不思議.net

5ちゃんねる まとめブログ

アクセスランキング(5日間)
    本日のおすすめニュース

    不思議ネット
    とは

    不思議.netでは5ちゃんねるで話題になっているスレを厳選してお届けするサイトです。普段5chを見ない人でも気軽にワクワクできる情報サイトをころがけて毎日絶賛更新中!

    本日のおすすめニュース
    63

    彡(゚)(゚)「江戸が燃えとる、このままじゃ囚人焼け死ぬなぁ……せや!!」



    11


    1: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:01:44.95 ID:iHfrKF680
    彡(^)(^)「独断で囚人逃したろ!!」

    石出帯刀(石出吉深)1615年-1689年
    1657年明暦の大火(10万人が死んだと言われる)に際し このままでは囚人が焼け死ぬと考え無断で手斧を使い牢屋を破壊

    石出帯刀


    石出 帯刀(いしで たてわき)は、江戸幕府伝馬町牢屋敷の長官である囚獄(牢屋奉行)の世襲名。

    歴代の石出帯刀のうちで最も高名な人物が、石出吉深(よしふか、号を常軒。元和元年〈1615年〉 - 元禄2年〈1689年〉)である。明暦の大火(いわゆる振袖火事)(明暦3年〈1657年〉)に際して、収監者を火災から救うために独断で「切り放ち」(期間限定の囚人の解放)を行ったことにより知られている。吉深は収監者達に対し「大火から逃げおおせた暁には必ずここに戻ってくるように。さすれば死罪の者も含め、私の命に替えても必ずやその義理に報いて見せよう。もしもこの機に乗じて雲隠れする者が有れば、私自らが雲の果てまで追い詰めて、その者のみならず一族郎党全てを成敗する」と申し伝え、猛火が迫る中で死罪の者も含めて数百人余りの「切り放ち」を行った。収監者達は涙を流し手を合わせて吉深に感謝し、後日約束通り全員が牢屋敷に戻ってきたという。吉深は「罪人といえどその義理堅さは誠に天晴れである。このような者達をみすみす死罪とする事は長ずれば必ずや国の損失となる」と評価し、老中に死罪も含めた罪一等の減刑を嘆願、幕府も収監者全員の減刑を実行する事となった。

    この処置はのちに幕閣の追認するところとなった上、以後江戸期を通じて「切り放ち後に戻ってきた者には罪一等減刑、戻らぬ者は死罪(後に「減刑無し」に緩和された)」とする制度として不文律の慣例化されたのみならず、明治期に制定された旧監獄法による明文化を経て、現行の刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律にまで引き継がれている。なお、旧監獄法時代には関東大震災や太平洋戦争末期の空襲の折に、実際に刑務所の受刑者を「切り放ち」した記録が残されている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/石出帯刀

    引用元: https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1622476904/





    2: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:02:36.41 ID:ywf3mLv8d
    はえーすごーい

    3: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:02:48.81 ID:17tAR4dK0
    全員戻ってきてるの草

    5: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:02:52.91 ID:Sv7cA6N90
    一族徒党罰するのにビビっただけなのでは?

    51: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:10:31.39 ID:S2JmaokRa
    >>5
    犯罪者なんか俺嫌精神の持ち主ばかりやぞ

    6: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:03:36.16 ID:x7LpiMG70
    昔の刑罰えげつないよな
    るにん
    西島千博
    2018-11-21


    8: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:04:01.31 ID:of77lr6j0
    ええ話や😢

    9: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:04:04.40 ID:xmpW93s10
    囚人のジレンマみたいな話やな

    囚人のジレンマ


    囚人のジレンマとは、ゲーム理論におけるゲームの1つ。お互い協力する方が協力しないよりもよい結果になることが分かっていても、協力しない者が利益を得る状況では互いに協力しなくなる、というジレンマである。各個人が合理的に選択した結果が社会全体にとって望ましい結果にならないので、社会的ジレンマとも呼ばれる。

