不思議.net

怖い話・オカルトまとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース
    本日のおすすめニュース一覧
    39

    30歳までに最強になって砂漠踏破しないと死ぬバカだけど、決着付いたから人生振り返る



    1: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)14:42:49 ID:XZw
    チュニジアの砂漠でラクダと一緒に1,311km旅した話の最終回やけど、今回は少し長い話になると思う

    後半では大学時代荒れてた頃の昔話とか、持病の発作の話とか、ギフテッドの話とか、ワイがどんな思いで冒険してきてたかの裏話とかもするで

    no title


    【お知らせ】
    スレやまとめで沢山の方が応援してくださったおかげで、新刊(書籍)の発売が決定したで!
    ありがとうな!

    メインはキルギスで馬と旅した時の話で、2020年10月29日に新潮社から発売や!

    幼児期からのワイの生い立ちや家族との関係、強くなりたいと思った動機(このスレの内容とは被らん)、2回目キルギス行った時の仲間たちの後日談とかも書かれてて、
    表紙のドット絵は何とあのMOTHER3(ネスとか土星さんとかのゲーム)を手掛けた今川伸浩様がデザインしてくださったものやで!
    表紙や扉、目次のデザインは新潮社装幀室っていう歴史ある最強デザイナー部隊が担当して下さったで!
    旅路をイメージしやすいように、冒険地図イラストや登場キャラ紹介も入っとる

    購入者特典として作中に登場する村や湖の4Kドローン動画が付いとるから、ぜひ見てや!
    あと、買って下さった方はぜひ表紙カバー外した下側の印刷も見てみて欲しいで

    なんせめっちゃ気合の入った一冊なんや

    『草原の国キルギスで勇者になった男』
    Amazon:
    草原の国キルギスで勇者になった男
    春間豪太郎
    新潮社
    2020-10-29


    楽天:https://shopping.yahoo.co.jp/search?p=草原の国キルギス

    ※当時のgif画像
    https://imgur.com/TraVRdo.gif
    ※豪太郎さんの旅シリーズはこちら!(以前までタイトルに必ず「バカだけど」が付いていたのでこのタグ名にしました)

    バカだけど旅人シリーズ
    http://world-fusigi.net/tag/バカだけど旅人

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603518169/





    2: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)14:54:43 ID:XZw
    前スレ:
    http://world-fusigi.net/archives/9648357.html

    なんせ、ラクダ買ってサハラ砂漠を野宿旅してた時の話や
    今年の2月頃の話
    外国とか動物とか興味ある人は見てってくれると嬉しいで

    Twitter:
    https://twitter.com/GoHarumaRPG
    YouTube:
    https://www.youtube.com/RealRPG?sub_confirmation=1

    no title

    3: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)15:01:08 ID:XZw

    2020年2月10日
    北アフリカのチュニジアで南へ向けて歩いていると、途中、塩湖に行き当たった
    塩水なのでオアシスのような草木は無く、シンプルで本当に素晴らしい景色だった
    no title


    さらにしばらく進むと、50頭以上の大規模なラクダの群れに出会い、そのうちの一匹が執拗にシャムスを追いかけてきた
    発情しているようで、ヨダレを垂らしながら低い声で唸り、シャムスの尻に顔を近づけたりしている

    かがんでそのラクダの下腹部を確認すると、付いていた
    オス同士だ

    絵面が…
    汚い…
    no title

    4: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)15:12:35 ID:XZw
    群れがいる草原を抜けても尚そのラクダは付いてこようとしたが、俺が軽く威嚇すると立ち止まり、残念そうに引き返していった

    …どっちみちオス同士だから、交尾できないからね…?
    no title


    夕方になり、途中で出会った遊牧民の方たちに誘われて、この日は草原にポツンと建っている遊牧の詰め所?のようなところで寝ることになった
    no title


    その遊牧民の中にはさっき見かけたラクダの群れの飼い主もいて、明日朝ラクダのミルクを搾りに行こうと誘ってくださったので快諾し、就寝

    6: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)17:23:21 ID:Rl0
    すごいね

    7: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)17:23:48 ID:Jyf
    なんやこのスレ

    9: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)17:25:57 ID:XZw
    >>7
    ラクダかわええやろ?
    今回はいつもより写真多めに書き込むつもりやし、良かったら見てってや!

    11: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)17:28:34 ID:9z2
    コブかたいんか??

    14: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)17:33:31 ID:XZw
    >>11
    せやなぁそこそこ固い
    脂肪が入ってるから筋肉よりは若干柔らかいけど、良く触るお腹は中ほとんど内蔵やしこぶより柔らかいな
    それ以前に皮膚がめっちゃ分厚いからそれで固く感じるとこもあるかもしれん

    コブの毛はふわふわや

    17: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)17:40:52 ID:XZw
    翌日朝、乳搾りをしに行く飼い主に同行してラクダミルクを飲ませてもらうことができた
    牛乳より濃厚で甘くて美味しい
    no title


    no title


    その後は詰め所へ戻って準備をして出発

    18: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)17:47:26 ID:fw0
    見つけたw
    続き気になる

    20: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)17:49:55 ID:XZw
    >>18
    全5スレのチュニジアラクダ話、今回が最終回や!
    何か質問とか砂漠写真のリクエストとかあれば(持ってれば)書き込むで!

    19: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)17:47:37 ID:XZw
    写真は乳しぼりを終え、食事をするために砂漠へ放たれるラクダの群れ
    no title


    夕方になり寝床を探していると、大きな門があって馬が何頭かいる、ちょっとした家畜の世話所のような場所を発見したので、そこにいる男たちに事情を説明し、今晩はそこで寝させて貰えることになった
    どういった施設なのかはよく分からなかったけど、どうやら観光客が訪れることもあるらしい

    次の日
    今日はいよいよチュニジア南部の町、タタウィンに到着する
    タタウィンは、チュニジアの砂漠に隣接している町としてはドゥーズやトズールに並んで有名なようなので楽しみだ

    タタウィンへの道は曲がりくねっていて、道路沿いに進むとかなり時間がかかりそうだったから、ほぼ直線で峠を越えてショートカットをすることにした
    実は数日前から時々道路以外の場所を歩くようにしていて、シャムスがきちんと進めるかどうかの確認は済ませてあったのでシャムスにとっても問題はないはず

    乾燥地帯を突っ切るぞ!!!
    https://i.imgur.com/jE8CPsv.jpg

    21: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)17:55:13 ID:Jyf
    ラクダの生肉食べた?

    25: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)18:00:08 ID:XZw
    >>21
    食うてへん
    というか気温が高いとすぐ肉がダメになるしハエの数もめっちゃ多いから、ラクダの生肉を食す文化のある民族は世界的にもおらんのとちゃうかなぁ

    31: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)18:07:31 ID:Jyf
    >>25
    民族写真家のヨシダナギが食うた中で1番うまい言うてたからさ

    33: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)18:10:56 ID:XZw
    >>31
    ま?

    ググったわ
    火を通すラクダ肉自体は砂漠周辺ならありふれとるけど、生肉をふつうにハラルフードとして食べる人がおるんやな…
    世界は広いな

    22: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)17:58:53 ID:XZw
    さて、道路を逸れて峠へ向かう
    最初は轍があり車輪の後がはっきりと残っている道が続いていたものの、しばらくすると途切れ、峠の野道になった
    no title

    23: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)17:59:01 ID:azf
    前のスレで見た
    シャムスと星空の写真また見たいな

    28: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)18:02:31 ID:XZw
    >>23
    今回も星空の写真撮ったから後々貼るで!

    ラストでは、だーれもおらんでかい砂丘地帯を野宿しながら越えてくで!!!

    24: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)17:59:10 ID:XZw
    とはいえ動物が通り道にしている細い筋が無数にあったから、キルギスでの経験を活かせばどの道を通れば一番良いかははっきりと分かった
    疲れないよう、遠回りになり過ぎないように、小動物の足跡や糞などを手掛かりに楽な道を辿って峠を越える
    しばらくすると見晴らしの良い場所に出てタタウィンの町も見えて来たから、シャムスの食事時間も兼ねて休憩
    no title


    朝、通りがかった集落の雑貨屋で買ったジュース
    まだ少しだけ冷たいから肌にあてるとひんやりする
    no title

    35: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)18:18:40 ID:XZw
    そして、出発

    道なき道を進むという今までほとんどやったことがないチャレンジだったにも関わらず、シャムスは落ち着き払っていてきちんと指示を聞いてくれた

    結果、難なくタタウィンに到着!!

    さっそく並走しながら質問を振ってくるラジオ記者などメディアの取材を受けつつ町へ入って休憩できる場所を探す
    (※外国人のラクダ旅が受けたらしく、チュニジアでは日本よりも有名になったから、だいたいどこの町行ってもラジオやテレビの人らが取材に来てたんや)

    ピザ屋を見つけたので少し休憩

    100円200円で食えるツナピザ美味いンゴ
    no title


    シャムスちゃんもお疲れやね
    no title

    39: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)18:20:15 ID:Jyf
    泥水みたいな水やな
    茶か?

    42: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/24(土)18:22:37 ID:XZw
    >>39
    カフェオレやぞw
    日本のとそんな味変わらんと思うけどなぁ

    62: 名無し▼副 20/10/24(土)20:14:04 ID:af3
    休憩中、ピザ屋の店主イーサが声をかけてきてくれ、店の2階にある部屋に泊まらせてもらえることになった
    ちなみにシャムスはピザ屋向かいにある建設中の建物の敷地内で明日朝まで預かってもらえることになった
    工事現場で預かってもらうパターンは今回の冒険では今までも何度かあったけど、しっかり柱などに繋いでいれば安全だからありがたい

    建設現場で働いている方々がドライブしようと誘ってくれて、タタウィンの街をぐるりと回ってくれたおかげで、おおよその街の雰囲気を知ることができた

    町の中心部
    思ってたほど都会ではなかったけど、スーパーとかあるから住み心地は良さそうな町やった
    no title


    正直なところ砂漠の町…という感じはあまりなく、少し大きめの普通の町といった感じだ
    このあたりは峠や山が多いので、乾燥していてもあまり砂漠感は無い
    中心部はたくさんの車が路上駐車されていて、所々二列になっているので道が狭く、シャムスと通るのには不向きそうだった

    明日は昔ながらのオリーブ工場があるという、シネンニと呼ばれる村に行く予定なので楽しみだ

    https://youtu.be/cDbKfzlKoqk


    63: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)21:21:52 ID:XZw
    朝、ピザ屋を出て工事現場で働く人達に挨拶をして、シャムスを連れ出発

    安全確認! ヨシ!!
    no title


    できるだけ車通りの多い道を避けて町を抜ける
    no title

    64: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)21:29:50 ID:XZw
    タタウィンは真っ直ぐな道が少なく曲がりくねっている町なので、地図アプリを確認しながらシネンニへとつながる山道へ

    ちなみに町の出入り口には境界を示す看板がある

    一応県境の看板があることもあるけど、基本は町ごとに出入り口に看板立てて認識してる感じやな
    警察の検問とかもその辺にある
    no title


    山道へ入ってしばらくシャムスに乗って進んでいると、偶然シネンニの宿のオーナーの車とすれ違い、その際にオーナーは俺を宿へ招待してくださると言ってくれた
    シネンニでは泊まるあてが無かったから、かなりありがたい
    no title

    65: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)21:41:47 ID:pxa
    ええなぁ ワイもこんなとこ行ってみたいわ

    66: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)21:55:16 ID:XZw
    >>65
    チュニジアめっちゃ良かったで!
    砂漠があるだけやなくて海もあるし、リゾート的な感じのとこも多くて町がお洒落やねん

    no title

    no title

    67: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)21:55:20 ID:XZw
    no title

    no title

    68: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:13:12 ID:XZw
    つづき
    その後は特に大きな出来事もなく山を進み、シネンニに到着
    no title


    シネンニは集落が2箇所に別れていて、宿がある集落は奥にあるようだったので、ここでも道を使わずショートカットをすることにした
    実はこの冒険に出発したばかりの時はシャムスは道路以外を進みたがらず立ち止まることもあったけど、今は連携度が上がったおかげで俺が決めたルートをずんずん進んでくれるようになった

    朝出会ったオーナーの宿、ケンザシネンニへ近づくと、気さくなスタッフが
    「日本人だ! ようこそ!(日本語) こっちだよ!」
    と声をかけてくれた

    案内されたホテルの部屋は、洞窟のような造りのめちゃくちゃ面白い部屋で、温水シャワーやトイレもしっかりついている豪華な所だった。
    no title


    夜は観光で同じ宿に泊まるフランス人のグループやマダムと話をして過ごす
    フランス人グループの中の女性が「ショートムービーを作っているからいくつかの簡単な質問に答えてほしい」と言ってきた(よくあるパターンだ)ので快諾したところ、「愛とは何だと思う?」という非常に難しい質問が混ざっていて辟易した

    69: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:24:35 ID:pxa
    >>68
    草 なんで答えたんや?

