目的としたわけではなく、
    大規模艦隊戦で出た答えに従ったということ。
    つまり、ミサイルで艦船を攻撃すれば、簡単に撃破出来るということ。
    爆弾はあるが、ミサイルがない。
    魚雷を空に飛ばせないものかな?
    ゼロ戦は、旧式になりつつあり、戦力外通告が間近だった。
    このまま通常作戦を敢行していても、兵力消耗だけが続く。
    142  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:06 ID:NS37AFai0*
    こんなんまとめるなよ管理人…
    案の定コメント欄が痛々しいことになってんぞ
    143  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:08 ID:V.tnpkiQ0*
    >>137
    そりゃ、戦って帰ってこれるならなおさら…
    144  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:08 ID:MIcbbUL50*
    シュミレーションゲームで負けそうになったときは時間稼ぎで死亡前提の特攻させざるおえないし、ユニット自爆して相手にそれ以上打撃が出るなら間違いなくさせるからこういう戦術への非難辞退はしない。
    でも戦争前から用意してたようなのはユルセン。
    最初っから消耗品にするような思想で勝てるわけ無いだろ。
    145  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:09 ID:V.tnpkiQ0*
    >>141
    特攻で兵士が死ぬことを目的

    しかし最末期には「特攻タヒ」こそが目的になったからな…
    146  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:10 ID:UUIco3O20*
    効率から考えたら年寄り兵から乗るべきだよな
    若いから強制してる時点で外道だわ
    147  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:14 ID:V.tnpkiQ0*
    >>79
    新幹線の人は製作者です。考案者が外道。軍上層部も、似た案を考案していながら、桜花考案者の出現を待っていた節もある。黒◯、源◯とか…
    こいつら上層部は、戦後も「現場の熱意!」で逃げ切ったからな。
    148  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:18 ID:ulmuF03Q0*
    頭が悪いから正義と善悪を混同するんやろ
    149  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:19 ID:mkp.kaOp0*
    戦後の徹底した日本批判、特攻批判で特攻は無駄みたいな風潮を今でも教育やマスゴミが必死になってやってる(だからと言って礼賛しろとまでは言わない)けど、特攻の死者約四千人に対して敵兵約五千から八千人の死者を出しているからね。

    ※136
    必死に抵抗しなければとっくに降参して原爆は落ちなかったよ。が、そんな根性なしの腑抜けな国家国民なら、皇室もなく今よりも惨めでアメリカ色の強い国になってただろうね。
    150  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:20 ID:tsdpy8is0*
    イキってww2とか略称で言う奴嫌い
    151  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:23 ID:V.tnpkiQ0*
    >>72
    そう。自分には関係ないから。
    で、当事者になったら「そんなの自衛隊の仕事だろ!?」と泣きわめいて泡吹いて卒倒するに決まってる。
    だいいち、うちの隣に住んでるプロであるはずの自衛隊のやつ「戦争になるなら家族のために辞めます!」なんて寝言を抜かしてる。
    もうダメだよ…この国は…
    152  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:27 ID:FeD8Pywv0*
    >>89
    オウムも東大生や高学歴多かったよな
    153  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:29 ID:V.tnpkiQ0*
    >>55
    「チョウレイ」って、日本的宗教儀式なのを捕虜から聞いて知っていたからな…イスラム教の如く、天皇の宮殿とイセ神宮方向に礼をする。その時間は兵器も工場も動かない!戦争は知略!
    154  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:30 ID:m8WF.2WZ0*
    仮にあの時点で降伏しなかったら100万人以上の兵や毒ガス、核の継続投下まで視野に入れた上陸作戦やる予定だったらしいし、どっちの陣営も正気を失ってたんじゃないか?
    155  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:32 ID:y.Jp1P9I0*
    ※149
    英霊がどうこう言うつもりはないけど必死に戦った人たち(当然軍の上層部も含む)を馬鹿にする風潮は悲しいよね
    それと、早期降伏講和でまともな条件が引き出せたとはとても思えない、その後の東西情勢も含めてギリギリまで粘っただけの価値はあると思う
    156  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:33 ID:V.tnpkiQ0*
    >>153
    俺は毎日の朝礼がイヤで自衛隊をやめた。何あれ?どこにいても、国旗ポールに向いて「気をつけ」して微動だにしないって…警衛も全員同じ方向向いてるんだぜ?俺がテロリストなら、その瞬間を狙うぜ?
    バカらしくて1年でやめたよw
    157  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:33 ID:Mt2nt.9Z0*
    運命論者ではないけど、現在があるのはこういった兵器のお陰でもあると言うのは反論出来ない。少しでも違えば現在は無いのだから
    幸い我々は人間として過去を教訓に出来るし、過去を慈しんだり憤ったりも出来る。今やるべき事は現在を大切に生きるということ。礎となった全てを無駄にしちゃあいけないのだ
    158  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:37 ID:bJxMN2yT0*
    テリー・ゴディ…合掌

    コスパ云々言ってる奴は軍人が1人死んだら残された家族にどれだけの金額を
    国が支払うのか分かっとんのか?
    当たり前やが特別攻撃隊員の遺族年金=恩給は特別昇級等で上乗せされる

    因みにヤーコーの鉄砲玉だって1~2億円程コストが掛かっていたそうや
    戦争は兎に角、コスパ悪い。若い兄ちゃんを徴兵などせず日本国民にさえ
    しとけば半世紀、国は上納金を搾り取れるんやで
    159  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:41 ID:v0DZq7SI0*
    >>150
    間違ってない。WW2の中の大東亜戦争だぞ?もっといえば、単なる「欧州戦争」と「しな事変」の地域戦争、紛争だったのを、日本の対米戦争開始により「第二次世界大戦」になった。「しな事変」も「大東亜戦争」(現 アジア太平洋戦争)になった。
    160  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:44 ID:e.XlP0UX0*
    命の重さが軽かった時代
    161  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:45 ID:5tK.wVM.0*
    もし今戦争になったらやっぱり徴兵させられるのかな
    162  不思議な名無しさん :2020年07月12日 12:53 ID:wIXtTU5b0*
    >>119
    だけど日本には開戦しない選択肢もあったんだよね……
    163  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:01 ID:IFmxSX8S0*
    降伏すれば日本人は奴隷化される、国が無くなる
    女は犯され男は戦車で轢き殺される
    実際はどうだったか?
    こんな被害妄想で自殺攻撃ありきの徹底抗戦した結果が原爆投下
    肯定的な側面なんて一切無いわな
    164  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:04 ID:gwk4NzIu0*
    原爆を落とされたにもかかわらず、戦後すぐ日米会話手帳が馬鹿売れして、国民が「マッカーサー 万歳!」ってなったのも、戦前の政府に心底うんざりしてたからなんだろうな

    特攻隊の皆さんにはほんとに同情するわ
    165  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:05 ID:SEnz..0A0*
    >>161
    無いね
    少なくとも日本においては、海上航空じゃ徴兵された素人なんて使い物にもならんし陸上戦力に徴兵が必要なくらいの戦況ならもう負け確みたいなもん
    166  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:06 ID:hsW8p1pQ0*
    今の価値観で昔の事を判断するなよ
    当時には当時の物の考え方とか状況とかあったろうし、一つの事柄だけで分かるほど話は単純じゃない
    167  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:07 ID:h0plLeUp0*
    ID:0tLpCcOz0

