不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    75

    日本史が面白くなる裏話

    2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:24:37.56 ID:x8K4gYlz0
    とかなくてしす→咎無くて死す

    とかなくてしす

    一説には「いろは歌に隠された暗号」と言われています。

    いろはにほへ と
    ちりぬるをわ か
    よたれそつね な
    らむうゐのお く
    やまけふこえ て
    あさきゆめみ し
    ゑひもせ す

    最後の文字を縦につなげると「咎無くて死す」、つまり「無実の罪を着せられて死ぬ」という意味になるそうです。
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1034970205

    134: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:20:59.83 ID:+sKEIqVc0
    >>2
    イエスキリストが咎無くて死んだって事だったよな
    キリスト日本人説

    139: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:23:02.82 ID:x8K4gYlz0
    >>134
    ちげーよ忠臣蔵だ
    いろは歌の最後を取ると>>2になる

    145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:25:00.84 ID:+sKEIqVc0
    >>139
    イエスって説もあるよ
    イロハの歌を並べて端の文字を繋げると「いゑす」になる
    http://www.bekkoame.ne.jp/~gensei/zuisou/kukai.html

    151: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:25:45.33 ID:x8K4gYlz0
    >>145
    マジか
    なんぞその説

    4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:25:38.08 ID:EJ0aOMGU0
    秀吉のキリスト教弾圧は、日本人の女子供が誘拐されて奴隷として海外で売られていたから

    7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:26:47.87 ID:ncPic+7c0
    >>4
    マジか・・・

    特に江戸の三大改革教えて

    16: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:32:55.04 ID:4Z83juzD0
    >>4
    そういうのって教科書の下の方にちっちゃく注意書きするだけだよな
    もっとあの頃のカトリックのクソさを書いてほしい

    17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:33:38.16 ID:BHM3uMnb0
    >>4
    家康が鎖国をしたのはそれに倣った部分が大きい

    54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:45:45.42 ID:PTXr6D7B0
    >>4
    へうげもの視聴者乙

    60: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:46:31.15 ID:Xdv1Gw8E0
    >>54
    見てないけど知ってた
    割と常識だろ

    62: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:47:29.85 ID:4Z83juzD0
    >>60
    山川の教科書にあるしな

    22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:35:49.38 ID:M5wVuQwc0
    よくある戦国武将の騎馬像
    馬の足の地面のつき方で死因がわかる



    28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:37:21.40 ID:28FQw0R30
    そもそも騎馬は移動手段のみとしてしか使用してないんだっけ?

    39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:40:48.80 ID:EZ8b9e510
    >>28
    マジ?
    合戦の馬に乗って突撃する描写は無かったって事?

    55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:45:46.71 ID:28FQw0R30
    >>39
    なんか当時の日本はポニーみたいな小さいのしかなくて、武田騎馬軍ですら馬は移動手段だった、みたいなのがあるとかないとか、ないけどあるとか。

    33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:39:21.05 ID:ncPic+7c0
    高師直は聖徳太子の墓を荒らしまくった

    35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:39:41.79 ID:bBFSIhUO0
    御堂関白記は後の世の人達が行事とかの手引きに使うことがあった
    なので、元々は巻物だけど閲覧し易いように本のように折り曲げて読んでいた
    曲げた跡も現物にしっかり残っている

    44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:42:54.46 ID:pea8Xvyj0
    戦艦大和は士気を保つために豪勢な食事を出し、船内にはラムネ製造施設があった

    48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:44:00.55 ID:dXruL/x+0
    家康はチビ

    59: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:46:28.51 ID:0JEqjdcW0
    >>48
    すげぇちびデブで農夫コスがすげぇ似合ってたらしいな

    49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:44:01.99 ID:6kx13WAnO
    巌流島の戦いは実際にあったが、佐々木小次郎が実在の人物かは疑わしいらしい

    52: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:44:10.68 ID:BHM3uMnb0
    福島正則の家来が酒の席で失態した
    福島正則はブチ切れして家来を斬ろうと家来を追いかけてたら
    福島正則の嫁登場
    「散々アンタのために命張ったのにそれぐらいで斬るのか!
    そんな情けない大将なら私が斬ってやる!」
    と逆に福島正則を薙刀を持って追いかけた
    これには肝を冷やしたようで家来を許さざるを得なかった
    「まったく怒った女ほど手に負えない物はない」
    とその家来に愚痴ったという

    53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:44:44.14 ID:Xdv1Gw8E0
    坂本龍馬の仕事は武器の輸入
    有名な薩摩藩との取引は今で言えば武器の密輸

    73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:51:12.38 ID:0JEqjdcW0
    千利休は結構な大男でかなりめんどくさい性格だったらしい

    78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:54:47.54 ID:Rx94iRSbO
    >>73
    金の茶室にぶちギレて処刑されたんだっけ?