    71: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:37:16 ID:XZw
    >>69
    「愛…は、『相手の立場になって思いやる気持ち』だと思うから、つまり、愛は一人では育めない」
    みたいなこと言うたで

    そのインタビューがどこでどういう風に使われたかは知らんw

    72: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:40:10 ID:tgK
    資金はどうしてん?

    73: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:41:39 ID:tgK
    ええなああああ
    楽しそう

    75: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:53:36 ID:XZw
    >>72
    >>73
    契約社員で働いたり、リモートで翻訳フリーランスしたりして貯金して行くんや
    いうても、往復の飛行機代や食費とか含めてもこれ25万円もかかってへんけどね
    今はお金尽きてしもうた…
    良ければ本買ってクレメンス…

    これ系は、全ての責任は自分で取らなあかんから判断力いるけど、その代わり果てしない自由がそこにはあるで!

    76: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:57:12 ID:tgK
    25万でこの体験できるならやっすいな

    81: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:08:08 ID:XZw
    >>76
    せやせや
    景色めっちゃ綺麗やしおもろい人一杯おって出会えるし動物かわえぇし自然凄いし、やる前の不安と緊張からのやり切った時の達成感で出る脳汁(テストステロンかな?)の量半端なくて死ぬほど気持ちえぇし

    それが金額でいうと25万円以下なんやから、やめられへんでw

    74: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)22:42:26 ID:T2K
    あれ! ピグミー族のとこ行ってた人?
    めちゃくちゃあれ面白かったで!

    78: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:00:28 ID:XZw
    >>74
    懐かし過ぎて草

    これやねw
    アフリカの熱帯雨林でピグミー族と一緒に自給自足生活することになったバカだけど
    http://world-fusigi.net/archives/8925471.html

    no title


    あと一応同系統?として、その後カメ五郎さん(イケメン野生児系サバイバリスト/ニコ動投稿者)と一緒に神奈川の丹沢行ってカエルとかバッタとか食った話のスレもあるで

    カメさんに失礼のないようにと思ってめっちゃ固い文章で小説風に書いたスレやから、ちょっと読みにくいかもしれんしスマンが…

    ワイルドな漢になりたくて、カメ五郎さんとヒル食いに山行ってきたバカだけど【前編】
    http://world-fusigi.net/archives/9251138.html

    no title

    79: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:02:55 ID:XZw
    >>78
    あぁ、カエルとかバッタ食ったって書いたけど、メインはヤマビル試食会やったで

    87: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:21:27 ID:tgK
    ピグミーのやつ見たわ
    おもろかった

    80: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:07:12 ID:pxa
    これ食ったんか???

    83: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:09:46 ID:XZw
    >>80
    茹でたん食ったらコリコリしとったわ
    あとちょっと血の味がした?

    82: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:09:33 ID:T2K
    Goさんにリアルタイムで遭遇したの初めてで嬉しいわ
    これからも応援してます

    85: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:12:34 ID:XZw
    >>82
    ありがとー!
    質問とかあったら今の内に書き込んでってな!

    88: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:22:38 ID:tgK
    本買うわ
    五日後楽しみに待っとるで

    91: 名無し▼副 20/10/24(土)23:37:53 ID:af3
    >>88
    マジか!サンガツ!!!
    めっちゃ嬉しい!!!?

    購入者特典の4K動画、エンコードめっちゃ気合入れたし(ワイの貧弱PCやと、8分半の動画エンコードに24時間かかったで)ぜひキルギスの綺麗な街や自然の風景楽しんでな!
    (4Kやと容量的にストリーミング再生はよほど高速回線でないとキツイと思うから、4Kモニタ持ってる人はダウンロードしてから見た方が良いと思う)

    93: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:46:38 ID:fw0
    本買うけど 紙のほうでもよい?
    サイン本とかないの?

    94: 名無し▼副 20/10/24(土)23:52:22 ID:af3
    >>93
    ほんまか、超嬉しいわ!

    さっき見本届いたとこやし、見本は見本でチョルポンおばさんとかアマンとか、キルギスでの冒険中世話になったキルギス人の皆に配っていきたいし、今んとこはサイン本ないけど、
    なんかイベントとかトークライブとかがあれば、そん時に持ってきてくれればサイン書いたりするけどコロナやしどうなるか正直分からんなぁ
    前書いた本の出版時は、トークライブの時に持ってきてもらって書かせてもらったわ
    うん、紙の方がええと思う

    95: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)00:00:51 ID:rmy
    >>94
    紙本おすすめしてくれたから 
    紙にしますね

    今注文した
    はよ届かんかなw

    98: 名無し▼副 20/10/25(日)00:06:31 ID:gzW
    >>95
    ありがとう!!!?

    表紙カバーの裏とか電子版だと無い要素もあるし、表紙もすごい明るくて綺麗で良いじゃないかなと個人的に思ってるから、ぜひぜひ置いておいて貰えると嬉しい!

    96: 名無し▼副 20/10/25(日)00:02:53 ID:gzW
    【飲食店経営者または書店員の方へ】
    もしトークライブやイベントしても良いとの事でしたら、お声がけください!
    (連絡先はTwitterのDMか、ホームページのお問い合わせリンク:
    http://go-haruma.blogspot.com/p/aboutme.html)
    ※コロナ対策をしっかりしている事が前提となります

    現在東京23区内住みです
    よろしくお願いします!

    90: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)23:33:54 ID:Ina
    おんjに乗り換えたんやね

    92: 名無し▼副 20/10/24(土)23:39:42 ID:af3
    >>90
    せやね
    ここにいる人ええ人多いわ
    ワイも猛虎弁使いたかったしな

    100: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)00:11:44 ID:shk
    つづき

    次の日、早朝、シャムスと一緒に行きたかったオリーブ圧搾工房の見学へ

    実はこの圧搾工房の動力源は、ラクダだ
    チュニジアでも数少ない文化遺産とも呼べるものだった

    gifアニメ
    https://imgur.com/nE403D2.gif

    暗い円形の工房内をラクダがぐるぐると歩き、装置を回すことで圧搾が行われるという仕組みだ
    シャムスの社会経験に良いんじゃないかと思った(色々な経験をさせていたほうが、冒険後の進路の選択肢が増える)ので連れてきたけど、暗いところを怖がるシャムスには少し難しそうで怪我のリスクもあったのでやめておくことにした

    その後はラジオタタウィンから俺の撮影をしにきたという女の子たちと撮影をしてから出発
    撮影中は「ふと目に入ったシネンニの景色を楽しみつつ宿へ戻って」など細かい指示がありその通りに動いていたのでなんだか恥ずかしく、ちょっとだけ疲れた

    出発後はまたショートカットして峠を越え、ドゥイレットという町へ

    道中のようす(gifアニメ)
    https://imgur.com/FcxxeQ7.gif

    101: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)00:14:17 ID:shk
    ドゥイレットは旧ドゥイレットと新ドゥイレットに分かれていて(チュニジアではよくあること)、旧の方は歴史的な建物が山道沿いに立ち並んでいて中々壮観だった
    かなり雰囲気のある住まいだけど、ここで暮らしている人たちもいるようだった
    no title


    旧ドゥイレットは少し山奥にあり、ショートカットをしなければ訪れられなかったようなのでなんだか得をした気分だ

    その後新ドゥイレットへ行き寝床を探す
    この日はありがたいことに空き家になっている小さな家で寝させてもらえる事になった
    さらに栄養バランスの整った食事までいただけて、めちゃくちゃ有り難かった
    no title

    シャムスはその空き家の前の雑木林に繋いだので、食べ物が豊富で嬉しそうだった

    https://youtu.be/y62DOpdk_-E


    102: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)02:51:13 ID:shk
    翌日昼前、なぜかこのタイミングでタタウィン警察に取り調べを強要されタタウィン市街地へ連れて行かれた

    どうしてこのタイミングなのか、意味が分からない
    タタウィン到着時にも何人もの警官とは会っていたし中心部に近い場所では後ろからついてくる警察車両すらあったのに、どうしてその時はスルーしておいて今連行なのが、分からなかった
    シャムスはタタウィンから離れた道半ばで放置になってしまうが、それだけは絶対に許さないと強く言った結果、警官一人がシャムスを見ることになった

    入り口に鉄格子が嵌められている建物へ連れていかれ、4時間
    突っ込んだ質問などはされず、警察がやったことといえばパスポートの情報を書き写しただけだった

    返ってきたパスポートは少し折れ曲がってしまっていて、ICページの端が折れて割れていた

    道路上の職質でも済むような内容の、ほとんど嫌がらせとも言えかねない拘束を終え、夕方シャムスと合流
    シャムスは無事そうだ

    どっと疲れたので、写真撮影をリクエストされないよう人目を避け、次の村ビルアミールへのショートカットを試みる

    no title


    とはいえ村は遠く、今からだと日が暮れてしまうのは確実だった
    かといってこの辺りでテントを張るのは危険だ

    103: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)02:53:16 ID:shk
    結局、途中で長い休憩をして、月が出てから出発することにした

    半月でも月が出れば影ができる位明るいし、この辺りにはゴミは無いのでシャムスが足を怪我することも無いだろう
    辺りは平坦で砂漠ではあったものの、乾燥に強そうな硬い植物は周りにいくらか生えていた

    少し寒かったので、座って休んでいるシャムスの肩のもふもふに身を預けて仮眠を取る

    no title


    さあ、少し休んでから、月の砂漠をシャムスと進もう

    no title


    【リアルRPG 砂漠編42】パスポートのICページを折られました… 長時間拘束で村へ着けなくなり、夜の砂漠へ…
    https://youtu.be/NHOglv8Cr2w


    104: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)10:38:24 ID:shk
    そして深夜になって、月が出て来た
    no title

    no title

    105: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)10:44:19 ID:shk
    月明かりに照らされた道を、シャムスに乗ったり一緒に歩いたりして進んでいく
    ビルアミールまでは15kmほどだ
    no title


    静かな砂漠を進んでいるとだんだん楽しくなってきたので、歌を口ずさみながら機嫌よく進む
    どうやらシャムスは俺よりもはっきりと道が見えているようで、手綱を引いて一緒に歩いている時よりもシャムスに乗ってある程度シャムスに任せて進んでいるときの方がスムーズに進むことができるようだった