    1950年に数学者のアルバート・タッカーが考案した。ランド研究所のメリル・フラッドとメルビン・ドレシャーの行った実験をもとに、タッカーがゲームの状況を囚人の黙秘や自白にたとえたため、この名がついている。

    囚人のジレンマではゲームを無期限に繰り返すことで協力の可能性が生まれる。囚人のジレンマは、自己の利益を追求する個人の間でいかに協力が可能となるかという社会科学の基本問題であり、経済学、政治学、社会学、社会心理学、倫理学、哲学などの幅広い分野で研究されているほか、自然科学である生物学においても生物の協力行動を説明するモデルとして活発に研究されている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/囚人のジレンマ


    34: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:07:57.43 ID:6e9L6S3J0
    >>9
    全く違うというかむしろ逆やろ

    10: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:04:08.94 ID:JJNyxpa40
    家族に追い返されてそう

    12: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:05:06.35 ID:NGd2ehVD0
    一人くらい逃げとる定期

    14: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:05:29.00 ID:3k6cxkIzd
    一族郎党てのは現代では効かんなぁ
    むしろ殺したいまであるやろ

    15: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:05:30.39 ID:k/QDtOzCa
    火事に巻き込まれて死んだふりすればええやん

    16: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:05:46.68 ID:DaPQqb/v0
    プリズンブレイクの主要キャラみたいに皆捕まってる理由があったんとちゃうんか?

    18: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:06:20.23 ID:LECCTtTAa
    一人くらい逃げても…バレへんか…

    22: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:06:40.59 ID:udnOMo4Bd
    絶対美化されてるが良い話やな

    24: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:06:51.97 ID:+S5cBQdI0
    イタリアだったかコロナで囚人解放してたな
    どうなったんやろ

    28: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:07:18.56 ID:4f00SBB/0
    "粋"やね

    30: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:07:30.23 ID:Fi3e6NWkd
    この話の原典であるむさしあぶみには、実際は全員が自主的に帰還したのではなく、
    中には郷里に逃げ隠れようとしたものもいたが、それらは郷人に告発され捕縛された旨が記されている。


    35: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:08:01.18 ID:LuOERRqed
    >>30
    残当

    69: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:13:16.49 ID:S2JmaokRa
    >>30
    一族郎党はたまったもんじゃないからな

    31: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:07:38.66 ID:uOkQBuzi0
    高野長英「火事で逃げれたで!二度と帰ってくるか!」

    32: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:07:40.53 ID:CmuyM7RG0
    牢屋奉行とかあるのもすごいけど世襲制の名前ってのもかっこええな

    45: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:09:38.80 ID:0fvekDWla
    >>32
    こういう仕事って世界的にも世襲なんよな
    フランスの死刑執行人とか

    67: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:13:09.80 ID:CmuyM7RG0
    >>45
    ああー代々死刑執行人の家柄とか言うもんな

    92: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:17:32.43 ID:E/mNMmxha
    >>45
    ギロチンは個人所有なんだよな

    70: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:13:18.49 ID:oTcbeZF70
    >>32
    「山田浅右衛門」とかか?

    山田浅右衛門


    山田 浅右衛門(やまだ あさえもん)は、江戸時代に御様御用(おためしごよう)という刀剣の試し斬り役を務めていた山田家の当主が代々名乗った名称。ただし、歴代当主には「朝右衛門」を名乗った人物もいる。死刑執行人も兼ね、首切り浅右衛門、人斬り浅右衛門とも呼ばれた。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/山田浅右衛門


    93: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:17:54.29 ID:CmuyM7RG0
    >>70
    ホンマや
    色々いるもんやな

    39: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:08:31.14 ID:WqO77tRJa
    なお六角獄舎

    六角獄舎


    六角獄舎(ろっかくごくしゃ)は平安時代に建設された左獄・右獄を前身とする京都の牢獄である。正式名は三条新地牢屋敷。移転を繰り返して宝永5年(1708年)の京都大火以降に中京区六角通りに移転されてからは六角獄舎または六角獄、六角牢などと呼ばれるようになった。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/六角獄舎

