不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    5

    死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『腰掛けた石の下』



    326


    88: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 04:23:50 ID:fwHueDTd0
    【処刑場跡】

    ずいぶん昔の体験だけど、正真正銘の実話。
    文章上手くなくてすいません。

    漏れが上京した手の時、初めて入居したマンションでのこと。もう10年ぐらい前の体験談。
    八○子の川沿にある立派なマンション。

    俺は川を眺められるこのマンションがすごく気に入ってた。3階に入居しており、景色も良かった。
    夏の暑い日、川沿いに面した部屋だった俺は、あえてクーラーを付けずに、
    ベランダの窓を全開(ドア式の窓だったと思うが)にしてうとうと眠りにつこうとしていた。

    引用元: https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/occult/1164123087/

    89: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 04:24:21 ID:fwHueDTd0
    そのとき、急に重い耳鳴りのような、自分の血液が流れるような音と同時に生まれて初めて金縛りにあった。
    あ、、やべーかも・・・
    そう思って必死に目を開けたが、一向に金縛りが解ける気配は無い・・
    それどころか、上半身が勝手に起き上がってくる。
    そして、視界がどんどん高くなり「ゆ、幽体離脱ってやつですか!?」とwktkした。
    しかし、実際に体が直立していき、自分の体が向かうその先が開けっ放しのベランダに向かっていることに気づいた。
    やっべ!体が川のほうに向かってる!!そのままこの霊体験を楽しんでいたら、ベランダからまっさかさまだよ!

    一瞬で冷静になった。声は出るのか?声出せれば解けるみたいなのどこかで見たことある!
    そして必死で、死にたくない死にたくないと強く願いながら叫んだ。

    90: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 04:24:52 ID:fwHueDTd0
    「・・・・ァー・・・」
    でた!声がでた!その後も必死にこの虫の息のような声を出し続けた。
    そうすると、徐々に体の姿勢が寝ている状態に戻っていった。(魂が戻ってくるって感じだった。)
    目はパチクリできる状態のまま、体が徐々に開放されていく感覚がどれほど嬉しかっただろうか・・。
    (この感覚は眠りから覚めたような感覚ではない)

    おっしゃ!なんか知らんけど、どっか行った、とりあえず助かった!
    そっこー部屋の電気つけてガクブルしたのち、即引っ越しました。

    年か経って、その頃の話を地元の友人にする機会があった。
    その話をしてみると、友人いわく、その界隈は昔「首切り場」だったらしい。

    50: 本当にあった怖い名無し 2006/11/22(水) 21:47:27 ID:g6QQKOS90
    【アパートの隣にあるもの】

    俺にとっては洒落にならない話なので書き込む。
    ここのアパートは風呂場と脱水所とトイレ、そして寝室が並んで北側にあって、それぞれに窓が一つずつある。
    俺はそこの2階に住んでる。
    んで夜中風呂に入ろうとした時の話なんだけど・・。

    風呂入る前にトイレに入ったんだ。用を足してたら、『コンコン』って窓を叩くような音が聞こえた。
    パッと窓の方見たけど、そこには自分が写ってるだけ。外の様子はわからない。
    気のせいかと思って脱水所で服脱いでたらまた『コンコン』って音。
    今度は少しビビりながら窓に目を向けたけどやっぱり何もない。
    湯船に浸かってたらまた『コンコン』。流石に怖くなってきて風呂からあがった。
    きっと疲れてんだ、気のせいだ、って自分を納得させて寝室で布団を敷いて電気を消した。そしたら・・

    『コンコン』

    背筋がゾワッとして鳥肌立ってるのが見なくても分かった。
    カーテンを閉め忘れてる・・。
    俺は布団に飛び込んで、毛布手繰り寄せて丸まった。いつの間にか寝てた。

    暗い部屋からなら窓を開けずとも外の様子がうかがえたことだろうけど、
    俺にはそんな勇気すらありませんでした。
    一人暮らしの俺には洒落にならん。トイレも風呂も寝室も怖い・・。
    しかもすぐ隣に墓地あんだよなぁ・・。