    夜明け前、ビルアミールの近くに到着したので、そこでまた仮眠を取る
    今行っても誰もおらず、イスラム教のお祈りの為に起きてきた人に怪しまれるだけだろう

    しばらくして明るくなったのでからビルアミールへ行き少し休むも、村全体的に長居できる雰囲気では無かったから昼過ぎ頃に出発することにした
    no title


    近頃はコロナ起因のアジア人差別が始まっていたから、その影響もあるかもしれない

    106: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)10:46:16 ID:shk
    とりあえず互いの腹ごしらえと、シャムスの餌の買い出しはした
    no title

    no title

    107: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)10:49:36 ID:shk
    次の目的地はオアシスがあるというクサールギレン、そしてその次はゴールのドゥーズだ
    ここからだとドゥーズまで230kmほどあるものの、村らしい村はクサールギレンだけのようだった
    no title

    さて、いよいよゴールも近く終盤だ
    ここからは道路は使わず、砂漠を抜けてショートカットしていくのが良いかもしれない

    というわけでまずは山や丘に囲まれた砂漠地帯を抜けてクサールギレンを目指すことにした
    ビルアミールからの道路を外れ、クサールギレン方面へ向けて山の谷間へ
    no title



    https://youtu.be/bP0pPADt-vk


    108: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)10:53:13 ID:shk
    どうやらここから先は谷の道が迷路状にあちこちへ伸びているようだったので、GPSで自分の位置をこまめに確認しながら進まないといけないだろう

    谷へ入ってすぐの所でテントを張るのにちょうど良さそうな場所を見つけたものの、色々な可能性を考えシャムスと一緒にその場に座って待機し、しばらく様子見をすることに決定
    no title


    この辺りには真新しいヤギの糞が多かったので遊牧民の方がいるだろうと考えての判断だ
    予想通り、しばらくすると谷の出口へ向けてヤギや羊の大群が少し離れた丘を通り過ぎていった
    no title

    遊牧民の方もヤギたちを追い立てる形で後ろからやってきたものの、明日の出発時間等を考えて敢えて接触せずやり過ごすことにした

    109: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)10:56:20 ID:shk
    その後、辺りが薄暗くなってからその場にテントを張って野宿をする
    no title


    夜、テントにちっちゃいネズミが遊びに来たりしたので少し癒やされた
    時々シャムスのようすを確認しながらまったり就寝
    no title

    110: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)10:59:50 ID:shk
    翌日朝、顔をあげてテント入口のメッシュ越しにシャムスの様子を確認して驚く

    シャムスの周りの景色がちょっと霞んでいた
    テントから顔を出すと、テントの外側がびしょびしょになっていて、いかに湿度が高い状態かが分かった
    空もどんより曇っているようだ
    no title


    こんなことはチュニジアでは初めてで、しかもこんな砂漠でジメジメした気候に出会うとは思っていなかったけど、ひとまず大きな危険となる大型動物などは居ないはずなので、視界が悪くとも予定通り進むことにした
    しばらく準備をしてテントを撤収してから、出発!
    no title

    111: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)11:02:54 ID:shk
    シャムスに乗ったり降りて歩いたりしながら、ひゅおおおという風の音と互いの足音だけの世界を、ゆっくりと進む

    出発直後はまだ少し視界が悪く、今歩いているのが最善、最短のルートかの確信は持てなかったものの、むしろ心は普段以上に落ち着いていた
    先のことは分からない方が面白いし、乗り越えられたときの気持ちよさをより一層強く感じることができる

    しばらくすると見通しが良くなり、緩やかな丘が遠くまでずっと続いているのが分かった
    no title


    おそらく今日中にこの谷を抜けるのは無理そうなので、どこかでまた野宿する必要があるだろう
    しばらく歩いているとトカゲを見つけたので、捕獲
    no title


    ネズミはカメルーンで食べたことがあったから昨日は見逃したけど、トカゲはまだ食べたことが無い
    今日か明日、野宿時に焚き火で焼いて食べることにしよう

    112: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)11:07:17 ID:shk
    そして、クサールギレンへの谷間の中間地点に当たる場所に到着
    no title


    しかしなんと、ここまで人里離れた土地であるにも関わらず、前方から羊やヤギの鳴き声が聞こえてきた

    最寄りの集落は何十kmも離れているはずだけど、どうやらこんな所で遊牧をしている人がいるらしい…

    ※画質が低くて分かりにくいけど、画像中央少し右上の黒と白の点が羊とかヤギや
    no title


    https://youtu.be/jYJJVFiEvxw


    115: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)13:10:45 ID:shk
    どんな人が暮らしているのか興味が湧いたので、ヤギと羊の群れに合流し、その群れを誘導していた2人の男と話すことにした

    タハールという同年代の男とアイメンという若者で、アイメンは10日ほど前に来たばかりでこの辺りのことはよく分かっていないらしい

    タハール
    「おう!
    何だお前!
    どっから来た!」

    タハールは常に叫ぶように話、かなり声が大きくて語気が強い
    おそらく怒っているわけではなさそうだけど、そう聞こえないこともない調子で話す


    「日本から来てまして、ラクダと旅をしています
    すみません、ここから離れた所でテントを張って寝る予定です」

    タハール
    「いや!
    俺のテントに来い!
    男2人で退屈してたから、大歓迎だ!!」

    かくして、タハールの強い調子に押され、この日はタハールとアイメンが暮らすテントで寝ることになった
    no title


    タハールによると、この辺りには他の遊牧民はおらず、10日前にアイメンが来るまではタハールが1人で遊牧をやっていたそうだ
    どうやらタハールは200匹のヤギ、羊を遊牧しているらしい

    新鮮なヤギのミルクを分けてたくさん飲ませてもらえた
    https://i.imgur.com/AN5yc3O.jpg

    116: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)13:11:03 ID:shk
    タハールは、「このヤリ○ンが! ち○こ!!(チュニジア語のスラング。おそらく日本での「クソ!」に当たる表現で、現地の若者はけっこうち○こち○こ連呼してる)」等と汚い言葉を叫びながらタハールは羊を追い立て、自分のテントの直ぐ側にある安全地帯へ羊たちを戻していた
    no title


    ワイも手伝うで!
    no title

    118: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)13:13:54 ID:shk
    その後、タハールは一匹のヤギを担いで隔離し、何やら作業を始めた
    ヤギは明らかに異常な頻度で鳴いていたので何かの病気か…?と考えていたけど、どうやら陣痛だったらしい
    小さなヤギの赤ちゃんが生まれ、生まれたばかりなのに母ヤギのミルクを飲み始めた

    夕食はトマトとヤギミルクのクスクスで、これまで食べたクスクスの中で一番美味しかった
    no title


    タハールは何と17人兄弟らしく、国内外の多くの地域に血の繋がった兄弟がいるとのことだ
    日本では中々考えられない大家族だ
    タハールが常に大声なのは、16人もの兄弟に囲まれて暮らしてきたからなのかもしれない

    夜、タハールたちが寝静まってからこっそりテントを出てシャムスの側で空を見上げる
    朝とは打って変わって澄んだ空が星で埋め尽くされていて、ただひたすらに素敵だった

    no title


    https://youtu.be/ZUriNdfF6D8


    123: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)16:23:57 ID:rmy
    >>118
    シャムスと星空すごいキレイ

    124: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)17:31:49 ID:shk
    >>123
    昔のスレでも撮ったりしとったけど、
    砂漠×ラクダ×星空
    ってなんか夢があってすごい好きやわ

    no title


    http://world-fusigi.net/archives/8015442.html

    120: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)13:17:21 ID:oXI
    まとめで見たことあるが初めてリアルタイムに遭遇したわ

    121: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)13:30:47 ID:shk
    >>120
    何か質問とかあったら言うてやー

    122: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)16:15:25 ID:shk
    翌朝起きると、また濃霧が辺りを覆っていた
    どうやらタハールによるとこの辺りは毎日こんな感じらしい

    荷物袋に入っている草の残量が少し心もとなかったので、シャムスの前足を結んで遠くへ行かないようにしてから放置して周りの草を食べてもらうことにした
    この辺りにはところどころに硬い草が生えていたので、シャムスはそれらに顔を近づけて見定めてから、ボリボリと朝ごはんを食べ始めた
    no title


    今日は昨日よりも少し早く霧が晴れ始めたから、昨日のように五里霧中を楽しむ時間はあまりなかった
    no title

    125: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)20:22:47 ID:shk
    no title


    夕方、谷の出口、クサールギレンへ続く国道付近に到着
    ここからクサールギレンまではあと20kmくらいだ

    国道沿いでテントを張ると危険なので道から見えない所にテントを張ろうとしたものの、出口付近で遊牧をしていた年配の女性がかなり敵対的な雰囲気だったので野宿場所を変えることにした
    その女性と話した際も特に何もしては来なかったが、経験上夜になってひと悶着ある可能性もあるので移動すべきだろう
    さらに国道へ近づき、女性の暮らすテントから見えない所で野宿をすることにした

    本当は今日焚き火をしようと思っていたけど、女性に居場所がバレる危険があるので断念することにした
    明日の昼ごろにはオアシスについてしまうので、このままだと捕まえていたトカゲは食べる前に弱って死んでしまうだろう
    すでにそこそこ弱っていたので、トカゲは逃してやることにした
    バイバイ、トカゲ

    命拾いしたな!!
    https://i.imgur.com/PMb93GF.jpg

    126: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)20:42:37 ID:shk
    夜明け前、国道横断しクサールギレンへ向かう
    no title


    国道沿いにあるいても良かったけど、国道をまたいだ向こう側は砂砂漠が広がっているようだったので、せっかくなので砂漠を抜けてクサールギレンへ行くことにした

    やはり朝になると霧が出てくるようだった
    五里霧中!
    ※gifアニメ
    https://imgur.com/djDRiKU.gif

    【リアルRPG 砂漠編46】冒険中の電気について
    https://youtu.be/Np0yMMf-YOE


    127: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:04:02 ID:shk
    クサールギレンの近くでは、昨日までの谷とは全く違う綺麗な砂砂漠が広がっていた
    植物も少しは生えていたけど、これまでの砂漠と比べるとかなり少ない

    gifアニメ
    https://imgur.com/jhwUeIu.gif

    いくつもの砂丘が重なり合って滑らかな曲線を描く、砂の世界
    高さ数mの大きく盛り上がった砂丘をシャムスと一緒に越えていると、自分たちが小人になったような錯覚に陥る

    実は世界の砂漠の殆どは岩砂漠で、砂丘があるような砂砂漠はほんの少ししか無い
    とはいえ、やっぱり砂漠といえばこれだろう

    死ぬなら砂漠、と決めている俺にとって、その不思議な空間は理想郷とも言えるものだった
    例えば真夏、ここを訪れて遥か遠くへ彷徨えば、灼熱の太陽に灼かれて理想の死を迎えることができるんだろうか
    シャムスとの砂漠の冒険に挑むことができ、既に生涯に満足している俺にとって、死に方はとても重要なことだ

    128: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:04:31 ID:shk
    …けど、今はまだ死ぬべきときではないらしい
    村も近く、体力も装備も十分だ

    さあ、クサールギレンへ行こう

    そうは思いつつも、高まる心を抑えきれなかったので、笑いながら砂丘をガシガシと走って越えていく
    シャムスに乗って砂丘を越えることもできるけど、やっぱり自分の足で踏みしめないと!
    自分の足で砂を踏みしめて走ればより一層砂丘を感じることができるし、息切れをすれば自分が生きているってことをより一層強く感じることができる

    一歩一歩、歩くたびに砂に足が吸い込まれる
    それに加えて急な上り下りも合わさるので、これまで歩いてきたどんな場所よりも歩きにくい

    なんて不自由なんだろう
    砂丘は俺の自由を奪い、俺が進むのを阻止しようとしている
    楽しくて仕方がなかった

    まだまだ!
    この程度じゃ俺は負けない!
    余裕で走れる!!
    no title

    129: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:08:11 ID:shk
    至福の時間を過ごしている間にクサールギレン、オアシスのナツメヤシ畑はどんどん近づき、そして遂に到着
    どうやら宿もありそうなので、ここはゴール前の最後のセーブポイントだ
    no title


    クサールギレンの中心部はかなり観光地化されていて、オアシスの温水の池では水浴びをする観光客がたくさんいて、周りはカフェや雑貨屋で囲まれていた
    その近くには砂漠を走り回る為の小型の4輪車もある

    村を歩いていると、近くのレストランにいた男から声をかけられた

    「大いなる幸せは?」


    「向こうからやってくる!!」

    2ヶ月ほど前、チュニジアで大流行していた言葉だ
    ドゥーズでは俺がそれを言った動画が少しバズったのでドゥーズでは俺は有名人だった
    遂にドゥーズ付近まで帰ってきたということだろう

    声をかけた男はなおも話し続けた
    少し距離があったけど、よく見るとかなり見覚えのある顔だ

    …あぁ、ドゥーズ(出発地点)の宿のスタッフのムハンマドさんか!