    85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:56:55.27 ID:0JEqjdcW0
    >>78
    それが直接的な原因ではない
    秀吉との関係悪化と利休が過度に担ぎ上げられたことが合わさって処刑になったはず

    79: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:54:51.23 ID:b4EH6ZDLO
    武田家が滅びの道を進み、家臣達が謀反を重ねる中、その生涯を武田家に捧げた男で
    武田勝頼が自刃するまでの時間を稼ぐ為、崖に立ち片手だけで戦い抜いた逸話から
    後に「片手千人斬り」と称された侍、土屋昌恒
    彼ほど侍らしい侍は他にいないと思う。忠義という意味で

    80: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:54:56.59 ID:CSWAJNxy0
    知ってる奴多いかもしれんが

    徳川家康は少年時代から女装趣味があり、
    女物の着物を着て鏡を見てムフーンしてたそうな

    なんだ俺と同じか

    81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:55:00.90 ID:tOhqDpaH0
    伊達政宗は食通で、客人が来た時は自ら台所に立って料理を振舞うことがあった
    また、鮭の皮が大好物で「厚さ一寸の鮭の皮を持ってきた奴には褒美をやるよwww」と言ったことがある

    87: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:57:07.07 ID:b4EH6ZDLO
    あと地味に有名なのは、徳川家康は今でいう「うつ病」だったらしい。かなり重度の

    89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:58:02.23 ID:tOhqDpaH0
    >>87
    胃ガン説もあったような

    105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:06:29.02 ID:b4EH6ZDLO
    >>89
    鯛のてんぷらにあたった際に、医者に「さしこみ」って言われたけど、実は胃ガンだったやつだな
    死因というか体の病として胃ガンを患って
    青年期辺りから既に重度のうつ病だったらしい
    ただ、当時はうつ病なんて言葉すら無かったもんだから、家臣達には「やはり器が違う」と言われてたんだそうな
    良くも悪くも精神異常者だったって説が多い

    118: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:11:43.77 ID:tOhqDpaH0
    >>105
    鯛の天ぷらが止めを挿したらしいな
    あと家康がうつ病だったとは初耳

    連合艦隊司令長官だった山本五十六は日露戦争の日本海海戦時に左手の人差し指と中指を失ったが、逆立ちが得意だった



    93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 01:59:07.07 ID:CSWAJNxy0
    昔は割り箸みたいな細長い木の板でケツを拭いていた

    マジで痔の奴どうしてたんだろ…( ゚Д゚)

    100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:03:25.12 ID:tOhqDpaH0
    >>93
    木の間に縄を張ってその上に跨り、そこで尻に付いたクソを落としていたとかもあるぞ

    104: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:05:53.57 ID:0JEqjdcW0
    >>93
    その板と一緒になぜか将棋の駒とかも落ちてるという

    昔から便所にもの落とす奴はいるんだな・・・

    113: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:09:14.40 ID:MCott6WM0
    >>93
    大多数の一般庶民には無縁な珍しい病気だった
    繊維質で低カロリーな食事に労働という適度な運動が予防になっただろうし
    河川が多い日本では川の中で用を足すことが一般的だったからかも
    運動不足な平安貴族には罹るものがいたらしい
    痔もちのなんとか納言が下男に蕗の葉を集めさせる話が何かの伝書にあったはず
    鎌倉以降だと正座を強いられることが多く男色も多かった武士などが罹りやすくなった

    108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:07:24.43 ID:tOhqDpaH0
    有名かも知れんが板垣退助が刺されたときに発した言葉は「いてぇ!医者を呼んでくれ!」だった

    111: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:09:03.77 ID:6E6zGXKc0
    江戸時代に世界一周したり、アメリカ大陸に漂着した日本人がいる

    116: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:10:35.83 ID:CSWAJNxy0
    >>111
    確かアメリカ人に拾われたのち、日本人で初めて鉄道に乗ったらしいな

    257: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:35:53.26 ID:6E6zGXKc0
    >>116
    アメリカ彦蔵だね
    https://ja.wikipedia.org/wiki/浜田彦蔵

    124: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:15:01.56 ID:CSWAJNxy0
    明智光秀は逃亡中に農民に殺害された

    戦死や切腹が格好いいという武士業界では最悪の死に方(’A`)

    129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:18:39.79 ID:0jr4e6NoO
    >>124
    でも戦国時代の死因ではかなり上位に入るよね
    農民おいしいれす

    141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:23:39.78 ID:+07V0IehO
    >>129
    上位になるくらいだからこそ、やっぱカッコ悪いんじゃないか
    これが農民じゃなくてゴリラとかだったら伝説に違いない