    上層部並みの知能指数した猿がフルボッコされてて草
    お前が人間魚雷してこいや北朝鮮にでもつっこめタコ助
    168  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:07 ID:WkeX6ZGG0*
    海軍は必死の戦法は禁止されていて、特攻は上層部が否定的だった。でも戦況が悪化し、特攻を志願する若者に押し切られて必死作戦が決行された…って広島の博物館で見たけど、実際はどうだったんだろう。
    169  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:08 ID:.Mwgd.n.0*
    >>100
    どう考えてもコスパ悪い。
    敵と味方の区別がついて飯を食わせて育てる人間を作るのに当時の基準で数百万コストがあるのにそれを消耗品にするとか悪いけどマジでコスパ悪いよ。
    170  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:09 ID:i44PSU2G0*
    じゃあ俺は軍師で
    171  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:15 ID:lBnLUnNP0*
    特攻なんて作戦が企画された時点で負けは確定。即降伏する判断力を判断できた側の人が持たなくてはいけなかった。今の日本があるから特攻は正解という意見も特攻がなければもっといい日本であった可能性を無視してる。効率がいい、特攻しか打ち手がない、と思うならそう思う人だけが勝手に特攻すればいい。自分以外の誰かを犠牲にしてまで事を成そうとする思想は絶対にあってはならない。
    172  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:19 ID:3Qofe9Iy0*
    上級国民で勇敢な人、国を大事に思ってる人。ほとんどが戦争で亡くなってしまった。
    いまの残ってる子孫はほとんどが卑怯者や無能の子孫だよ。政治家や官僚、企業を見てればよくわかる。
    173  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:23 ID:v0DZq7SI0*
    >>103
    昭和末期から平成初期に自衛隊にいた。当時の幹部、特に若手は「日本軍は愚かだった。我々自衛隊はその愚かさを教訓につくられた。」「我々はあんな間違いはおかさない!」と言っていた。
    174  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:25 ID:qbOv2zVy0*
    一般家庭から鍋やらヤカンやら徴収するような負け戦にコスパもクソもねえわな
    こんなアホみたいな兵器使って血を流した挙句に原爆落とされて、そのドサクサで北方領土を奪われて
    そこまでして武士道を貫いた見返りは、アメリカと主従関係を結ぶ条約とGHQによる洗脳教育
    作戦を立てた上層部はどう見ても無能なゴミだろ
    「日本は最後まで戦った!」
    戦ったのは国じゃねえぞ。戦地にいた兵士たちだ
    175  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:26 ID:v0DZq7SI0*
    >>103
    大東亜の直前ですら、若手海軍士官が家族に聞かれて「アメリカと戦争?ならない!ならない!ww」と言ってたとか阿川弘之さんのエッセイで読んだことがある。
    176  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:27 ID:v0DZq7SI0*
    >>107
    マジで陸海の内戦になってたかもね…
    177  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:34 ID:LzjD55zq0*
    >>52
    戦争があった頃に比べれば大分平和じゃない?
    178  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:39 ID:4fxSIPnw0*
    昭和四十年代、go-goを踊る若者に回転の生き残りが嘆く漫画を度々読んだ。
    戦後爺英知九の政策ですべて悪とされ、踏みにじられたものが。。。。
    今はやっとそれにも焦点が当たり。気付くことを許されてきた。
    179  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:40 ID:v0DZq7SI0*
    >>165
    使い方による。寝たきりのジジババに液体高性能爆薬を注入して家に放置。
    若者は疎開して訓練。敵がジジババの街を攻略→謎の爆発多発…
    あ、働いてないニートにも注入して徘徊させる。敵が足止めされてる時に核攻撃!で、どうだ?
    核は「あー、実は隠してて…(・ωく)テヘ」
    180  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:42 ID:v0DZq7SI0*
    >>164
    日本人は節操がないんだよ…
    江戸幕府→明治政府でも手のひら返してたからな…
    根っからのド・隷根性なんだよ…
    181  不思議な名無しさん :2020年07月12日 13:45 ID:v0DZq7SI0*
    >>168
    上層部も特攻作戦を考えていて、その意見具申を待ってたんだよ…
    182  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:01 ID:.m.E.N0O0*
    >>168
    問題はその若者が誰か、だ。実際に特攻した奴らでも反発してた奴多数なのに。
    183  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:04 ID:nK1OqcBp0*
    東京五輪への拘泥の流れが日米戦争まんまの流れで草
    学徒動員の辺りで負け戦だと気付けん辺り上層部には馬鹿しかいないらしい。
    184  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:11 ID:0Aai0R7s0*
    「ホーミング魚雷!?もう実用化されていたのか!」って戦艦バラクーダの人が言ってたし、ドイツ軍が日本に技術提供してくれなかったのが悔やまれる。

    (「オーロラの牙」より抜粋、でございます。)
    185  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:17 ID:KT00C4t70*
    最近めちゃくちゃ強い人間魚雷が発見されてたよな
    藤原拓海っていう人間魚雷
    186  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:19 ID:.LEL73..0*
    バンザイ突撃みたいに無駄死するなら
    効果ある自爆攻撃した方がええわな
    187  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:20 ID:wehA4Kta0*
    戦場に行くのは命を懸けてる。特攻は命を捨ててる。
    何かを守るために命を懸けるのは男として素晴らしいことだとおもう
    ただ命を捨てに行くのは素晴らしくない
    なので特攻を賞賛出来ない。多分ヒロポンかなんかで正気を失わせてるし
    188  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:20 ID:wehA4Kta0*
    >>186
    じゃあ自爆攻撃やってみろ
    189  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:24 ID:wehA4Kta0*
    >>183
    上層部はあらゆる事への忖度とバランス取りをせんといかんから
    1つの事柄だけしか見えない下層部からしたら馬鹿に見えるのは仕方ない
    実際馬鹿かもしれんけど
    190  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:26 ID:.LEL73..0*
    >>188
    今やろうと思っても相手がいないじゃん
    191  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:35 ID:BMAXHeDq0*
    戦争って言うのは自国軍、自国民を何人死なせるかのソロバン勘定だぞ?
    相手国の何人なんて計算を端からしてないし