    603: 本当にあった怖い名無し 2006/11/27(月) 22:27:24 ID:IWFQJmku0
    >>50だけど、また俺にとっては洒落にならない話。
    一昨日と昨日の夜の話。
    俺は布団にもぐって眠りにつこうとしてるところだったんだけど、
    目を閉じたときに、よく分からないけど文字がぐわあーっと押し寄せてきた。
    (直前に読書とかしてた時って、こういうことありますよね? )
    それでなかなか寝付けなくて、ふと目を開けた。
    思いのほか目が暗闇に慣れてて、天井の模様がよく見えた。
    ・・と、不自然に視界の真ん中らへんが黒い。何か靄がかかってるみたいに。
    靄の反対側は見えるんだけど・・。まるで黒いフィルターが目の前にあるみたいだった。
    気にならなくもなかったけど一昨日は普通に寝た。

    昨日も一昨日と同じように寝ようとしてた。
    んで、またパッと眼をあけたらまた靄のようなものが。
    「病気か何かか?」と不安になって、眼をギュッと瞑って寝たまま頭をブンブン振ってみた。
    そして再度眼をあけてみた。そしたら、

    顔があった。
    黒い靄は俺から1mくらい離れてて、人の顔の形になってた。眼と口と鼻があるのが分かった。
    背筋が凍った。体が硬直してなかなか瞼を閉じられなかった。

    視界の真ん中に黒い靄があったってことは、ヤツはどんだけ俺に接近してたんだ・・。
    洒落になりません・・・。

    51: 本当にあった怖い名無し 2006/11/22(水) 21:57:02 ID:c3F93mhv0
    >>50
    洒落にならんすね。
    隣が墓地ならガチじゃないですか((;゚Д゚))ガクガクブルブル


    31: 本当にあった怖い名無し 2006/11/22(水) 13:11:27 ID:Sz2RMam4O
    【腰掛けた石の下】

    俺は登山好きなんだけど、百間平周辺を通る度に、毎回すげぇ濃い霧と雨にやられる。
    90年の秋かなぁ、3人で縦走してたんだけど、そん時もすげぇ濃い霧だった。
    だだっ広いし、積み重なった石の原っぱみたいなとこだから、マーカー探すのも苦労した。
    何も見えなくてすげぇきつかったし、寒くて、サイの河原の中を延々歩く感じ。
    途中で、メンバーの一人が急にバテ出して吐き気を訴えたから、小さなケルンのあるとこで小休憩をとることにした。
    馬鹿話しながら、ルートを少し外れて、ザックを下ろして石に腰掛けた時、ギィッとでかい音がした。

    最初は鳥の声だと思って、クッキーと水飲んで地図とか見ながらぼんやりしてたんだけど、そしたら、また尻の下からギリギリッて音がした。俺は
    「あれ?なんだろう?」
    と思って、腰掛けてた石の下を覗いたんだ。
    結構でかい石がどかどか積み重なってる辺りで、隙間もでかかった。目を凝らすと、奥になんか黒い塊が転がってるのが見える。
    なんか気になったけど、手は届かないし、霧がすごくて暗いし、しばらく目が慣れるまで見てた。

    そしたら、黒い塊の表面に急に茶色い犬歯がにぃって見えて、その歯がギギッてさっきの音たてた。
    その瞬間、背筋が凍った。人の首だった。ミイラみたいな感じで、目がくぼんでたんだけど、そこが細い白い糸でぎっちりと等間隔に縫ってあって、まぶたが震えて動いているのがわかる。歯がぎっぎって音たてた。
    俺はマジでびびって、大声あげて仲間を呼んだ。で、代わりに覗かせたわけ。
    そしたら、仲間も同じ物が見えて気分悪かった奴は吐きまくって、ちょっとしたパニックになった。