    KinnouShishiMemorial


    44: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:09:26.40 ID:Qz5ww+oW0
    >>39
    時代が違うからねしょうがないね

    81: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:15:50.55 ID:Qr/i9l870
    >>39
    ぶっちゃけあれ町人が既に住むところ無くなってたから囚人逃したら幕末の京都ってただでさえ治安最悪なのにマジでヤバいことになると思う

    40: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:08:33.49 ID:zT+ZfDdD0
    不浄役人で世襲ってことはそれなりに苦労したんやろな

    41: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:08:34.58 ID:kl7NsGlh0
    戻って牢獄入ったら素になって後悔したやろな

    46: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:09:52.09 ID:lYX0a+Rcp
    これが失策って言われてへんあたりは脚色あるにしても大成功やったってことちゃう?
    自分の切腹をかけてこれってできるやつなかなかおらへんやろ

    87: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:17:00.11 ID:S2JmaokRa
    >>46
    そら世話しとるのもこいつやで
    いくら犯罪者とはいえ
    毎日顔合わせてりゃ会話もするし
    情も移るやろ
    おかしくはない

    なお今の日本の刑務所はその刑務官に
    死刑ボタン押させるので
    刑務官が精神病みまくりらしい

    52: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:10:53.72 ID:6ISzv1xI0
    120人全員て本当かよ

    56: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:11:39.67 ID:6veqfav60
    こういう話に仕立て上げて流布させることで特殊予防効果を高めるわけや

    64: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:12:42.03 ID:9fHu5z/V0
    >>56
    まありえんわなこんな話

    57: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:11:40.64 ID:/QfXHDgG0
    これが日本人なんだよな

    58: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:11:47.96 ID:beSkxJ/30
    今の時代はオリンピックやる言うてるのに誰も自粛しないしイイネ

    60: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:11:55.98 ID:v/njTJpBa
    >この対応は明治の旧監獄法、現代の刑事収容施設法まで引き継がれ今日に至る

    具体的にどういう影響を及ぼしてるんや

    73: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:13:45.70 ID:hDVDP+XMa
    >>60
    東日本大震災のときに容疑者を一時釈放したりしとるで

    91: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:17:27.75 ID:v/njTJpBa
    >>73
    はえ~


    106: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:19:18.78 ID:v+2DjPPz0
    >>73
    みんな戻ってきたんか?

    98: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:18:26.35 ID:eHIziMI30
    >>60
    >(災害時の避難及び解放)
    >第八十三条 
    >刑事施設の長は、地震、火災その他の災害に際し、刑事施設内において避難の方法がないときは、被収容者を適当な場所に護送しなければならない。
    >2 前項の場合において、被収容者を護送することができないときは、刑事施設の長は、その者を刑事施設から解放することができる。
    >地震、火災その他の災害に際し、刑事施設の外にある被収容者を避難させるため適当な場所に護送することができない場合も、同様とする。

    ここちゃうか

    68: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:13:14.56 ID:hXN2E0IX0
    現代でも一族郎党処罰されるのか

    71: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:13:33.87 ID:HsrXX4VDa
    性善説ってほんまにあるんか

    性善説


    性善説(せいぜんせつ)とは、人間の本性は基本的に善であるとする倫理学・道徳学説、特に儒教主流派の中心概念。人の本性に関する考察は古今東西行われてきたが、「性善説」ということばは儒家のひとり孟子に由来する。以下、中国における「性善説」について解説する。

    「性」とは、人の本性やものの本質のこと。字書的にいえば、「性」という字は生まれながらの心という意味である。甲骨文及び金石文には登場しないことから、比較的新たにできた字であることが分かっている。孔子も「性相近し、習相遠し」(『論語』陽貨)と述べて「性」に言及しているが、それが積極的に論じられるようになるのは孟子の時代以降である。「性」についての概念は論者によって大きく異なり、そのことでかえって議論が紛糾したと言ってよい。先天的な本性とする説、後天的に獲得される諸能力とする説、道徳的ものを含む含まない等、多岐に渡る。「性」に関する議論を「性論」という。また「性」についての説を「性説」という。