    130: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:15:10 ID:shk
    ムハンマドさん
    「おぉ、『ゼーヒ(幸福)』じゃないか!
    ここまでよく来たなぁ!
    これからドゥーズへ行くのか?
    頑張れよ!」

    「幸福」というのは俺のドゥーズ宿でのあだ名だ
    どうやらムハンマドさんは現在ここのレストランで働いているらしい
    ムハンマドさんは俺にレストランで使っているフランスパンを4本ほど分けてくれた
    この辺りでは家畜用の草は入手困難なので、シャムスの食料になるだろう

    久しぶりに知り合いに会って驚きつつ、宿(といっても寝床は敷地内に設置されたテントという、簡易的な宿だ)にチェックイン

    その後は水浴びを少ししてから同じ宿に泊まっているフランス人のマダムと雑談をし、就寝

    そして1日だけ休んで、俺は最後の砂丘越えに挑むことにした
    no title


    いよいよ、ラスボスの最終形態だ
    砂砂漠を越えて砂漠を100km以上彷徨い、ドゥーズへ!!

    no title


    https://youtu.be/eXGETTmOD5A


    131: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:21:07 ID:shk
    2020年2月21日
    朝5時過ぎ
    シャムスに穀物をやってから、出発
    no title

    今日は35km進む予定だ
    穀物をめいっぱい積んでいてシャムスの負担が大きいので、今日はシャムスに乗らずに歩いて砂丘を越える

    クサールギレンからドゥーズへは直線で80km位だけど、それだと少し物足りない(クサールギレンまで突っ切って来た霧の砂漠は歩行距離86kmほどだった)ので直線では向かわず、
    まずはクサールギレンから西へ進んでから北へ直角に曲がるようなルートでクサールギレンへ行くことで100km以上砂漠を彷徨うことにした

    出発後すぐに砂丘地帯に入ったので、砂丘の山から山へルートを模索する
    といっても山同士の高低差が激しいので、登ったり降りたりを何度も繰り返さないといけない
    少しでもシャムスが楽に歩けるようにと歩きやすい道筋から少し逸れたところを歩くせいで、俺の足は砂の下へと大きく沈み、一歩一歩は重たいものになった
    同じように見える砂丘でも、足が沈む柔らかい砂と硬い砂があるようで、ぱっと見ただけでは分からないので神経を使いながら足を運んでいかないといけない
    no title

    132: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:24:26 ID:shk
    これまで歩いたどんな山道よりもハードな道だったので、数時間歩き続けると息が乱れてペースが落ちてきたものの、俺の心は感動に大きく揺さぶられていた

    誰も居ない、砂だけの世界
    いくつもの砂丘が折り重なっているせいで見通しが悪く、あと何km歩けば抜けられるかも分からない砂丘地帯
    植物は少しだけ生えているものの、水はなく、キリアツメゴミムシダマシという砂漠に対して適した進化を遂げた虫(背中に疎水性/親水性の凸凹があって早朝湿度が高い時間帯に水を得ることができる虫)以外に動くものは無かった
    no title



    さぁ、あともう少しでドゥーズだ…!
    シャムスとのこの冒険も、この砂丘地帯を越えれば遂に終わる

    自分の存在についても、どうやら今回の冒険で決着は付いた

    周りを取り囲む砂丘を眺めながら、自分の過去についてゆっくりと思いを巡らせる

    29歳の俺は、記憶をなぞって現在からどんどん遡り…
    大学時代のことを思い出していた

    133: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:26:13 ID:shk
    スマン、当初の予定では
    大学男子寮で個性開発編 → 休学して東京で親友たちと起業準備編 → 闇落ちナンパ修行編…
    と書こうと思ってたんやけど、この辺くっそ長すぎるし比較的暗い話やし、書く時間なさそうだからほぼ端折るわ

    まぁ何か衝撃的なことがあったと思っといてくれれば

    高校までと大学以降では、プログラミングスキルや交渉スキルをそれなりに得たってのと、ブレイクダンスやってるハイスぺな友人の協力とスキルの応用で運動能力もだいぶ上がったってのが大きな変化やな

    あとは闇落ちした時に意識やアイデンティティの連続性も途切れたわ
    前後の記憶は未だに抜けてるし、自分が誰か分かんなくなって自分の存在とかまだのうのうと生きている事実に強烈な違和感を覚えるようになって、それまで使ってた「俺」よりも不自然な「おれ」って一人称を使うようになった

    とりあえず大学復学した頃の話から書いてくわ

    134: 名無しさん@おーぷん 20/10/25(日)23:32:20 ID:shk
    東京では、親友たちも最愛の彼女も僅かに芽生えていた自信すらも全てが一気に崩れ消え去り、死ぬことしか考えられなくなり、おれは死に場所を探すようになった

    今まで毎日のように聞こえてきていた「生まれてきてごめんなさい」という自分に向けた頭の中での言葉が、何か考える度、常に頭の中で反響するようになった

    親の期待に沿うこともできず、失敗に失敗を重ねた人生で、ここまで苦しんできてようやく掴めそうになっていた「胸を張って生きる権利」のようなものも、粉々になって消えていってしまった
    あるのは記憶力が高いとかいう気持ち悪い能力と、気持ち悪い人格だけ
    何の価値もない人間で、何の価値もない人生だった

    とはいえ、せめて死ぬときくらい、自分がしたい最高の状況で死んでもいいんじゃないかと、そう思った
    自爆テロとかそういったものでなければ、おれのような無価値なバカであっても、死に方くらい自分で選ぶ権利はあるだろう

    その時おれは、アメリカ、ラスベガスの古びたモーテルのベッドの上にいた
    ほぼ一文無しの状態から、得意のブラックジャックをぼんやりと打ち続けて勝ち、ようやく体を休めじっくりと考えられる空間を手に入れたところだった

    135: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)12:20:09 ID:6RN
    色あせたオレンジ色のベットの上で目を瞑り、自分が人生の最後にどんな光景を見たいか、想像してみた

    ……

    砂……

    砂だった

    そこで頭に浮かんで来たのは、真っ青な空とギラギラ輝く太陽、そして茶色い砂の大地だった
    そこには、実際には見たことすらない、大きなコブのある大型の草食動物もいた
    おそらく、今まで自分が経験してきた世界から一番遠く一番離れた世界を想像したんだと思う

    砂漠で、全力で奮闘して死ぬことがとても美しく感じられた

    そうか、おれは最期に砂漠に行きたいのか
    no title

    136: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/26(月)12:21:31 ID:6RN
    寝ている状態から起き上がって、改めて考える

    砂漠というと、サハラ砂漠だろうな
    でも、そうなると砂漠で奮闘する前にイスラム教徒の過激派に殺されてしまいそうだ
    よほど言葉も交渉も長けた人間でないと、砂漠へ行く前に死んでしまうに違いない

    それに、より砂漠らしい砂漠、奥地へ行くにはラクダにだって乗れないといけないだろう

    …でも、それで最期だっていうなら頑張れそうだ

    それからしばらくして、おれは日本へ帰国した

    137: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/26(月)12:29:28 ID:6RN
    理想の死を迎える為には、まず何よりも、交渉力、コミュ力を鍛えないといけないと考えた
    歌舞伎町では客引きで結果を出せはしたけど、交渉力という点で言えば、もっともっと相手と深い関係になって関係が築けるような、そんなより実践的なコミュ力が必要だ

    その為におれは、京都祇園で死ぬ気でへらへらしながら毎日のように酒を飲み、修行を積んだ

    そして、その時にセフレだった年上のキャバ嬢に言われた一言がきっかけで、おれは少しだけ救われて少しだけ前向きになることができた

    理想の死を迎える為の、次のステップへ進もう

    語学スキルを磨いたりより視野を広げたりする為に、大学に復学することにした
    ナンパをしたり何度もキャバクラに連れて行ってくれたセンパイがよく「男を育てるのはいつも女」と言っていたけど、その通りかもしれない

    139: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)12:58:56 ID:PmL
    がんばれ

    141: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/26(月)19:07:26 ID:6RN
    >>139
    サンガツ!?

    142: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)20:19:39 ID:Mp4
    つづき

    ナンパと酒に満ちた自堕落な生活にある種ケジメをつけるべく、夜の世界の人たちや当時付き合っていたドイツ人女性とは別れ、そしておれはほとんど知人がいなくなった状態の大学に戻った

    理想の死を迎えるにはまだまだ語学力や現場での判断力を磨く必要があったから、おれは大学にもほどほどに通いつつ、金を貯めては短期間発展途上国へ行って治安が悪そうな場所に飛び込む生活を始めた

    でも途中で、砂漠まで待てなくなり、ほとんど人がいない離島で達成不可能なサバイバルをしようとしたこともあった
    もう生きるのはたくさんだった
    生きる権利を持っていないおれが生きているという違和感に耐えられなくなった
    人がほとんどおらず食べられる植物もほとんど自生していない島で毎日走り、泳ぎ、移動して体力を使い切り、水もほとんど飲まずに4日絶食して、ついに海辺で倒れ、全く動けなくなった

    ここまで力を使い切ったのは初めてだ
    破片となったサンゴの死骸がチクチクと痛くて体が痺れる中、このまま数日動かなければ死ねるだろうと穏やかな気持ちになれた

    143: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)20:20:59 ID:Mp4
    でも、死ななかった
    山一つ向こうで暮らす老婆が偶然にも散歩をしたらしく通りがかり、おれは助けられた

    やはり中途半端な死はいけない
    全力で努力した結果あと一歩及ばず砂漠で死ねるように頑張るべきだと再確認し、老婆に迷惑をかけたことも反省しつつ、おれは大学近くの下宿先へと戻った

    144: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)20:22:56 ID:Mp4
    さて、実はおれは、高校の頃から厄介な発作を患っていた

    自己否定感がとても強かった高校時代、両親から「好きになれなかったから敬語で話しましょう」と言われて以来、俺は家の離れにある空き家で一人で暮らすのを好むようになった
    物置として使われている三階建の空き家だった
    両親とはほとんど顔を合わせなくなり、空き家で自炊をすることが多くなった