    すぐに離れた。そっから、ばててた奴もすげぇ気合い入れて歩いて、霧はひどかったけど、予定よりだいぶ早く小屋に着いたと思う。
    で、まぁそのまま小屋に連絡して、遺体は警察が回収。俺は聴取受けてそんだけ。
    まぶたが固く縫われてたと思ったのは、うじだったのかなぁと思う。メンバーも俺もその時は絶対に縫われてると思ったけど。
    回収した警察からは身元不明の頭骨ってだけ言われた。絶対にそんな事はなかった。あれは肉がしっかりついた頭部だった。
    今でもあそこを通るときは雨か霧にやられる。
    もう、あまり恐怖心はないけど、覗き込んでしまった、あの顔だけは忘れない。
    携帯だし、読みにくくてごめんなさい。

    32: 本当にあった怖い名無し 2006/11/22(水) 14:21:17 ID:3AUQJ82NO
    すんごい怖かった…

    48: 本当にあった怖い名無し 2006/11/22(水) 21:11:53 ID:aHkCe3Gh0
    【4つの謎の光】

    今から30年ほど前。北陸地方のとある大学生グループが幽霊が出るという噂を確かめに、肝試しに行くことにした。
    噂では、夜中に海岸に行くと、揺れ動く人魂が現れ、不気味な声が聞こえてくる。それを目撃した人は二度と帰って来れないそうだ。

    大学生グループは男4人で車に乗り、深夜の海岸へと向かった。車を降り、浜辺をしばらく歩いた。
    空は曇っていて月明かりもなく、暗い日本海が不気味だった。

    その時、一人の男が遠くの岩陰に人魂が見えたと言い出した。
    よく見ると、確かに丸くて白い明るい人魂のような光がゆらゆらと動いている。
    そしてその光はすぐに2つ、3つ、4つと増えた。

    恐怖と好奇心が入り混じり、もう少し近づいてみた。
    すると、闇のなかで人魂の明かりに照らされ、少し黒光りしているまるで影のような人間の姿に似たものが4つうごめいている。
    なにやら低い話し声のようなものも聞こえるが、何を言っているかまったく分からない。
    幽霊というよりも妖怪や怪物に近かった。

    ゆっくり足音を立てずに恐る恐る近づいていったが、一人が木の枝を踏んで音を立ててしまった。
    すると、その人魂と黒光りした影はいっせいにこっちに振り向き、気付いた。
    そして追いかけてきた。大学生たちは恐怖で必死に逃げた。
    怪物は何語か分からない叫び声をあげながらまだ追いかけてくる。

    大学生たちはとにかく全力で走り、車まで辿り着き、すぐにエンジンをかけ車を動かした。
    その時、ヘッドライトに照らされた怪物の姿が一瞬はっきりと見た。
    頭にヘッドランプを付けウェットスーツを着た4人の人間だった。

    それから30年ほど経ち、同窓会で4人は再会した。
    そして「あのとき、俺達は北朝鮮に拉致されそうになったんだな」
    と幽霊よりも怖い体験を語り合ったのだった。

    49: 本当にあった怖い名無し 2006/11/22(水) 21:27:24 ID:OiYAh4NSO
    >>48
    ほんとならマジで恐いお(^ω^;)

    98: 1/3 2006/11/23(木) 16:00:10 ID:ndCxofLT0
    【紙の人形】

    昨日知り合いで集まって飲みながら死国見てたんだがそのあと怖い話で盛り上がったんだ。
    知り合いのバイト先の先輩(A)、大学二年生なんだけど去年の夏、サークルの合宿先で体験したらしい。

    合宿場所は長野。二泊三日の最後の夜に、肝試しをすることになった。
    少し歩いたところに林があって、その中に古い神社があり
    そこにペアで行き、予め社に置いた紙を取ってくるというルールで毎年おなじみらしい。
    ペアを決めて皆で怖い話。盛り上がったところで肝試し開始。
    Aは女の子とペアになり、確か10ペア中4番目に行くことになったという。

