不思議.net

5ちゃんねる まとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは5ちゃんねるで話題になっているスレを厳選してお届けするサイトです。普段5chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをころがけて毎日絶賛更新中!

    本日のおすすめニュース
    22

    オカルト好きのワイが怖い話貼って行くwwwwwwwwwwwww



    kazukihiro512047_TP_V


    1: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:26:14 ID:Ei4
    ※母親の部屋で見つけたカセットテープ。
    タイトルには俺の名前が書かれていた。
    「もしや未来の俺へのメッセージ的な何かかな?!w」と興味本位でテープを聞いてみると、
    聞こえてきた声は母親でも父親でもなく、知らない男の声。ひどく震えた声だった。
    内容は父と母に対する恨み辛み。
    部屋を探してみると似たようなテープが山ほど見つかった。
    全部に同じように俺の名前が書いてあった。

    引用元: https://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1608197174/





    2: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:26:27 ID:Ei4
    だいぶ前の出来事です。
    友達に借りたテープに録音されていたラジオ番組を聞き終わり、いちいち停止ボタン押すの面倒だからと、
    テープが再生し終わって停止するまで放っておこうと思ったんです。
    しばらく無音だったんですが、突然波が打ち寄せる音と共に、抑揚のない男の人の声で

    「海に浮かんでいるものでしりとりをしてみよう」
    と言う声が聞こえてきました。
    僕が「?」と思っていると、小さな女の子の声で

    「人間」

    とつぶやくのが聞こえたと思った瞬間、
    バチーン!と停止ボタンが跳ね上がりました。
    あの時ほどビビったことは無かったですよ、って不思議なことを話すつもりが恐怖体験話してますね、僕(汗)。
    まあ、これが僕が生きてきた中で一番不思議でビビった出来事です。
    ちなみにテープは、この時伸びてしまって二度と聞けなくなりました。
    このこと友達に話すと
    「借りたテープ駄目にした言い訳だろ」
    って言われますがマジ体験なんですよねぇ・・・。

    3: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:26:46 ID:Ei4
    『原因』


    一時期不眠に悩んで服薬していた頃。
    朝起きたら床にタバコの吸殻が背の順に並べてあって、台所の電熱コンロがついていた
    空気もかなり熱くなっていて正直びびった。翌日も同じだった。
    火事の危険を感じ、ブレーカーを落として寝た。

    翌朝、ブレーカーが上げられまたついていた
    わざわざ椅子を持ってきて乗ってあげて、コンロつけて、椅子を戻したという状況。
    これはやばすぎると判断し、かなり粘着度の高いテープを
    何重にも重ねてブレーカーに張り、寝た。
    翌日以降コンロがつくことは無く物凄くほっとした。
    ある日仕事から帰宅し、玄関で靴を脱ぎつつ何となく扉の上のブレーカーを見た。

    幾重にも張られたテープの上に、
    凄まじい数のがりがりと引っ掻いたような爪跡が残されていた。
    今はもうないが、あまりにも自分が怖く心底ぞっとした。

    4: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:27:05 ID:Ei4
    『息子に怖い作り話をした』

    俺には小学生の息子がいて夜、寝かしつけに絵本読んだり適当に作り話をするんだ。
    ある時息子が「ちょっと怖い話して」って言うからちょっと考えて、
    「朝になると息子君は起きるよね?
     同じように、夜になるとオバケは起きて遊び始めるんだ」
    ってオバケがフラフラ家に来て寝てない子を探す、みたいな話を思い付いて話し始めた。

    「今日は何処の家を驚かそうかなー」
    「お、ここにしよう、何々○○って家だな」
    息「え、もしかして家?」
    「おじゃましまーす、お、この部屋には犬がいるぞ」
    息「はなちゃんだ!」
    「こっちの部屋はなんだろうな、お、誰かいそうだな」
    息「じじとばばかな?」
    って感じで家の中をオバケが見て回って、
    最後寝室に来るまでに寝なきゃねって感じにしようって思ってたんだ。

    「よし一階は見終わったな、次は二階に移動するぞー」
    いつの間にか息子は目を瞑って、完全にオバケ視点で話を聞いてたんだ。
    そのまま寝るかなって思って話を続けてたけど、二階の子供の遊ぶ部屋に入った時息子が、
    息「あれ?クローゼットの中に赤い服の子がいるねー」って言い出したんだ。
    そこで、あれこれってもしかして家の中を想像して家族以外が見えたらってヤツじゃん?
    って気付いて無理矢理話を終わらせて寝かしたんだけど、
    無意識にまずいことしちゃったかなーって思ってたんだ。

    最近息子がその部屋で誰かと喋ってんだよな。


    8: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:28:24 ID:Ei4
    ある男が秋葉原の路上店で、人口知能会話ソフトが三百円で売られているのを見つけた。
    有名なメーカー製であったため、男は喜んでそのソフトを買い、帰宅するとすぐに試したが、
    そのソフトは「助けて」と「もう許して」の二種類しか返事をしなかったという

    9: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:28:40 ID:Ei4
    平安時代の話。
    田舎から都へ上って来た男が、途中荒れ屋敷に宿泊する。
    ところが、夜中に部屋の隅にあった箱の中から目線を感じたので怖くなり、
    「馬の様子を見に行こう」と言って外へ出ると、そのまま飛び出した。
    すると後から「なぜ分かった」と恐ろしい声がして、何者かが追いかけてきた。
    逃げようにも逃げ切れず、そのまま目の前にあった橋の下へ。
    橋の上で何者かは自分を探していたが、急に橋の下へ声をかけて来た。
    「おいでかな」
    すると、隠れていた男の傍で声がした。
    「おりますよ」

    話はここで終わっている。記録した人間は急に筆を擱いており、結末は不明。
    そもそも、書いている最中に何があって書けなくなったのかも不明である。

    10: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:28:55 ID:Ei4
    外国のお話。
    ある男が2人、車で海岸沿いの道を走っていた。
    初夏の肌寒い日だったので海に入っている人こそ少なかったものの、
    それでも家族連れやアベックなど老若男女で浜辺はそれなりの賑わいを見せていた。

    どうといったことのない平凡な風景。しかし運転席の男はその光景にかすかな違和感を覚えてもいた。
    やがて海岸が見えなくなった頃、助手席の男が口を開いた。
    「気付いたか?」
    先ほどまでの陽気な口調とは異なり、その面もちはいくぶんこわばっている。

    「海岸にいた連中、みんな海の方を見ていなかった。
    立っている者も座っている者も、全員海に背を向けていたんだ

    11: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:29:12 ID:Ei4
    最近起こった事だが。
    2か月ほど前のある晩に、友人から電話がかかってきた。
    『部屋から出られなくなったから助けに来てくれ』との事だった。
    何かあったのかどうか聞くと、『出口が分からない、迷った』との事だった
    俺は冗談だと思って「何言ってんだ、お前?」と返しても、
    すごい真剣な声でお願いされるもんだから、仕方なく友人の住むアパートへ行った。

    で、アパートに着き、インターホンを押しても反応が無く、鍵もかかってなかったので、ドアを開けて中に入った。
    中は見たところも特に変わったことはない。
    「おい来たぞ」と大声で話すと、友人から「助けてくれ」との返事があった。
    何か事故でもあったのかと、すぐに部屋の方にいくと、友人が部屋(リビング)の真ん中でポツンと立っていた。
    「おい、ふざけんなよな」とちょっと友人に言っても、「本当に出られないんだ」との一点張り。
    「何ともねえだろ。外に出てみろよ」と言うと、友人は部屋から出た。
    友人の部屋は2LDKで、リビングと寝室が繋がっていて、2つの部屋も玄関に続く渡り廊下からも入れるような作りだ。
    友人は玄関の方に向かったと思いきや、いきなり曲がって寝室に入っていって、また、そこからリビングに戻ってきた。
    友人は真っ青な顔しながら、また、部屋からでると、またぐるっと回って部屋に戻ってきた。


    流石に俺も「お前ふざけてんじゃねえぞ!」とキレ気味で言うと、友人は「本当に分からないんだ」と言ってきかない。
    どうやら様子がおかしいので、俺は友人を家から連れ出した。
    これはただ事じゃないと思って、どうしようかと悩んで、とりあえず俺の家に泊めることにした。

    翌日、会社を休んで、とりあえず友人を病院に連れていった。
    診断の結果、脳梗塞とのことだった。
    命には別条はないようだが、しばらく入院が必要とのことだった。
    脳に異常があると、ああも奇妙な行動を起こすものだと、個人的に怖かった。

    12: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:29:26 ID:Ei4
    マンションに住んでるんだけど、深夜に帰ったその日はエレベーターの自動点検で使えなかったんだよ
    で、しかたないから階段で上がってったんだけどしばらくしたら下から階段を上がってくる足音が。
    聞いた感じハイヒールっぽい。

    で、階段の構造は下を見れる感じなんだけど見たら超満面の笑みの女が
    こっちを見上げながら早歩きで階段を上がってくるんだよね。
    めちゃくちゃ怖くてダッシュで自室まで逃げたわ

    13: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:29:41 ID:Ei4
    『作曲家』


    ある天才ピアノ作曲家がいた。彼は物心付いた時から人と会う事を極端に嫌い、
    作曲の依頼も手紙で打ち合わせて楽譜を送りつけるといった徹底主義で、
    クライアントも彼の顔すら知らなかった
    「最後くらいは、自分のために作曲したい」と言い残した彼の遺作は、
    腕が二本では絶対に弾けない曲だったという

    14: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:29:58 ID:Ei4
    『ある日突然』


    統合失調症という診断を受けた、引きこもりの弟から聞いた話。

    5年前、まだ全く正常だったころ、
    街中を一人で歩いていると突然一人の女性に話しかけられたそうだ。
    これがかなりの美人で、少し不審ではあるが悪い気はしない。
    弟は下心もあってしばらくその女性との立ち話に付き合うことにしたらしい。
    驚くことに話も非常によく合う(弟は当時結構なアニオタだった)
    嬉しくていよいよ声のトーンが上がっていったのだが、
    その時になって、ふいに自分が通行人から奇異な目で見られていることに気づいた。
    あまりいい気分でもないので、場所を変えることを提案しようと女性に向き直ると、そこには誰もいない。
    周りの人々は、携帯も持たずに一人で楽しそうに会話する弟に不審の目を向けていたのだ。