    やはり、俺は人間の失敗作なんだと再確認した
    勉強が出来ようが何ができようが、誰からも期待されていないし、生まれてしまったことが罪なんだと感じた

    この頃から、俺の体は少しずつおかしくなっていった

    145: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)20:35:02 ID:Mp4
    始めのうちは、カラオケに行った時だけ、うまく動けなくなって息がつまり、しゃっくりが止まらなくなるという症状だった
    でも、次第にそれは悪化して、数年経つ頃には毎日7~8時間活動するだけでしゃっくりが止まらなくなり、電車の降車駅だろうが横断歩道の半ばだろうがうまく歩けなくなった
    落ち着けばゆっくりそろりそろりと動くことはできたけど、下を向きっぱなしの体勢なので前は見えず、その間もずっとしゃっくりは続いていてその度に胸が強く傷んだ

    しゃっくりは寝るまで収まらず、起きている場合は1000回を超えても全く止まる気配がなかった
    その状態で少しずつ動くことはできたものの、しゃっくりが出てからも何時間も行動していると、その後3~4日は胸の痛みが収まらず痛みを耐えて過ごさなければいけなかった

    何度も何度も、いくつもの総合病院に行って検査したけど、結果はどこも「異常なし」「気のせい」だと診断された

    となると、俺の心が弱いのが悪いに違いない

    146: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)20:39:34 ID:Mp4
    俺の心が弱いせいで、俺はささいなストレスに耐えきれず、それによって日々の活動を制限されているらしい

    ちなみに、小さいころからおれは、30歳までには何らかの原因で死ぬという確信を持っていた
    自殺にしろ事故にしろ病気にしろ、おれには30歳以降の人生は無いと確信していたから、小学校の高学年以降で30以降の人生に思いを馳せたことはなかった
    早ければ20代前半で死ぬのだろうと思っていたから、人生設計と呼べるようなものは一切しなかった
    おれには老後は存在しないと当たり前に考えていた

    だからこの発作でも、やっぱり俺は30歳までしか生きられない虚弱な心と体なんだろうな、と思った

    バカで何の取り柄も才能もないくせに、俺はその上心も体も弱いらしい

    147: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)21:28:01 ID:Mp4
    友達は俺の「発作」が出るといつも手慣れたようすで必要に応じて介抱してくれたけど、俺は、友達と遊ぶのは楽しいはずなのに、幸せなはずなのにストレスなのか緊張なのか、発作が出てしまう弱い心の自分が許せなくなった

    俺のようなゴミと仲良くしてくれる心の広い友達に、迷惑をかけるのが本当にとてもとても辛かった
    だから、心がボロボロになって気付くとアメリカにいたあの時以降、友達と関わるのが更に辛くなり、スマホのSIMカードも捨てて連絡を絶っていた
    おれは独りになり身軽になったはずだったけど、それでも発作は収まらなかった

    その発作について、大学復学前、祇園で出会った別のキャバ嬢が「ごーたろー君のその発作、逆食(逆流性食道炎)にちょっと似てるなあ。あたしそうなんよ。変なしゃっくりとかは無いけど」と言ってくれたことで、おれは一歩前進することができた
    そのキャバ嬢は薬学部を卒業していて医療にも詳しかった

    とりあえず胃カメラを受けたら?と勧めてくれたので大学に復学し金を貯めてから胃カメラを受診したところ、異常が見つかった

    148: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)22:00:30 ID:Mp4
    高校の頃からのストレスで後天的に物理的異常が生じた可能性があるらしい

    その物理的な異常を治す手術をすればしゃっくりも止まる気がしたけど、医者に相談したところ
    「しゃっくりは症例としてあがってないから、それを止めるために手術はしてあげられないよ。他の症状もしゃっくり以外は穏やかなようだし、何にせよ手術はできない」
    と断られた

    当時日本では欧米と違ってその手術があまり浸透していなかったので、医者がそう言うのも無理はなかったかもしれない

    まぁ、あと少しの命だし、できないものは諦めよう

    とはいえ、砂漠の奥地へ行くためには、肉体的により強くなる必要はある
    おれは体力と戦闘力を上げるために、キックボクシングジムに入門した
    死ぬために死にものぐるいで練習に励んだ

    師匠は「こんなに努力できる奴は初めてだ!」と喜んで、おれを内弟子にしてくれた
    ※内弟子:弟子の最上位格。ジムの掃除などの手伝いをして毎日トレーニングをする(基本週6で4時間だった)
    月謝が不要で日々食事などもいただけて、道場に住み込むことがある

    大学の関係で一緒に住むことはしなかったけど、師匠は毎日のように奥さんが営んでいる居酒屋に連れて行ってくれて、おれに腹いっぱい食事を与えてくれた

    149: 名無しさん@おーぷん 20/10/26(月)22:05:12 ID:Mp4
    おれは復学してからキックボクシングを始めるまではできるだけ人との関わりを避けて生活をしていたけど、師匠の長男や次男の勉強を見たり、奥さんや居酒屋の常連さんたちと世間話をしたりすることを通じて、おれの心を縛り付けていたものが少しずつ緩んでいった
    これまでに経験したことがないほどの、皆の和気あいあいとした優しさのおかげで、おれは少しずつ、前向きに考えられるようになってきた

    …そうだ、絶対に死ななければならないわけではないだろう、死ぬべきってだけで

    例えば、謎の技術でアラビア語とかもすごい話せたりしてラクダも現地人顔負けに操れて、砂漠を何百キロも(サハラ砂漠を完全に横断する場合でも、道の無い砂漠横断は最大数百キロだった)
    あっさり乗り越えられてしまうような、今のおれから見て訳分からんレベルで最強の人間になれたなら

    無理だろうけど、そこまで最強になれたなら、生まれた罪を相殺して、堂々と生きても良いに違いない

    150: 名無しさん@おーぷん 20/10/27(火)00:49:08 ID:SXt
    師匠たちのおかげで、おれは心からそう思えるようになった

    タイムリミットは、30歳だ
    それまでに無理そうなら、事故や病死よりも砂漠での自殺を選んだほうが良い

    ほぼ不可能な条件付きではあるものの、自分を許せる余裕が僅かに芽生えた

    そう思えた以上、もし達成できればおれは間違いなく精神的に自由になれるだろう
    おれは遂に、胸を張って生きる為に自分が自分に求めていた水準をはっきりと自覚することができた

    しかしここで、疑問が生じた
    死ぬための舞台と同じく、死なないための舞台も砂漠だったのは、よく考えると少し不思議だ
    別に同じである必要はないし、そもそも生きる権利を勝ち取るための舞台や基準に地理的な制約が加わる必要も全くないから不思議だ
    でも、死ぬにしろ死なないにしろ、砂漠に挑みたいという強い思いは変わらなかった

    だからおれはそこで気付いた
    …あぁ、おれにとって、死ぬ前に最後に見たい景色というのは、すなわち死ぬまでにどうしても見たい景色、自分が最もやりたいことだ

    がむしゃらに能力を高め、ラクダと共に砂漠へ挑んだ時に見られる景色

    おれが生涯をかけるべき最大の夢は、あらゆる状況に対応できる位能力が高まった状態で、砂漠にラクダと共に挑むことだったんだ…!!

    151: 名無しさん@おーぷん 20/10/27(火)00:52:11 ID:8jo
    いつも楽しみにしてます

    152: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/27(火)11:57:30 ID:X4I
    >>151
    さんがつ!
    励みになるわ?

    153: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)01:42:57 ID:Ky1
    そうと分かれば、より一層全力で挑まないといけない

    生き残るために、使えるものは何でも使おう
    生存率を0.1%でも上げるため、スマートウォッチと連携できるオフライン地図アプリと、同じく連携できるラクダ用の発信機を自作した
    砂漠踏破について相談できるような人間は周りにいなかったけど、昔砂漠をラクダと冒険した探検家の方のトークライブに行ったりして情報を集めた

    あとは、匿名掲示板なら砂漠に詳しい人がいる可能性もゼロではないと考え、スレを立てて聞いてみることにした
    ネットの世界なら、おれと似たような境遇・特徴や思想を持つ人に会えるかもしれない、とも考えた

    そうして準備をして、おれは砂漠をラクダと旅しようとエジプトへ渡航した

    でも、全く歯が立たなかった
    イスラム国全盛期という国際情勢の問題は大きかったけど、それ以前に、砂漠に挑むには自分の能力が途方もなく不足しているという事実を痛感した

    ラクダに乗る練習もしたし、言語は英語と片言のアラビア語ながらもそこまで問題はなかったから、砂漠への対策は思いつく限りしてきたつもりだったけど、仮にイスラム国の件が無くても砂漠へ出発できる気がしなかった

    154: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:11:20 ID:Ky1
    …となれば、砂漠のことだけを考えていても砂漠踏破には届かないということだろう
    仮に偶然うまくいったとしても、それじゃあおれはおれを認めない
    そこで自殺するだけだ
    自分が思い描いたハイスペックな自分になれたという自覚が得られなければ、おれにとってそれは前向きな自殺にしか結びつかないだろう
    唯一死なずに済むルート、謎に最強な人間になるには、もっと幅広い経験をつんで時間をかけないと無理そうだ

    まずラクダの扱いが全然駄目だ
    最初はロバとかの扱いやすそうな動物から始めよう

    馬に乗るのは高い技術が求められそうで難しそうだけど、もし万が一できればゲームの世界の話みたいだし、訳わからんレベルでハイスペックになるには乗り越えるべきものかもしれない
    今のおれじゃあとてもできそうにないけど、物凄く楽しそうだ
    あとはラクダは群れで行動するらしいからそれに近い羊とかも、難しそうだし楽しそうだ

    死ぬ可能性が高い道を歩もうとしているにもかかわらず、楽しそうだと思えた

    この時点でおれは、エジプトで目的を果たせず敗北したにもかかわらず、というか、敗北したからこそ、これまで感じたことのないピリピリとした高揚感に包まれていた
    もう既に、スキルの応用をすることで殆どのことは高い水準で実現できるようになっていた
    実現できる、つまり勝てると分かっている勝負はつまらない

    でも、ラクダと砂漠を踏破するという「壁」は、おれが本気を出しても全く崩せなかったし、どうすれば崩せるのか想像すらできないほどに様々な方面の高い能力が求められる、極度に難しく手強いものだった
    フィリピンへ行方不明の友達を探しに行った時も似た感覚に陥ったけど、エジプトでの遊牧経験はそれよりもさらに強烈だった

    学校を卒業して、就職して、結婚などをしつつ定年まで働くという、多くの先人が歩み整備してきた安全地帯の「枠」の外側にある常識の通じない荒涼とした世界を、おれははっきりと知覚した

    こんなに難しいものは初めてだっ!
    やっぱりこれは、生涯をかけるに相応しい!
    超、挑みがいがあるじゃないか!!

