不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    37

    インカ文明の「穿頭手術」、その凄まじい成功率が明らかに



    1: しじみ ★ 2020/08/06(木) 11:16:03.63 ID:CAP_USER
    →頭を開く「穿頭」手術は、インカ帝国の時代に驚くべき成功率を誇っていたことが分かった
    →その数字は、当時から約400年後のアメリカ南北戦争における同様の手術の成功率を大きく上回るものであった
    →頭蓋骨を削った後の治癒の程度から、その患者が穿頭後にどの程度生きたかが推測された

    頭蓋骨の手術を麻酔や抗生物質なしでをおこなうなど、想像するだけで気絶しそうになるだろう。

    しかし、頭蓋骨を削り、切除し、こするといった作業を伴う「穿頭(せんとう)」(トレパネーション)は、古代ギリシャや先コロンブス期のペルーにおいて数千年にわたって実際におこなわれてきた。

    残念ながら、穿頭を受けたすべての患者が生き延びたわけではない。しかしインカ帝国の100を超える被験者を含む人々は、穿頭に生きたまま成功していたことが分かっている。

    そして新たな研究が、そうした外科手術の精度が驚くほどに高かったことを示した。研究によれば、インカ時代の手術成功率は80%にものぼっていたと考えられており、その約400年後に起こったアメリカ南北戦争における、50%をはるかに凌駕する数字であったとのことだ。

    Trepanation Procedures/Outcomes: Comparison of Prehistoric Peru with Other Ancient, Medieval, and American Civil War Cranial Surgery

    https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1878875018306259
    no title


    ■年代を追うごとに進歩した穿頭技術

    研究者によれば、穿頭は脳へのダメージを取り除くために開始されたものだと考えられているが、すべての頭蓋骨に怪我の兆候があったわけではない。

    そのため、穿頭が脳の外傷治療でない場合にも用いられていたことが考えられる。それはたとえば慢性的な頭痛や、精神的な疾患などだ。

    穿頭の成功率については、頭蓋骨の治癒の度合いによって推測された。つまり、穴を開けた頭蓋骨の周辺に治癒の痕跡がみられなければ、その個体は術後間もなく死亡したと考えられ、逆に骨が滑らかに治癒していれば、その個体は穿頭の後数ヶ月、あるいは数年間生きたと考えられるということだ。

    また、頭蓋骨の化石には技術の進歩の足跡が表れていた。年代を追うごとに穴や削った箇所の面積は小さくなっており、脳を保護する硬膜が破裂することや、感染症のリスクを低下させる「グルービング」がより丁寧におこなわれるようになっていたのだ。

    南北戦争との比較には批判も

    中には複数回の穿頭を受けた患者の頭蓋骨も発見されており、インカ時代のものでは、5つもの手術から回復した痕跡がみられたものもあった。これまで述べてきたことを考慮に入れれば、その患者が単に「ラッキーだった」で片付けることはできないだろう。
    no title


    ■400年後のアメリカと比較

    研究者らは、同様の方法が用いられたアメリカ南北戦争当時の医療との比較をおこなった。当時の戦場医師はインカ時代の穿頭と同じようにグルービングをおこなっていた。しかし患者の46~56%は術後に死亡していたことが分かった。これはインカ時代の17~25%と比べて非常に高い数字である。

    一方、両時代ではそもそも頭の怪我の程度が違うといった指摘もある。確かに戦争の中で銃弾などによって受けた頭のキズは感染症などを引き起こしやすく、インカ時代のものとは質が違う可能性もあるだろう。

    しかしそれでも当時の穿頭の成功率の高さは驚くべきものだ。西洋では当時、手術道具は水洗いして拭くだけで使い回されていたという。しかし当時のペルーに病院はなく、手術はすべて野外、道具も使い捨てだったといわれている。このようなことも、生存率に関わっているのかもしれない。

    https://nazology.net/archives/39842

    引用元: https://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1596680163/





    2: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 11:27:45.43 ID:Bryc+Hr0
    インカの執刀医「こんなにうまくいってインカ帝国」

    6: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 11:44:19.42 ID:/sah8LTW
    宇宙人がやってたのを真似したんだろ

    8: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:02:41.94 ID:AAvzPBMQ
    比較対象が違うからな
    アメリカの戦争による手術は既に致命的な怪我を負った人に施されたもの
    だから手術が成功したとしても体力的に限界で死んだ事例も多いだろう
    インカは記事中にも書かれた通り頭痛なんかでも手術が施されている
    頭痛くらいなら致命的な怪我ではないから開頭時に致命的な感染症にでもかからない限りそもそも死なない