    懐中電灯を片手に暗い道を進んで行くとすぐにその古い神社に着いた。
    即効で小さな社のところにある重石を乗せてある紙を取ろうとしたAはギョッとした。
    目的の紙の横に、小さな和紙で折られた着物を着たおかっぱ頭の女の子の人形が置いてあったんだ。
    Aはそんときはそんな怖がらずに「こえー」とか言ってふざけてたらしい。
    ペアの女の子は結構怖がってたみたいですぐ戻りたがっていたので足早に戻った。

    99: 2/3 2006/11/23(木) 16:00:40 ID:ndCxofLT0
    そのあと全ペアが肝試しを終えた後、皆そのまま戻ろうとしたから
    Aが「あれ回収しなくていいんすか?あとで来た人ビビりません?」って聞いたんだけど
    企画してたAの先輩とかが「何それ?」って紙の人形のことなんて何も知らないようなんです。
    Aはペアだった女の子と一緒に説明したんだけど全然分かってくれない。
    最初「先輩冗談よしてくださいよー」ってノリノリで言ってたんだけど先輩も真剣な顔で否定。

    近くにいる他の人たちにも聞いてみたけどそんなの見てないと言う。
    Aはハメられてるか、と思ってたけど女の子は結構ビビってる。
    「じゃ俺らが見てくる!」と先輩たち5人くらいが懐中電灯持って神社に突撃。
    その間Aや他の奴らは静かに待ってた。会話も「マジ?」「マジ」くらい。

    100: 3/3 2006/11/23(木) 16:01:11 ID:ndCxofLT0
    まもなく先輩たちの叫び声。とともに先輩たちが走って逃げてきた。
    ビビって釣られて逃げ出すAたち。
    ロッジに着いたら先輩たちが「見た!人形見た!」って言うんだ。
    しばらくその話で盛り上がったそうだ。

    けどAが言うにはその先輩たちは人形なんて見てないけど口裏合わせてビビったふりをしてたと思う、とのこと。

    だけど、その紙の人形はヤバイって言ってた。
    その紙の人形はいつ置かれていつ取り去られたのか。
    企画してた先輩はずっとスタート地点にいた。
    Aが出発してから先回りしようにも間違えなく見つかる道だった。

    それから何も変なことは起こってないらしいが不気味な出来事だったとAは言っていた。

    106: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 21:06:45 ID:R+kCsyBN0
    >>98-100
    gj!
    なかなかぞわっときた。

    107: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 21:06:45 ID:R+kCsyBN0
    【赤い爺さん】

    1/5
    友人Yから聞いた話。
    今から二年ほど前、Yの爺さんが死んだ。
    Yは昔から超が付くほどの爺さんっ子だったもんだから、
    葬式のときなんかは年甲斐もなく鼻水たらしながらわんわん泣いたらしいのだが、
    ちょうどその爺さんが死んでから、初七日の日の事。

    その日はYの住んでるところでは暴風警報が出されたくらいにやたら風の強い日にも拘らず、
    学校からの帰りのバス賃も底をついたYは、仕方なく家まで歩くことに。
    途中何度も飛ばされかけながら死ぬ思いで、やっと夜の七時半を少し回ったくらいに家に着き、
    鞄から鍵を出して玄関を開けた。

    すると、Yの帰りを待っていてくれてたかのように、丁度良いタイミングで玄関から真正面にある
    Yの部屋のドアが開いた。部屋の中では電気もテレビもついていて、おまけに唯一の暖房器具である
    ハロゲンヒーターまでスイッチが点いていた。
    ははん、これは母ちゃん、気を効かせて俺の部屋を暖めておいてくれたか。
    Yは嬉しくなって、いつもより明るい声でただいま、と言い玄関を上がった。

    108: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 21:07:33 ID:R+kCsyBN0
    2/5
    だが、いつもは返って来る返事が今日は無い。
    不思議に思い、さっき脱いだ靴の方を見ると、玄関にはたった今脱いだ自分の靴が散らかっているだけで、
    母はおろか父の靴も姉の靴も無い。
    そう言えば、今日は自分以外の家族は全員祖父の法事で家には遅くまで帰ってこない日だった。