    130: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:19:55.25 ID:T4ktmxuH0
    武田信玄は死んでから3年その死を隠匿せよ、と遺言を残し
    信長「死して3年、よくぞこの信長を謀った」みたいな映画もあるが
    実際は2週間程度で上杉謙信にばれている

    138: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:23:02.64 ID:28FQw0R30
    光秀死んでなくて、秀忠の教育係になったとかなかったけ?だから秀の字がついてる、みたいな。

    164: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:30:44.83 ID:tOhqDpaH0
    戦国時代の合戦の時には付近の農民は丘に登って弁当持参で合戦を見物していた
    そして合戦が終わる頃になると合戦場付近に行き、死んだ足軽や落ち武者から金目の物を剥ぎ取っていた

    171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:32:51.81 ID:0JEqjdcW0
    >>164
    プロ野球やプロレス見に行く感覚だったらしいなwww

    176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:34:29.13 ID:tOhqDpaH0
    >>171
    あと「よくもオラの畑を荒らしやがって」みたいな感じで落ち武者狩りをやってたらしいな

    181: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:35:39.27 ID:0JEqjdcW0
    >>176
    プロアマ交流戦wwwwww

    192: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:42:30.74 ID:tOhqDpaH0
    >>181
    そして剥ぎ取った鎧や刀などを売り払って収入にしてたとか

    天草四郎は豊臣秀頼の子供説がある

    182: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:36:51.83 ID:tVuP7SCP0
    毛利元就は初陣が20歳と遅めの割には
    大小含め200戦戦ってたまに負けている

    189: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:41:13.34 ID:CSWAJNxy0
    そんなにヤりたい放題なら江戸時代行きたくなってきた
    でも治安悪そうだし病気になってもJINがいないかぎりヤバそう

    194: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:45:22.98 ID:0JEqjdcW0
    篭城する際城壁を登ってくる兵士に対してチートなくらい効果的な攻撃法があった

    あっつあつのおかゆや味噌汁をぶちまける
    おかゆの流動性と粘度、そして保温性の熱さで火傷でやられる兵士が続出した

    195: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:46:19.52 ID:CSWAJNxy0
    >>194
    肥溜めの中身をぶっかけたとかいうのもあったよな
    見る人が見れば逆にご褒美…なのか?

    200: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:48:22.06 ID:0JEqjdcW0
    >>195
    でも肥えは臭いだけだからねぇ・・・

    ローション的なものだったら一気にたけし城風味がwww

    201: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:48:24.68 ID:Vyw6thdfO
    >>195
    肥えは当時それはそれは高級な肥料だったんだぜ

    204: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:49:43.41 ID:CSWAJNxy0
    >>201
    確かに農民は町に野菜持ってってウンコと交換してたっていうからな
    でも持ってく容器と持って帰る容器は同じなのかとか余計なこと考えてしまう俺

    203: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:49:05.55 ID:tOhqDpaH0
    卑弥呼が邪馬台国の統治のために使っていたのは占いではなく、毎日の天気を観察して今後の日照りや洪水の予想を立てていた

    208: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:51:40.67 ID:0JEqjdcW0
    >>203
    元祖お天気お姉さんだったのか・・・

    211: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:53:44.81 ID:tOhqDpaH0
    昭和17年の東京初空襲のときに、水戸へ視察に向かっていた東条英機の乗機とドゥーリットル隊のB-25はニアミスしていた

    >>208
    当時は天気予報なんてなかったからみんなはそれを「占いだ!」「奇術だ!」と崇めていた

    213: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 02:56:18.01 ID:LAoJCGeKO
    平家落人伝説は安徳天王が15人くらい必要なほど全国各地にある
    いくつかの自治体は開き直って観光組合を結成している


    伝説のある地を地図でチェックしていくと
    坂本龍馬が脱藩し江戸に向かったとされるルートと結構被っている…

    251: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:31:07.68 ID:yBCwwvUF0
    佐々木小次郎の一件どころか宮本武蔵は晩年仕官していた時期以前の武勇伝のかなりが眉唾
    養子の纏めた伝記のかなりの部分盛ってたんじゃないかと

    264: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:42:44.42 ID:jpvpFTyQ0
    戦国時代の戦の死因
    断トツナンバー1は矢傷

    266: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:43:31.82 ID:bITFuCDQ0
    徳川の埋蔵金は
    世界遺産の寺?かどっかに埋められてるとかなんとか
    まぁ嘘かもしれない

    271: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:48:40.25 ID:3GZskpl60
    家康は当時としてはチビってほどじゃないだろ

    孫かなんかが奇形レベルのチビじゃなかったか

    273: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:50:10.26 ID:yBCwwvUF0
    源義経が強かったのは当時の戦のセオリーを破る卑怯な戦法を多用したため
    平氏に勝ったこととその後悲惨な結末を迎えたために脚色されて名将として描かれているけれど