    それ以降、弟は幻覚を見るようになった。

    バイト先で「この荷物をどこそこへ運んでくれ」と言われたからその通りにしようとすると、
    店の外から店長が入ってきて、「その荷物はそっちじゃない。
    あっちの倉庫においてきてくれ」なんて言うから、それに従う。
    そうすると後になって店長が、「何故指示通りの場所に持って行かなかったんだ!」と怒る。
    「あなたがそういったんじゃないか」と反論しても「馬鹿なことを言う」と一蹴され、
    その後も同じようなことが何度も続くので、とうとうバイトをクビになってしまった。

    道を歩くと必ず誰かに話しかけられるようになった。
    その中には見知った友人の顔もあったが、それも幻覚であるときのほうが多かったという。
    道路を走る車の中にも幻覚の車が大量に混ざっているらしい。
    信号が青に変わっても横断歩道の上を絶え間なく走りぬけていく車を、
    平然とすり抜けて歩いていく歩行者を見て、弟は家に引きこもることを決意したそうだ。

    「ストレスとか、うつとかそういうのがあったわけじゃないはずなんだ。
    ある日突然、何の兆候もなく世界がおかしくなった。何を信じればいいのか、もうわからない。
    この悪意のある幻覚が続く限り、俺はもう外に出られない」弟はそう言った。

    この話を俺にするのはこれで6度目だという。
    俺はこんな話を聞くのは初めてだったが。

    92: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)23:13:24 ID:6aH
    >>14
    この話ずっと探してたんや
    ほんとにサンガツ

    15: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:30:18 ID:Ei4
    滑落』


    エベレストとか本格的な登山になると、道中にはたくさんの危険がある。
    滑落、雪崩、クレバスとか色々あるが、
    滑落では下まで落っこちても、マレに助かっちゃう人がいるそうな。
    登山途中、時々だが、そういう人が助けを求めて手を振っているのが、
    はるか下の方に見えることがあるらしい。
    ところが、そこは険しい谷底だったり、ヘリはおろか人も降りていけないような所。

    じゃあどうするか。遭難者がそこにいるのが見えている。必死に助けを求めている。
    でも、どうしようもない。
    見なかったことにするんだそうである。
    必死に手を振っていても、大声で叫んでいても、
    気づかなかったことにするんだそうである。助けられないから。

    人が生きていて、その姿も見えるのに、見殺しにするしかない。
    必死になって手を振っていようが、叫んでいようが、もうそれは『死人』なのだ。
    って考えるとものすごくコワかったな。俺は。

    16: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:30:44 ID:Ei4
    『スガタさーん』


    友人の話。山小屋に仲間数人で泊まった時のこと。
    夜中にトランプゲームで盛り上がっていると、いきなり誰かの声が呼ばわった。
    「スガタさーん」

    皆驚いて顔を見合わせた。声は玄関の外から聞こえてきたからだ。その場に、スガタという名字は二人いた。
    「おい、呼ばれているぞ……っていうか誰が呼んでるんだよ?」
    「どちらのスガタが呼ばれてんだ?」
    時間はかなり遅く、誰かが真っ暗な山を登ってきたとは考え難い。
    大体、何故声の主は小屋の中に入ってこようとしないのか。
    皆が黙りこくる中、声はしつこく何度も呼び掛けてくる。
    このままでは埒があかないと、友人は一人、玄関の方へ確認しに行く。
    他の皆が息を殺しながら見つめている前で、ドアがゆっくりと開けられた。
    外には何もいなかった。ライトで辺りを照らしてみたが、動く物の気配はない。
    「何だったんだ、一体」友人はホッとしながら、そして同時に不気味に思いながら、ドアを閉めた。
    気を取り直してゲームを再開したが、少し経ってから、また声が聞こえた。

    「スガタさーん」
    先程より、声が大きい。皆、一言も発せられず、玄関を睨み付けた。
    今度は誰も、外を確認しようと立つ者はいない。
    声は調子も変えず、延々とスガタの名前を呼び続けている。何度目の呼び掛けだっただろうか。

    「スガタさーん……グエッ!!」
    唐突に声は途切れ、それからは何も聞こえなくなった。
    とても一人では確認する気になれず、皆で一緒にドアを開けることにした。
    先程と同様、やはり外には何も見えなかったという。
    しかしどうにも気味が悪く、交代で番をしながら、夜が明けるのを待った。
    無事に朝を迎えて、やっと一息つくことが出来たという。
    「夕べのアレは何だったんだろう?」などと話しながら出発の準備をしていると、
    外に出た一人が大声を上げた。悲鳴のような声だった。

    慌てて駆けつけると、玄関のすぐ前に、大きな猿の死体が転がっていた。
    血の匂いがする。猿は完全に頭を叩き潰されており、俯せの状態で地面に倒れ込んでいた。
    誰かの手によって、後ろから殴り殺されたかのように見えた。
    誰もが困惑した。昨晩確認した際には、その場に猿の骸などなかったのだ。
    いつこの猿は殺されたのか?猿とあの声とは関係があったのか?
    いや、そもそもこの猿を殺したのは何者なのか?
    いくら考えても答えは得られず、仕方なく猿を埋葬して下山することにした。
    猿は小屋から離れた場所に埋めたらしい。

    その際、友人は奇妙な事に気がついたという。
    「猿の頭は完全に潰されてたんだけど、その付近にさ、黒い髪の毛みたいな毛が、何本も混じってたんだよ。
     ミンチになった肉と混じってわかりずらかったけど、体毛とはまったく違ってた。
     何て言うかさ、それを見て気持ち悪い想像しちゃって。
     ……あの猿、実は頭が人間だったんじゃないかって」

    彼らは今でも山を続けているが、その山小屋は、二度と使っていないそうだ。

    17: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:31:04 ID:Zzy
    怖いね

    18: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:31:16 ID:Ei4
    『ダビングできる昔のビデオテープ』


    友人が駅前のビデオ店から、ダビングのできる昔のビデオを借りてきた。
    たしかゴッド・ファーザーの1だったと思う。
    それをデジタル・ビデオ・カメラにダビング、それをハードディスクにとりこんで、
    ビデオの編集ソフトで5分に1回くらいの割合で、首吊り死体の映像を1/24秒間くらい挿入した。

    そして借りてきたビデオに上から再録画して、ビデオ店に返した。
    そうしたら本当に去年の11月の今年の2月にかけて、友人の家の近辺で自殺が相次いだそうです。
    私はロルフ・デーケンの『フロイト先生のウソ』を読んでいましたので、
    サブリミナルはインチキだと思っていますが、
    それ以来、レンタルで昔のビデオは借りなくなりました。

    19: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:31:41 ID:Ei4
    『音声認識』


    いつも会社の戸締りを任されているんだけど、昨日も17時半に仕事が終わり、
    社内には自分とオカルト好きの同僚だけになったんで、居残って怖い話をしてたわけ。
    で、18時になってその同僚も帰り、自分も片付けて「さぁ帰ろう」と思った時、
    ポケットに入れているスマホから「ピポッ」って音がした。

    「ん?」
    聞き覚えのある音だ。これは・・・音声認識の確認音だ。
    おかしいな、手が当たったのか?
    でも、いつもポケットに入れる前にロックをかけるはずなんだけどな・・・。
    ポケットから出して画面を見てみると、やはり音声認識が作動したようだ。
    で、検索結果に、
    『あああああああああ』
    と出ていた。「うわっ」思わず画面を消した。
    会社には誰もいないし、有線の音楽も切っていた。
    一人だったので、もちろんしゃべったりもしていない。
    会社はほぼ無音状態だった。


    んで今日。オカルト好きの同僚に話すとものすごく食いついてきたので、
    wktkしながらいろいろ試してみた。まず、音声認識ボタンを押したままポケットに入れてみた。
    結果は、「音声がきこえません」だった。次に、スマホの横で書類とかをガサゴソやってみた。
    結果は、「該当なし」

    やっぱり昨日のあの状態で、『ああああああああ』と認識されるとは到底思えない。
    今度は普通に「あああああ」としゃべってみた。
    結果は『あああああ』と出た。そりゃそうだ。ふと昨日の記憶がよみがえる。
    そういえば『ああああああああ』の下に、『aaaaaaaa』ってアルファベットも出てた。
    でも、さっき「あああああ」としゃべった時には、アルファベットは出なかった。
    隣でオカルト好き同僚が、おもしろ半分に呪怨の伽椰子の
    「ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙ア゙」とかやっちゃってる。結果は、

    『ああああああああ』
    『aaaaaaaa』

    ちょっとゾッとした。

    20: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:32:00 ID:Ei4
    『謎のアニメ』

    34 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/07/13(金) 04:00:57.08 ID:AapBRwuQ0
    前に偶然視聴した深夜アニメで今思い出してもぞっとするほどのシーンがあったんだが
    ネットのオタク系の知り合いの誰に訊いてもそんなアニメ知らないって返事しか返ってこない
    「けいおん」が流行りだすかどうかって頃の事


    35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/07/13(金) 04:02:20.74 ID:ptF3x7t8i
    どんなアニメだよ


    36 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/07/13(金) 04:16:52.84 ID:AapBRwuQ0
    >>35
    青っぽい制服だったから学園もの? なのかな。
    男女それぞれ数名いたように記憶してる。
    一人、凄く変なキャラクターがいたんだよ。
    そいつの目が特徴的で、黒い髪の下についてる目が

     ・ ●

    こんな感じに左右で大きさが全然違ってた。
    左がやたらでかく右は胡麻粒ほど。
    そいつの顔が突然どアップになって、そこそこ長い時間
    次のシーンに切り替わらないまま画面にへばりついてた。
    しばらくボーっと眺めたんだけど、不意に恐ろしくなってテレビの電源落とした。
    でまあ、それを数人に聞いたんだが誰もそんなの知らないよって話ね