    11: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:13:20.50 ID:w8CMPh2R
    麻酔や抗生剤がないと断言できるだろうか。

    12: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:13:43.75 ID:BJ6U/nVH
    そこまでして延命したくない

    17: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:24:36.41 ID:vzuxUSop
    石のナイフで開頭手術受けたくないな・・・

    19: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:31:36.43 ID:CmsYKArS
    占いだったりしてね

    生き残ったら吉兆
    死んだら凶兆

    彼らの文明の程度からしてそんなもんだと思う

    古代マヤ・アステカ不可思議大全
    芝崎みゆき
    草思社
    2010-05-22


    21: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:41:32.37 ID:/z0A7ci3
    頭蓋骨開けて何したんだよ
    脳みそのどこをプニプニしたり切ったりしたらどうなるのか知ってたのか?

    24: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:54:20.18 ID:sF2o0Cbq
    これ手術の手技が良かった可能性もあるけど
    穿頭手術が必要な状態だと診断できてたところがすごいのかもしれんな

    25: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 12:59:01.08 ID:XQZjMOqr
    >>24
    中国とかインドみたいに気の乱れを感覚的に診断してたんだと
    現代人には失われた知覚能力やね

    27: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 13:04:30.66 ID:xRmvHZrN
    >穴を開けた頭蓋骨の周辺に治癒の痕跡がみられなければ、その個体は術後間もなく死亡したと考えられ、逆に骨が滑らかに治癒していれば、その個体は穿頭の後数ヶ月、あるいは数年間生きたと考えられる
    >インカ時代の手術成功率は80%

    要するに施術後、穴を開けた頭蓋骨の周辺に治癒の痕跡がみられる程度の期間以上生きながらえた患者が80%
    これ自体すごいことだけど施術に至った原因が改善されたのかは全くわからんわな
    しばらく生き続けたけど重大な後遺症が発生した可能性あるだろ

    28: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 13:09:14.61 ID:xRmvHZrN
    麻酔についてはコカ(コカインの原料になる植物)を何かと常用する民族だし他にもアンデス・アマゾン固有の麻薬成分を含む植物があるからそれらを用いたと思う

    30: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 13:27:14.55 ID:zx1tCJrt
    手術する際は麻酔より消毒・滅菌の方が重要だと思うんだがどうなんだろ
    器具の滅菌は火で炙ればいいけど傷口の消毒は難しくね?
    オキシドールは無理だろうしアルコール消毒するにしても高濃度の蒸留酒が必要になるはず

    32: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 13:30:55.60 ID:9aa8fWEK
    戦争における手術は敗血症による死亡も多かったからなんともね。
    リスターがフェノール(石炭酸、ベンゼンのリング一か所が水素から水酸基に置き換わったやつ)希釈液の噴霧をするようになって敗血症が劇的に下がった。
    インカの場合はどうなんだ細菌感染や、硬膜を縫合までちゃんとやったのかね。脈絡叢から出た脳髄液がだだ漏れになるでしょ。

    34: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 13:35:26.60 ID:5/8njco7
    普通に古代の方が免疫力が高かっただけだろ
    ライオンにガプーッされたシマウマが逃げきって皮膚ベローンのまま元気にしてるじゃん
    現代人間社会ではあり得ないこと

    36: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 13:46:01.82 ID:QhLfJ0lt
    なんだっけ 「頭蓋骨開いて悪い精霊を追い出したら頭痛が治ると信じていた」
    という研究もあったな
    精巧な手術とこの信仰のアンバランス

    42: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 14:28:13.87 ID:PDGb5MFz
    治療目的なの?
    そんなに頭開ける必要あったんか?
    そもそも症状と脳を関連付けるとか高度過ぎだと思うんだが。

    割礼みたいな宗教儀式じゃないん?