    勝っても負けても何人残るかってハナシ
    戦争は講和を目指しての壮大な駆け引き
    192  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:36 ID:v0DZq7SI0*
    >>163
    そう。
    占領軍は紳士的だった。逆に戦時中の日本軍の方が自国民に過酷な扱いをしていた。
    193  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:37 ID:qy40c8Lv0*
    そういえばイスラム教徒もトラックに爆弾を積んでアメリカ軍基地に自爆特攻してたな。
    集団が追いつめられると自己犠牲の精神が出てくるんだろうか?
    194  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:38 ID:es2KWwkw0*
    この米欄見ても思うが、勉強してない人多すぎだよな。
    日本に原爆落とすのは、元々その予定だし、そのために最初のポツダム宣言と最後のポツダム宣言の内容違うしな。
    特攻も戦果がないというが、ならアメリカが強烈に情報統制する必要がないとは思うが。末期の10カ月で、太平洋のアメリカ全喪失艦艇の6割弱が沈んでること知ってるのか?
    195  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:38 ID:v0DZq7SI0*
    >>182
    海軍「海兵出身者、生徒は温存!一般大学出身者は特攻隊だ!」
    これだもん。
    196  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:44 ID:L8uEpAft0*
    戦争回避の道は多数あったがコミンテルンが日米戦争へ強烈に誘導し手開戦に至った。
    197  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:46 ID:v0DZq7SI0*
    >>184
    例えサンプル渡されても日本の技術では造れませんよ?潜水艦を提供されて量産化試みたけど「不可能」の判定をした。潜水艦どころか、もっと簡単な機関銃すらコピーもできない。これが日本の技術の実態。
    198  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:47 ID:v0DZq7SI0*
    >>190
    いくらでもあるだろ?💢
    199  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:51 ID:v0DZq7SI0*
    >>187
    途中で逃げないようにワイヤーで腕と機体を繋いで、爆弾もボルトで固定していたしな…
    学校にきた元特攻隊員に聞いた!
    200  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:52 ID:SEnz..0A0*
    >>179
    滑ってるぞ
    201  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:52 ID:v0DZq7SI0*
    >>194
    戦果?微々たるものじゃん?単なる嫌がらせレベルだろ?
    202  不思議な名無しさん :2020年07月12日 14:56 ID:v0DZq7SI0*
    >>89
    偉いやつらは、取材にきた外人記者をヤー公使ってボコったからな!その人失明するほどの重症負わされた。よく国際問題にならんかったわな…
    203  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:01 ID:v0DZq7SI0*
    >>152
    ほんと、あれで東大始め旧帝大の権威が落ちた。いま思うと、あそこで戦後教育、体制を見直すチャンスだった。
    あそこで放置したから、もう手遅れ。
    204  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:01 ID:QcWaO.MG0*
    ミノフスキー粒子が発見されれば再び特攻は有効な戦術になる
    205  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:02 ID:v0DZq7SI0*
    >>200
    許せ、俺の願望だ!
    206  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:04 ID:v0DZq7SI0*
    >>204
    それと瞬間物質移送機な!
    207  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:07 ID:rtI2TGiM0*
    >>1
    実際、戦艦とか大型戦闘艦ばかり狙ったり守ったりするからね。第一次ソロモンとかトラック空襲とかで輸送船逃したり、輸送船ほたって退避して壊滅されたりして、一万トンの軍艦と輸送船の価値が同じと思ってない。潜水艦の攻撃に使用できる魚雷の本数も制限があったりする。

    特攻の島で悪役扱いの板倉さんも伊号潜水艦なんかではエピソードの多い人間味あるひとなんだがなあ。
    208  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:17 ID:rtI2TGiM0*
    >>147
    黒○とか次から次に竜巻作戦とかアイデア倒れの案だして実行させるし、戦後宇垣纏の戦争録の自分のページ紛失させるし碌でもないわな。
    ○田も大西の副官が同期なのを利用して神風特別攻撃隊編成したり命名したりしたのに、知らんぷりしたり、自分は三四三空作って航空戦知ってる顔だけど戦闘機無用論唱えたやん。あげくに戦後空幕やし。
    209  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:25 ID:0xuC0fjc0*
    どれほどの秀才が頭を揃えて考えていたとしても、そもそものスタート地点が間違ってるんだからどうしようもないんだ。
    天動説が正しいという前提で宇宙開発しろとか言われてもできないだろ?
    210  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:26 ID:NhzbLsr.0*
    >>194
    ワイ勉強してないけどどれだけ勉強した民が力説しようと、命を兵器にするこたあなかったんやないかな思うで
    敵艦を半数以上藻屑にしたとはいえ割に合わんやろ
    当時自らを犠牲にして成果を挙げた方々のことは讃えるべきだが、そういう最期を迎えないという選択肢が無かったことがクソなんや 


    211  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:27 ID:bzlV.Zlo0*
    >>194
    だからなんだよボケナス
    日本は負けて犬死させた兵士に対して責任も取らねえでのほほんとしてるのが戦犯とその子孫だろ
    212  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:44 ID:BQn3ADR80*
    花という文字が死に見えた
    213  不思議な名無しさん :2020年07月12日 15:57 ID:gx03EnO90*
    >>12
    単純な物の見方しか出来ないのは、自頭が悪いからか、それとも物事を深くじっくり考えることが少なくて成長過程中なのか、はたまた視野が狭く思考を放棄しているからか。

    一方からしか物事が見れないってのは、致命的だぞ。
    214  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:05 ID:oLv28FW90*
    >>163
    当時はそんなふうに酷い目にあうと思ってた人も多いんじゃないかな
    215  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:07 ID:zLV.m8qD0*
    当時の事についてあーだこーだ言ってる奴は
    アニメのキャラに神視点で文句言ってるキモヲタと同レベルだって事に気づいて欲しいわ
    216  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:13 ID:zLV.m8qD0*
    >>163
    結果論でしかないな
    217  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:30 ID:kQefB8.80*
    人間魚雷で特攻に行く直前に終戦して、ずっとお国のためにと思ってたのにそれが一瞬で無くなってほっとしたとおじいちゃんのドキュメンタリー番組がやってたな。お国のためにだなんて洗脳でしかないんだと。
    218  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:46 ID:Jcu3LCbX0*
    黒島亀人とかいう都合の悪い記録は消して天寿を全うしたやべえやつ
    219  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:49 ID:1dWBJMIg0*
    >>21
    海軍力は当時のイギリス以上アメリカ未満だからもっと上
    あと人権とか命の重みは世界全体で軽視されてたから狂ってると言えるかは微妙
    ソ連とかの方がやばい
    220  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:50 ID:Kb3sKOGn0*
    >>169

    1の敵倒すのに10の人間が死んでたとも言われてる時期なんで
    1人当たり2の敵倒せるようになったのでコスパ良いんよ
    221  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:53 ID:Kb3sKOGn0*
    >>12
    こういう類のヤツって特攻しなければ、戦死する事はない
    と思ってそうなんだよなぁ
    222  じょん・すみす :2020年07月12日 16:57 ID:JxT1F9VA0*
    回天に関しては、製作当初はぶつかる前に
    脱出出来る様なカプセルみたいな物をつける予定だったらしい。
    (制作に携わった人の話)
    ただ、運用側の
    「構造が複雑になって運用が出来なくなるようなら、そんな物は無い方がいい」
    との意見で、取りやめになった様子。
    ただ回天は搭乗後に外側からハッチをボルトで閉められるので、出撃すると
    自爆以外の方法が無いってのが、ねぇ・・・
    223  不思議な名無しさん :2020年07月12日 16:58 ID:Kb3sKOGn0*
    >>162
    開戦せず…国を滅ぼす道かな?
    224  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:01 ID:OcWSd0tB0*
    こういう話題ではいつも、彼らのおかげで今の日本がある、とか、英霊、とか言う人が居るけど、正直納得できない。特攻で亡くなるより、寿命まで生きて働いた方が絶対日本の役に立てたはずだろ。亡くなった人達を貶す意図は全くないが、彼らを英霊と呼ぶことで彼らの被害者としての側面が軽視されないかいつも不安だ。
    戦争時にこちら側の人間を沢山殺す敵国の奴より、味方を沢山無駄死にさせる自国のトップの方が許せない。有能な敵より無能な味方の方が憎い
    225  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:03 ID:OcWSd0tB0*
    >>217
    当時の日本なんて今の北朝鮮以下かあるいはイスラム国並よ。身内の洗脳と自爆が頼みの綱とか。若い人間ほど洗脳が強く入るからより悲惨なんだよね
    226  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:06 ID:OcWSd0tB0*
    >>215
    過去を検証、批判する事をやめたら進歩もないぞ
    日本は過去を過去として片付けすぎなんだよ。戦争に突き進んだ原因、文化、社会の体質、みたいなのが全然無くなってないのが良い証拠だ。明らかに戦争や特攻に責任のある上級国民も生き残りまくりだし。死んだ人間はもう責めない、過去の事をとやかく言わない、っていうのには諦めとしての側面もある
    227  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:07 ID:Kb3sKOGn0*
    >>210
    1機の敵に10人殺されるのを許容するか
    1人が死んで2機の敵を倒すのを許容するかの世界やで