    22: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:32:31 ID:Ei4
    子どもの頃、僕は2階建ての借家にすんでいた。
    母親も仕事をしていたので、学校から帰っても自分一人のことが多かった。
    ある日、夕方遅く学校から帰ってくると、家の中が暗い。
    「おかあさ~ん」と呼ぶと、2階からか小さな声で「はあ~い」と
    応える声がする。もういっかい呼ぶとまた「はあ~い」。
    自分を呼んでいるような気がして、2階へあがる。
    階段をあがったところでまた母を呼ぶと、奥の部屋から「はあ~い」と声がする。
    奇妙な胸騒ぎと、いっこくも母に会いたいのとで、奥の部屋へゆっくりと
    近づいていく。
    そのとき、下で玄関を開ける音がする。母親があわただしく買い物袋をさげて
    帰ってきた。「しゅんすけ、帰ってる~?」明るい声で僕を呼んでいる。
    僕はすっかり元気を取り戻して、階段を駆け下りていく。
    そのとき、ふと奥の部屋に目をやる。
    奥の部屋のドアがキキキとわずかに動いた。
    僕は一瞬、ドアのすきまに奇妙なものを見た。
    こっちを見ている白い人間の顔だった。

    21: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:32:24 ID:PHP
    よんでるで

    23: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:32:56 ID:Ei4
    >>21
    サンクス

    ある男性は、近所で飼われている猫の、あの赤ん坊の泣き声にも似た発情期の鳴き声に悩まされていた。
    ある晩とうとう我慢ならなくなり、外に出て鳴き声がしている場所を突き止め、怒鳴ろうとした――
    その後、彼は友人にこう語った。

    「あれが猫だとか赤ん坊だとか思ってる奴は幸せだよ」

    24: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:33:18 ID:Ei4
    『騙されないぞ』


    飲み会終わって終電に乗った時の話。
    帰宅ラッシュとは逆方向だったんで、めちゃめちゃ空いてた。
    しばらくしたら車両に俺とくたびれたサラリーマン風おっさんの二人だけになった。
    俺とそのおっさんはお互いそれぞれ車両の両端のシートに座ってた。
    おっさんは気持ち良さそうに居眠りしてた。
    相当疲れてるか、酔っ払ってたんだろう。
    おれもちょっと眠かったから目を閉じた。
    そしてモノの5~6秒経っただけで目を開けた。

    おっさんの姿が目に入った。
    おっさん、シートを俺の方へ一列移動してるように思えた。
    結構酔ってたからかそんなことどーでも良かったんで、また俺は目を閉じた。
    また数秒でなんか嫌な感じがして、目を開いた。
    今度は確かにおっさんがまた一列こっちの方へ移動してた。
    ちょっとやばいかもしれないと思って、
    スリでもやらかしたらとっ捕まえて駅員に引き渡してやろうと思い、
    俺は半目を開けて寝たフリをしてみた。
    案の定、おっさんは俺が目を閉じたのを確認して立ち上がった。

    こっちへ来るか?と思ったが、そうじゃなかった。
    おっさん、そのまま車両の真ん中でクルクル回り始めたんだ。
    で、回りながら
    「騙されないぞ~騙されないぞ~狸寝入りなんかに騙されないぞ~」 ってつぶやき始めた。
    さすがに俺もビビって、そのまま寝たフリをし続けて、次の停車駅で、
    ドアが閉まる直前にすばやく立ち上がって逃げるように電車を降りた。
    おっさんは追っては来なかった。
    ただ、タクシー代も無くて2時間以上歩いて帰宅した。 最悪だった。

    25: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:33:35 ID:Ei4
    『石の中』


    石垣を作るため、山で石を拾っていると、積んだ石が二つに割れ、中から鼠の死骸が出てきた。
    石に穴などは無い。不思議に思って一緒にいた祖父に見せると、苦々しくこう言ったそうだ。
    「そりゃ外道の生まれ変わりだ。出ることも動くこともできんまま、石の中で一生を生きるんだ」
    そのまま、遠くへ捨ててくるように言われた。

    27: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:33:58 ID:Ei4
    『月の直径』


    みんな「月が直径3400km」って聞いても何も不思議がらないのが怖いんだ。
    誰に言っても「ググれ」とか言われるのがオチだから黙ってたんだが、
    月の直径は3400kmじゃあなかったんだよ。少なくとも昨日までは。

    最初に気付いたのは10年以上前だったんだけど別に放っておいたんだ。
    特に損も得も無いし・・。おおげさだけど墓場まで持っていくつもりだった。

    最初は1年くらいだった。
    そのくらい経ってふと気付くと10Kmとか20kmとか増えてるくらいだった。
    月や星の科学誌が好きだったんだよ。
    別に空を見て分かる大きさじゃないし、本やネットで調べてるだけだから。
    技術が進歩して計測の誤差や本の誤植が修正されてるんだろうくらいに思ってた。

    でもどんどん大きくなってるんだよ。確実に月の直径が増えている。
    気付いてからは科学博物館に行って確認もしたし、NASAのページもチェックしている。
    そういった「公的な記録」の中の月の直径が気付くたびに大きくなっているんだよ。
    もちろん一般的な人は月の直径なんてよく分からない人の方が多いだろうと思うけど、
    10年間も積もり積もって大きくなっているのは
    100Km、200Kmの話じゃあ無いんだよ。そんな桁の話じゃあ無い。

    でも大きくなってる事よりもっと怖いのは、誰もそれを認識していないっていう事だ。
    みんな当たり前のように「月の直径は3474km」という事を受け入れている。

    それで気付くたびに記録の中の月の直径が増えている。
    なおかつ「昔からその大きさで計測されていた」事になってるんだよ。

    28: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:34:16 ID:Ei4
    『壁に怒鳴る男』


    この前エレベーター乗ろうとしたらさ、男がいたのよ。後ろ向きで。
    エレベーターに人がいても驚かないけど、後ろ向きで乗ってる人ははじめて見たからちょっと驚いた。
    一瞬戸惑って乗ろうか迷ったんだけど、掲示物見てるとかだったら失礼だし…
    みたいなつまらない気をつかって乗ったの。
    なんかブツブツ言ってるから背中向けたくねえと思って壁を背にして横にポジションキープ。
    となりちらっと見たら、直立姿勢のまま壁まで10cmくらいまで顔近づけてて憤怒の形相。
    鬼のような顔ってのはあのことだね。

    南無三!と唱えて早く一階に着くことを祈った。八階だから下まで結構時間かかる。
    「だーかーらー、貴様が言うか!ボケェ!」「お、お、お俺のせいか!?あ!?」
    ブツブツっていうかもう怒鳴ってるよね。まだ6階かよー…と一階一階嫌な汗かきながら数えてた。 
    ようやく一階についてそそくさと逃げたんだが、離れてからエレベーター見ると男はおりていない様子だった。

    翌月くらいかな、またそいつに会った。今度は地下通路で壁と話してた。
    それから頻繁にそいつを見るようになって、とうとう自分家の近所にまで現れた。
    やばい、キチに狙われてる?と膝ガクガク。
    たまたま友人と歩いてたときにそいつがいたから、「またいるよ、あいつ」と言ったところ友人が「誰?」と
    そこで壁と話してるやつだよ、と言っても誰もいないじゃないか、と。
    そこで初めてこの世のモノじゃねえ!と気づいた。
    そういえば会社のエレベーターで見たときも残業で一時すぎてたしな、となんだか納得。
    幽霊なら刺されることもないだろうと逆に安心した。

    そしたら、とうとう家のドアの前に現れた。
    ドアと話してるからドア開けられないし、一旦逃げようとコンビニへ。戻ったらいなかった。
    次の日は家の中に現れた。冷蔵庫と話してた。
    家には出ないと思ってたから、流石に怖くて、キッチンの塩ふってみたけど効果無し。
    諦めて寝ようとしても怒鳴り声が煩くて眠れない。すっかり寝不足。
    ムカついたから「うるせえんだよてめえ!消えろ!」と怒鳴りつけた。

    次の日寝てたら顔のまん前に現れてブツブツブツブツ。精神的にかなり参ってたと思う。
    「なんなんだよてめえ!俺がなにかしたのか?ふざけんなよ!」
    とそいつが現れる度に怒鳴り合ってた。んでね、ある日それを友人に見られまして


    「お前壁と話してたよ…」

    と。ああ、なんか合点がいった。そういうことか、と。
    直ぐ様病院へ行きました。精神病だと思ったんだよ。
    結果は脳の血管がふさがってなんちゃらかんちゃらで、
    バイパスが出来て助かったけど危なかったと言われました。
    あれが幽霊なのか幻覚なのかは分からず仕舞いです。

    29: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:34:35 ID:Ei4
    『昔自殺者が出たっていうマンション』


    イトコの話。
    うちの近くには地域ではわりと有名な心霊スポットがいくつかあって、
    その中に昔自殺者が出たっていうマンション(アパート?)がある。
    過疎化が進んでるもので、いまは誰も住んでなくて廃墟になってる(けどわりと綺麗)んだけど、
    イトコが友達とそこに行ってきた。

    その自殺者が出たっていう部屋は一階にあるらしいんだけど、どの部屋かは分からないまま行ったらしい。
    中に入ると並んでるドアのほとんどが鍵が掛かっているのか、開かない。
    一ヶ所だけ鍵が掛かってない部屋があって、一通り回った後ビクビクしながら
    そのドアを開けた…が、特に何もない。何も起きない。
    拍子抜けして帰路に着く。

    マンションを出てすぐ、不良集団とすれ違う。
    「あいつらも肝試しかー」なんて思ってると、帰り際マンションの方から高い女の声の悲鳴が聞こえた。
    「あれ?さっきすれ違った中に女の子いたんだっけ?」と思いつつ、車に乗り込み近くのコンビニへ。
    しばらくコンビニで談笑していると、さっきすれ違った不良達もコンビニにやって来た。
    …あれ?女の子がいない。
    「そっちに女の子いなかった?」と何気なく聞いてみると、「最初からいないっスよ?」との返事…。
    あれ?と思いつつも、同じ場所に行った親近感からか何となく不良達と話が盛り上がり、
    さっきのマンションの話が始まった。
    イトコ達は「あのマンション、一部屋だけ入れたよねぇ?」と不良達に尋ねた。

    『は?』
    「だから、一部屋だけ開いてたでしょ?中に入らなかったの?」
    『いや、入ったけど…』
    顔を見合わせる不良達。

    『俺ら入ったときは、一部屋だけ開かなかったんスよ。あとは全部開いてた』
    イトコ達はそれを聞いて鳥肌が立ったそうです。

    32: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:35:31 ID:Ei4
    『七不思議を調べて発表』