    82: 名無しのひみつ 2020/08/07(金) 02:35:08.97 ID:yneXgU5+
    >>42
    鉄の武器無いから石斧やらで
    戦争で頭に一撃食らったらクモ膜下
    頭蓋骨の下の血抜くのにこれだったとかどっかで見た

    46: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 15:32:58.89 ID:im7hsdGD
    頭の骨を徐々に外していく「拷問」の罰って考えた方が合理的じゃね?w

    47: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 15:48:45.54 ID:g5aH/FOU
    そんなインカ帝国も天然痘には敵わず滅亡
    ヨーロッパ人と違って免疫がなかったのよね

    48: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 15:52:55.33 ID:1aoTD84S
    出産のとき余りにも死亡率が高くて原因を調べたら手を洗ってないからだって若い医者が気付いたけど
    周りの医者は鼻で笑って数十年放置したぐらいだからな
    医学なんてそんなもんよ

    センメルヴェイス・イグナーツ

    センメルヴェイス・イグナーツ・フュレプはハンガリー人の医師。
    1818年7月1日 、ハンガリー王国ブダ市タバーン町に生まれ、1865年8月13日、オーストリア帝国ヴィーン市デープリング町にて死去。

    オーストリアのウィーン総合病院産科に勤務。産褥熱、今日で言う接触感染の可能性に気づき、その予防法として医師のカルキを使用した手洗いを提唱するものの存命中はその方法論が理解されず大きな排斥を受け不遇な人生のまま生涯を終えた。現在では当然の如くに採用されている消毒法及び院内感染予防の先駆者とされ、「院内感染予防の父」、「母親たちの救い主」と呼ばれている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/センメルヴェイス・イグナーツ

    500px-Ignaz_Semmelweis

    71: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 20:19:51.55 ID:G3uWZVxA
    >>48
    助産婦が受け持った妊婦の死亡率は低かったので調べたんだよね。
    医者にも手洗いさせたら死亡率が落ちたのに「医師が汚いというのか!」と反発食らって元の木阿弥。
    医者のプライドが科学を否定してしまった例なんだけど、
    日本でも森鴎外の「帝国軍人に麦飯を食わせるのかぁ!」が有名。

    50: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 16:15:48.18 ID:+Tm+95ZX
    麻酔なしで頭蓋骨に穴をあけるなら殺してほしいと思う。

    54: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 17:02:19.22 ID:fQnGZQ+o
    麻酔と抗生物質なしで可能なのだろうか

    59: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 18:00:40.29 ID:I1jcdSUm
    南北戦争だと銃弾が尖ったライフル銃になったばかりで
    急に弾丸の速度が音速を突破して医者も治療に苦労してた頃だよなあ
    手足を貫通してたらほとんどの場合切断せざるを得なかった頃だ
    弾丸も昔の丸い弾丸と同じ直径のままで長くなったから速度が上がった事も加味して
    運動エネルギーが5~10倍くらいになってるなあ

    63: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 18:47:16.21 ID:MdzulCDF
    弓矢刺さったけど生き延びたとかじゃないの

    67: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 19:55:20.06 ID:HY4w8IoO
    頭の中に溜まった血を排出するためじゃなかったかな。

    68: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 20:11:43.33 ID:foWJ0vxu
    医学は発展途上、経験則が上回ることもある
    失敗を真摯に受け止め次に生かす文化がインカ文明には有ったのだろう

    69: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 20:12:10.87 ID:G3uWZVxA
    エジプトのピラミッド作ってた人の中にも高度な手術を受けた例があって
    彼らは奴隷ではなかった理由の一つと聞いたことがある。
    頭の手術だったかどうかは忘れたけれど、術後長生きしてたらしい。

    70: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 20:17:56.91 ID:b2An3hGy
    アメリカ南北文化文明は滅ぼすべきでは無かったよな
    世界見れば分かるがアフリカ除きいくらでも修正がきく
    シュメールやフェニキアみたいにいくらでも有用な技術を考えつくヤツも出てくるだろう

    75: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 22:43:45.78 ID:d2w4JG+4
    病気じゃなくて儀式的に頭に穴開けてたとしたら?
    生きてて当然だろ?
    その観点が抜けてんだよねぇ、この手の話ってさ。

    76: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 22:51:26.89 ID:7CsDbz7k
    感染病で死にそうなんだが

    88: 名無しのひみつ 2020/08/07(金) 07:53:31.37 ID:ZBsRitUs
    カドにぶつけただけで滅茶苦茶痛いのに
    想像を絶するな

    89: 名無しのひみつ 2020/08/07(金) 08:41:22.74 ID:2Ybu2ffT
    麻酔よりもっといいものがあったんだよきっと

    92: 名無しのひみつ 2020/08/07(金) 10:33:47.36 ID:uHCyin3y
    インカの戦争ってのは石器とかでの頭部の殴り合い、で頭蓋骨やられてくも膜下出血の負傷兵が大量に出る、で耐え難い猛烈な頭の痛みの処方に開頭手術があったわけよ、で穴開けて溜まった血を抜く専門家がいたという事。昔インカ関係の書物にそう書いてあった。