    >命を兵器に
    死んだ歩兵と何が違うんや?
    228  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:09 ID:OcWSd0tB0*
    >>187
    ヒロポン中毒になった特攻機の訓練生っていうのは大勢いたみたいだな
    小さい頃から兵士として教育を受け、15くらいの少年に自爆攻撃以外の事を考えさせないようにしてヒロポンまで与えてたんだからな。想像以上に罪深いんだよ
    229  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:11 ID:VnqSqiR.0*
    ネトウヨだけは賛成するだろ 笑
    230  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:12 ID:zuvOp1YO0*
    戦争が良い事とは誰も思わないし英霊に感謝することは古今東西当たり前のことだし
    剣や弓矢で戦おうが銃や戦車で戦おうが今でも車やボートや飛行機で自爆攻撃もあるけど戦い方や作戦に個々の差は無いとわからないかな
    戦争で戦って亡くなった時にその人が浮ばれるかどうかは後世の人達が感謝するかどうかじゃねーの?
    たとえ敵国の兵士であろうと作戦であろうと大昔であろうと貶すことは過去何千年何万年の全ての戦いの全ての戦死者を貶してるのと同じ
    想像力が無さ過ぎる
    231  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:13 ID:OcWSd0tB0*
    >>194
    こういう奴が自分は絶対に候補にならないから、コスパも良いし、とかいって自爆攻撃考え出したんだろうな〜
    特攻なんて言い始めた奴は生き残ってる時点で100%許されない
    232  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:19 ID:hWabAs9Z0*
    でもこれ洗脳されたとはいえ「お国の為に」って志願してるんだぜ
    233  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:22 ID:OcWSd0tB0*
    >>151
    戦争になったらその自衛官の代わりに自分が最前線に行きます!ってならない限り君に批判する権利はないけどな。自分は兵士として給料を貰うようなプロでもないし、家族もいるし、歳だし、体力もないし…なんて全て言い訳だぞ。戦時下なんだから。君が行かなければ代わりに誰かが行って死ぬ事になる、それを許容した時点で君に批判する権利はないけど、どうする?どうも君みたいに言葉で勇ましい事を言う人に限って自分が死ぬ可能性を考えてない、あるいは自分が死ぬ可能性がないからこそ強気だよね。アメリカではチキンホークなんて言葉があるけど、君はどうなんだろうね。
    他人に死ぬ覚悟が無い事を批判できる人間なんて、自分はいつでも目的の為に死ねる人間だけだろうけど、君はそう?
    234  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:22 ID:hsW8p1pQ0*
    >>226
    それも一理あるけど、本スレには当時の状況なりそこに至る経緯なり功罪なりを考慮してない人も多すぎるから、その人たちを例えて「キモヲタ」だと言ってるんだと思うよ。
    歴史っていうのはそう謂うの全部ひっくるめて歴史だし、単体では存在し得ないからね。
    235  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:25 ID:VEoyw5n.0*
    人が勿体無い。
    自分と関わりがない同胞なら使い捨てられるのかと思ってしまう。
    戦争を始める段階でどう幕引きするかも考えず、
    物資が枯渇してきたら無理矢理精神論にすり替える。
    人の育成には金と時間ががかかるのに、それを特攻させるためだけに使うと言う暴挙。
    しかも、特攻していったのは真面目で純粋な青年たちに加えて教導隊に入れるレベルの有能な人たち。
    本当に勿体無い。そう言うことを命じることができた当時の上級国民に唖然とするわ。
    236  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:26 ID:OcWSd0tB0*
    >>156
    日本って戦争の事を批判しているようでいて、その実、戦争に突き進んだ原因も、戦争で間違った選択肢を選びまくった原因も、何も改善しようとしていないよな
    237  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:41 ID:ElGQtnIL0*
    母方の爺さんは「あいつら内地で飛んでるだけで美味い物食ってたんだから死んで当たり前だ」と嫌ってたけどな。
    現役で中支、再応集でビルマで幸運にも終戦迎えた三十路の歩兵から見たら、学のある若い飛行機乗りなんぞ鼻持ちならない存在でしかなかったんだろう。
    まぁ当時だって色んな見方があったってことさ。
    238  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:46 ID:CWqIePb90*
    ワイは人間魚雷回天の現物を見て触って写真を撮ったよ
    スクリューの近くに被弾して沈んだ現物を終戦後に引き上げて
    展示してあり今では考えられんがゼロ戦・ブリキの戦車に長門の
    砲身など触り放題 コーフンしたよ 戦車はボロボロだった
    ゼロ戦は美しかったし操縦席も覗けたし触り放題」
    回転はスクリューの近くが凹んで潜航不能になった品で茶色のサビた
    円柱の鉄の船体 今でも撮った写真見るともう二度と見れ無い触れ無い
    貴重な遺産
    239  不思議な名無しさん :2020年07月12日 17:50 ID:r7MWE6L40*
    >>133
    あれ一番嫌だよな特攻兵器で
    まあどれも嫌だけどさ
    240  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:04 ID:es2KWwkw0*
    戦争って結局政治の最終手段だから、普通は誰も選びはしないが、やるとなったらとことんやるしかないからね。
    コメ231に言っとくが、特攻が「統率の外道」ってのは発案者が言ってるし、本人も自害してる。というか、特攻に言った方々がこの戦争には負けると言っているし、その後の日本のためと言って出撃していったんだが、今の日本がその人たちの犠牲の上であるのが分かってないコメがあるのがびっくりですわ。
    後、日本が戦争した理由って結局、石油の禁輸措置がとどめだったから。当のアメリカでさえ禁輸したら、間違いなく戦争になると大方予想していたからしなかったが、ルーズベルトが大統領になって平然とやったからな。もともと人種差別主義者で、側近も頭おかしいと手記してるくらいだしな。
    241  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:04 ID:W9pSxl790*
    >>4
    せいぜい立派に死んでくれ
    242  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:10 ID:1dWBJMIg0*
    >>240
    ルーズベルトだけじゃないけどね
    ハリーポッター君も軍部無視して原爆投下命令するような奴だし
    当時の白人は有色人種を人として見てなかったんだよ
    243  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:10 ID:W9pSxl790*
    >>53
    命の尊さは変わらない?
    人権なんてフランス革命以降だろ
    244  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:11 ID:Dypx.GXo0*
    こんな邪道兵器作る時点でもう負けは確定していた
    245  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:12 ID:W9pSxl790*
    >>64
    日本は建前の国!
    コロナだのBLMだので嘘ってバレちゃったからやめとけよ
    246  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:13 ID:W9pSxl790*
    >>183
    また負け戦になるといいなあw
    247  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:25 ID:HrJv5o4V0*
    >>1
    逃げる前提で必死こいてもしぬなら初めからしぬ気の方が戦果は上げられるから多分コスパはいい。ただあくまでも効率の話だから人の数も限られてるわけやし人道的にもどうかと思うからやはり良い訳では無い。
    248  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:29 ID:HrJv5o4V0*
    >>12
    駒を一切失わず勝てるもののみが作戦ってことなら言っとることは正しいで。たかがボードゲームで完全試合するのも難しいのに現実の戦争においてそれを成し遂げるのはほぼ不可能や。ありとあらゆるものを否定するのは勝手やが俺より頭悪いのに偉そうなことを言うでない雑種
    249  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:33 ID:HrJv5o4V0*
    >>175
    そもそも本来なら起こりえないものやからな。もし起こったとしてもそれはもっと後のことやと思う。でもあの時起こって良かったのは全部今に繋がってることや。もし戦わなかったとして今よりも良かったなんて事は多分ない。
    250  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:36 ID:es2KWwkw0*
    でも、これだけ日本戦死してると思ったら、これが霞むくらい粛清してるスターリン。こっちの方がひどいし、働き世代がほぼ死んでるとか悪夢ですやん。
    251  不思議な名無しさん :2020年07月12日 18:48 ID:r7MWE6L40*
    >>250
    おかしい国が傍に有るとつられておかしくならなきゃならない事も有るかもしれないなー
    252  不思議な名無しさん :2020年07月12日 19:08 ID:kQefB8.80*
    >>105
    おまえんちに特攻だ!夕飯たのむぞ!
    253  不思議な名無しさん :2020年07月12日 19:34 ID:jTRr8otS0*
    「なんで、こんな事思いつくのか?」って聞かれて島津の流れを汲んでるって言われたらなんか納得した