    私が小学6年生の時のお話です。学校によって呼び方がちがうようですが、
    『総合』という生徒がテーマ事に4~6人の班に別れて、テーマに沿った調べものをして、
    それをまとめて発表するという学習がありました。
    当時ぬ~べ~というアニメが流行っており、私たちの班はわが校の七不思議を調べ発表しました。

    6年生の最後の発表会ということで、体育館に1年生から6年生まで全員を集めての大規模なもので、
    ガチガチに緊張しながらも、私たちの班は発表を終えました。
    他の班が発表を終えたときは、全校生徒からの大きな拍手が飛んでいたのに、
    私たちの班がもらったのは、皆の不思議そうな顔とまばらな拍手でした。

    テーマがやっぱり変だったかな?とか、他の班の発表をきいてるふりをしながらプチ反省会です。
    発表会が終わった後に教室に戻り、感想を書いて、その流れで帰りのHRです。
    私たちの担任はいわゆる子供に人気のおもしろい先生で、
    この時間は今日あったおもしろい話等をしてくれるのですが、その話の主役が私たちの班でした。
    「七不思議というおもしろいテーマをちゃんと発表できたのに、
     6つしか見つけられなかったって締めかたは怖い話っぽくてよかった。
     だけど、伝わらなくて皆ポカーンとしてたのが一番怖かった」
    私たちの班員以外のクラスがドッとわきました。
    訳がわかりませんでした。

    話をまとめると、まず私たちの班は七不思議のうち6つしか見つけられませんでした。
    そして、班員も丁度6人だったので、その6つを1人が1つ担当して発表し、
    それだけしか見つけられなかったと発表を終えました。

    ですが先生を含め、私たちの班員以外のクラスメイト、
    おそらく全校生徒が7つの七不思議全てを聞いていたのです。
    私たちは6つしか発表してないと主張しましたが、
    また怖がらせようとしてと、最初は先生や皆も相手にしてくれませんでしたが、
    私たちの必死さと、ある一つの質問によって教室の空気が変わりました。

    質問は「二回発表したのは誰?」。
    6人の班が7つ不思議を発表しているというのですから、
    発表を見ていたなら何人かは答えられて当然です。誰も答えられませんでした。
    かろうじて答えられたものも「○○だったような」というもので、
    ザワザワが大きくなり、幽霊だとかハイになる男子や
    泣き出す女子が出たりして、クラスは混沌としました。
    結局その日は私たちの勘違いということで解散となりましたが、
    当然のように七不思議の話は禁止になりました。
    ですが、そんなことが噂にならないわけもなく、学校では空前の七不思議ブームがおこりました。

    ちなみに、最後の七不思議は「地下室の鏡は地獄に通じている」というものだったそうです。
    ですが、我々が卒業した今では、
    「七不思議を調べると不思議な体験をする」という内容にとって変わられたそうです。
    息子から母校の七不思議を聞かされて、すごく不思議な気持ちになったので書き込ませてもらいました。

    31: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:35:00 ID:Ei4
    『夢遊病』


    子供の頃少し夢遊病の気があった。
    夜中に起き出して扉的なもの(扉だったり襖だったり洗濯機の蓋だったり)を
    開けたり閉めたりを数回繰り返してまた布団に戻って寝るんだそうだ。
    この時点ではそう怖くない(姉は怖かったらしいが)
    半目で無表情だから寝ぼけてるですまされる範囲。
    姉が今でも俺と一緒の部屋で寝たくないというのは、
    何度かテレビの砂嵐をニヤニヤしながら観ていたのを目撃したから。
    何が見えていたんだろうな

    33: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:35:52 ID:Ei4
    『夜中に街を歩き回るのが趣味だった』


    高校生の頃、夜中に街を歩き回るのが趣味だった。
    当時、俺の住んでいた所は郊外の住宅街だったし、
    夜中の2時~3時ともなれば出歩いていても、警察やら何やらに声を掛けられるという事は全くなく、
    煩わしい事を考える必要がないその時間が俺は好きだった。

    ある日、いつも通り夜の散歩に出かけていると、
    月に2~3回程度、近くを通る公園の滑り台の踊り場の上に、
    グレーのスーツを着たサラリーマン風の男が立っているのを見かけた。
    男はこちらから見て斜め後ろを向いており、表情は見えなかった。
    一瞬驚いたが、以前別の公園で、飲みすぎたのかベンチで眠りこけているサラリーマンを見かけた事があった為、
    その類だろうと思い、その時は特に気に留めずに散歩を続けた。30分程して、そろそろ帰ろうと思い立った。
    家まで帰るには行きに通った公園の、反対の脇を通る必要がある。
    少々眠気を感じながら再び公園の前まで着くと、先程のサラリーマンがまだ滑り台の上で立っていた。

    行きで通りかかった時から40分は経過している。
    流石に驚き足を止めてそのサラリーマンを見てしまった。
    男は行きの時と同じように斜め後ろを向いて立っており、身じろぎ一つしなかった。
    背中に冷たい物がじわりと流れ出した。
    早く家に帰ろうと思い立ち、公園の脇を通り過ぎた辺りまで歩いた時、ある事に気が付いた。
    俺は行きの時とは反対の道路から歩いて来た。
    それなのに何故男が行きと同じように斜め後ろを向いて立っているんだ?
    全身の毛穴が開いていくのを感じた。
    もうここから走って去った方がいい、そう思っているのに俺は公園の方を振り向いてしまった。
    男は滑り台の上で斜め後ろを向いて立っていた。先程と同じように。
    俺はたまらず走ってその場から逃げた。また振り向く勇気は俺にはなかった。
    振り向いてもし男がこちらを見ていたら、その時はその状況は絶対に考えたくなかった。

    もしかしたら幽霊の類ではなかったのかもしれない。
    酔っ払いの悪ふざけか何かだったのかもしれない。
    ただ俺は夜中の散歩でそれ以降、その公園の近くを通ることは二度となかった。

    34: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:36:08 ID:Ei4

    最近ポケモンダイパを初めてうわさのバグ技とやらをやってみたが
    「なぞのばしょ」に入り込んでしまった・・・
    周りは暗闇で自分ただ一人が取り残されたかのようだ
    しかも、閉じ込められた・・・一歩も動けない
    なんとか脱出しようと、たんけんグッズを使うも
    「通信エラー」と表示されリセットしまた元の場所へ・・・
    ここから出してくれ・・・と嘆く主人公の姿が思い浮かぶ

    データ消去という考えに至ったわけだが、消去した後の主人公はどうなるんだろうと思ってしまう
    確かに私自身はやり直せるが別の世界では暗闇に閉じ込められたままの主人公がいるのだ
    ただ手持ちのポケモンを眺めているしかないのだろうか

    ふと思うことがある、この空間は現実と異世界の狭間なのではないかと
    ところで、四天王の間に入れば扉は閉まってしまうのはご存知だろう
    それは、一度入れば後戻りはできないということだから
    ・・・・いや、そこはもう「別の空間」になってしまったから、だろう
    別の空間になってしまっては、扉を開けることはできないのだろう
    この宇宙空間から、亜空間へ直接入ることは許されないことだから

    だが、扉を開けてしまった

    「波乗り」という技が宇宙空間から亜空間への道を切り開いてしまう恐れがあった
    しかし、それもままならず、その狭間へと迷い込んでしまった
    従って、ここは人間の踏み入ることのできない場所
    この主人公は、人であるべき姿を失っていくのだろうか

    35: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:36:34 ID:Ei4
    俺の曾祖父さんが子供の頃、親父(つまり曾々祖父さん)と一緒に夜に山を下ってたんだと。
    曾祖父さんは幼かったから親父におんぶされてた。
    親父は提灯を提げて前を照らしてたらしいんだけど、突然曾祖父さんに「目を瞑れ」と命じたんだと。
    曾祖父さんも何がなんやら分からんが親父の言う通り目を瞑った。

    そしたら親父が小声で「狸が提灯持って案内してくれちょる」と言ったんだと。
    俺が幼稚園ぐらいの頃、曾祖父さんの娘にあたる俺の祖母から聞いたオチのない話。

    こっからは俺の妄想になる。
    当時は不思議な狸って本当に居るんだなぁ、と思ってただけなんだけど今思うと本当に狸だったのか?と思う。
    狸が提灯提げてるだけなのに何で曾祖父さんは目を瞑らなきゃならなかったのか?
    曾祖父さんも死んでるし祖母も惚けてこの話を憶えてすらいないから確認しようもないが
    俺は曾祖父さんの親父はもっと何か恐ろしいモンを見たんじゃないか?
    だから曾祖父さんに目を瞑らせて見せないようにしたんじゃないか?

    36: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:36:56 ID:Ei4
    『見えないように立つ』


    霊とかじゃないんだけどいいかな。
    つか現在進行形で怖いんだが。

    最近在宅で仕事しはじめたんだけど、昼間の訪問とか勧誘って結構あるんだね。
    荷物が宅配で来たりするんでインターホンpcにつないで
    仕事しながら応対できるようにしてる。面倒な時は居留守w
    そしたら何人かに一人インターホンに映んないとこに立つんだよ。
    新聞とかなんかの勧誘や、居留守使ってる時にもなんだけど、
    位置関係から言ってドア開けた時影になる側に立ってる。

    レンズが魚眼だから結構広い範囲カバーしてるんだけど
    映るのは立ち去る時に影が一瞬見えるだけ。
    一回居留守使いながら覗き穴から覗いてみたら
    ドアの蝶番側に人影っぽいもんが見えた。
    たぶんほんとにはじっこに、いきなり開けたらぶち当たるくらい
    ドアに密着して立ってるんだよね。

    んで昨日、やっぱり新聞の勧誘でそういう立ち方する奴が来て、
    そのあと同じ新聞社の別の勧誘が来たから直に出て
    さっきも違う人が勧誘に来たよって言ってやったんだ。

    「ここの担当俺だけですが」ってさwww
    え、と思って一応じゃあおたくの名前語って訪問してる奴がいるよ、
    インターホン映らないように立ってて、って話したら、
    注意しときますー。つって帰った。

    さっきもなんかケーブルTVみたいの来てさ、やっと気がついたんだけど
    あいつ昨日の偽新聞と同じ奴だ。
    てか、たぶんこれまでも見えないように立ってたの、全部同じ奴だ。