    275: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:50:35.54 ID:77qOaQMO0
    世界三大美人()の小野小町が美人だったって証拠はなかったんだっけな
    親戚かだれかが美人だったからこいつも美人なんだろ、みたいな
    ちなみに百人一首では小野小町の肖像画は「絵では表せない美しさ」だかなんだかで後ろ向いてるらしい

    no title

    277: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:52:43.43 ID:w3HUS9DO0
    >>275
    世界三大美人に小野小町入れるのは日本だけ
    というか国によって変わってくる
    ヨーロッパだと クレオパトラ ヘレネ マリー・アントワネット
    ってのが主流だとか

    276: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:51:55.76 ID:kNUFjpTWO
    上杉謙信女説って結局どうなったの?

    282: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 03:56:30.87 ID:jpvpFTyQ0
    >>276
    ネタの可能性が高い
    女説の有力なネタは謙信愛用の甲冑が女性用甲冑なのだが
    これは、信長からの献上品
    なぜ、信長がこれを献上したかというと、信長に女装癖があったから
    つまり、謙信にも女装癖があって、おなじ女装趣味仲間だった可能性があるw

    297: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 04:10:36.85 ID:yJyonQwY0
    >>282
    謙信の死因は婦人病とされてるよねに

    306: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/09/20(火) 04:40:45.66 ID:ysLxfxnQ0
    徳川秀忠は合戦ではヘタレに思われがちだけど遺体の調査で骨にまで達する刀とか鉄砲の傷痕が結構あったんじゃなかったっけ?じつは最前線で指揮をとるタイプだったとか書いてあるのどっかで見た







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:34 ID:.UlGn71E0*
    歴史というのはその時々の研究の成果によって解釈や年代までも変わることもあるから、10年後にはまた違った常識が生まれているかもしれない。
    そういうのもロマンですよね
    2  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:39 ID:AX9iBeLl0*
    水戸光圀は猛将だった
    人の良さそうなおじいさんのイメージはドラマの影響
    3  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:41 ID:SGAhoI220*
    安閑天皇と宣化天皇が60代で即位したのはなぜか
    武烈天皇の姉を母に持つ欽明天皇の成長を待つためである

    鵜野讃良皇女こと持統天皇が異母弟の大友皇子を殺したのはなぜか
    自分の子供を皇位につけるためである

    天皇の歴史を学ぶと日本は古代から女系社会だったのがわかる
    4  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:41 ID:pcfPw6.i0*
    いつもながら「ネットで見た」程度の俗説を真に受けて
    大真面目で書き込むアホばっかやね
    ちゃんと「勉強」しろよ
    5  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:47 ID:CJ6X1TN70*
    家康の女装の話って信長と混同してるんじゃないの
    6  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:48 ID:nchUmfxw0*
    謙信は墓さえ調査できればね
    まぁ許されないだろうけど
    7  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:54 ID:Nv0X13sx0*
    佐々木小次郎は実在疑われてるんじゃなくてどんな人間だったか情報が少なくて分からないんだよ
    8  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:54 ID:Vs.DQIxF0*
    ・将軍様の子供は、夜になると手とり足取りの性教育を受ける。
    ・舞姫を書いた森鴎外は軍医で、診断を間違えて死人を大量に出した
    ・坂本竜馬は、実は西郷隆盛が言ったことを言い直しただけの人。
    ・西郷隆盛が死んだのは、本人が知らないところで他人に勝手に総大将に任命されていてしょうがなく参加。そして戦死。
    おもしろいよね
    9  不思議な名無しさん :2020年09月14日 18:57 ID:IiFuFadN0*
    無粋
    10  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:00 ID:7I0YFafT0*
    首相官邸が誕生したきっかけは伊藤博文の遊郭通いが酷すぎて自宅すら売り払う羽目になったのが原因
    首相がホームレスとかあまりにもカッコがつかないのもあって首相官邸が建てられるという冗談のようで本当の話
    11  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:00 ID:kDL6qMUa0*
    鎌倉幕府は北条家が支配してたけど、源氏の男共にはろくな奴がいなかったから、仕方なくやってた部分もある。しかも超有能集団。
    頼朝も朝廷に対して強気で、鎌倉で幕府をひらいたけど、やっぱり京都は都会で良いよな~羨ましいな~って言ってた
    12  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:00 ID:eQ87tLBv0*
    今どきポニーだから突撃は無理とか言うバカがいるかと思ったら10年前か。どんだけネタないんだ
    13  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:04 ID:YVrowW6p0*
    秀忠の死因も胃癌って説あるよな
    14  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:12 ID:AeVzBYhk0*
    信長の野望で有名になった武将も好き
    高性能ジジイこと朝倉宗滴のチートっぷりよ
    15  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:17 ID:H3AvR9du0*
    ※5
    孫の家光と混同してるんだと思う
    青山忠俊にこっぴどく叱られたエピソードあるし
    16  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:23 ID:zWSwKa.H0*
    信長の女装は趣味というか女装した事があるってのが残ってるだけしなあ
    17  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:26 ID:.8Z.6NVE0*
    上杉謙信女性説の個人的見解
    菩薩に性別がないように、天使に性別がないように
    古来より人智を越えた存在というのは性別不詳であり性別が表に出ない少年や女装する男性や男装する女装等も神聖視する風潮がある
    自ら毘沙門天と嘯く謙信ならそっちの視点から意識的に女性用の鎧を着用していたのではないか?と
    ちなみに信長のはファッションだろう
    若い頃は羽織りの背中にイチモツを描いた男だけに宗教的な意図は無かったと思われる
    18  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:31 ID:5JAwhI0S0*
    関ヶ原の戦いの最中、家康は関ヶ原にはいなかった
    当日は10km以上離れた美濃赤坂にいたという記録が残っている
    19  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:43 ID:Ii.imD1s0*
    歴史じゃなくて天文学の話になるんだけど。