    それと、敵側の視点だと本当にこんな連中と地上戦なんかしたくねーな
    おまけに女子供まで同じノリで来るんだから地獄よ

    254  不思議な名無しさん :2020年07月12日 19:43 ID:wF.9Pt6g0*
    >>174
    戦ったのは国だろ
    間抜けな国が最後まで意地で戦い抜いた
    死んだのは国民と兵士だ
    兵士が戦ってたって?無駄に死んだだけだ
    例えるなら動く的だな
    255  不思議な名無しさん :2020年07月12日 19:50 ID:wF.9Pt6g0*
    >>225
    薬支給されて意識が飛ぶまで訓練と言う名のシゴキにあってたら年齢関係ないだろ
    当時の軍人の野蛮さ知ってるだろ?
    生き残って当時の事語ってる上層部とか畜生以下の屑野郎しか居ない
    256  不思議な名無しさん :2020年07月12日 19:57 ID:wF.9Pt6g0*
    >>224
    そこをボカしたら批判の意味ないよ
    敗けが決まってたのに特攻させられた人は完全な無駄死にだ
    英霊なんておこがましい
    「もう敗けなんだけどもうちょっと戦いたいなぁ…でもお金無いしベテランも死んだし…そうだ帰還しなくていいから爆弾持って突っ込んでこいよ!」
    これで死んだのが特攻
    これに意味があったなら教えて欲しいわ
    挙げた戦果も講和条件に影響したとは思えないし
    安らかに眠る必要も無いし糞政府の無能参謀どもを呪いながら死んでて欲しいぐらいだ
    257  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:00 ID:wF.9Pt6g0*
    >>235
    少年も使ってるよ
    対戦者人間地雷の名前は覚えてないがデカい蛸壺みたいなのにガキと爆弾詰めて海岸に埋めたんだと
    258  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:01 ID:kQefB8.80*
    >>6
    やらんとマヌケ扱い村八分やぞ。
    259  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:04 ID:cNlaEXQ90*
    死を前提とした攻撃は良くないっていい分はわかるけど、負けを覚悟した戦争をしている時点で終わってたんだよな
    数の暴力に最初からなす術がない
    260  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:05 ID:lrLJuBd50*
    コスパは良いんだよ
    末期なんて赤紙で素人を集めて出撃させるしかなかったから、まともな兵器だと接敵すらできずにやられる
    だから、ぶつかるだけで良い特攻兵器のほうが効率が良かった、だから陸も海も競うように特攻兵器を作るようになったのよ

    恐ろしいのは特攻兵器の発案自体は現場からで、大本営自体は何度も止めてるのよね…
    発案した人たちも事故や特攻で真っ先に死んでるのが闇深
    261  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:06 ID:kQefB8.80*
    >>12
    他はああ言ってるけど間違ってへんぞ。マジで作戦考えれるなら状況最悪になる前に条件つけて降伏して戦後有利狙うからな。まあ戦争には負けてるけどな。頭のええやつが作戦考えるなら未来見据えるわな。
    262  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:07 ID:wF.9Pt6g0*
    >>240
    本当にそう思ってる?
    特攻隊が挙げた戦果って終戦後の譲歩に影響してると思う?
    戦死者に罪はないし死に意味を持たせてやりたい気持ちもわかるけど確実に無駄死にだろ
    石油の規制も結局のところ窮地を脱したにも関わらず列強入りまで欲張ろうとした結果だからな
    舵取りの船頭が糞ほど無能だった結果だぜ?
    付き合わされた先人は無駄死だ
    民主主義になったきっかけって事なら意味はあったかも知れないがそんなくだらない事に命を使ったと考えるとやっぱり無駄死にだよ
    263  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:08 ID:kQefB8.80*
    どんどんコメ荒れてきたな。
    264  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:10 ID:lrLJuBd50*
    >>12
    こなみかん
    265  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:10 ID:wF.9Pt6g0*
    >>260
    戦後資料なんて当てになるかボケ
    「もう無理です!撤退させて下さい!」って報告に「玉砕せよ!最後の一人になっても戦え!」って返事するのがデフォやぞ?
    しかも遅滞戦闘ではなく防衛戦でだ
    指令部トップや参謀部を「現場」って言うならその通りだけどな
    266  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:30 ID:5P42qASz0*
    怖い怖い
    こんなんで死ななあかんとかマジで勘弁
    267  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:34 ID:HrJv5o4V0*
    >>261
    無条件降伏を求めてたんやけどな。だからそれは無理だったんや。それにアメリカさんは石油止めてれば黙っとるだけでええでな。譲歩してやる理由がない
    268  不思議な名無しさん :2020年07月12日 20:45 ID:JkEKp0Z.0*
    なお、イタリアとイギリス
    269  不思議な名無しさん :2020年07月12日 21:35 ID:PUufyHeA0*
    >>240
    ルーズベルトの対日はむしろ甘いぞ。もっともそれで日本が調子こいて手を広げたせいで、禁輸せざるをえなくなった
    かといって早めに制裁を強化すると日本の暴発が早まるという手詰まり感
    270  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:05 ID:c5JgkYLK0*
    >>140
    だからこんな戦法を実行しなきゃいけなくなったんだよ。
    271  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:12 ID:c5JgkYLK0*
    >>14
    無条件降伏しても日本国と日本民族が生き残れるとは考えられなかったから一撃講和論に縋り付くしかなかったんだよ。
    272  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:22 ID:zkqASOon0*
    元記事でコスパいいコスパいい言ってんのいるけど、これが想定通りに敵に大打撃与えられるって思う時点で間違いだからな

    大抵が「そもそも当てられない」
    うおおおおおお!って叫んで突っ込めば当てられるなんてのはフィクションの中だけの話だ
    273  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:25 ID:c5JgkYLK0*
    >>118
    回天は潜水艦で外洋に進出した後に発進するという運用方法なのと、脱出しても敵艦隊のそばに浮かぶことになるので救助の見込みが無いために脱出を考慮できなかった。まあそれ自体がダメなんだが。