    38: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:37:22 ID:Ei4
    『蝉の泣き声』


    小学生の頃は虫が大好きで、
    特に蝉の羽化を図鑑で見てからはその美しさや不思議さに心を奪われ、強い憧れを抱いていた。
    親父も俺の興味に理解を示してくれて、夏休みのある日、
    羽化を始めそうな幼虫を探しに夜の林へ連れて行ってくれた。
    そこは祖父が持つ土地にあり、親父もよく知った場所らしかったが、初めて立ち入る真っ暗な林はかなりの恐ろしさだった。
    蝉はなかなか見つからず、ビクビクしながらも一時間以上粘ってようやく、羽化しかけの幼虫を見つけることができた。
    恐怖心は一気に吹き飛び、息を潜めて見守っていると、薄緑色の体がゆっくりと露わになってくる。
    ところが、半分ほど出てきたあたりから、様子がおかしいことに気付きはじめた。
    目は左右の位置がずれていて大きさも非対称だし、体もところどころ窪んだように潰れている。

    翅のうち片方は広がっていく気配を見せないどころか、途中でポロリと取れてしまった。
    この蝉は成虫になる前に死んでしまう。そう思い至ると、恐怖心が再び蘇ってきた。
    それでも目を離せないでいると、歪んだ体のまま脱皮を終えた蝉が、苦しそうに身をよじらせ、ビクビクと痙攣しだした。
    もう見ていられないと目を離そうとしたとき、ひときわ大きく震えたその蝉は、
    呻くような低い声で「嫌だああああああああ」と叫んで、動かなくなった。
    思わずしがみついた親父の顔もひきつっていて、小さく帰ろう…と呟いた。
    子供心にもあり得ない、勘違いだと思ったが、この日から虫が大の苦手になってしまって、
    親父も弟が虫をとってくるといい顔をしないようになった。

    39: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:37:59 ID:Ei4
    『間のもう一人』


    とある知人に聞いた話。
    彼には八歳離れた妹がいるのだが、その妹について、彼は子供の頃から不思議な感覚を持っているという。
    時折、妹が妹でない時がある、というのだ。どこがどう違うのか、それを説明することはできない。
    ただ、朝起きて「おはよう」と言った時、食事中、歩いている後ろ姿、何気なくこちらを向く仕草、
    あくびの後、眠っている最中でさえ、「今は、違う」という違和感を感じるのだという。
    両親にそれを告げても、意味がわからないと相手にされなかった。
    彼自身、意味がわからなかったのだから、仕方のないことだった。
    妹が妹でないと感じる時間は、一瞬の時もあれば、長くても三十分程度だった。
    なので、そのうち知人も気にしなくなった。
    妹の違和感について、知人は心当たりがあったという。

    実は彼と妹との間には、妹が生まれる五年前に、
    性別も分からぬうちに流れてしまったもう一人のきょうだいがいたのだ。
    妹が生まれるずっと前に、「もうすぐお兄ちゃんだよ」と父親に頭を撫でられた記憶、
    肩を落として静かに泣く母親の記憶が、おぼろげに残っているという。
    一目会うこともできなかったそのきょうだいは、きっと女の子だったのだろう。
    普段は妹に寄り添い見守ってくれていて、妹が妹でない時は、
    きっとその子が妹に変わって世の中を見ているのだろう。
    知人はそう思っていたという。年の離れた兄妹は、
    知人が進学して家を離れたことを機に、会う回数がぐんと減った。
    妹が成人した頃には、彼女の様子に違和感を感じることもなくなったという。

    「いい話じゃないですか」
    私は心からそう言った。
    しかし、知人はどこか浮かない顔でため息をついた。
    「先日、久しぶりに妹に会ったんです。今度結婚するんだと言うので、祝いに飲みに行ったんですよ。
    少し照れくさかったけど、意外に話が盛り上がって、お酒も進みましてね」
    楽しい話のはずなのに、知人の顔はますます暗くなり、私は不安を感じた。
    「子供の頃の思い出話で盛り上がっていた時です。
    妹が『お兄ちゃん、昔大怪我して、頭を縫ったことがあったよね』と言い出しました。
    怪我は何度もしましたが、頭を縫うほどの怪我をしたのは、七歳の時の一度きりです。
    妹は続けて、『玄関でふざけて飛び降りて、段差で頭打っちゃったんだよね。
    私近くで見てて、びっくりしたよ』と。
    怪我の原因はその通りでしたが、妹はその時、生まれてないんですよね」
    他人から聞いた話を、あたかも自分で経験したかのように思い違いをすることは、ままあることだ。
    妹も、両親などから聞いた兄の怪我の話が心に残り、そのような勘違いをしていたのではないか。

    私がそう言うと、「そうだといいんですが」と知人はもう一度ため息をついた。
    「僕が怪訝そうな顔をしたからでしょうね、妹は、しまったというような顔を一瞬だけしました。
    その時の顔にね、久しぶりに例の違和感を感じたんです。僕の妹は、こんなだったかなって…」
    まぁ、酔っ払いの感覚なんて、あてになりませんよね。知人はそう言って、力なく笑った。

    40: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:38:13 ID:Ei4
    検索サイト「Google」で「階段」と検索すると、膨大な数のページが表示されるが、
    ときたま、たった一件しか表示されないことがある。
    そのページは階段の写真が一枚表示されているだけのものだという。
    もちろんこの階段を上がることはできないが、誰かが下りてくる可能性は否定できない。

    41: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:38:35 ID:Ei4
    305: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 19:11:02.36 ID:Fk5mkV6fO.net
    私の初海外は中国の杭州。ツアーで行ったんだけど、ある寺院に行った時、幾つか建つお堂の1つに置かれた仏像から変なものが出てきたのを見た。
    手足の異常に長い僧侶。
    それは私の方へゆらゆら揺れながら来ると何か話しかけてくる。中国語を勉強していたので聞き取れた。

    しかしなぜか私はその時、「見えない振りをすれば危害は加えられない」と思い、近くにいた仲間に「あの景色きれいですねぇ」とか話しかけた。
    その僧侶(?)は私に向かいもちろん中国語で色々話すが、私は見えない振り聞こえない振りをしていた。
    すると僧侶(?)は「見えていれば帰らせなかった」と言い、またゆらゆら揺れながら仏像の中に入っていった。
    すると鐘の音が鳴り、僧侶たちがお堂へ入っていく。ガイドさんが
    「そろそろ読経の時間のようです。邪魔にならないよう帰りましょう」と言い、みんなそこを後にした。
    僧侶たちは一体何に祈っているんだろう。あれは絶対に仏ではない。

    ちなみに後少しで死ぬかもしれないアクシデントはあったが、無事に回避でき帰国できた。
    その3日後、テレビには中国各地の抗日デモの様子が映った。
    もしあの時、「あれは何?」とかその僧侶のことを誰かに言っていたら、私は今ごろ生きていただろうか?


    315: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 21:22:48.71 ID:Fk5mkV6fO.net
    >>305です
    全部聞き取れた訳ではないけど、「名前は?」「どこから来た」「ここで何をしてる?」など。
    ぼそぼそとした声なので聞き取れたのはこれくらい。
    でもびくびくしたりは不思議となく、「返事はしちゃダメ。聞こえないふり、見えない振り」と近くにいた仲間捕まえて、
    僧侶を指差しながら、その後ろの山々の景色を「きれいね」と言い合ったりしていた。
    山寺だったからなぁ、何かいたのかな。
    しかし僧侶(?)が入り込んだ仏像に向かい礼拝する修行僧たちを見た時、「この人たちには見えているのか。あれは仏じゃない」とぞっとした

    42: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:39:04 ID:Ei4

    『笑っていた』

    厨房の頃、カブに乗った60代ぐらいのじっちゃんが、
    横断歩道で信号待ちしてた俺と友達の目の前で、
    たしか2t(ぐらいと思う)トラックと正面衝突した。
    グロスレじゃないから細かな状態は省くが、時間にして1分間ぐらいの間、
    そのじっちゃん、陸に上げた魚みたいに物凄い痙攣をしてた。

    んで何が怖かったかと言うと、息絶えるまでの1分間、凄く大きな声で笑ってる訳。
    しかも、甲高い奇声にも似た高笑い(馬鹿笑い?)。
    俺と友達はもう顔面蒼白で、俺は膝やら顎やらがガチガチ震えてて、
    救急車が来るまで会話も出来なくて、動く事もできなかった。

    あの時のじっちゃんの痙攣の仕方、衝突の瞬間の音、キーキーギャーッハッハーて笑い声、
    今までで1番怖かった出来事。何故笑ってたんだろうかと思う。

    43: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:39:20 ID:Ei4
    リチャード氏が45歳の誕生日を迎えた朝、差出人不明の手紙が届いた。
    封筒も便箋も見たことの無い無地の紙で出来ており、便箋にはただ一文が書かれているのみであった。
    「ご注文通り、幾つかの過去を改変いたしました。ご満足頂けましたでしょうか? 指定日、請求に伺います」
    彼は、彼の過去が何をどう改変されたのかを聞くために差出人を待ち続けているという

    44: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:39:27 ID:ukI
    寺生まれのTさんはまだ?