    155: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:12:36 ID:Ky1
    この調子ならロバや羊と外国を踏破するのもかなり難しいだろうし、馬に乗って草原を巡るのなんかは今のおれでは実力不足で実現不可能だろう
    楽勝でつまらないかもしれないという心配をせずに気兼ねなく本気が出せる、全力でぶつかることのできる「好敵手」が一気にたくさん思い浮かんだことで、興奮が全身をかけめぐって体中に満ちた

    よし、地域も砂漠に限らず、ジャングルとか平野とか草原とか雪山とか、とにかく色んな経験を積もう
    あぁ、ラクダは砂漠の船と呼ばれているから、小舟で海を航海する経験も何かしらの役に立つかもしれない
    太平洋横断でもしようか
    砂漠踏破の成功確率を僅かでも上げるために、できることは何でもやろう

    30までに死ぬという確信はまだあったから、間に合うんだろうかという不安は常にあったものの、結果的にそれがおれの死ぬ気の努力量や能力の向上速度に拍車をかけた

    こうしておれは、ロバや犬猫たちと野宿旅を行い、馬や羊とも野宿旅を行って、ヨットでの日本一周も達成した

    それらの野宿旅は、はじめは砂漠踏破の為の経験値稼ぎとしての動機が強かったものの、それぞれ全てが圧倒的に強烈な体験で、おれは情緒を大きく揺さぶられ、とても得難く尊いものとなった

    孤独に異世界へと挑み続けたことで物事の見方や考え方は目まぐるしく変わっていった

    より自由でより楽に生きることができるようになり、更には周りの人や動物を気遣う余裕すら出てきた

    159: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:19:08 ID:Ky1
    それらの冒険準備では様々な能力の習得が求められた

    大学での能力開発や東京での元親友たちとの経験から、おれは既に任意の分野に対して最大毎日16~18時間「没頭」し続けられる技術を身に着けていた
    気象予報士などの難しいと言われる国家資格であっても、フルタイムで働きながら毎日平均10時間くらい勉強してあっさりと合格できるようになった
    渡航先の言語も、金を溜めながら毎日10時間以上勉強し続ければすぐに話せるようになった

    勉強については、元々記憶力が異常に高く、昔もののけ姫のセリフを全暗記したり単語帳を一冊丸暗記できたりするレベルだったのも影響してると思う
    スピーキングやリスニングについては、生まれつき耳が繊細で細かい発音を聞き分けられたおかげもあるかもしれない
    (音楽の専門学校に在学中は、複数の先生から「耳は既にプロ並」と言ってもらえていた)

    勿論、苦手なことは得意なことより努力しづらかったけど、昔からむしろ苦手なことにこそ飛び込んでいくような獰猛なバイタリティは持っていた
    小さい頃から、何かをするためのエネルギーは外部から与えられているかのように無限に補充されていた
    だから、どんな行動を起こすのも苦ではなかった

    後で知ったことだけど、この無限のエネルギーや長時間持続可能な集中力、強い想像力はどうやら「過度激動」と呼ばれているようだ

    日本ではあまり認知されておらず、対応や子どもへの配慮等もほとんどなされないものだった
    それについての資料によると、他人と同じように考え行動できない側面も含めてこれらは「神からの贈り物」らしいけど、過去の人生経験から、あまりにマイナス面の大きすぎる酷い贈り物に思えた

    この過度激動を持つ人間のグループは、教育学上では「ギフテッド」と呼ばれていた

    160: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:20:19 ID:Ky1
    ギフテッドについて少し補足説明する
    特徴を羅列するとこんな感じや

    ・常に過剰なエネルギーを持ち好奇心が旺盛
    ・常に挑戦することを渇望する
    ・独特な学び方で習得速度が異常に速い
    ・記憶力が非常に高い
    ・言語を扱う能力が非常に高い
    ・視覚や聴覚などが非常に繊細で敏感
    ・複数の分野に対して力を発揮できる
    ・型破りな発想力があり、異なる分野の共通点を見出せる
    ・白昼夢(空想や想像を映像として見ること)に没頭したり、内省に多くの時間を割いたりする
    ・問題解決能力や洞察力が非常に高い
    ・創造的な活動を強く好む
    ・博愛的で完璧主義

    車に例えるとレーシングカーみたいなもんかもしれんな
    一般車道ではうまく走るのが難しいし、目立つ上にコスパも悪い
    レール(一般道)から外れた場所でこそ力を発揮できるんや
    先天的な記憶力とかエネルギーとかはあるものの基本的に努力型で、小さい頃は自分のさがに振り回され絶望することが多く、
    (自殺しなければ)歳をとるにつれて色んな分野の力が出せるようになってくる、という感じらしい

    日本のメディアとかではIQの高さとか一風変わった行いとかに焦点が当たることがほとんどやから、日本語で書かれたもので上手くまとまっているのはあまりないが、この辺りが分かりやすい…かなぁ
    https://cocoiro.me/article/6175
    https://claudework.com/gifted-characteristic/
    https://youtu.be/fnj16A22uoM

     (2:30くらいから)

    161: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:21:15 ID:Ky1
    まぁ色々と特徴を挙げたが、ギフテッドの客観的特徴は概ね(他人から見て)「過度である」ことに集約される

    上に書いたような特徴を持つ人間は、他者からは次のように評価されるそうや

    ・行動的過ぎる
    ・意欲的過ぎる
    ・型破り過ぎる
    ・完璧主義過ぎる
    ・道徳的(偽善者)過ぎる

    例えば、ワイは過去の冒険で相棒の猫が死んでしまったことでひどく悲しい思いをした
    二度と同じことを起こさないよう、ホームレスとして公園やマクドなんかに入り浸る極貧生活の中で20万円以上払って医療系の研修を受け国家資格を取って、自分で注射やら治療が出来るようになった
    高校受験の時は毎日20時間勉強していたし、大学時代、テレビゲームのミニゲームで(調べた範囲で)世界最速のタイムをワイが出せるかどうか先輩と賭けた時、
    先輩を驚かせようと毎日15時間以上ゲームをやり続けて血だらけの手を包帯で巻きながらコントローラー3個壊した末に達成したりした
    単発バイトも含40種類以上の仕事を経験して、チームワークが比較的苦手やという弱点を克服した
    ほんで最近は、新しいスキルを習得する為にほぼイチから大学に通うことに決め、高校の復習含めた受験勉強をして合格した
    (5教科7科目やなくて3教科4科目+面接やからちょっと楽しとるけどな)

    これらは全て、ワイ的には最低限必要やと考えやった行為や
    どれもが、ワイが自分に望む水準に達する為には絶対に必要なことやった
    周りの反応を見るに「そこまでする必要は無い/やり過ぎ」と判断されることのようやが、本人はそうは思っとらん
    少なくともワイは、一度きりしかない人生でやることやって完全燃焼すべく、最低限必要なギリギリの水準や時間、予算でスキルや経験の欠片を集め、効率よく生きとると思ってる
    今ではもちろん、客観的には「バカな人生」と評価されることも理解しとるけどな

    まぁそんな感じや

    162: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:21:35 ID:R0n
    盗賊みたいなのに出くわしたことある?

    163: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:22:32 ID:Ky1
    >>162
    ならず者はいっぱいおるな

    挨拶として握手を求めてきて、こっちが握ったら放さず金せびるっていう
    慣れたら周りの状況見つつ振りほどいてしまいやけど

    164: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:24:09 ID:Ky1
    スリ好きのガキとかもいっぱいおるが、大人になって盗賊グループやってる…みたいなんには会ったことないな

    盗賊ってか人相手やなくてATMとか盗む方が合理的なんちゃうか?
    キルギスでロックダウン時一回盗まれとったわATM

    166: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:25:33 ID:R0n
    街やなくて砂漠横断中は無いんかと思ったんや
    砂漠のど真ん中に待ち構えて金奪ったら警察にも見つかりにくいんちゃうかと思って

    170: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:28:23 ID:Ky1
    >>166
    あーなるほど

    でも砂漠は水すらないし車やバイクも並のもんやと故障しやすいから、盗賊が潜むのには向いてへんねん
    おとぎ話とかでは砂漠にアジトがあったりするんやけどね

    172: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:31:42 ID:R0n
    >>170
    そういうもんか マジで住めた所ちゃうんやな
    過酷や

    167: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:26:23 ID:R0n
    コロナで人いなくなって無法地帯みたくなった所もあるんやな

    173: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:31:52 ID:Ky1
    >>167
    まぁキルギスは人が両極端やからな

    過激派の奴はガチ過激派で、首都で銃や手りゅう弾ぶっ放すのを躊躇せん
    ついこの間も拘束されて収監中の前大統領を救う野党勢力が立ち上がって首都のど真ん中でドンパチやっとった

    前大統領奪還には成功したらしいわ


    176: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:40:31 ID:8XW
    30になったら死ぬんか?

    177: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:41:36 ID:Ky1
    >>176
    死ぬと思っとった
    自分が思い描いた「最強」にならん限りは自殺しようとも思っとったわ

    181: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:51:20 ID:ZXp
    そんな勇者がおんJにスレ立てする時代

    183: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)02:55:19 ID:Ky1
    >>181
    せやな、書籍やとワイ勇者になっとるなw

    185: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)03:00:36 ID:8XW
    死ぬためだから・・・どうせ死ぬから・・・が行動促進に繋がったんやろか
    ガン患者が死ぬ前になんかしたいとか思うみたいに
    何にせよすごいヤツには称賛を送ると同時に嫉妬するわ

    189: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/28(水)08:33:21 ID:onT
    >>185
    1の書籍にもそのエピソード書かれてるけど、高校受験の時に毎日20時間勉強して偏差値爆上げできたんは追い詰められてたからやわ
    京都府のトップ校落ちたら自殺しようと決めとった
    せやからミスっても死ねて楽やし上手くいったら新しい世界行けて楽しいやろうしで、気楽に全力で頑張れたわ

    196: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)10:17:33 ID:2bv
    空き時間で読んでるやで

    200: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/28(水)12:39:28 ID:onT
    >>196
    ありがとうやで!
    もうちょいで終わりや!

    199: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)12:24:36 ID:7jB
    すごいなこんな人までおんjする時代か

    276: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)20:55:54 ID:Ky1
    つづき
    個人差はあるが、この過度激動を持って生まれたギフテッドと呼ばれる人間は、記憶力や問題解決能力が潜在的に著しく高い代わりに、その程度が強ければ強いほど波乱万丈の人生しか歩めなくなり、子どもの頃から孤立して破滅的な思考に陥りやすいらしい
    難解なパズルの解法や真理の追求に強い興味を示して深くのめり込み、無限に思えるほどの膨大なバイタリティを注いで深く学ぶ傾向が強いらしい
    また、外部からの刺激に対して非常に感度が高く敏感というのもその特徴で、おれは聴覚以外にも触覚が極端に過敏だった

    どうやらそれが、発作によって本来出ないはずの非常に強い症状が出た原因だという可能性があった

    ちなみに、しゃっくりの発作はまだ続いていたものの、京都から離れてからはかなり症状が軽減され、海外ではさらに発作が起きにくいことに気付いた
    地元の京都に滞在すると発作の凶暴性はすぐに元に戻ったから、精神的な要因は大きそうだった

    とはいえ物理的な問題もあるのは事実だったから、少しでも発作を軽減すべく、ヨットで日本一周をする前に発作の手術を受けられないか、もう一度別の病院にかけあってみることにした
    そして、交渉力が更に高まり集中力や自分のコントロールもより自由に効くようになったおかげで、今度はうまくいった
    医者は以前の医者と同じような回答を用意していた様子で乗り気では無かったけど、自分の持つ雰囲気を騙って弱気に強い交渉を仕掛けることで、とりあえず24時間の検査をしてみましょうという所までこぎつけた
    そして、発作を止めるのはほぼ不可能だったけど逆に意識的に活発に発作を起こすことは集中しまくればできたから、モニタリング中24時間ほぼずっと発作を起こし続け、その後、一週間ほど胸の痛みと喉の違和感に苦しむことになりながらも、手術を受けることをうまく認めてもらえた

    そして、おれは手術をした

    …それ以来、おれを苦しめる発作は全く起こらなくなった

    277: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)20:56:43 ID:Ky1
    疲れると少ししゃっくりが出るときはあったけど、すぐに止まる弱いしゃっくりだったし、胸も痛くならなかった

    おれは遂に、肉体的に他の人とほぼ同じように過ごせるようになった
    当然使える体力や活動時間は圧倒的にブーストされた
    (元々発作出て息がつまりながらも濡れマスクつけてシャトルラン110以上出せるくらいの体力はあったけど)

    こうして10年以上続いたおれの発作は消え、砂漠だろうが砂丘だろうが数百キロなら根性で超えられるんじゃないかと思えるほどに頼もしい体を手に入れた

    なんだか「生きて良いんだよ」と誰かから背中を押された気がした

    ぜったいに砂漠を乗り越えて、堂々と生きる権利を勝ち取ろうとおれは誓った

    おれの最大の敵は、おれだった
    仮に世界中の人たちがおれを認め称賛したとしても、おれはおれが最強スキルで砂漠に挑むまではおれを認めず、早く死ねと囁き続ける
    過去の体験を蓄積した心の中の「おれ」は、誰よりもおれに厳しかった
    深く傷付いた経験から傷付くのを恐れ、弱い卑怯な「おれ」だからこそおれに厳しくなり無理難題を押し付けるんだろう

    なら、打ち勝てばいい
    今まで苦しみぬいて辛い日々を送りながらがむしゃらに手にしたこの最強スキルたちで、おれが死ぬべきだという理も、30歳までに死ぬという理も、捻じ曲げて、捻り潰して、過去に囚われている弱い自分の檻を叩き壊して、絶対に自由に幸せに生きてやるんだ!!