    戦闘機の防弾に関しては陸軍機は最初から防弾装備を搭載していたし、ゼロ戦も途中からは装備するようになった。
    ただしゼロ戦は戦域が海上であることが多く、こちらも救助の見込みが少なかったために搭乗員が自ら防弾板を外すことも多かった。
    274  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:29 ID:c5JgkYLK0*
    >>131
    震洋は一応脱出装置がついてる。
    運用が沿岸部だから生還の見込みがあるというのもあったからだろうけど。
    275  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:33 ID:c5JgkYLK0*
    >>145
    末期は米軍艦隊の活動を制限するために特攻作戦を継続するしかなかったから目的と手段が入れ替わり易い状況ではあったろうね
    276  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:35 ID:c5JgkYLK0*
    >>163
    妄想と言えるのは君の後知恵だよ。
    277  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:39 ID:c5JgkYLK0*
    >>197
    それでもその機関銃や潜水艦や航空機を自力で設計製造できる技術はあったんだよ。
    ついでに言えば日本は赤外線誘導爆弾を実験してるぞ。ただしそいつは熱源を追った結果、女湯に着弾したが…
    278  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:49 ID:c5JgkYLK0*
    >>201
    駆逐艦以上の艦でだけでも戦死戦傷1万人以上の人が被害にあっているのを微々たるものだとか嫌がらせレベルとか言える神経が特攻のような人命軽視の作戦をさせるんだろうが。
    279  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:50 ID:jTRr8otS0*
    どいつもこいつも旧軍と同じで敵からの視点を理解してない
    コスパとかそんなもんじゃねえ。特攻なんてもんは不合理の極みよ

    だからこそ効く。誰だってキチガイは相手にしたくない
    対策をガッチリ整えれば何とかなるだろうが、手間も犠牲も馬鹿にならんってこった。

    だからこそ、アレは無駄と喚く連中がそこいらじゅうに出回る訳よ
    280  不思議な名無しさん :2020年07月12日 22:54 ID:c5JgkYLK0*
    >>272
    嫌な話ですけどね、
    実際に特攻機の命中率は高かったんですよ…
    281  不思議な名無しさん :2020年07月12日 23:37 ID:ns0Q.ytd0*
    >>10
    いまも同じ
    282  不思議な名無しさん :2020年07月13日 03:19 ID:BLWUUdUr0*
    こういった兵器についてのアメリカの現在の評価はどれもクソ味噌に酷評していたな
    作った奴も命令した上層部もクソ無能だと
    それが全てだよ
    283  不思議な名無しさん :2020年07月13日 04:34 ID:.wReVUvr0*
    戦列歩兵とかも考えると、今の日本での命の重さの方が異常なのかも
    284  不思議な名無しさん :2020年07月13日 06:07 ID:zjxBOEZe0*
    米国との開戦に踏み切らなかった日本ってどうなってたんだろうな
    上層部だって開戦に反対してる人が多かったよな
    285  不思議な名無しさん :2020年07月13日 06:26 ID:QlvvOy2I0*
    これがあったから~今の日本が~って論調のやつ肯定するにしても暴論すぎる
    アメリカ人が原爆を落としたから今の日本があると間接的に肯定するのと何ら変わらない
    286  不思議な名無しさん :2020年07月13日 07:17 ID:xRFVIZYo0*
    >>228
    それとまったく同じことを、中東のテロ組織は現在もやってる
    287  不思議な名無しさん :2020年07月13日 07:21 ID:xRFVIZYo0*
    こんなもんあってもなくても変わらないだろ。当時の日本軍、頭悪すぎる。
    288  不思議な名無しさん :2020年07月13日 07:37 ID:d4GzV.Y.0*
    いやー、ほんと日本は負けてよかったよな!
    アメリカ万歳だわ。
    むしろ完全に服従させられる立場なのに戦後の復興を支えるってマジで優しいよなアメリカ
    289  不思議な名無しさん :2020年07月13日 07:37 ID:d4GzV.Y.0*
    森鴎外とかいうゴミ。
    書いた人間性は腐り過ぎてるよな。
    290  不思議な名無しさん :2020年07月13日 09:37 ID:GqVA67zZ0*
    今でもあるよ、プロジェクト崩壊寸前でどうしようもないのにそれを認めようとしない上層部が現場に「やれることを全てやってから泣き言言え」みたいな無茶振りし出すの
    それでなんとかしてしまったらまた無茶振りの繰り返しっていうね。
    291  不思議な名無しさん :2020年07月13日 10:34 ID:3XQKhBge0*
    >>290
    それは有る
    292  不思議な名無しさん :2020年07月13日 11:36 ID:W9pXbyEb0*
    正直足掻いたから日本が残ってるとも言えるからなんとも言えない
    293  不思議な名無しさん :2020年07月13日 13:17 ID:jXUGjnF00*
    >>243
    太平洋戦争はそのフランス革命から200年ぐらい後の出来事だぞ
    ちょっと話が変な方向に行ってないか?
    294  不思議な名無しさん :2020年07月13日 14:10 ID:UhBNs6Lf0*
    この時代は白人さん国家以外は負ければ植民地が当たり前で、神風も最初は戦果があったんやで。
    295  不思議な名無しさん :2020年07月13日 16:28 ID:qBOfgdsu0*
    >パスツールの功績(?)で、全ての疾患は細菌感染によるものだと考えるドイツ医学
    コッホな
    そしてそのコッホに師事して四天王とか言われた北里柴三郎は脚気菌を否定してるぞ
    まぁそれが原因で東大の学閥から排斥されるんだけどな
    それを助けたのが福沢諭吉や
    296  不思議な名無しさん :2020年07月13日 17:32 ID:OA8nGdFf0*
    悲惨な戦法なのは重々承知で状況からしてもう愚かなのは解りきってるけど。

    特攻無しで戦ってればさも大勢が生残れたとでも思ってそうなのがいてやべぇよ

    早期降伏して何で当然のように良い条件(条件つき)で降伏できると思ってるやつがいるんだよ、相手にしてみりゃそんなことしてやる理由もねぇよ

    当時としてみりゃ占領後に有色人種がどんな扱いされてたかは見知ってたんだからそれは避けたいと思うだろ、お前らも昔のアメリカの差別映画見りゃわかるだろ。負けるけど、負けたら終わりだよ。家族があんな扱いされたたらと思うとゾッとするね、現実でも未だに尾を引いてるのに。
    297  不思議な名無しさん :2020年07月13日 17:38 ID:XZkEW.nX0*
    議論するなら良いけど、自分だったら断るっていうのをたまに見かける

    それは今だからこそ言えることであって、当時は恐らく無理な事
    イスラム教の国でイスラム教を否定する、半島の北で将軍様を否定する位のリスクだと理解してるのだろうか?
    298  不思議な名無しさん :2020年07月13日 17:57 ID:7TQzhwWV0*
    >>287
    特攻作戦がなかったらアメリカ艦隊は日本本土を好き放題に砲撃や爆撃できたし、その場合の被害や死者はもっと出てた可能性が高い。
    299  不思議な名無しさん :2020年07月13日 17:59 ID:7TQzhwWV0*
    >>282
    倫理的に許容できないだけで基本的に自爆攻撃に関しては脅威に感じていたんだよ。
    米海軍は「もう戦いたくない」って泣きを入れてるんだから。
    300  不思議な名無しさん :2020年07月13日 18:02 ID:7TQzhwWV0*
    >>174
    いちおうアメリカでも民間から金属類の提出はあった。
    301  不思議な名無しさん :2020年07月13日 20:37 ID:P1BmysqJ0*
    >>136
    >スレでも言われてるけどこんなもん使ってまで必死に抵抗したから原爆で済ん
    >だんだぞ、本土上陸分割統治されてたら日本はなくなってた

    レイテ敗北の段階で日本にはもう本土侵攻を阻止する力は無くなっていた。
    この期に及んでも指導層は特攻によって戦局を挽回できると考えていた。
    しかしレイテから敗戦に至るわずか1年で太平洋戦争全体の実に7割以上の戦没者を失っており、まったく採算の取れない判断だったと言える。