    月はじんわりじわじわ地球から遠ざかってる。
    ちょうど1000年前、平安時代くらいの月はもっとでっかく見えてたという。

    これには藤原道長もにっこり。
    20  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:44 ID:GFp.SY0R0*
    司馬遼太郎の功罪ってでかいよな
    今でも山口県(長州)と福島県(会津)の仲が悪い理由の半分はあの先生のせいだと思う
    確かに小説としてはスゲェ面白いんだけど…うん
    21  不思議な名無しさん :2020年09月14日 19:45 ID:fvDfzTkS0*
    >>13
    病状の記録が確り残って居て衰弱の仕方も消化器系の癌で有ったと推測出来る様です
    遺骸の調査も行われ縦に潰れてはいたが身長や血液型、戦傷の有無や内臓疾患の症状が確認されています
    筋骨隆々で猛将型の戦国武将で有ったとの事
    22  不思議な名無しさん :2020年09月14日 20:02 ID:vpZ.BDIV0*
    卑弥呼は現代で言う旅行代理店の女社長だった説を最近見たな
    天候の読み方や航路などのガイドをしてたとか

    天気予報士の説と重なるね
    23  不思議な名無しさん :2020年09月14日 20:11 ID:ghQMaGw80*
    北海道の先住民族は日本人
    鎌倉時代くらいに樺太のほうから来たのがアイヌ
    24  不思議な名無しさん :2020年09月14日 20:12 ID:pYClhH.l0*
    九代将軍家重の肖像画がなんであんななのか知ってたら教えてほしい
    25  不思議な名無しさん :2020年09月14日 20:17 ID:SQARnwkL0*
    『殴り合う貴族たち』繁田 信一
    『喧嘩両成敗の誕生』清水 克行
    おすすめ
    26  不思議な名無しさん :2020年09月14日 20:22 ID:UPNSXdpw0*
    信長は実は声が甲高かったという説がある。
    また決断が早く、戦況が悪いと聞くと直ぐに飛び出していって驚異の行軍スピードで戦場に到着し、嵐の様に戦果を挙げるという感じで、家臣も一苦労だったという。

    声が甲高くて長身で女装してみたり男のアレデザインの羽織着たりするって言う事は、もしかして信長ってオカマだったんじゃ…
    27  不思議な名無しさん :2020年09月14日 20:44 ID:.mW.9bMo0*
    チビデブ、女装癖
    「サイコメトラーEiji」のあいつを思い出してしまった…
    28  不思議な名無しさん :2020年09月14日 20:48 ID:RubGazbV0*
    >戦国時代の戦の死因 断トツナンバー1は矢傷
    矢にンコつけてたそうだね。
    織田信秀が矢傷がもとで1年後に死んだのはそのせいで傷が腐敗して致命傷に至ったとか