    46: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:40:09 ID:Ei4
    >>44
    ほれ

    俺は原付に乗って買い物に出かけた
    普段どうり国道を走っていると
    真っ赤なワンピースを着た綺麗な女性が眼に映った
    お、綺麗な人だな、そう思った瞬間
    俺は対向車線から来たトラックに撥ねられた
    柔道を習っていた俺はとっさの瞬間受身をとる事ができたため
    両足を骨折する重傷ですんだ。

    それから半年たったある日友人のKが同じくトラックに撥ねられた
    直ぐに病院に駆けつけたが、Kに意識は無くその後死亡した
    その場で救助に当たった人の話によるとKは
    「赤いワンピースを見てついよそ見しちまった・・・」
    と呟いていたという
    俺は驚いた。

    アレは死神なんじゃないか?
    俺がそう思っている頃またあそこで事故が合った
    話を聞いてみるとひき逃げらしかった
    この辺りは見通しがいいにも拘らずそういう事故が多いらしい
    俺はあの赤いワンピースの女が死神だと確信した

    数日後俺はバイトの先輩Tさんの車に乗ってその道を走っていた
    Tさんは実家が寺で非常に霊感が強いらしく、俺は死神の話をしてみた。
    「ふーん」っと素っ気なく聞いていたTさん
    だが少し走ってからTさんが突然
    「あの女か!」と叫んだ。

    見ると確かにあの赤いワンピースを着た女が道を歩いている!!
    「そうです!あの女です!!」
    俺が叫ぶと「そうじゃない!あっち事だ!!」と正面を指すT先輩

    見ると顔の抉れた女が対向車線を走るトラックの方向を狂わそうと、
    車体飛び移っている所だった!
    「ハンドル頼んだぜ・・・」
    Tさんはそう呟くと車の窓から上半身を外に出し、狙いを定め
    「破ぁーーーーー!!」と叫んだ
    するとTさんの両手から青白い光弾が飛びだし、女の霊を吹き飛ばした
    「これで安心だな・・・」そう呟いて片手でタバコに火をつけるTさん。
    寺生まれってスゲェ・・・その時初めてそう思った。

    48: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:40:37 ID:ukI
    >>46
    あざっす!!!!!

    45: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:40:00 ID:Ei4
    ウルトラセブンの一話が、抗議によって封印処分されたのは有名な話であるが、実はウルトラマンAにも封印された回が存在する。
    抗議等を受けたからではなく、製作側が自主的にお蔵入りを決定したのだという。
    完成したフィルムを試写した時、劇中の台詞がすべて女性の金切り声に変わっていた為らしい。

    47: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:40:34 ID:Ei4
    80年代前半の出来事。
    午前10時過ぎ、2時間目の授業の最中、放送の流れるスピーカーの電源が入り、
    『・・・さい。・・・なります。・・・さい。・・・なります』
    と、抑揚の無い棒読みの声で、低めの大人の女性の声で放送が流れる。
    1、2年生には泣きだす児童もいたため、1、2年生の担任の先生は教室に待機。
    3年生の教室に居た3年の担任の男性のA先生が、生徒を落ち着かせた後、真っ先に放送室を確認に向かう。
    続いて、4~6年生の担任等他の先生や、用務員が駆けつけ、真っ先に駆けつけていたA先生に情況を聞くも、
    「放送をした者を確認できなかった」

    当時、学校にいた女性の先生は、皆授業中だった。
    学校では、外部の者が学校に侵入し行った悪戯として、防犯体制を強化した。


    俺が小学校に入学するだいぶ前に起きた事件。
    真っ先に駆けつけた3年生の担任のA先生は、その事件の日から、
    体調不良を理由に仕事を休むようになっている。
    他の先生たちで代替の授業を行ってA先生の復帰を待ったけど、A先生は結局3週間ほどで退職。
    3年生の生徒が手紙を書いたり連絡を取ろうとするも、連絡はつかなかった。
    さらに、A先生は精神病で病院に入院しているという噂が流れる。

    件の流れた謎の放送、『・・・さい。・・・なります』はボソボソとした口調だった為、
    生徒の間で、こう聞こえたー、いやいやこうだー、と様々な意見が流れたが、一番多かった意見が、


    『見ないでください。おかしくなります』

    49: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:41:09 ID:Ei4
    『ある夜目が覚めたら自分一人きりだった』


    幼稚園ぐらいのころ、両親と並んで寝てたんだが、ある夜目が覚めたら自分一人きりだった。
    夜中に一人きりになったことなんてそれまで無かったから、怖くて怖くてわんわん泣いた。
    友達のタケちゃんちに助けてもらおうと真っ暗な外に飛び出したら、
    月明かりの夜空に月の何十倍もある真っ黒な穴が空いていた。
    (意味わからんと思うけどそれ以外の表現が見当たらない)
    黒い穴に怯えながらタケちゃんちまでたどり着き、扉を叩いたが誰も出てこなかった。
    その後泣きじゃくりながら助けを求めて歩き回った気がするが、よく覚えていない。
    ここまでが自分の記憶。

    ここからは父から聞いた話。
    父がふと目覚めると、母との間に寝てた俺がいなかったらしい。
    トイレを見てもいなかったので、母を起こして家の中を見回し、それでも見当たらないことで焦ったらしい。
    外にでも出たかと駆け出そうとしたら、もといた寝室から俺がスタスタと出て来て、
    自分の顔を筋張った両手でわしづかみにしながらひくひくしていたそうだ。
    戸惑いながら泣いてるのかと様子を見たら、
    俺は目だけぎょろぎょろと左上を見上げながら笑っていた。

    今でも時々「あの時は気味悪かったよ。お前あの時どこに隠れてたの?」
    と聞かれるが、俺に聞かれてもわからない。

    50: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:41:14 ID:L07
    おもろいな

    51: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:41:20 ID:bpY
    不安の種にありさう

    52: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:41:35 ID:Ei4
    『名前』


    とある警察署に、一人の男が女を殺し山に捨てたと自首してきた
    男が指定した場所には確かに女の死体が埋められていた
    男が自首した理由は、某SNSで近況をつぶやこうとするたびに、
    自分の名前が毎日「犯人」に変わっており、気を病んだ為だという

    53: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:41:59 ID:Ei4
    『あぶられた写真』


    小学校のとき担任だった教師。性格がとにかく悪かった。
    自分の子供と俺たち生徒を比較して、私の子供は君達みたいな子には育てないだとか、
    とにかく奴は自分の息子を溺愛し、俺たちと比較するのが好きな奴だった。
    特に俺なんかは出来が悪くバカだったので、いつもいたぶられていた。
    「こんな問題も出来ないの」とか、とにかくいろいろ言われて頭に来ていた俺は、
    教師の机の中身のものを滅茶苦茶にしてやろうと考えた。
    (当時、俺たちの小学校では、教室に教師の簡易机みたいなものがあった)

    休み時間、その日は曇天にもかかわらず、殆どの奴は運動場に出かけたり別のクラスに行ったりで、
    教室に残ってる奴は珍しくいなかった。教師の机の引出しを開けた俺は、綺麗に整理されたノート、
    カラーごとにきちんとまとめられたペンなどが目に入り、
    とにかくこれを滅茶苦茶に荒らしていた。

    ふと、一番下のノートのに、裏向きに写真が挟まっていた。
    家族の写真だろうと直感した俺は、この写真もパクってやるかと写真をひっくり返した。
    その写真に写っていたのは、担任と夫らしき人物、そして小学生ぐらいの子供。
    猛烈に震える俺の手。心臓の音が聞こえるようだった。

    写真の子供の顔が火であぶられていた。
    黒ずんだ子供の顔。焦った俺がノートを落とすと、ノートの間から何枚も写真が出てきた。
    どれも子供の顔だけが火であぶられていた。

    はっと気配を感じて廊下側を見ると、廊下側のガラスの向こう、
    すりガラスのせいで姿は見えなかったが、直立姿勢で立っている影があった。
    俺は担任と直感し、窓から飛び降りた。一階だったのが助かった。
    そして俺は隠れてクラスを見ていた。(教室側からは死角の、いい位置があったのだ)
    誰もいない教室で、担任はマッチを使って写真を炙り始めた。
    そこまで見ると、俺は猛ダッシュで運動場に行き、友達と合流して遊んだ。
    他の誰か(生徒)がイタズラをしたんだろう、という俺の考えは間違っていた。

    怖いのは、今考えても、そんな事をする理由がわからないのだ。
    夫婦の仲が極端に悪いとかで、写真の中の『夫の顔』をあぶるならまだ分かる。
    だがなぜ子供の顔なのか?あんなに自慢していたのに。

    54: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:42:34 ID:Ei4
    『たのまれたので』

    知り合いの話。冬山で、遭難した登山者が見つかった時のこと。
    捜索隊に加わっていた人から、こんな話を聞いたという。

    遭難者はメモ帳に、死ぬ寸前まで日記をつけていたらしい。
    日記の最後の方は飢えと寒さのためか、字が乱れていて読めたものではなかった。
    しかし、日記の最後に書かれた二行の文章だけは、はっきりと読むことができた。

    『おとうさん おかあさん もうかえれません ごめんなさい
     たのまれたので かきました』

    まるで子供が書いたような下手な字で、平仮名だけが使われていた。
    字は強い筆圧で書かれており、遭難者の書いた字体とは明らかに違っている。
    遺族にメモ帳を渡す時には、最後の一行は破りとったということだ。

    55: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:43:09 ID:PHP
    >>54
    不気味

    56: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:43:43 ID:0uR
    冬に怪談も一興やね

    59: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:44:30 ID:Ei4
    >>56
    ビートたけしのやつ楽しみや

    『まとまる視線』


    知り合いの話。地区の子供会で、キャンプをおこなった時のこと。
    炊事担当であった彼女は、夕食のカレーを支度していた。
    灰汁をすくっていると、不意に胸騒ぎがした。
    顔を上げて、河原で遊んでいる子供たちを確認する。
    中に一人、理由はわからないが、なぜか気になった子がいた。
    しかし異常は見られず、彼女は内心首を傾げながらも、調理を続けた。
    そのまま何事もなく、キャンプは無事に終了したという。

    山から帰って二日後に、キャンプに参加した子供が一人急死した。交通事故だった。
    彼女が気になった、正にその子だった。
    葬儀の後しばらくしてから、子供会の会合が開かれた。
    ついでだったのか、その席でキャンプの記録ビデオが上映された。
    亡くなった子も元気な姿で映っており、皆の涙を誘ったそうだ。

    やがて画面が夕食の準備風景に変わる。
    それまでばらばらに動いていた大人たちが、不意に同じ動作をした。
    一斉に顔を上げて、河原の子供たちをじっと見つめる。
    皆の視線が一つにまとまり、すぐに奇妙な顔をして持ち場に戻っていく。

    ビデオを見ていた人たちは、彼女を含め、全員が凍りついたようになっていた。
    それ以上キャンプが話題になることはなく、会合は終了したという。

    57: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:43:46 ID:Ei4

    『山中の寂れた無人駅』


    彼は中学生の頃、電車で通学していたという。
    夏のある日、うっかり寝過ごしてしまい、目が覚めて大慌てで車両から下りる。
    そこは山中の寂れた無人駅だった。