    中国における「性論」の特徴の一つとして挙げられるものに、それが善悪をめぐってなされたということがある。中国では「人とは何か」といった抽象的なテーマは取り上げられず、より具体的に政治意識との関連で語られた。政治と道徳とをどう結びつけるのか、もっと言えば政治権力をもった支配者の行動を如何に道徳的に規定するかということに関心が集中したのである。

    なお、今日「性善説」という言葉は「人は本質として善であるため、放っておいても悪を行わないとする楽天主義」という意味で用いられることが少なくないが、本来は正しくない。以下に解説するように、孟子も朱子も、人の「性」は善であっても放っておけば悪を行うようになってしまうため、「聖人の教え」や「礼」などによることが必要であると説いている。
    https://ja.wikipedia.org/wiki/性善説


    72: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:13:42.15 ID:kbAWqy/c0
    これで帰って来んかったら牢屋奉行の一族郎党の首が飛んでたやろ

    74: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:14:26.34 ID:QEM22TLR0
    お互い命懸けで決断してるから迫力がちゃうで

    76: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:15:02.24 ID:iXWgJp3H0
    高野長英はこの後勝子吉の家行ってかくまわれたんだよね
    ソースはNHKBSプレミアム

    77: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:15:23.44 ID:JQ26/Ndn0
    悪人も仁義有るからな

    80: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:15:44.81 ID:JRrzZRb70
    火が燃え移るようなところに牢屋があったんか

    84: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:16:49.44 ID:E9BUyVzVd
    >>80
    時代も時代やし基本木製ちゃうの

    105: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:18:56.92 ID:S2JmaokRa
    >>80
    江戸の大火なんか山火事みたいなもんやぞ
    なんにでも燃え移るわ

    82: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:16:13.76 ID:YjhWzFHu0
    死罪になった奴が誰かに頼んで放火して貰えば死罪回避できるやん

    85: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:16:57.39 ID:brkAgWRO0
    名演説やったんやろな

    86: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:16:59.86 ID:PqIzTbDX0
    こんなん惚れるやろ

    79: 風吹けば名無し 2021/06/01(火) 01:15:35.83 ID:EN+bdVeR0
    義理を義理で返すのええよね











    本日のおすすめニュース1
    本日のおすすめニュース2

    コメント一覧

    1  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:31 ID:lRKE0HLZ0*
    まあ本スレでも言われているけど脚色された部分はあるだろうがいい話だな
    あとなんか既視感があるなと思ったら走れメロスか
    いや話の大筋からして全然違うけど
    2  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:32 ID:tyCyUYkP0*
    はえー、すっごい有能。
    3  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:41 ID:OCoaJ3SU0*
    突っ返された奴がいると言ってもほとんど、少なくとも半分以上は自主的に戻ってきたんだろうからな。でなければ全員は見つかるまい。
    4  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:44 ID:aFZhdfnX0*
    一生逃亡生活をするか減刑でお勤め期間を減らすかだったら戻る方を選ぶよなぁ
    5  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:44 ID:HXywBtGu0*
    でも感謝して戻ってきたのがいるのは事実なんだろ?
    6  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:45 ID:lZQ6NxbY0*
    身寄りのない奴もいたんじゃないか?
    そういう奴も戻ってきたんかな?
    7  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:46 ID:.Y3IsiDE0*
    もしも現代で死刑囚の監獄が火事になったとしたら…
    檻を開け放つとか冗談じゃないからそのまま蒸されてくれってなるな
    8  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:46 ID:0jlhzQo20*
    罪人側にもそれ以後の人生において誇れるできごとになったんじゃないのかな。
    9  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:47 ID:LqnfNuP70*
    これ映画化しなよ
    すげー良い話だわ
    10  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:47 ID:o1m3Azns0*
    死刑執行何で病むんやと思っていたがなるほどそういうことか
    全然関係無い人にさせればいいのに