    29  不思議な名無しさん :2020年09月14日 21:29 ID:06qWPCKo0*
    >>17
    隠す理由がない
    当時女でも権力握った人は幾らでもいる訳で
    30  不思議な名無しさん :2020年09月14日 21:32 ID:AoTVpkdm0*
    ※2
    江戸幕府成立後の生まれで、戦に出た事ないのに猛将とは?
    31  不思議な名無しさん :2020年09月14日 21:35 ID:nw56b6J.0*
    田畑に下肥を肥料として施肥する文化は鎌倉時代くらいに始まった。
    害虫は増え、寄生虫罹患も無視できないが生産量が2倍の魅力には勝てず、
    神道の教えに背きながら本州全域に広がった。
    この施肥文化が世界共通かといえばそうでもなく、アジア圏では下肥を
    施肥して、肥料反応性のいい作物を選別して多生産種を品種改良していた
    のは日本ぐらいだったようだ。
    戦前・戦中、日本は無償で農業指導、ご当地作物の品種改良をして今日の
    世界人口75億人の基盤をつくった。(最大の功労はハーバーボッシュ法)
    32  不思議な名無しさん :2020年09月14日 21:39 ID:sW6TKyAN0*
    最新の研究では明智光秀は長谷川博己に演じられていると何かで読んだな
    33  不思議な名無しさん :2020年09月14日 21:42 ID:mSyMN3.Z0*
    当時、文字がなかった頃にいたリーダーのヒミコ
    卑弥呼は大陸が考えた当て字

    実際の言葉の意味は日巫女で「太陽神の巫女」という役職名みたいなものだったんじゃないだろうか
    34  不思議な名無しさん :2020年09月14日 21:46 ID:n3U9QYbW0*
    >>26
    ネチネチとした陰湿な嫌がらせが大好きだったり
    妙にヒステリックだったりと女みーてな奴なのは間違いない。
    あとケツガン掘りされるのが大好きな性癖だったそうだ。
    今でいうオネエ的な人物だったとしても何もおかしくはないな。
    35  不思議な名無しさん :2020年09月14日 21:51 ID:8KU3p1tY0*
    10年前のスレじゃん
    当時最新の学説だったのももう古いやろ
    36  へそ吉 :2020年09月14日 22:19 ID:KMqjQka40*
    本コメ>17
    >家康が鎖国をしたのはそれに倣った部分が大きい
     鎖国をしたのは家光でしょう? 家康は、後に「八重洲」の語源となったオランダ人のヤン=ヨーステンや、三浦按針と名乗ったイギリス人のウィリアム=アダムズらを重用するなど、西洋人に親和的でしたね。

    本コメ>113
    >(痔は)大多数の一般庶民には無縁な珍しい病気だった
     どうですかね? 鎌倉時代初期あたりにできたらしい『病草紙』には痔ろうで苦しむ男が描かれているし、江戸時代にも痔の患者が少なくなかった事は記録に残っています(立川昭二 『日本人の病歴』 中公新書 1976年)。

    >>19
    >月はじんわりじわじわ地球から遠ざかってる。ちょうど1000年前、平安時代くらいの月はもっとでっかく見えてたという。
     いい加減な事は書かないで下さい。月が地球から離れる距離は年間3.8cmとされています。1000年間では38キロメートル。こんな数字は、直径約3500kmの月から見れば誤差の範囲です。そもそも月の軌道は楕円形で、近地点での地球からの距離は36万3300km、遠地点では同じく40万5500㎞。4万㎞以上の差があります。1000年前の月が今より地球に38㎞近かったとしても、人間の目では全く大きさの差は識別できませんね。日食の記録を見ても、月の大きさに変化があったとの記述は無し。
    37  へそ吉 :2020年09月14日 22:24 ID:KMqjQka40*
    >>21
    >(徳川秀忠は)筋骨隆々で猛将型の戦国武将で有ったとの事
     1950年代末に、東京大学人類学教室の鈴木尚教授らが徳川家代々の墓を調査した資料が公にされていますね。秀忠の遺骸は保存不良でしたが大腿骨や脛骨は非常によく鍛えられた形質を持ち、堂々たる戦国武将の面影があった由。

    >>24
    >九代将軍家重の肖像画がなんであんななのか知ってたら教えてほしい
     この文だけではよく分かりませんが、家重が顔をしかめたように描かれている事?
     これも鈴木尚教授が研究していて、家重には精神異常か軽度の脳性小児まひがあった可能性を指摘しています。