    278: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)21:00:44 ID:Ky1
    そして、砂漠へ挑もうと奮闘する中、砂漠へ挑む情報収集の為に立てていた匿名掲示板(おーぷん)のスレッドは多くの人が見るようになり、書籍化や漫画化、テレビやラジオ出演やその他仕事依頼なんかも来るようになり、砂漠への準備を優先しながらも書籍化など一部は実現した

    その際に、これらの野宿旅の話をする時は「冒険」と言えば周りに伝わりやすかった
    また、一部の人達は、どんどんスキルを習得していくおれのこのやり方をゲームのようだと言った

    なるほど、確かにゲームっぽいし、当たり前のように生きてしまっている自分の存在に違和感があり、第三者的な視点から自分を操作している感覚の現在の「おれ」の状態にも、ぴったり当てはまる

    ようし、それならおれは、リアルRPGを攻略する冒険家、春間豪太郎だぁ!!
    no title

    279: 名無しさん@おーぷん 20/10/28(水)22:41:06 ID:O53
    本 発送になった

    はよ届かんかな~

    280: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/29(木)12:41:29 ID:hDO
    >>279
    サンガツ!!
    ちなみに2個目のQRコード読み込むと公開のギャラリーページに飛ぶからよかったらそっちも楽しんでな
    本やとどうしてもカラーページ数の制限が厳しいから、カラー写真のシェアって難しいんよな

    281: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/29(木)12:50:03 ID:hDO
    そうして、おれはシャムスを仲間にし、ここまでやってきた
    この大砂丘を超えればゴールのドゥーズだ

    「死ぬときは砂漠の奥で」という思いについては、既にジェリド湖の時点で自分の人生が報われたような気がしていたから、もういつ死んでも良いと思えるほど人生に満足できていた

    no title


    その時から頭の中の「早く死ねよ」というおれの声や「生まれてきてごめんなさい」という自分の懺悔の呟きはぱったりと聞こえなくなった
    「強力なスキルを携えて砂漠に挑む」ことを果たし、誰よりもおれだけに厳しくこれまでずっとおれの存在を認めなかった「おれ」の基準をクリアしたということだろう

    つまり、この冒険を無事終えさえすれば、おれは自由になりこれからも生きられる
    ここまで来たからにはなんとしても五体満足で生還したい
    その後30歳までに死にかねないような何かが起こるとしても、また最強のスキルで既定路線を捻じ曲げて回避してやる

    283: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/29(木)12:52:20 ID:hDO
    もちろん他の人からすれば、砂漠に挑めない無能なら早々に自殺すべきだと言う考えも30歳の壁も、全てはおれの思い込みだと言うことはできる

    でも、小さい頃から何年も何十年も積み重なってきたものを数年でそう簡単に払拭はできなかったし、おれはバカだから最強になる方向で自分に打ち勝つことしか考えられなかった
    仮に、思い込みを取り除く方に専念してスキルを磨かず努力をしなかったら、取り除くより先におれの死を願うおれの声がどんどん強くなって、おれはおれに殺されてとっくに自殺していただろう

    おれは自分で自分を傷付け殺そうとする点でもバカだったから、やはりこの果てしなく難易度が高い道を乗り越えるしか生きる術がなかった

    …さあ、あと、もう少しだ!

    286: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/29(木)13:02:45 ID:hDO
    今俺の目の前にあるのは、動物が生きるのを拒むかのような、カラカラに乾いた厳しい空間だった

    そんな厳しく奇妙な世界に、俺は、ラクダと共に挑むことができるようになった
    8年前、東京ですべてを失って独りニューヨークで呆然と過ごしていたあの時には想像もできなかった成長だ
    正直なところ、ここへ来るまでにきっと俺は死ぬだろうと思っていた
    5年前、エジプトの砂漠をラクダと旅しようとして結局ラクダの遊牧に切り替えた時は、動物の扱いや歩行能力、言語能力はもちろん交渉能力すら足りておらず、自分の実力不足を痛感して絶望した
    自分ごときが努力をして砂漠に挑むことなんてできるんだろうかとずっと疑問だったけど、「自分を助けられるのは自分だけ」だと日々強く念じながら他人を当てにせずに精一杯生きてきた

    あの頃は、何としてでもサハラ砂漠を7000km横断しないと自分に生きる権利は無いと思っていたけど、冒険を重ねる内に、7000kmを敢行する必要がないと思える位、心に余裕ができてきた
    また、サハラ砂漠を横断する場合であっても殆どは道沿いに歩くことになり、砂漠を突っ切るとしてもせいぜい200km程度だということや、現代では嘘でもつかない限り一部の国のビザが取得できないだろうということを知った

    まさに今、こうしてあっさりと砂漠に挑むことができているおかげで、仮にビザが取れるのなら、今の俺ならラクダと共にサハラ砂漠の7000km横断だってやってのけるだろうと、そう思えるようになった

    287: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)13:44:25 ID:thc
    yotubeの動画みたよ?
    360度砂しかない世界は
    自分の狭い世界じゃ考えられんw

    288: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/29(木)16:53:47 ID:hDO
    >>287
    ありがとう!
    ホンマ凄い世界やったわ…

    290: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)17:06:20 ID:thc
    そういえば
    雨の日って無かった気がしたけど
    降らなかったの?

    291: 1◆0sA8GVLJwJ07 20/10/29(木)18:43:56 ID:hDO
    >>290
    このスレの範囲ではなかったけど、チュニジアの中部あたりでは時々あったで
    さすがに南部の砂漠地帯ではほぼ降らへんな

    292: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:17:15 ID:3PP
    そうやって自分を認めることができた時点で、おれのサハラへの挑戦は一つの終わりを迎えたと言えた

    調査し発表することが目的の探検家とは違い、冒険家は挑むことが目的だ
    冒険へ挑むことさえできれば、あとは自分のベストを尽くすだけ
    冒険家の1人であるおれは、もう既に目的を果たしてしまっていた

    …とはいえ、もちろんここで立ち止まって動かずに渇死するつもりはない
    死ぬ時は砂漠で渇死したいとは思っているものの、おれの手足はまだまだ動くしシャムスも元気なので、力続く限り砂丘を乗り越えて行くべきだ

    そうして考えながら砂丘を越えていくと、砂丘地帯を30kmほど突っ切ったところで起伏のある砂の地形が終わり、ゴツゴツした平らな岩砂漠が姿を現した

    no title

    293: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:24:59 ID:3PP
    はるか遠くにまた砂丘が見えるので、それまではこの岩砂漠を歩く事になりそうだ

    そしてまた砂丘地帯へ入った辺りで日が暮れたので、砂丘の上にテントを張って野宿することにした
    なんと今日は、シャムスに乗っていないにも関わらず勢い余って45kmも進むことができた
    少なくとも冬なら、サハラ砂漠の砂丘地帯は根性で進めるらしい

    「シャムス、頑張ったなあ!」と声をかけてシャムスにみかんをやる
    シャムスは特に疲れたようすもなく、いつも通り元気そうだ

    no title


    この夜は明け方になるまで月が出なかったおかげで、チュニジアに来てから一番たくさんの星が見えた
    静かな砂漠から見上げる、キラキラとまたたく星
    この冒険を始めたばかりの時のあの塩湖、ジェリド湖でも大満足だったのに、まだ更にこんな素敵なものを見ることができるのか

    no title


    https://youtu.be/XUKN1NVqFQc


    294: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:33:07 ID:7aa
    >>293
    星すげー綺麗
    これ独り占め羨ましい

    295: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:36:15 ID:3PP
    >>294
    砂漠ってのも勿論やけど、そもそも野宿がえぇわ
    ゆっくり考え事しながら空見て流れ星数えるんや

    296: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:36:40 ID:3PP
    翌日
    昨日シャムスに穀物をたくさんやって荷物袋を軽くしたので、今日は時々シャムスに乗って移動することにした
    砂丘と砂山、そして尖った岩の多い岩場を越え、予定通りに進んでいく
    no title


    しかし昼前、休憩のために立ち止まった時に、シャムスが後ろ左足を擦りむいているのを見つけて頭を抱えた
    擦り傷といえど範囲は広く、血が滲んでしまっている

    あぁ…しまった!
    今朝はなんとも無かったけど、どうやら昨日からの砂丘での急な上り下りによって荷物袋が普段当たらない所に当たったせいで、足の皮膚が少しずつ削られてしまっていたらしかった
    跛行(不自然な歩き方)は一切見られないし、経験上、シャムスの回復力を考えれば半日ほどで完治しそうなものではあったが、このまま進むと更に傷が悪化してしまうだろう
    といっても、完治までここで待つのはまずい
    シャムスは特に異常なく歩けるし、ここにとどまりドゥーズ到着が遅れると食料が少し足りなくなってしまうかもしれない

    今日はシャムスの怪我についてやれることをやってから、ドゥーズへ向けて進むべきだ
    no title


    すぐさまシャムスの足を水で洗い、消毒をする
    範囲が広いことと、完治まで時間がかからないだろうということで、今回は湿潤療法はしない

    更に、荷物袋を重くしている主な原因は水と穀物などシャムスの食料だったので、それらをほぼすべてシャムスにやることで荷物袋の大幅な軽量化を図った
    シャムスが食べ切れない分は砂漠に放置することにした
    近い未来、砂漠に迷い込んだ動物が食べることで、命を繋ぐことができるかもしれない

    しばらくシャムスのようすを見て他に異常は無いか確認してから、荷物袋を目一杯前につけて後ろ足に当たらないようにして、出発
    当然ながら今日は今後はシャムスに乗らない

    ここからは更に慎重に、最短でドゥーズに着くよう進んでいく

    297: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:43:37 ID:3PP
    シャムスは擦り傷を全く気にしていないようで、足をあげたり舐めたりはせずに、いつもどおりゆったりと歩いていた
    no title


    夕方、また砂の上にテントを張ってシャムスにみかんをやり、体を休める

    今日はこまめに休憩をとったので30kmほどしか移動できなかったけど、昨日たくさん歩いたおかげでドゥーズへはあと35km位だった
    これなら明日には到着できるだろう

    夜は満天の星空を眺めることができたけど、昨日と違ってドゥーズの方角がうっすら明るかった…

    遂に、砂漠の冒険が明日で終わってしまう
    あぁ、嫌だ、シャムスと別れたくない
    シャムスは強くてカッコよくて可愛い、最高の相棒だ
    できることならずっとシャムスと冒険を続けたかった

    …でも、もちろんいつまでもシャムスと過ごすことはできない

    明日ドゥーズへ行って、お別れしないといけない
    no title

    298: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:47:48 ID:3PP
    そして、、最終日がやって来た

    シャムスは擦り傷が完全に治癒しているようで、調子も良さそうだ
    一応乗っても問題無さそうだとは思いつつ、シャムスの負担を減らすためにまた歩いて出発
    no title


    ドゥーズまでは昨日までのような大きな砂丘がほとんど無く、スムーズに進むことができた

    そして昼過ぎ、遂にはるか遠くにドゥーズの入り口が見えてきた
    ドゥーズは砂漠との境目に門があり、大きな鍵の像もあるので遠くからでも分かりやすい

    最後はシャムスに乗って、懐かしのドゥーズへ、到着
    no title


    到着後は、まずラクダ飼いのアーメルさんが暮らすハニーシへ向かうことにした
    アーメルさんの所ならシャムスを繋ぐ場所もあるし、テントも張れそうだと考えたからだ

    ドゥーズの中心で大量の草、水、穀物、みかんを仕入れてきてシャムスに与え、テントを張って横になる

    あぁ、疲れた!