    そしてずるずる敗戦を引き延ばした結果、原爆が投下された。日本が本土決戦を意図したところで主要都市に原爆を落とされまくって無血上陸されていただろう。
    つまり特攻による抗戦が本土占領への道を開いてしまったのであり、ソ連参戦で北方四島も失われたのだと言える。
    302  不思議な名無しさん :2020年07月13日 20:50 ID:P1BmysqJ0*
    >>194
    その全喪失艦艇数が問題なんだよ。
    特攻による損失が何割だろうと、いくら効率が良かろうが到底戦局を覆せる程の損害では無かった。そのくらい圧倒的な差が出来ていたんだ。
    303  不思議な名無しさん :2020年07月13日 21:51 ID:P1BmysqJ0*
    >>149
    >特攻の死者約四千人に対して敵兵約五千から八千人の死者を出しているからね。

    それでも戦局を覆すには至らなかったわけで、そんなものに国運を委ねてしまった事が問題。

    >必死に抵抗しなければとっくに降参して原爆は落ちなかったよ。が、そんな根性なしの腑抜けな国家国民なら、皇室もなく今よりも惨めでアメリカ色の強い国になってただろうね。

    それは後付だと思うねぇ。逆にさらに徹底抗戦してればソ連が本土上陸し日本は完全に消滅、皇室も廃止、英語とロシア語が国語になってたろう。特攻により戦争を無駄に引き延ばしたことは日本をその瀬戸際に追い込んだといえる。
    304  不思議な名無しさん :2020年07月13日 22:48 ID:P1BmysqJ0*
    >>149
    特攻批判と戦死者を軽視するのは全然違う。「死んでいった英霊に申し訳が無い」というのはただの思考停止だからな。

    >必死に抵抗しなければとっくに降参して原爆は落ちなかったよ。が、そんな根
    >性なしの腑抜けな国家国民なら、皇室もなく今よりも惨めでアメリカ色の強い
    >国になってただろうね。

    こんなの屁理屈にすらならないよ。徹底抗戦していればソ連は北海道上陸、米国は原爆を落としまくれば良いだけであり、皇室も日本国も消滅、母国語は英語とロシア語になっていたろう。
    そもそも原爆により特攻の無力を思い知ったから降伏したのであり、敗戦の引き延ばしは日本の将来を危うくしただけだった。

    それと特攻兵士の尊い犠牲を悼むことはまったく別の話だ。
    305  不思議な名無しさん :2020年07月14日 02:08 ID:.omOklZu0*
    >>119のレスが現代と何も変わってなくて寒気がした
    306  不思議な名無しさん :2020年07月14日 05:20 ID:SxThzZo90*
    特攻自体はアレよ。ガンジーの非暴力のアレと同じよ
    殺されても、抵抗すらできなくてもお前らの言いなりなんて真っ平御免ってやつだ。

    違いは戦う下地があったか無いかの違い。戦局の挽回とかそんなもん関係ねえんだよ。
    当時も口では言わないけど、どれだけ道連れにしてやるかって発想だからな。
    307  不思議な名無しさん :2020年07月14日 07:43 ID:hVibD3jl0*
    くにおくんのくまだに任せとけよ
    308  不思議な名無しさん :2020年07月14日 10:35 ID:EGUotCdm0*
    >303
    >304
    すんません連投した
    309  不思議な名無しさん :2020年07月14日 20:41 ID:EGUotCdm0*
    >>306
    それはもう切腹と同じで単なる自己満足だな。
    国家や民族にとって戦争は手段の一つであって、それ自体は目的ではない。
    勝ち目が無いならさっさと見切りを付けて戦後復興を考えるのが健全な発想だ。
    310  不思議な名無しさん :2020年07月14日 21:45 ID:SxThzZo90*
    >>309

    切腹を自己満足と捉えるのは、まあそういうことよな

    国家とか民族にとって戦争が手段の一つ?
    負け戦の後を考えるが健全?

    まるで、どこかの大陸の人間が考えそうな言葉よ。
    その真逆を征く者が生き延びているがな
    まあ、油虫の如く生き延びる連中もおるがな
    311  不思議な名無しさん :2020年07月14日 22:22 ID:g1.AaPoz0*
    >>310
    どこかの大陸というかどこの大陸でも普通の発想。
    フィンランドみたいに1:20のキルレシオで敵機を撃墜しながら和平交渉するならともかく、神風特攻で成功率7%みたいな状況ではやればやるほど交渉が不利になるだけ。
    312  不思議な名無しさん :2020年07月14日 22:50 ID:SxThzZo90*
    >>311
    解ってない。まったくもって解ってない。

    普通の発想とか交渉がどうこうとか、そんなもの話にならん
    313  不思議な名無しさん :2020年07月14日 23:12 ID:EGUotCdm0*
    >>312
    どこがどう話にならんの?
    314  不思議な名無しさん :2020年07月14日 23:23 ID:SxThzZo90*
    >>313

    All of them

    所有佢哋
    315  不思議な名無しさん :2020年07月14日 23:59 ID:EGUotCdm0*
    理屈でやり込められて、返せる言葉が無いってことか
    316  不思議な名無しさん :2020年07月15日 07:03 ID:eBI2oUPf0*
    理屈じゃねえってこった
    317  不思議な名無しさん :2020年07月15日 11:12 ID:m0MNmA0i0*
    強い方が奇襲するか強迫するか挑発するから戦争になるわけで
    理屈が通るなら戦争にはならんわな

    日本の場合は弱腰で座して植民地になるか見栄張って戦って植民地になるかの二択になってしまったからな
    アホか恥知らずの三択目四択目を探す選択もあったとは思うけどね
    318  不思議な名無しさん :2020年07月15日 12:56 ID:eBI2oUPf0*
    アホか恥知らずとは言わんが三択目四択目を選べないように世論がなってた。
    今とは逆方向に煽りまくる連中がやってくれた。

    その連中は凝りもせず真逆に今もやっとるが、当時の日本人は今以上にそれに逆らえなかった。
    大陸の権益を大なり小なり譲って、ソ連の盾にしてしまえば良いという考えが当時、日本以外もできなかったんだから仕方ない

    理屈でやったところでそれが最善になったのか、歯車が狂って更なる地獄となるか、それは誰にも解らない

    319  不思議な名無しさん :2020年07月15日 23:39 ID:TOxURDci0*
    東大のやつの中にもバカはいるもんだな
    320  不思議な名無しさん :2020年07月16日 13:31 ID:ZDoOr6VO0*
    こういう馬鹿な特攻兵器提案した奴らは大本営でぬくぬくして生き残ったたからな。東郷や牟田口をはじめ絶対戦争継続本土決戦派の将官こそ最初に乗れやって言いたくなるよな。
    321  不思議な名無しさん :2020年07月16日 21:07 ID:jUjs2Kva0*
    戦争が不可避になってから理屈じゃないとか言い出すのはもう詰んでるからな。
    負けが込んでから特攻したって手遅れだよ。被害をさらに大きくしただけで意味なんか無い。
    こうなってしまったのは日本が外交で孤立したから。その分かれ目は日露戦争の戦後処理だ。
    外交、経済面でイギリス、アメリカの多大な援助を受けていたにもかかわらずアメリカによる満州鉄道の共同統治の提案を断り、ロシアから賠償金を取れなかったた事を逆恨みして赤坂の米国大使館を焼き討ちする事件まで起きた。

    明治維新の以前からアメリカ人は日本人に概ね好意的であったが、このときからそれが警戒心へ、やがて敵意に変わっていったという。
    米国への移民制限や排斥運動、石油の禁輸措置に至る一連の動きなども、言うなれば日本人が自ら招いたものである。