    とっさにYの頭には昔映画で見た真っ暗な部屋の中に立っている髪の長い女の幽霊のビジョンが浮かんだ。
    まさか、とは思ったが幽霊やらお化けじゃなかったとしても泥棒と言う線はありえる。
    Yはなるべく足音を立てず部屋の入り口まで進み、そっと中を覗き見た。
    部屋の中には、先日死んだはずの祖父がこちらに背中を向けて座っていた。

    109: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 21:08:06 ID:R+kCsyBN0
    3/5
    それが祖父だと分かった途端、Yの恐怖心は一気にしぼんだ。
    昔からホラー映画も誰かと一緒でなけりゃ見れないほどの怖がりだったYだが、
    たとえ本物の幽霊であったとしても祖父となれば話は別だ。
    Yは懐かしさと、死んでも自分の所に会いに来てくれた事への嬉しさで、思わず涙ぐんでしまった。

    爺さんは、生前の癖だった特徴のある咳を二、三度しぎこちない動作で毛のない後頭部を掻いた。
    「じいちゃん」
    Yが呼びかけると、爺さんはのそりと立ち上がり、振り向いた。
    気のせいか、振り向きざま、爺さんの輪郭線がぐにゃりと歪んだように見えた。

    110: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 21:10:06 ID:R+kCsyBN0
    4/5
    振り向いた爺さんの顔は、インクを被せたように赤かった。
    「お…おお、Y、Yか」
    爺さんが自分の名前を呼ぶ。聞きなれた懐かしい爺さんの声。だが、イントネーションがおかしい。平坦すぎる。

    生前、爺さんには強い地方のなまりがあったが、今の爺さんから聞こえてくる声はパソコンで作った人工音声のようだった。
    爺さんが、のそりとこちらに一歩歩み寄る。
    「じいちゃん、どうした」
    あまりに様子がおかしい爺さんに呼びかけると、爺さんはまたさっきと同じように咳をして、頭を掻いた。

    「じいちゃん、うちに帰ってきたのか?」
    Yがそう聞くと、爺さんは少し考える風に天井のあたりを見て、
    「お…おお、Y、Yか」
    さっきとまったく同じ台詞を、さっきとまったく同じ発音で繰り返した。
    そこでYは少し怖くなった。こいつは爺さんなんかじゃないんじゃないか。
    爺さんはまだ天井を見ている。指先から滴り落ちた赤紫の液体が、部屋のカーペットの上に小さな水溜りを作っていた。
    よく見ると、腕の不自然なところから肘が曲がっている。と言うより、肩から肘にかけてが凄く長い。

    生きてるときの爺さんは、こんなんじゃなかった。こいつはもしかして爺さんの真似をしている別の何かじゃないか。
    Yは少しずつ、少しずつ足音を立てないようにすり足で後ろに下がった。
    それに気付いたのか、爺さんのふりをしたそいつは首だけを異様に長く伸ばしてこっちを見た。
    まずい、気付かれた。
    そう思った次の瞬間、目の前にそいつの顔があった。肩から上だけが不自然に伸び上がっている。
    伸びきった首がゴムのようだった。
    目の前で、そいつの口からごぶごぶと赤紫の泡が立った。
    「お…おお、Y、Yか」
    Yは絶叫した。

    112: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 21:11:10 ID:R+kCsyBN0
    5/5
    それからYは、無我夢中で近くの本屋目指して走った。
    家に一人でいるのが怖かった。
    9時を過ぎ、家族が帰ってくるまで家の中には入れなかった。
    それからYは家族にその事を話したが、誰もまともにとりあってはくれなかった。
    結局Yはその日の夜、あの赤い爺さんの出た自分の部屋で寝る事になった。
    Yは気が気ではなかった。目をつぶっても、開けるとあの赤い顔があるようでなかなか眠る事は出来なかった。

    しばらく経って、それでも恐怖と緊張を眠気が押さえつけ、Yは何とか眠りについた。
    明け方になって目が覚めると、どうも顔がむずがゆい。
    洗面所に行って鏡を見ると、顔が赤紫の汁でべっとりとぬれていた。
    その日からYは自分の部屋で寝るのを止めた。
    次にまたあいつが出てきたとき、今度こそ逃げられる気がしなかった。

    Yは今でも言う。
    「あれは爺さんなんかじゃなかった。」

    114: 本当にあった怖い名無し 2006/11/23(木) 21:21:20 ID:RWW/4IlY0
    赤い爺さん乙。
    こええー!