    299: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)22:53:54 ID:3PP

    300: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)23:35:04 ID:3PP
    その後、アーメルさんの集落で暮らし始めて3日が経過した

    …さすがにそろそろ、シャムスとお別れしないといけない

    今回、シャムスにとって最も良いのは、元の場所へ戻ることだった
    それが難しければ、トズールなどドゥーズと気候が似ている土地へ行くのが良いだろう

    そこでシャムスの故郷、ゲリシアへ行ってラクダ飼いの人々と話をしたところ、元飼い主のハビーブさんが買い戻してくれることになった
    ハビーブさんは他のラクダ飼いと比べて明らかに動物に対して優しいので、シャムスにとってこれは最高の結末だった
    ハビーブさんは早速飼料を混ぜ合わせ、特別な食事をシャムスに与えた
    シャムスは美味しそうにがっついていて、幸せそうだった

    最後にシャムスとハグをして、別れる
    no title


    ついに、俺の砂漠の冒険は終わりを告げ、幼いころから抱え続けて来た呪縛から解放された

    もう、自分の能力がどうとか生きる権利がどうとか周りと違っているのがどうとか、そんなつまらない事を気にしなくても良くなった
    賢くなったり偉くなったりした訳ではなく俺は今でもバカなんだろうけど、それでも俺は自由に前を向いて生きられるようになった
    目に映る景色が、昔とは比べ物にならない程鮮やかになった

    そして日本に帰国して、先月、俺はとうとう30歳になった
    結局、俺の考えとは違い、30歳になっても死ななかった

    となれば、今まで想像したことすらなかった30歳以降の人生を、俺は歩んでいかなければいけない
    まだ何も決まっていない真っ白な画用紙に、自分の好きな色をたくさん使って飛び切り最高の絵をめちゃくちゃに描いていこう!

    ……こうして、前を向いて生きる為の、俺の長い長い冒険は、終わりを迎えた

    【完】
    https://i.imgur.com/IvQcDEy.jpg

    301: 名無しさん@おーぷん 20/10/29(木)23:47:54 ID:3PP
    これで、この冒険の話はおしまいや

    1つの冒険が終わったとは言うても、ワイにとっては生きる=冒険するやから、今回を境に就職したり隠居したりするかと言われればそうじゃなく、今後も色んな事はしていくで
    次進むのが内定しとるワールドではワイ今んとこ能力的に最下位やと思うし、ハードモードなんめっちゃ楽しみやわ!

    もし興味持ってくださった方いたら、どうか是非新刊買って欲しい
    頼むで
    書籍がたくさん売れたら、とりあえずまず新しい冒険するわ
    次は中南米とか、あと北極近海もけっこう気になっとる

    書籍試し読み:https://kangaeruhito.jp/trial/18228

    紹介動画:
    https://twitter.com/GoHarumaRPG/status/1321745782517587968
    ※豪太郎さんの旅シリーズはこちら!(以前までタイトルに必ず「バカだけど」が付いていたのでこのタグ名にしました)

    バカだけど旅人シリーズ
    http://world-fusigi.net/tag/バカだけど旅人










    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2
    本日のおすすめニュース3

    おススメ記事ピックアップ(外部)

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:20 ID:UqfR.VGf0*
    つまんね
    老害がイキッてるだせ
    2  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:20 ID:UqfR.VGf0*
    >>1だせってなんやねんwだせぇwww
    3  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:21 ID:UqfR.VGf0*
    >>2イライラで草
    4  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:32 ID:byGbUFie0*
    冒険小説読んでるみたいですごいワクワクした‼️
    5  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:41 ID:E.p67Syo0*
    シャムスちゃん可愛い
    35のぺたーんと寝ているところ、めっちゃ可愛くてやばいな!
    というか唐突にカメ五郎さんの名前出てきてブフォ!となった
    6  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:41 ID:8czz.lmB0*
    冒険したいから金が欲しいんじゃなくて本売れて金が増えたら冒険したいなのね
    7  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:43 ID:gfPUKFSL0*
    >>1
    これを老害に感じるんか…
    敵が多そうな人生ですね
    8  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:45 ID:Nn.b.Sgt0*
    GOの冒険も安定してきたな
    読者側としてはトラブル連続の方が面白いんだけどね
    砂漠という目標達成しちまったから
    次はどうなることやら心配だわ
    9  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:46 ID:FUc7hIfR0*
    面白かった
    10  不思議な名無しさん :2020年10月31日 16:48 ID:Nn.b.Sgt0*
    >>6
    こやつの今までの冒険は今回の砂漠を冒険する為の経験値稼ぎだそうだ
    だから次の目標は未定
    11  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:05 ID:qgOwnLuO0*
    いいな〜全部体験したいわ
    人生400年くらいあればいいのに
    12  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:20 ID:8mwL0S9Z0*
    「やらないで後悔」「やって後悔」
    でもなく

    「自分の生に後悔、だから罪として全力を課す」か

    子供の教育の勉強になるなぁ
    「愛」なんて難しくないよ
    GOさんを産み育ててくれた
    親御さんのその考えが資本主義における

    「愛」だよ
    13  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:24 ID:PGhN2jM30*
    憧れはするが俺には真似できないな
    ヘタレなんで
    14  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:25 ID:PGhN2jM30*
    >>1
    いや、若いやろ……
    15  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:33 ID:3Kz3tZFF0*
    全然バカじゃないし凄い人じゃん
    回想シーンは長過ぎて読み飛ばしたけど
    16  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:36 ID:GKkGaSJ.0*
    何もないニートワイ、人の成功が眩しくて恥ずかしくなりまた引きこもる
    17  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:40 ID:8mwL0S9Z0*
    有能な🐎🦌アスペガイジ
      VS
    無能な常識ある一般人
    18  不思議な名無しさん :2020年10月31日 17:59 ID:mTW7e0qx0*
    >>1
    カッケエw~~~

    サインください!!ww
    19  不思議な名無しさん :2020年10月31日 18:00 ID:SM2I3aLl0*
    >>17
    無能アスペワイ低みの見物
    20  不思議な名無しさん :2020年10月31日 18:26 ID:wJpfDHrx0*
    すっげ
    高橋歩より100倍すっげーわ
    21  不思議な名無しさん :2020年10月31日 18:59 ID:U0gFtZwc0*
    面白かった

    年1で会う位の親友には欲しいが、職場や親族にはいて欲しくないタイプ
    22  不思議な名無しさん :2020年10月31日 19:06 ID:FuuIC0710*
    >>12
    親とはうまくいってないんじゃなかったっけ
    23  不思議な名無しさん :2020年10月31日 19:26 ID:JxdaQaeQ0*
    残念なことに撮影のセンスがまるでないな
    24  不思議な名無しさん :2020年10月31日 20:01 ID:rcwXDsOG0*
    好きな事やって生きていける数少ない人だね
    目標も能力も無い俺にはできない生き方だ
    25  不思議な名無しさん :2020年10月31日 20:16 ID:QhuEDXX60*
    言葉の端々に
    あ、、(察し)
    26  不思議な名無しさん :2020年10月31日 22:02 ID:JxMVShLi0*
    本出してたのか、知らんかった
    27  不思議な名無しさん :2020年11月01日 00:11 ID:7NsvycLh0*
    一度きりの人生を謳歌していて羨ましい
    世界は広いのに、俺も含めた大多数の人間は惰性に負けて自分から狭く窮屈な道を進んでいくしかないからね
    28  不思議な名無しさん :2020年11月01日 00:22 ID:Sgn9.v9S0*
    俺も30年間バックパッカーしてきたけど、コロナでこういう旅の仕方も難しくなったな、あとこの人恐らく日本も含めた今までの旅行で1千万以上掛かってると思うわ、今後途上国との物価差も縮小していく中、日本人の若者が気軽に海外に貧乏旅行できるのももうあと僅かだったのに、コロナでそれも無理になった
    30年前は1万円あれば1ヵ月食費宿泊費含めて、途上国で沈没出来てたのよ
    海外旅行や海外志向の好きな人には大変な時代になったね
    29  不思議な名無しさん :2020年11月01日 00:50 ID:mS6ZX6SB0*
    米23
    こういう本には、ぶっちゃけ写真術は誰も求めてないと思うな
    冒険の雰囲気を感じるには必要十分
    30  不思議な名無しさん :2020年11月01日 04:13 ID:FZD86W7l0*
    くだんね

    おーぷんはクソスレ
    31  不思議な名無しさん :2020年11月01日 05:03 ID:zuP4GVGj0*
    >>28
    ワイも数年前までバックパッカーやってたが人には薦めんわ。世界中スリが余りに多すぎてパスポートと財布守るの疲れるし薬欲しさの強盗に出会ったらアウトやし女やとホテルで泊まっていても襲われた話聞いたしワイはクレカ抜かれたわ。
    32  不思議な名無しさん :2020年11月01日 05:04 ID:UekjbH.N0*
    自分を撮ってる動画って現地民の方に撮影してもらってるん?
    それともドローンとか?
    33  不思議な名無しさん :2020年11月01日 08:33 ID:zRcPs0ef0*
    >>32
    それ気になった
    遠目からのシルエットみたいになってる写真とか見下ろす視点のはどうやって?と思った
    ドローンなのかな
    34  不思議な名無しさん :2020年11月01日 16:00 ID:lR08hA.k0*
    何気なくスクロールして、砂漠とラクダと目の覚めるような青空の写真でもう泣きそうになった
    35  不思議な名無しさん :2020年11月01日 21:00 ID:YiFyuSxG0*
    微妙
    36  不思議な名無しさん :2020年11月01日 23:26 ID:G9KfGNDJ0*
    ※34
    こういう人は周囲の風景を濁らせてる不満に気付かないと
    感動したフリしてもなーんにも変わらんと思うんだ
    37  不思議な名無しさん :2020年11月02日 08:32 ID:kCrPVbYn0*
    >>36
    別に変わりたいとかそういうこと一言も言っていませんよ?どうしたの?あなた変わりたいの?
    38  不思議な名無しさん :2020年11月02日 20:57 ID:2o2idKGB0*
    ドローンで撮影だと思うよ。前の馬との旅で、ドローンの自動追尾機能で撮影したって書いてる。
    その旅も不思議ネットさんがまとめてくれてるよ。"遊牧民に憧れたからキルギスで臆病な馬に乗って旅を始めたバカだけど"ってやつ。
    39  不思議な名無しさん :2020年11月05日 04:36 ID:ERRb30.R0*
    俺はすごくいい話だと思った
    自分とは全く違う生い立ちだけど語学面や考え方に似た部分も多くてかなり共感出来た
    コロナのせいで20年近く住んでる海外から一時帰国中でストレス溜まってるからかな
    本買ってみるか

     
     
    topページに戻るボタン

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは怖い話・オカルトから科学ネタまで、2chを中心に世界の不思議な話題をお届けしています。普段2chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをっころがけて毎日絶賛更新中!