    ワシントン条約では日本は対米7割を主張したが、いざ開戦してみれば空母建造数で50倍以上の差を付けられ、元々そんな実力すら無いことが判明した。

    西欧列強に互していくためなりふり構わず国力拡大を計ったが、それによって破滅を招いたと言える。
    322  不思議な名無しさん :2020年07月16日 21:12 ID:jUjs2Kva0*
    >>321
    空母建造数で50倍→10倍だ
    自分にパンチ
    323  不思議な名無しさん :2020年07月18日 01:11 ID:Jl3RNpJM0*
    戦果さえあげればコスパはそんなに悪くない
    もちろん人命を考慮しなければの話だが
    現代の精密誘導ミサイルみたいなもんだが、あれは1発何億もするし
    うまくいけば建造に莫大なコストがかかる敵の軍艦を沈められる
    324  不思議な名無しさん :2020年07月18日 06:08 ID:5Xzmxgmb0*
    >>323
    神風特攻隊の戦果がこれだよ

    正規空母=0/護衛空母=3/戦艦0/巡洋艦=0/駆逐艦=撃沈13/その他(輸送船、上陸艇など)撃沈=31

    護衛空母なんて毎週1隻ずつ就役してくるし駆逐艦に至っては前線で数が多すぎ引き上げが始まってたくらいだ。戦略上の勝敗に関わる戦艦、空母の戦果はない。

    人間爆弾と言われた桜花に至っては戦果ゼロ!

    人命を考慮しなくてもカスみたいな戦果だ。
    325  不思議な名無しさん :2020年07月18日 06:10 ID:5Xzmxgmb0*
    >>316
    これは理屈の問題だろ
    一般に特攻作戦は戦局の焦点となる戦いで、味方の壊滅に釣り合う戦果が見込める場合に実施される。
    しかし日本では特攻が常態化して行き、やがて敵への損害など眼中になくただ身内同士の対面を取り繕う為のものになっていた。
    コスパが良いって?0%の成功率が数%になるだけだ
    そんなことも考えず勢いや気分でするものでは無い。
    326  不思議な名無しさん :2020年07月18日 06:13 ID:5Xzmxgmb0*
    >>325の続き

    連合軍から見た特攻は最初は恐怖、次に日本人への畏怖、やがて怒り、最後には嘲笑となっていった。
    なぜなら日本人の特攻には何の工夫も無く、対抗策が講じられた後も無為に繰り返すだけだったからだ。米軍の水兵達は甲板に散らばった残骸の中から結婚指輪や銀歯を拾い上げバーの酒代の足しにしたという。

    一方特攻を目の当たりにして心神喪失した米兵も少なからずいた。

    しかし特攻自体ヒステリーからくる集団自殺のようなものであり、敵が発見できなければ海面に激突して自死するものもいた。

    太平洋戦争の末期は日本人が日本人を滅ばすための戦争になっていたと言える。
    327  不思議な名無しさん :2020年07月18日 06:33 ID:5Xzmxgmb0*
    >>326の続き
    加えるなら日本人は特に戦意が高いわけでは無かった。
    西洋では開戦と共に大学、高校生が志願所に殺到し、年齢詐称も多く14才で海兵隊に入隊した者もいたという。


    日本では年齢詐称は希であり大学生は我関せず、末期の学徒動員が悲劇のように語られた。

    敵への体当たりは航空機同士の衝突という形で初期の米軍でも行われた。
    ソ連でも戦意過剰なターレーンと呼ばれる体当たり攻撃が行われ、生還すれば2回、3回と繰り返し実行された。共通するのは自発的意思によるもので、戦死はあくまでその結果であった。

    日本は半強制のやらされ特攻で、末期には戦果は二の次、同調圧力や指揮官の面子のために行われた。
    328  不思議な名無しさん :2020年07月19日 09:28 ID:.cI26qp90*
    訓練がかなり必要なうえに1回きりだからやっぱコスパ悪い
    訓練された人間はそう簡単に代わりを用意できない
    329  不思議な名無しさん :2020年07月19日 23:40 ID:ov6FplFr0*
    >>44
    勉強のできる馬鹿が、日本には腐る程存在する

    たまたま昼間、なにかのバラエティ見たら「四国4県は?」のクイズに旧帝大卒が「地理はわからない!」って答えられないのを見た。勉強というよりは受験クイズが出来るバカってとこだろう。
    たぶん、受験クイズには出ないから知らないのだろう…
    330  不思議な名無しさん :2020年07月19日 23:43 ID:ov6FplFr0*
    >>48
    「手段が目的化」日本ではよくあること。最末期は戦果をあげることじゃなくて「タヒぬこと」が目的になってたからな…
    331  不思議な名無しさん :2020年07月19日 23:49 ID:ov6FplFr0*
    >>233
    はあ?
    自衛隊は戦ってしぬのが仕事だろうが!?それを、さんざんカネ貰っといて「できません!」ってとこだろう?ならやめてカネ返せよ!ってなるだろ?俺たち国民は税金払って、自衛隊を食わせてるんだぜ?言う権利くらいあるだろ?
    332  不思議な名無しさん :2020年07月19日 23:53 ID:ov6FplFr0*
    >>65
    軍嫌いのサヨクっていつの時代も変わらんのだな。特高や憲兵は何してた?こいつこそ取締り対象じゃねえか!
    やっぱり上級は見逃して、下級だけを取締まるんだな…
    333  不思議な名無しさん :2020年07月20日 00:02 ID:IK2.0X7O0*
    >>239
    陸戦用の対戦車刺突地雷もあるぞ!
    334  不思議な名無しさん :2020年07月20日 00:22 ID:IK2.0X7O0*
    >>265
    真面目に玉砕したのは東北の部隊。
    「兵力再編中」と返電して生き延びたのは大阪の部隊。
    なお、上層部の者は戦後に「(大阪の部隊のように)意図を察してほしかった…」と戯れ言抜かしてる。
    無責任体質は日本の伝統なんだろうね…
    335  不思議な名無しさん :2020年07月20日 13:20 ID:wHenVmqc0*
    >>325
    それは作戦の結果を語ってるだけやで
    相手が撤退していたらこの方法でも黙っていたってことやろ

    理屈でどうにかなるなら地政学なんていらんわ
    古来数多の戦いに赴いた戦士達の気持ちなんて全く入ってないやん
    失礼なだけ
    336  不思議な名無しさん :2020年07月22日 00:25 ID:sbErrp5g0*
    >>335
    地政学こそ戦略を定めるための理屈なんですが、自分の言ってる事理解してる?
    特攻の戦果報告が偵察結果と釣り合わないことは当時から指摘されていた。
    そうした事実は兵の死を無駄にするものとして握りつぶされてきた。
    そう、お前さんが言う理屈じゃないと言う言葉によってだ。

    「死んでいった先人に申し訳が立たない」
    古来数多の戦いに赴いた戦士達の命がこの言葉によって如何に失われてきたか。
    一兵卒ならともかく、国家の指導者が情緒で人命を軽々しく扱うことこそ
    失礼なだけ
    337  不思議な名無しさん :2020年07月22日 10:50 ID:gU0JEv9V0*
    >>1
    一回で最低船一隻か敵兵200人は倒さんと割に合わん
    338  不思議な名無しさん :2020年07月25日 02:04 ID:3brtt8pJ0*
    スゲーな
    お花畑とか言ってる奴の頭は何なの?
    頭荒れ野原か?

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!