    時刻表を確認してみると、後一時間近くは上りの電車は来ない。
    「早まったなぁ。売店のある駅で下りれば、パンとかジュースとか買えたのに」
    ボヤきながらホームの奥にあるベンチに向かったが、既に先客が何人か座っていた。
    こんな僻地にこれだけ大勢の人がいるとは珍しいね。
    そんなことを考えながら近寄っていったが、ピタリと足が止まる。

    そこに座っていたのは、すべてマネキンだった。
    一体誰が置いたものか。
    慌てて踵を返し、ホームの反対側へ向かう。
    近よるのが気持ち悪かったし、マネキンを置いた人物にも決して逢いたくなどない。
    次の上り列車が来るまで、酷く落ち着かない気持ちだったという。

    60: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:45:01 ID:Ei4
    霊や超常現象の正体』


    7年前、年が3つ上の兄貴が大学に通っていた頃に聞いた話。兄貴は大学の理工学部なんだけど、
    よくオカルト好きな友人を家に招いては、霊や超常現象の話題で盛り上がっていた。
    科学的な観点から、霊や超常現象の正体は何かと、酒を飲みながら結構真剣に話していたのを覚えている。
    兄貴が大学4年になったあたりから、そのオカルト好きな友達がぱったりと家に来なくなった。
    なんでも、病気になったらしくて、大学も辞め入院しているらしい。
    それから数カ月経ち、俺は兄貴のオカルト好きな友人のこともすっかり忘れていたある日。
    兄貴がふと思い出したように、その友達の話を始めた。
    「そういえば3日前に、あいつが俺の家に来てたんだよ」
    内容はこうだ。その友達はガンだったらしく、余命半年と宣告をうけ、
    しばらくの間病院で治療を続けていたが、最近は自宅療養になった。
    久しぶりに会う友人は、抗がん剤のせいなのかひどくやつれ、
    髪も眉毛もなく、身体も青白くやせ細っていたが、やけに目だけは生き生きとしていた。
    久しぶりに会ったというのに、その友人は挨拶も早々に、
    「実は話したいことがあるだよ!」と、嬉しそうに話し始めた。
    「この世は、永遠に回り続けるビデオテープみたいなものなんだ!
     そして常に録画されていて、常にそのテープには、今という瞬間を過去の上から重ね録りされているんだよ!」

    兄貴は意味が分からず、唖然とするしかなかった。友人はそれを気にすることなく話を続けた。
    「テープが一回りする周期が、どのくらいかはわからない。
     1年か1カ月か1週間か。もしかすると1時間、1秒かもしれない」
    なんとなく兄貴も、その話に興味を持ちはじめた。
    「人間の身体は、微弱な電気で動いているのはお前もすでに知っているだろ?
     普段は微弱だけど、精神的、心理的に何か強い思いが…つまり…
     喜びや悲しみ、後悔や無念、怒りや憎しみ。その感情が強ければ強いほど、微弱だった電気が強力な何かになり、
     時にはその何かが、場所や空間に感情の痕跡を残すことがあるんだ。
     感情の痕跡が深く刻まれると、先に話した重ね録りをしても消えないんだよ。
     ほら、たまに重ね録りしたビデオテープ再生したら、前の映像がうっすら映ってたり音が残ってたりするだろ?
     それだったんだ!霊や超常現象の正体は!魂や怨念なんかじゃないんだ!
     ただの痕跡なんだよ!おい○○(兄貴の名前)!わかるよな!」

    突然感情的になった友人に、兄貴は話の整理ができないまま、
    うんうんとうなずくことしかできなかった。その瞬間。
    「おぉぉぉぉぉ!解明できたぞ!うおぉぉぉ!」友人はいきなり立ち上がり、歓喜のような雄たけびあげた。
    まるで試合に勝ったボクサーのように、拳を天に突き上げていた。
    あまりに突然の友人の変貌ぶりと行動に、兄貴はその場から動くことができず、なぜか笑ってしまった。
    その様子を見た友人は涙を流し一言、
    「ありがとな」
    笑顔でそう言って、帰って行ったそうだ。

    兄貴は話し終えるとハハッと笑いながら、
    「変な奴だよな。元理工学部のくせに、言ってることが科学的じゃない。
     言い回しがそれっぽいってだけで、言ってること目茶苦茶www
     だけど不思議なことに、あいつがしゃべったこと一語一句覚えてるんだよ」

    兄貴が話をしてくれた翌日に、その友人は自宅のベットの中で静かに亡くなった。
    それからしばらくしてからかな?ときどき兄貴が自分の部屋で、亡くなった友人の姿を見るようになったのは。
    あの時のように、歓喜の雄たけびをあげ、拳を天に突き上げているらしい

    73: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:47:41 ID:Ei4
    ずっと昔の話。
    小学1年の時に祖母が亡くなり、仏壇のある部屋でお坊さんがお経を唱えてた。
    すると、お経に合わせて祖母の遺影の口が動いてる…。
    その場では遺影がお経を唱えてるなぁ~なんてぼんやりと考えていて、その後の昼食の時にイトコのお兄さんにその事を話した。
    意味が伝わらなかったのか、子供の戯言かと思われたのか分からないが「そんな事もあるんじゃない」と言われたもので、私も「そうなんだ」と納得して終了。

    その2年後、今度は祖父が亡くなりました。
    すると、またお経に合わせて祖父の遺影がパクパク。
    しかも仏壇沿いの壁に掛けられていた祖母、曾祖母、曾祖父の遺影までパクパク。
    さすがに異様な感じがしたので母にその旨を伝えようとしたが、めちゃめちゃ怒られたのでそこで終了。
    それ以来お葬式に行くことがなかったので今はどうなのか分からないけど、妙な体験でした。

    61: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:45:26 ID:Ei4
    『ネットラジオをやっている』


    俺は友人の影響でネットラジオをやっているのだが、
    第一回の放送の後聞いていた親しい友人にその感想を聞いてみた。
    たまに他のラジオでは聞かない雑音が入ったり、途中途切れたりはあったが、
    音もクリアで声も聞き取りやすかったとの事。第一回という事で探り探りだったが一安心。
    でも、音が途切れたりするのはわかるが、
    変なノイズってのはなんだろう・・・気になったので詳しく聞いてみた。
    なんか、ハウリングみたいな感じで俺の声がダブって聞こえたり、急に声が1トーン高くなったりしたそうだ。
    でもそれも時たまだったのでそんなに気にならなかったとの事。
    次に内容に関する感想を聞いたのだが、友人はビックリする事を言った。
    「どうしてもう一人いた奴は一言も話さなかったの?」

    は?と素直に聞き返した。でってその時俺、一人でやってたから。
    詳しく聞いてみると、時折俺がそのもう一人に話を振ったり、変なところで相槌を打ったりしていたらしい。
    おかしい。そんな記憶俺には無いし、当然俺は一人でやってる。それは間違い無い。
    「んじゃ、なんか幽霊かなんかが隣にいて、お前は無意識の内にそいつと楽しく会話してたのかもな」
    なんて事をさらりと言われた。
    内容的には楽しい感じで特に違和感はなかったらしい。

    第二回の放送では録音して自分で聞いてみたが、
    確かに意味不明なところで俺が相槌を打ったり、誰かに投げかけるように話す場面が多々あった。
    俺自体、そんな誰かがいる気配は微塵も感じないし、
    そんな事をしている気もなかったので少し驚いたが、
    誰かがもう一人いるにしても、番組は中々好評なので、なんとなくありがたい相方がいる感じだ。
    次のラジオでもぜひ手伝ってもらいたいものだ。
    これが見えたりしたら、笑いは一気に俺の恐怖の絶叫ラジオになるんだろうけどねw

    62: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:45:49 ID:Ei4
    ある誘拐殺人事件は、報道の範囲の例としてしばしば引き合いに出される。
    被疑者の自室が暴かれたことも問題視され、マスコミ各社に講義が殺到したが、一番多かった問い合わせは
    「テレビに映し出された被害者の写真がまばたきした」というものだったことは知られていない。

    63: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:46:12 ID:Ei4
    『山中にある張り紙』


    夏休みなどを使って毎年遊びに訪れていた祖父家は、宮崎県の山中にありました。
    主に目的は川遊びで、モリ突きや釣りなどをして楽しんでいました。
    夏といえど1時間程川に入っていると体が冷えてくるので、
    川べりの岩の上で小休憩を挟みつつ、モリ突きで遊んでいた時のことです。
    あまり人も来ないような場所だったのですが、
    気付けば200m程上流に、二人の子供(遠目でしたが多分小学生くらい)がいました。
    村の小学校は廃校になっているような所だったので、
    この村にもあんな小さい子がいるんだなぁと思いつつ眺めていました。
    程なくして彼らは川を上って行きましたが、私がモリ突きをしていた場所は
    その川でもかなり上流の方で、来る時も車で山を登ってきたほどでした。
    親御さんとかが上に居るのかな、と考えながら私も帰り支度を始めました。

    荷物を置いてある木陰で着替え等していると、一本の木に少し古ぼけた張り紙がありました。
    張り紙には写真がプリントされておりラミネートしてありました。
    写真は、母と思われる女性と子供が二人並んでいる写真。
    その下には『この子達を探しています』と1行あるのみ。

    その張り紙を見て気味が悪いと思ったのは写真のせいでした。
    写真の女性の顔の部分はマジックか何かで黒く塗りつぶされており、
    子供二人の顔はヤスリをかけたように薄くぼけていました。
    かすかに確認できる子供の髪型が先ほど見かけた子供と同じ坊主頭で、
    余計に気味が悪く感じてしまいました。
    急ぎ足で祖父家まで帰り、祖父に張り紙の事を聞いてみましたが何も知らないとのこと。
    小さな村なので子供がらいなくなったりしたら耳に入るはずなのですが。


    その張り紙を見た年の翌年、少し遅めの正月の挨拶をしに祖父家を訪れました。
    酒を交わしながら祖父と話していると、例の張り紙の話になりました。
    「お前が言うてた張り紙みたいなん見つけたんで、取っておいたで」
    と言われ、一枚の張り紙を差し出してきました。
    何で取っておく必要あるのかとは思いましたが、
    好奇心があったのも事実だったのでまた拝見しようと受け取りました。
    ひと目見て前回見た張り紙との変化に気付きました。