    144: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 02:45:45 ID:BuDZE9RqO
    【道に迷ったおばさん】

    大無間から光へ。これが一発でわかる奴は山が好き。
    けど、行った事のある奴は少し変態かな。このルートはそんな所だ。
    これは2001年夏。その山行の終盤、加々森から光へ抜ける時の話。
    加々森は陰欝なピークだ。見晴らしがきかず、暗く寂しいから、留まるような場所じゃない。

    友人と二人で来てみたものの、鹿の骨が散乱する暗い深南部の森もいい加減厭きてきてたし、会社に休みを延長してもらって、明るい聖まで足を延ばそうかなぁなんて思いながら、ほとんど加々森には立ち止まらず、先へ進んだ。
    起伏が連なり、ほとんど消えかけた道をしばらく進んでいると、やがて急な下りに。先行した友人が舌打ちをして止まる。

    「うわ、わりぃ。ルート間違えた。」
    地図を見ると、確かにこんなに下っていない。光岩へ右に行く所を直進してしまい、尾根をかなり下ってしまったようだった。
    溜息をついて戻ろうとしたが、ぬかるんだ急斜面。ずるずるに滑って、上るのは結構骨が折れそうだった。

    「まぁ、場所はだいたいこの辺だから、少しトラバースして、上りやすいとこから、行こうや。」
    なんとなく萎えた気持ちのまま、しばらくトラバースすると急に開けた場所に出た。
    紫の原っぱ。
    窪地いっぱいに広がるミヤマトリカブト。素晴らしくきれいだった。
    こんな場所があったのかぁ。見回せば、この窪地から上へ小さい道が続いている。
    誰か知ってて来る人もいんのかなぁ?とりあえずルートに戻れそうだ。
    俺は少しほっとした。

    その時、トリカブトの群落から派手な合羽のおばさんがすうっと出てきた。
    「助かるわぁ。道に迷ったんです。お兄ちゃん光まで連れてって。」
    友人が震えているのが不思議だった。

    148: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 03:22:58 ID:BuDZE9RqO
    「まぁ、ルートはこの上だと思うんです。この道悪いかもしれんけど。」
    俺たちも迷ってしまった事は棚にあげて、俺は自信満々だった。まぁ、現在地もだいたい把握できてたからだと思う。
    じゃあ行きますか?
    ところが、俺が先に行こうとした途端に、友人が俺の腕をひっつかんで、絞りだすような声で呻いた。

    「俺たちは後から行くから、先に歩け。」
    おばさんは少しお辞儀をして、先に上る道を上がっていった。
    が、遅い。たいした坂でもないのに這いずるような格好で辛そうに歩く。
    あまりに遅いペースにいらだち、先に行ってルート見てくるから、おばさん後からゆっくり来なよって言おうとした瞬間、友人が俺につぶやいた。

    「こいつに後からついてこられるのは嫌だからな。絶対見える所がいい。」
    なんとなく気持ち悪くなってきた。このおばさんはどこに行くつもりだったんだ?光より南から、こんな装備で来たはずない。光から来たなら、こんなとこには来ない。
    おばさんはなんだかぐにゃぐにゃと上っている。
    「ねぇ。どっから来たんですか?」
    俺の問いには一切答えずおばさんは言った。

    「前。代わらない?」
    「代わらない!行けよ!」
    友人が怒鳴る。
    「前。代わらない?」
    ぐにゃぐにゃのろのろ歩くおばさんの後をしばらく上った。四、五回同じ問答をしたと思う。俺はいつの間にかすっかり、怯えていた。
    だが、ぐいっと急斜面を上ると突然本道にでた。