    73: 名無しのひみつ 2020/08/06(木) 21:32:31.08 ID:/pthPXIa
    インカ文明は宇宙船墜落して技術だけ失った宇宙人だから知識はあっただろ
    幼い頃ムーを読んでた俺には分かる







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2020年08月08日 07:38 ID:fJrpXfJt0*
    麻酔はあったと思う
    南米は昔から麻薬や覚醒剤の宝庫だし
    2  不思議な名無しさん :2020年08月08日 07:49 ID:H7zx.D1.0*
    麻薬系で精神混濁させて暴れられなくして施術したと思う
    3  不思議な名無しさん :2020年08月08日 08:27 ID:FMVLvp.W0*
    どこかで天才が現れたんだろうな
    4  不思議な名無しさん :2020年08月08日 08:31 ID:DOFiUsBM0*
    30年ぐらい前当時の器具と麻酔で西洋医学抜きで手術再現てなんかの番組やってたよ
    5  不思議な名無しさん :2020年08月08日 08:36 ID:Yx2gpuhh0*
    頭蓋骨無くても生きていけるもんなんだね
    6  不思議な名無しさん :2020年08月08日 08:57 ID:CWXdy8M.0*
    つ マリファナ

    神が人間に与えた草と言われている。
    あまりにも安価に製造できるので
    高額な医薬品が売れなくなる事から
    全世界的に禁止された流れがある
    7  不思議な名無しさん :2020年08月08日 09:04 ID:FWM3gVPl0*
    感染症って人が沢山いる生活圏の方にいろんな種類が出てくるから、そういうのも関係してそう
    道具の使い捨ての方が効果は大きいかもだけど
    8  不思議な名無しさん :2020年08月08日 09:40 ID:rMAsskB.0*
    インカの山奥で♪
    手術して〜♪
    9  不思議な名無しさん :2020年08月08日 09:59 ID:LchdvFky0*
    成功した奴の頭蓋だけ残って失敗した奴は砕かれたから残ってないだけやぞ
    10  不思議な名無しさん :2020年08月08日 10:22 ID:GbF6jMKa0*
    石仮面の研究でもしてたんだろ?
    11  不思議な名無しさん :2020年08月08日 10:25 ID:jcOUVVhE0*
    免疫wwwそんなんで、感染症は防げない。恐らく植物や菌などの殺菌・抗生剤が、既に存在していたんじゃないか。麻酔薬は、呪術などに使われていた麻薬やあるいはそれを元に作った酒精の強い酒を飲ませて手術を行った可能性。
    術具は、加熱だろうな。初期は、術野を適当に水で流したりしてたけど段々と衛生管理に気が付いて消毒を徹底するようになった、そんな所だろう。そもそも開頭と言う考え方自体は、自分たちの親分(宇宙人)を真似てると思う。
    12  不思議な名無しさん :2020年08月08日 10:57 ID:6S.NE7Wq0*
    戦争でのメインウェポンが鈍器なんだっけか
    そりゃ頭ぶん殴られれば頭蓋骨割れたり凹んだりするわな
    必要に迫られて発展していった技術なんだろうね
    13  不思議な名無しさん :2020年08月08日 11:10 ID:zofG1K3c0*
    ちょっと待ってほしい
    古代インカ時代の頭骨がどれほど残っているのか?
    我々がそう思うように、古代インカ人にとっても頭蓋手術の成功者は英雄だったのでは?
    彼らの遺体は丁重に葬られたのでは?
    あるいは術後すぐ死んだ者はぞんざいに扱われた、あるいは隠ぺいのために秘密裏に葬られて遺体が残っていないのでは?
    14  不思議な名無しさん :2020年08月08日 11:45 ID:Ceaz.v6G0*
    トゥミは石じゃねぇよ
    穿頭だけでなく心臓取り出し用皮剥ぎ用斬首用いろいろ有る
    15  不思議な名無しさん :2020年08月08日 11:56 ID:LCmF9LTB0*
    術後に生きてれば成功ってアホか