    『この子達を探しています』と書いてあるの文字の上から赤字で
    『見つかりました』と上書きされていました。
    あまりの気味の悪さに、張り紙は知り合いの寺の方に無理を言って預けてきました。
    これを一人で取ってきた祖父の鋼の精神力にも恐ろしさを感じましたが。

    イタズラにしてはあんな人気の無い場所でする必要はありませんし、
    かといって本当に人捜しだとしても、山奥の一本の木に張り紙をする必要も無いと思います。
    これといって実害などはありませんでしたが、
    あれは何だったのか今でもたまに思い出しては鳥肌が立ちます。

    67: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:46:45 ID:Ei4
    CIAが超能力を真面目に研究し、それを軍事転用できないかと本気で考えていた1985年頃の話。
    未来予知や予言が出来る超能力者に「100年後の最新兵器の設計図」を「透視」させる実験が行なわれた。
    厳選に厳選を重ねて集められた12人の超能力者に(互いの能力が影響しないよう)個別に透視させた結果───
    12人全員が「石弓」の設計図を描いたそうである。

    68: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:46:49 ID:PHP
    短い文章でちゃんと怖いのってすごいと思うわ
    なんかコツとかあるんやろな

    75: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:48:54 ID:Ei4
    小学校に上がる前だと思う。
    ある朝に目を覚ますと、隣で寝ている兄以外、家に人の気配がなかった。
    家中を見て回るが誰もいない。
    不安になって兄を起こそうと声をかけ、肩をゆするが目を覚まさない。
    どんなに激しく揺り動かしても、ぐにゃり、ぐにゃり、とするばかりで死んでいるかのようだ。

    私は怖くなって家の外に出た。雨が降っていて薄暗かった。
    家の周りを泣きながら歩き回ったが、家の外にもまったく人の気配はなかった。
    泣きながらまた家に帰り、ぐずぐずしていると、ふいに両親が現れた。


    「どこにいってたの」と聞いても答えてくれず、
    「お父さんはここにいるよ」「お母さんはここにいるよ」と答えるばかりである。
    訳が分からなかったが、とにかく両親は戻ってきて私は安心した。
    そこに兄が現れた。兄の顔を見た私は息を飲んだ。
    そこにいた兄は兄ではなかった。
    背格好は似ている。しかし、昨日までの兄、さっきまで隣で寝ていた兄と顔が全然違う。
    目つきがきつい。鼻が細く高い。ほほがこけている。髪がぺたんとしている。

    あの不思議な朝のようなことは、あれが最初で最後だった。
    しかし兄自体は、それからもずっと兄とは思えない男の子のままだった。

    77: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:49:34 ID:Ei4
    『SIRI』

    さっき俺がした不気味な体験を書くわ。

    SIRIっていう音声アプリあるじゃん。
    暇だからあれに話しかけて遊んでたのよ。
    そして面白半分で「僕の部屋に幽霊はいますか?」「学校に幽霊はいますか?」ってスマホに向かって喋りかけてた。
    もちろんSIRIの返答も意味不。
    そしてマイクボタンをおして次は何を言おうと考えてた時、
    勝手に『います』と入力された…誰も喋っていないのに…

    まじで不気味…

    78: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:49:40 ID:lTy
    この量はすごいな

    79: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:49:56 ID:nlz
    コレクターやな

    80: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:50:00 ID:Ei4
    『メッセージ』

    科学的に説明されようが、現在も不気味な噂を作り続けるコックリさん
    日本人であれば、基本的な方法は誰もが知っているだろう
    指を十円玉に乗せ、無意識のうちにメッセージを作り上げる
    ところで、今これを読んでいるあなたのマウスはどんな動きをしているだろうか?

    81: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:50:16 ID:Ei4
    南洋諸島のある島の子供たちは、幽霊ごっこをして遊ぶ
    ルールの基本は単純な鬼ごっこなのだが、鬼が独特の掛け声をかけつつ走り回る
    それは「グンソウドノ」「オイテカナイデ」「ミズヲクダサイ」というもの
    もちろん、子供たちはそれが日本語だということを知らない

    82: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:51:17 ID:Ei4
    ある女性がお気に入りのCDを再生すると、CDに傷がついてしまったのか。
    「さよなら、さよなら、さよなら」と、同じ箇所を繰り返し再生するようになってしまった。
    その後あることに気付いた彼女は青ざめた。そのCDに「さよなら」という歌詞がある曲はなかったのだ。

    とりあえずこれで終わりやで
    ワイは家でPCとスマホでネサファしながらクリスマスとお正月過ごすわ

    83: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)18:51:46 ID:PHP
    おつやでイッチ
    ほな最初から読むわ

    89: 名無しさん@おーぷん 20/12/17(木)19:20:20 ID:4Ew
    おもろかったわ







    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2020年12月18日 22:49 ID:PQLSpbBe0*
    いつもいつも全部読んでは
    「こんな時間に読むんじゃなかった」と後悔する
    そして画面から目を離せなくなる
    振り返ると誰かがいる気がするから
    2  不思議な名無しさん :2020年12月18日 22:58 ID:5lKnb0NM0*
    片目がゴマ粒サイズでもう片目が異様にデカいキャラのやつは昔どこかで誰かが特定してたんだけど忘れてしまった
    モヤモヤする
    3  不思議な名無しさん :2020年12月18日 23:07 ID:KLFMOtI40*
    >>1
    やぁ
    4  不思議な名無しさん :2020年12月18日 23:12 ID:8fczh5An0*
    短いしどれも怖くて楽しかったありがとう
    5  不思議な名無しさん :2020年12月18日 23:18 ID:E0UxKLM10*
    俺の好きなやつがいっぱい入ってたわセンスいいな
    6  不思議な名無しさん :2020年12月18日 23:42 ID:RREtrl0b0*
    読んだことない話が多くて新鮮だった
    しかも短くて読みやすい
    これは良スレ
    7  不思議な名無しさん :2020年12月18日 23:52 ID:.7EKfWB80*
    リサイクルスレだな
    8  不思議な名無しさん :2020年12月19日 04:44 ID:ORCyob.B0*
    腕が二本では絶対に弾けない曲だったやつは何が怖いのかよくわからない。
    なんならピアノ弾かずに楽譜を書く人もいるし腕が二本では絶対に弾けない曲を書く人は多いと思うんだけど…
    9  不思議な名無しさん :2020年12月19日 05:55 ID:UbM0.4ry0*
    ※2
    墓場鬼太郎では
    10  不思議な名無しさん :2020年12月19日 07:34 ID:chiIKWqe0*
    この1は確かに嗜んでますねぇ、全部恐い
    11  不思議な名無しさん :2020年12月19日 09:27 ID:6mduqNzp0*
    >>8
    誰にも姿を見せなかった=腕が2本以上あるから
    って解釈をすると面白い話だと思う
    12  不思議な名無しさん :2020年12月19日 11:07 ID:a7EfFUdd0*
    >海に浮かんでいるものでしりとりをしてみよう」

    いやしりとりだろ?
    いきなり負けてんじゃん!
    てこの話読む度怖いより突っ込みたくなる
    13  不思議な名無しさん :2020年12月19日 12:18 ID:p71riS6d0*
    >>12
    14  不思議な名無しさん :2020年12月19日 13:14 ID:SLx0oNwK0*
    本スレの1はどういう話なんだろ?
    15  不思議な名無しさん :2020年12月19日 17:50 ID:VhY2obps0*
    ※14
    情報少なすぎてわからないけど、自分が思ったのは、

    ①両親の元友人が恨みを抱いたまま亡くなった。頭のおかしい両親は、その友人と同じ名前を息子に付けて、大事に育てることにした。

    ②両親は語り手よりも前に(何人いたかはわからないが)、拾った子どもを育ててはタヒに追いやっていた。愛情はないし、名前を考えるのは面倒なので、子どもに付ける名前はいつも同じ。語り手もいずれ、テープの声の主と同じ運命を辿るのだろう。

    ③テープの主は、将来の語り手。両親は人ならざるもので、とにかく、語り手の敵であることは確か。

    こんな設定なのかなって
    16  不思議な名無しさん :2020年12月19日 18:20 ID:ekVJiew50*
    意味が分かると系?
    17  不思議な名無しさん :2020年12月19日 20:45 ID:iFdJG1.w0*
    駅にあったマネキン、安堵町じゃね
    18  不思議な名無しさん :2020年12月20日 04:21 ID:crd1BKbx0*
    面白かった
    1さんありがとう
    19  不思議な名無しさん :2020年12月23日 01:55 ID:JFCBewow0*
    暇つぶしに自分が見た夢の話

    気づくと知らない街中で立ってて、何故か知らないけど自分が死んで幽霊になってるって自覚があった。
    街中で歩いてる人に触ろうとしたり話しかけたりしたけど、体はすり抜けるし、声は水の中にいるみたいに出せなかった。でも、手に力を込めて触ったら一瞬だけ相手に触れたり、腹に力を入れて叫んだら周りの人がこっちに振り向いたりしてたよ。
    空も飛べたし最初は楽しかったが、次第に自分はずっとこのままなのかと考えたら凄く怖くなった。
    誰か誰でもいいから自分に気づいて欲しい、怖い、寂しいしか考えられなくなってた。
    目を覚ました時は心臓バクバクだったよ
    夢でよかったって本気で思った。
    そして、よく言われる幽霊が自分に気づいてくれる人について行くって気持ちがよくわかったわ
    寂しくて怖くて藁にも縋りたいんだろうなと思う
    20  不思議な名無しさん :2020年12月28日 14:45 ID:fABH446V0*
    >>11
    連弾用の曲だろ、と俺もおもた
    普通の解釈が普通にできてしまうのは、怪談のオチとしては弱い
    心霊写真でも、どう見てもそこに他所の人が立ってたんだろとしか思えないものは怖さが無いのと同じで
    21  不思議な名無しさん :2020年12月29日 09:50 ID:UQZkma2p0*
    全部面白かった。よく集めたなぁ
    22  不思議な名無しさん :2021年05月07日 14:08 ID:GhAKZSYz0*
    >>20
    そりゃあ元ネタは怪談じゃなくてフォークロアだもの
    無粋が過ぎる

     
     
    topページに戻るボタン
    カテゴリ一覧
    カテゴリ一覧