    それに被害者とか遺族がいるならその人たちとかにさせないのは何でだろう
    11  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:48 ID:LqnfNuP70*
    これぞ日本人

    これが外国なら全員が2度と戻らないだろう
    12  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:52 ID:7lhGlD890*
    こういう義理人情話は嫌いじゃないね
    13  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:55 ID:Svu2ztJY0*
    有名な世襲名と言えば江川太郎左衛門
    14  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:57 ID:WU278.iC0*
    世襲制なのって武士階級にとっては汚れた仕事と見なされてたからやろね
    15  不思議な名無しさん :2021年06月01日 13:57 ID:xS3Hf.i50*
    作り話を信じ込んだ良い例。
    16  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:01 ID:u0ZFf.SL0*
    実際牢につないだまま放置して焼死でもしたら大問題に発展するからな
    出すしかないな
    戻ってくるかは置いといて緊急時に解放は世界中である
    17  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:03 ID:ECCGgq4J0*
    全部死なせたら責任問われそうだからってのもあるだろうけどええ話やね
    18  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:05 ID:6Myi4O9w0*
    義理人情を重んじるなら最初から牢に入るようなことするなよ
    19  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:08 ID:.7Dp0p7Y0*
    カルロス・ゴーンは一族郎党死罪w
    20  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:08 ID:ECCGgq4J0*
    >>7
    管理しきれないほど死刑囚がいるわけでもないし万が一逃げられた場合の方が厄介だから「確実に死刑にする」ために死刑囚は真っ先に護送車にでも突っ込むんじゃね?
    21  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:08 ID:..nBg1Li0*
    だいぶ時代はあとの物語だけど赤猫異聞(浅田次郎)も切り放ちを題材にした長編小説で面白いよ
    22  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:10 ID:nYl0z2dY0*
    俺も赤猫異聞で知ったわ
    23  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:10 ID:Svu2ztJY0*
    >>14
    普通の侍社会でも家老なら家老、奉行なら奉行は大体世襲で通称も代々同じだったりするぞ
    24  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:19 ID:eHQBopTq0*
    保科正之の米蔵燃えちまうぐらいなら
    町人に持ち出させろの話も好き
    25  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:21 ID:urOTpI6.0*
    半分プロパガンダやろうな
    26  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:36 ID:P7Vd7mef0*
    >>14
    知ったかぶりしたらあかん。>>23の言うとおり
    武士にとっての「家」は家族というより経営体
    社長が変わっても会社名は変わらないのと同じように、中の人が変わっても同じ通称を継承していくのがふつう
    27  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:38 ID:CfSMv4SW0*
    ※10
    死刑執行は社会維持に必要なルール(法律)を守れない奴を社会から確実に排除するための制度だから。
    政府や自治体がそいつを殺したくて殺すんじゃないんで、仕事として処理する都合執行官に委ねられる。
    遺族にやらせないのは私刑ではないから。遺族の苦しみを考えて死刑に処すんじゃなくてあくまで人間社会を守るための行為よ。
    社会はルールを守れる人のためのものであって、ルールを守れない犯罪者は排除しないと社会崩壊しちゃうからね。
    28  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:55 ID:1bP0Z7hh0*
    >>9
    あるぞ
    29  不思議な名無しさん :2021年06月01日 14:58 ID:81GGOtw40*
    ええ話や
    30  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:03 ID:vx8aR4jz0*
    >>10
    あくまで国がやるってスタンスが重要なんじゃね?知らんけど。それに遺族にやらしたら仇討ちを合法化してるようなもんだぞ
    31  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:08 ID:fgTqOYwM0*
    そりゃ全員戻ったことにしないと勝手にやらかした責任取らされるからな
    32  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:14 ID:HfmLRvFC0*
    >>10
    刑はあくまで法律を犯したものに対するペナルティやから遺族からの復讐代理でもなんでもない。だから被害者や遺族はあくまで無関係の他人。
    まぁ、橋下徹が「刑は国による復讐代理だ。だから日本はその代わりに被害者や遺族の仇討ちが禁止なんだ」とか騒いでたけど
    33  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:26 ID:3EFBYSjV0*
    >>32
    流石に現代法治国家の日本では君の言うとおりだけど、
    近代以前は復讐の代行、
    つまりは私刑の否定や制限、報復の連鎖の阻止という側面があったのは事実
    復讐が出来る能力と意思があるとどうしても法と力で抑えつけないとダメなのよ
    34  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:29 ID:UPdkyNbA0*
    ちょうどいいから殺せばよかったのに
    35  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:38 ID:pObQyuAQ0*
    脚色されていたとしても良い話
    36  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:39 ID:NnL.jIJR0*
    囚人のジレンマの件がモヤモヤする
    囚人のジレンマは原義では実験の際に見られた一現象を示すのはその通りなんだけど、その実験自体を指す固有名詞がないから便宜的に示すの用いるのは間違いではないと思うんだけど