    生きてるけど廃人になってた可能性を考えないのか
    16  不思議な名無しさん :2020年08月08日 12:01 ID:OxNg0nbc0*
    南米とエジプトには火星人が住んでいたから。
    17  不思議な名無しさん :2020年08月08日 12:03 ID:So8t4ntp0*
    1の写真、結構でかい穴でびっくり。
    ドラマの仁で頭蓋骨に穴開けたのみたいのを勝手に想像してたからここまで豪快に穴開けてると思わんかったわ。
    18  不思議な名無しさん :2020年08月08日 12:04 ID:M.cArlcb0*
    >>8
    アノクタラサンミャクサンボダイ!
    19  不思議な名無しさん :2020年08月08日 12:05 ID:M.cArlcb0*
    >>15
    廃人になる人もいただろうけど、回復する人が多かったからたくさんの手術が行われたのでは?
    20  不思議な名無しさん :2020年08月08日 12:23 ID:LLDjobmc0*
    >>そこまでして延命したくない

    嘘つくなよ
    21  不思議な名無しさん :2020年08月08日 12:40 ID:bHJYE.1q0*
    族長(オサ)!族長(オサ)!
    22  不思議な名無しさん :2020年08月08日 12:50 ID:J5r4oyx90*
    >>3
    南方先生
    23  不思議な名無しさん :2020年08月08日 13:00 ID:rwK5jY5C0*
    インカは高地で乾燥しているから感染症はそれほど起こらないとなんかの本で記憶があるな
    24  不思議な名無しさん :2020年08月08日 13:26 ID:nZdrP7tw0*
    トレパネーションを扱ったコミック作品あったよな
    タイトル忘れた
    25  不思議な名無しさん :2020年08月08日 13:51 ID:ivLXlnZt0*
    穿頭手術が上手になる前にヘルメットとか防具を発達させろよって思うが。
    26  不思議な名無しさん :2020年08月08日 15:23 ID:xV7XdTyb0*
    80%の証拠出せや
    27  不思議な名無しさん :2020年08月08日 15:58 ID:VUaZr.760*
    ほんのちょっと前までの医療とかなろう小説に出てきたらバカにされてスレ立てられるレベルのこと平気でしてたからな
    今の最新医療も何十年か後にはコイツラ馬鹿すぎだろって思われるんだろな
    28  不思議な名無しさん :2020年08月08日 16:19 ID:QLc50eqy0*
    >>24
    山本英夫の「ホムンクルス」じゃないかな
    29  不思議な名無しさん :2020年08月08日 16:53 ID:mS4vl6GE0*
    南方先生がタイムスリップしてきただけだろ
    30  不思議な名無しさん :2020年08月08日 23:43 ID:FBMz569B0*
    >>11
    最終的に宇宙人説に帰結してて草
    31  不思議な名無しさん :2020年08月09日 06:04 ID:1nGCOYco0*
    当時の戦争は棍棒での殴り合い
    脳内出血をおこすから頭蓋に穴をあけて血を抜く
    32  不思議な名無しさん :2020年08月09日 06:26 ID:qU.J949V0*
    南北戦争のは重症患者で
    インカのは宗教的なものだったんじゃないか
    普通に考えたらやらんだろそんな手術
    33  不思議な名無しさん :2020年08月09日 06:58 ID:m04oUzhO0*
    >>3
    アミバ?
    34  不思議な名無しさん :2020年08月09日 07:51 ID:5TG0XGUg0*
    >17
    >石のナイフで開頭手術受けたくないな・・・

    黒曜石で出来た刃物だから切れ味はガラス製のメスに匹敵するそうだ
    35  不思議な名無しさん :2020年08月09日 12:17 ID:mU94qVVP0*
    森鴎外の麦飯もだけど、ハンセン病も業病とかいってたもんな。
    おかしいのが権力もちになると訂正できない仕組みは怖い。
    毛沢東やポルポトの一派も同じ。
    勢い付いて止められない。
    36  不思議な名無しさん :2020年08月09日 21:26 ID:TpYJU6Qh0*
    SAHや脳内出血じゃなくて硬膜下血腫でしょ
    37  不思議な名無しさん :2020年08月10日 19:16 ID:8slILGqB0*
    >>5
    現代でも脳手術した後問題ないか確認する為にしばらくあけっぱにすることあるんやで
    硬膜があるから思ったより大丈夫らしい
    もちろん問題ないと確認できればすぐ閉めるけど
    又聞きだが経験者曰く「頭の上にプリン乗せて歩いてる気分」らしい

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!