     長文投稿失礼しました。
    38  不思議な名無しさん :2020年09月14日 22:46 ID:H82J2q6P0*
    卑弥呼の時代は文字がなかったのではなく、神代文字を使ってただけだった気がするなぁ。
    そもそも平時から文字を書く習慣がなかったからあまり残ってないだけと思いたい
    39  不思議な名無しさん :2020年09月14日 22:56 ID:vSK6.rfx0*
    >>30
    若い頃は悪友に唆されて、泣いて逃げ回る下層民を斬ったり、藩主になってからも手ずから自分の家老を刺したりしてるから、猛将と言うよりかなりやばい奴だと思う。
    40  不思議な名無しさん :2020年09月14日 23:06 ID:LfQ8OiGr0*
    「とかなくてしす」は菅原道真な
    41  不思議な名無しさん :2020年09月14日 23:20 ID:ggMOUfac0*
    闇金の元祖は比叡山
    当時の日本の財を独り占めしてた
    42  不思議な名無しさん :2020年09月14日 23:41 ID:35Q.H4HL0*
    青木昆陽サツマイモ初めて物語
    飢饉に役立つという外国の芋を植えよう しかし栽培の仕方が分からない
    農民にアドバイス貰って棚づくりにしたり竿に絡ませたりしても実らない
    もう諦めようとなった時、畑の隅に捨てて忘れてたツルが見事な芋を実らせていた
    「なんじゃ、ほっとけば勝手に生るんかい(:。:)」
    43  不思議な名無しさん :2020年09月15日 00:20 ID:n.NFxSiP0*
    >>21
    ガンガン逝き過ぎたのね
    44  不思議な名無しさん :2020年09月15日 00:54 ID:tdb2xJk90*
    >>6
    謙信お気に入りの着物が米沢に宝物として残っている。
    洗濯なんて出来ないから襟元は多量の垢で汚れている、彼が好んで何度も着込んでいたのがわかる。
    その垢をDNA検査すれば容易く性別他が明らかになるんだけどね。
    まあ遺骨を発掘され生前の容貌が判明している戦国大名は伊達政宗程度だから子孫が認めないと無理でしょ。
    因みに政宗は相当のイケメンで目に大きな外傷や病変もなかったことが明らかになった。
    渡辺謙の政宗は背はともかく、容貌はイメージ通りだった。
    45  不思議な名無しさん :2020年09月15日 01:04 ID:gR12dDjM0*
    >>12
    軍馬としての木曽馬は明治以降も健在で、その体高も記録されてるが、大きな個体はサラブレッドやアラブ並みだったから、ポニーは言い過ぎ。
    それに江戸時代に軍馬としてアラブを輸入したが、鎧を着込んだ侍の重さに耐えられず、まともに走れなかった。
    日本馬は重さを苦にせず走れたから、軍馬はいつまでも日本馬だった。
    蹄が丈夫で軟弱や泥土多い日本では、輸入馬が蹄の病気で長くもたなかったのも大きい。
    46  不思議な名無しさん :2020年09月15日 01:07 ID:MJLRffvJ0*
    >>2
    ドラマでも思いっきり偏屈じじいじゃねえか
    47  不思議な名無しさん :2020年09月15日 01:26 ID:nbnpxPAs0*
    日本史ってなんか規模が小さいからあまりのめり込めないのよな
    48  不思議な名無しさん :2020年09月15日 02:32 ID:ZJlda9yt0*
    >>3
    中国なんかと違って、日本では母の身分が低い(実家に力がない)子は天皇(大王)になれなかったもんな。(光格天皇みたいなのは本来ありえない)
    源氏物語読むとよくわかる。「誰の腹から産まれたか」がとにかく重要だった。
    49  不思議な名無しさん :2020年09月15日 02:47 ID:85O7Tm.J0*
    >>45
    まずポニーの範囲が広いから木曽馬も分類としてはポニーなんだわ