    「あぁ、良かった。戻ったぁ。」
    と思った瞬間。バキン!!と音をたててオバサンの首が直角に曲がったんだ。
    そんですぅっとさっきの道を下りていった。
    俺は怖いというより、驚いて硬直したまましばらく動けなかった。その後は、光小屋までものすごいスピードでいったよ。友人はその晩言った。
    「おまえ合羽のフードの中の顔見た?目も鼻も口の中も全部土がいっぱいに詰まってたぞ」
    って。
    あんなのにぴったり後ろついて歩かれるのは、俺は絶対に嫌だねって。
    まぁ、そんだけ。下手な文ですまない。俺は山は好きだけど、あれから光より南は行ってないなぁ。

    152: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 07:29:23 ID:9QY6TAf+O
    >>148
    乙です。山って怖いですね。何かいっぱいいそうで。

    196: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 17:30:01 ID:mTm8mhEM0
    【閉まった窓のカーテン】

    それは、私が結婚して3年目の夏の日の事でした。
    今も住んでいるこのアパートは、作りが昔のアパートで、
    道路沿いに大きい窓がある部屋です。
    もちろん、カーテンも窓も外から丸見えになるので、
    開け放すということはできません。

     当時、私達はその窓を頭の方にして寝ていました。
    その日、疲れているにもかかわらずなかなか寝付けずにいました。
    寝苦しいというか、目が冴えるというか。
     夜中の2時頃だったでしょうか。。。はっきりした時間は、
    その時は判らなかったのですが。
    寝てる私の頬を風が流れている感じがしました。
    え?っと思って、窓を見たのですが、特に変わった事は
    起きていません。

    197: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 17:30:33 ID:mTm8mhEM0
    気のせいかと思って、寝ようとしていたとき、
    頭の方で何かが動く感じがしました。
    また、窓を見ると外を走っている車のライトが、
    窓を照らしていたので、ああ、このせいで、、と思って、
    また、寝ようと頑張っていました。

    少したった頃、また風が流れたような気がしました。
    どうせ気のせいだと思って、目を閉じていたのですが、
    やっぱり流れている気がする。。。
    ぱっと、窓を見ると、カーテンの端っこから、
    手が出て、カーテンを少しめくるところでした。
    驚いて、凝視していると、カーテンの端から
    真っ黒な顔がにゅっと出てきました。
    驚いて、悲鳴を上げるとその顔はぱっと消えました。

    198: 本当にあった怖い名無し 2006/11/24(金) 17:32:00 ID:mTm8mhEM0
    私の声に驚いて、隣に寝ていた主人が起きだし、
    何事かと尋ねてきたので、事のあらましを語り、
    カーテンをめくってみましたが、窓は閉まったままでした。
    あれは、何だったのか判りません。

    一応、警察には連絡しパトロールを強化してもらうという事に
    なりましたが、、、
    警察では、どうにもならないもののような気がします。

    今でも、あの真っ黒な姿は目に焼きついています。







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2020年07月23日 23:23 ID:azJlkeu00*
    脱水所?
    脱衣所じゃなくて?
    何を脱水するところなんだろう。
    プールや海女小屋じゃあるまいし。
    2  不思議な名無しさん :2020年07月24日 00:57 ID:fxav.8p00*
    光岳久し振りに見たなあ。まあ、友人『先に行け』と言ってる場合ではないと思うけれども、情景が頭に浮かんで好き
    3  不思議な名無しさん :2020年07月24日 04:25 ID:m19MXsZs0*
    脱衣所を脱水所だと本気で間違えてる人間がいる事が、最大のオカルトだな
    4  不思議な名無しさん :2020年07月24日 10:48 ID:f.zpfNOF0*
    つまんなかった~。
    5  不思議な名無しさん :2020年08月02日 20:59 ID:srB86KGX0*
    赤い爺さんめちゃ怖かったよ

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!