    37  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:40 ID:v5ml11gw0*
    時代劇ではそれで走れメロスみたいな展開になるが
    ちゃんと減刑ってメリットがあったんやね
    38  不思議な名無しさん :2021年06月01日 15:51 ID:AtVhl9Qm0*
    >浅草見附門が出来たのは寛永十三年(1636)で、有名な明暦の大火があった明暦三年(1657)年には、小伝馬町にあった、いわゆる伝馬町の囚人も非難のため一時解き放ちになった。そしてその囚人達は浅草御門に殺到したのだが、見附の番人は脱獄と勘違いし、門を閉ざしてしまった。そのため一般市民も逃げられずに溺死者と焼死者が二万人出た。

    ( ゚д゚ )
    39  不思議な名無しさん :2021年06月01日 16:06 ID:26hs5VBo0*
    江戸時代だからね、かなり正確な記録が残ってるよ。しかも、識字率が世界レベルで異常に高かったから、町民や農民からの庶民から見たそれがたくさんある。だからこういう話が、ほぼ正確に残る。他国の場合、貴族階級以上しか記録を残せなかったから、こういう下の階層の話は残らないんだ。中国は科挙があったんで、庶民も金があれば頑張って読み書き出来たが、朝鮮半島とかになると、上下関係が厳しすぎて、中国の本さえ読めれば良いと、歴史上の記録が全く無いから、他国から半島の情報集めるしかない。
    40  不思議な名無しさん :2021年06月01日 16:11 ID:lIbuTS8T0*
    どこかのリス園でリスが多数逃げたのを捕まえて来たら数が増えてたの思い出した
    41  不思議な名無しさん :2021年06月01日 16:50 ID:3ueq.60N0*
    今みたいな権利やらなんやらで何かしてもらって当然って時代じゃないからな
    42  不思議な名無しさん :2021年06月01日 17:29 ID:96r3..ka0*
    こんなのにまでイチャモンつける精神病なはなりたくないわ……
    43  不思議な名無しさん :2021年06月01日 18:29 ID:ykvUxGya0*
    戻ってこないやつは釈放したやつじゃなくて釈放する直前に逃げ出したやつやで
    44  不思議な名無しさん :2021年06月01日 18:39 ID:1H8CH.eF0*
    火災で一時解き放しの話、必殺仕置人でもあったな。その回はウルトラセブンの人が善人顔の悪役で出てた。
    45  不思議な名無しさん :2021年06月01日 18:41 ID:1H8CH.eF0*
    >>38
    いつの時代でも無能はいるな…
    46  不思議な名無しさん :2021年06月01日 18:49 ID:WU278.iC0*
    >>23
    いや他の奉行は名前も家計もバラバラじゃん
    47  不思議な名無しさん :2021年06月01日 19:34 ID:BT.Ze5it0*
    こういう話聴くの大好き、もっと見たい
    48  不思議な名無しさん :2021年06月01日 19:37 ID:BT.Ze5it0*
    >>15
    作り話でもええねん、脚色しまくりでもええねん