    ただ現代でポニーと聞けば観光牧場で飼育してるシェトランドポニーをイメージするだろうから
    「あのかわいいポニーに乗ってたんwww」
    となるのはしゃーない
    50  不思議な名無しさん :2020年09月15日 05:18 ID:U9BY8xse0*
    >>4
    こういう場ではそういう聞きかじりの知識が楽しいのに
    51  不思議な名無しさん :2020年09月15日 05:20 ID:U9BY8xse0*
    >>17
    そもそも女人禁制の寺で修行してたわけて
    52  不思議な名無しさん :2020年09月15日 06:16 ID:tKJDYpqn0*
    >>8
    脚気細菌起源説を信奉したために修正しませう。
    なお、本業の軍医としては帝国陸軍軍医総監
    (軍医の中で一番偉い・陸軍中将相当)、ドイツ
    で細菌学を修めた権威でもあるんで周囲が忖度
    したんでは?
    53  不思議な名無しさん :2020年09月15日 06:22 ID:tKJDYpqn0*
    >>18
    最近の研究だと関ヶ原で戦ったのは大谷吉継
    と徳川本隊で主戦場は少し西の山中という
    エリアだとか。
    西軍は不意を突かれた形で攻撃され、一刻も
    持たなかったという。
    54  不思議な名無しさん :2020年09月15日 06:24 ID:tKJDYpqn0*
    >>36
    親和的なのは商売人の新教国に対してで
    カトリックに対して厳しかったが?
    55  不思議な名無しさん :2020年09月15日 07:50 ID:tIxH9Waj0*
    何かメジャーな話が多いような…
    当時、太った農夫なんていたのだろうか?
    56  不思議な名無しさん :2020年09月15日 08:38 ID:XOej.sFC0*
    山本五十六は父が56歳の時の子供なので五十六と命名された
    後日その話を聞いたアメリカの将校が56番目の子供と勘違いして驚いた
    57  不思議な名無しさん :2020年09月15日 08:43 ID:XOej.sFC0*
    >>53
    関ヶ原あっさり終わった説ね
    当時の書状に「にわかに崩れた」と有るかららしいけど、戦後すぐの書状だし実際の時間経過は書いてないから100%信用はしていない
    58  不思議な名無しさん :2020年09月15日 08:49 ID:XOej.sFC0*
    武田家滅亡の原因の一つに挙げられる『勝頼が遺言を破って3年経たずに兵を起こしたから』
    実際には信玄の死は知られていたし、家中をまとめるのに時間がかかっただけ
    武田が兵を退いてる間に浅井朝倉は滅亡して織田包囲網は瓦解したし、三方ヶ原と長篠では兵力差も逆転してる
    59  不思議な名無しさん :2020年09月15日 10:43 ID:m0MsJ6dw0*
    実際日本で何故キリスト教が根付かなかったのかは知っておいて損のない知識
    60  不思議な名無しさん :2020年09月15日 12:26 ID:vww9zb.30*
    山形の海側は幕末まで金持ちだったし戊辰戦争も無敗だった。その後衰退の一途を辿る
    61  不思議な名無しさん :2020年09月15日 13:05 ID:FW7yucn20*
    まあ鏃にはウンコが塗ってあるが常識だからね
    矢傷から破傷風はポピュラーな死に方だね
    62  不思議な名無しさん :2020年09月15日 13:08 ID:FW7yucn20*
    >>52
    なお海軍は全くそんなの信じず麦飯で脚気を華麗に回避した
    63  不思議な名無しさん :2020年09月15日 14:20 ID:rmX70QE30*
    秀吉家康に比べて信長は発見された書状の数が圧倒的に少ない為、人柄や性格など想像や創作による処が大きい
    64  不思議な名無しさん :2020年09月15日 15:22 ID:FUctMPyt0*
    昔から猫は可愛がられていた
    65  不思議な名無しさん :2020年09月15日 19:59 ID:67mFBgi50*
    >>5
    家光の事だと思うよ。
    66  不思議な名無しさん :2020年09月15日 20:46 ID:EdLB3p.80*
    >>41
    禁止されている筈の魚肉を喰らい女も酒もの酒池肉林
    勝手に関所を作り民の生活を阻害、僧兵に寄る武装化、一揆を先導し数多の小競合い。時の実力者織田家の一族を幾人か討取る
    信長の再三に渡る平和的な要請を尽く無視

    そりゃ焼かれて根絶やしにされるよ
    67  不思議な名無しさん :2020年09月15日 22:41 ID:WX.uoSir0*
    >>47
    あなたの頭の規模より、日本史の規模のほうが大きいよ。
    井の中の蛙大海を知らず。
    68  不思議な名無しさん :2020年09月15日 23:56 ID:NswAOc7o0*
    伊達政宗は仙台味噌を生んだ事で有名だが
    ずんだ餡とかいうゴミも生んでいる
    69  不思議な名無しさん :2020年09月16日 01:33 ID:OIa16gs80*
    卑弥呼は元祖お天気お姉さんだったんだな
    70  不思議な名無しさん :2020年09月16日 02:33 ID:HwcqW8d10*
    >>2
    学研のまんがで辻斬りしてたって子どもの頃みた
    戦国ではないから猛将という表現は如何なものか
    71  不思議な名無しさん :2020年09月16日 02:35 ID:HwcqW8d10*
    >>8
    坂本竜馬は、実は西郷隆盛が言ったことを言い直しただけの人。

    横井小楠じゃね?
    72  不思議な名無しさん :2020年09月16日 02:41 ID:HwcqW8d10*
    >>23
    コロボックルは?
    73  不思議な名無しさん :2020年09月16日 04:52 ID:jml.X7kn0*
    宮本武蔵は西国大名たちと親交があり幕府にも顔が利いたお偉いさん
    武蔵の武芸者的エピソードの大半は江戸時代の講談による創作だね
    74  不思議な名無しさん :2020年09月16日 15:08 ID:OYU5bBKD0*
    小野小町は一族が政争に敗れたんで
    鎮魂の意味も込めて
    「美人だったに違いない」という話が巡り巡って
    =美人の代名詞になったという説も
    歌人で持ち上げられるのは大抵そういう一族の出だとか
    有名どころでは大伴氏
    75  不思議な名無しさん :2020年09月16日 23:48 ID:IxQ0vBRR0*
    >>36
    年間3.8センチで1000年なら3800センチで3.8メートルでは?
    なおのこと肉眼で違いなんかわからんが。

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!