    お前の意見こそ無粋や
    49  不思議な名無しさん :2021年06月01日 20:34 ID:pwR46CdX0*
    >> 死罪になった奴が誰かに頼んで放火して貰えば死罪回避できるやん

    おおぅ、サイコパスの発想
    まあこれを防ぐために元スレのwikiにあったように後に「戻らなければ死罪のみ(減刑無し)」となったんだろうな
    50  不思議な名無しさん :2021年06月01日 21:31 ID:0MbybSlj0*
    >>44
    その話、解き放しになった囚人たち一目散に吉原に駆け込んで女郎を手籠めにしてたよね
    町人たちが「やばい解き放しだ!」って一斉に木戸を閉め始めてたのがなんか生々しかった

    まああの話でもほとんど帰ってきてたみたいだったけど
    51  不思議な名無しさん :2021年06月01日 22:05 ID:7iXPiPi80*
    これ海外でもわりとあるよな
    52  不思議な名無しさん :2021年06月01日 22:48 ID:iOuiO.0i0*
    いい話とか嘘だろ……
    もしかして鯉斗を応援しちゃうタイプ?
    人として終わってるよ
    53  不思議な名無しさん :2021年06月02日 00:26 ID:M7tngs..0*
    3.11で同じことあったんだけど
    森まさここれ叩いてたよな
    54  不思議な名無しさん :2021年06月02日 00:50 ID:j4J.4eyY0*
    死刑終身刑級は別に考えれば一生逃亡するより残りの刑期服役したほうが自由が保証されるしね
    しかも昔の村社会なんて考えれば行くあてもないし
    現代なら尚更、市橋みたく無人島でサバイバルするするより刑務所のが楽だろうな
    55  不思議な名無しさん :2021年06月02日 02:48 ID:DmSn1H.i0*
    死罪が確定してるならともかく、一生お尋ね者で生きる方がキツいからな
    江戸生まれなら田舎に逃げるなんて選択肢も無いだろうし
    56  不思議な名無しさん :2021年06月02日 11:14 ID:aWxQpho00*
    囚人のジレンマとか関係なく、ただただ囚人が得するだけの状況やからな

    死刑になるヤツ→命は助かる
    重罪の奴→減刑される
    軽罪の奴→すぐ出られる
    逃げれば→一族郎党死罪でこの世の何処にも居場所は無くなる(恐らく犯罪者仲間の間でもつまはじきにされる)


    本当に九分九厘の囚人は自分の意志で戻ってきたと思うで
    57  不思議な名無しさん :2021年06月02日 13:13 ID:jvQ5PUwV0*
    この頃はまだ囚人も日本人が大半だったでしょうしねえ…
    いま同じ気分で解放されたら外歩けないよ
    58  不思議な名無しさん :2021年06月02日 20:32 ID:JQKEwplq0*
    国外逃亡基本的に無理だし、各所に関所あって基本的にはよそ者はすぐ分かる。
    犯罪者には入れ墨あるから分かるし、一旦逃げて戻るだけで減刑されるなら軽い罪や死罪予定者は確実に戻るだろ。
    59  不思議な名無しさん :2021年06月02日 22:31 ID:33axGEEc0*
    >>54
    余所者が来たらすぐにバレて役人に知れるからね…
    60  不思議な名無しさん :2021年06月02日 22:33 ID:33axGEEc0*
    >>50
    鉄たちが追い出されて、囚人たちが押し寄せるんだよなw
    なんか笑えたわw
    61  不思議な名無しさん :2021年06月05日 20:01 ID:GJCdnpJN0*
    美談やしええやん。
    62  不思議な名無しさん :2021年07月11日 15:39 ID:iE0SeUKC0*
    >>36
    間違いに決まってるだろ
    63  不思議な名無しさん :2022年01月22日 23:01 ID:ws.zO7dL0*
    良い話だしその後帯刀が処分されたり罰せられたりしないでちゃんと上に認められて評価されてるのがまた良いわ
    登場人物全員善人でまさに優しい世界ってやつだ

     
     
    topページに戻るボタン
    カテゴリ一覧
    おすすめ人気記事